世界での取引量は圧倒的1位の基軸通貨・米ドル

FX比較マネーの米ドルの特徴について説明します。

cr_usd国際間の貿易・資本取引などの業務決済に広く使用されるなど、その役割は大きく、世界の基準・標準となっている基軸通貨です。

また、外為市場で換金性に優れ流動性の高い通貨ペアで、ユーロ/米ドル、米ドル/円、英ポンド/米ドル、米ドル/スイスなど、為替取引の80%以上に米ドルが絡んでいます。世界で最も頻繁に取引される地位にある通貨なのです。

そのため、アメリカの経済指標や政策金利、企業業績や軍事のニュースなど、ドル関連のファンダメンタルが為替マーケットを動かす要因となります。

9.11以降は各国中央銀行など海外の米国資産保有者は、米国の不確実性の増加と金利低下を受けてドル保有を縮小しました。また、ユーロの登場が米ドルの地位を脅かしています。多くの中央銀行が、米ドル保有を削減し、ユーロ保有を増大させ、準備通貨の分散化を進めています。サブプライム以降も弱いドルの流れを確認できたが、そのトレンドは今後一層拡大するのか、それとも復活するのか注目したいところです。

米ドル値動きの特徴

米ドルは金価格と逆方向に動く

金価格と米ドルには、歴史的に完全に近い形で逆の相関があります。日々の金価格と米ドル価格の推移をチャートで比較すると互いが鏡映像を描きます。金価格が上昇すると米ドルは下落し、金が下落すると米ドルが上昇するのです。このことは金が米ドルで評価されていることに起因します。世界的な不確実性をきっかけとする米ドルの下落が金価格上昇の主たる要因でした。

金がお金の究極的な形態であると一般的に見られているためです。金は有事に強いコモディティとしても見られています。地政学的に不確実な時期になると投資家たちは金に群がる傾向があり、それが逆にドルに打撃を与えます。

米国債と海外債券との金利差が注視されています

米国市場は世界最大規模の市場であり、投資家は米国資産が提供する利回りに極めて敏感なため、今後の通貨動向を予測するための強い指標になります。特に大口投資家は、常時最も利回りの高い資産を探しています。米国利回りが低下するか、米国以外の利回りが上昇すれば、投資家は米国資産を売却し、海外資産を購入するようになります。

米国債券や株式資産の売却は、米ドル売りと海外通貨の買いが必要になるため、米ドルが下落するなど、外為市場に影響を与えます。

米国の主要経済指標

米ドルにとって重要な経済指標は以下のとおりです。経済指標の数値によっては、長期的にも短期的にも為替相場に影響を強く与えます。

  • 米国主要経済指標
  • 雇用統計 – 非農業部門雇用者数
  • 消費者物価指数
  • 生産者物価指数
  • 国内総生産
  • 貿易収支
  • 雇用コスト指数
  • ISM製造業景況指数
  • 鉱工業生産指数
  • 消費者信頼感指数
  • 小売売上高
  • 対米証券投資状況(米財務省TIC統計)

 

アメリカの経済状況

国内総生産(GDP)が世界という大きな経済規模を持ち、世界一の軍事力を誇ります。その技術開発力と生産力、消費力で世界経済を引っ張る存在です。GDPの80%近くが金融、不動産、交通、ヘルスケア、ビジネスサービスから発生しています。

米国経済は大まかにサービス指向です。技術に関しては他の国からの追い上げが激しいが、情報技術、医薬、航空宇宙備品や軍装備品の分野で米企業は技術の最先端近くをキープしている。2004年の後半には、アメリカ経済はエネルギー価格の急上昇に大きく影響された。

アメリカが抱える問題としては老齢化人口に対する医療・年金費用の急上昇、巨額の貿易と財政赤字、そして低所得層の家計所得の沈滞などがある。1980年代から続いている資産膨張を背景にした消費増大がアメリカ経済の根幹となっている。

米ドルのデータ
国名 アメリカ合衆国
首都 ワシントンD.C.
通貨単位 ドル、セント
表記 USD
輸出先 カナダ、メキシコ、日本、英国、EU
輸入元 カナダ、中国、メキシコ、日本、EU

 

米ドル取引に向いているFX業者

米ドルは需要の高い通貨で流動性が高く、短期トレードや中長期投資などどんな取引スタイルにも適している通貨と言えるでしょう。また、日本の個人投資家に馴染みの深いドル円は、一時的なトレンドを形成した後はレンジ相場を繰り返すことが多いです。

そのことからもトレンド追従して長期保有するよりも、短期的な相場の動きについていくデイトレードを数多くこなした方が賢明かも知れません。米ドル/円取引に向いているFX業者は以下の3社です!デイトレードのしやすいFX会社を中心に口座開設をするといいでしょう。

1クリックで行う超高速取引機能
GMOクリック証券
GMOクリック証券
シンプルな操作で取引が有利
操作性が抜群の『はっちゅう君FX』
ドテン注文を1クリックでできる!
デイトレ・長期投資にも対応!
FXトレード・フィナンシャル
FXトレード・フィナンシャル
初心者の方にも人気が高い業者
取引も快適!高速レスポンス!
マーケット情報の高い充実度
情報力ならFXプライム byGMO!
FXプライム byGMO
FXプライム byGMO
業界トップレベルの情報提供力!
チャート分析専用ツールが高評価
GMOグループだから安心

 

やっぱり絶対的な信頼性といえば米ドルだと思うんだよね~。
そうだね!米ドルは世界の基軸通貨と言われているくらいだからね。他国の貿易決済にも米ドルが使われているんだよ!ここ日本でさえ輸入決済の7割が米ドルなんだ。
すげーな!でもここまで世界的に使われている通貨って米ドルだけだよな。
うん!以前はもっと米ドル中心だったんだよ。でもリーマンショックから米ドルは落ち気味になってしまってユーロが来ているね!
えー?そうなんだ!
有事のドル買いが行われていたのは昔の話って事か。
そう、対テロ戦争やリーマンショックの影響が残っていてドル離れが起こってるんだ。
昔より価値が落ちてきているっていうのかーーーー!
そうだねー、でもマイナスとしてテロや戦争のリスク、ドル離れをあげたけど、米ドルはまだまだ絶大な影響力がある通貨だよ。それはFXでも言える事だよね!
メジャー通貨でさえ米ドルの影響を大きく受ける通貨があるな!
うんうん。米ドルと同じような値動きをしたりする通貨あるねー!
そうでしょ!米ドルは為替情報が入手しやすいのが最大の魅力とも言える。理由は世界の基軸となっている通貨だから取引量がものすごい多いんだ。
だからテレビでもネットでも情報が入手しやすいんだね!
うん。一部の投資家が米ドルをまとめ買いに走っても世界全体でみると小さな規模でしかない。だからレートが大きく上下するような影響も少ないんだ。だから比較的穏やかな値動きといえるよ。
だからFX初心者は米ドルがオススメなんだな!
なるほど。情報も集めやすくて、値動きも穏やかだったらやりやすいもんね!
そうでしょ♪他にも「なるべく損失リスクの低い通貨で取引したい」「長期保有、スワップ金利」目的のトレーダーは米ドルが取引しやすいと思うよ!!

28 10月 2015

  • FX人気会社ランキング

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    結果を出すならヒロセ通商!!

    ↑最強レベルの口座がココにある!!

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMMFX

    充実取引システムでお馴染みの DMMFXが当サイト限定で 現金5000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!