流動性の高い基軸通貨、ユーロの値動きの特徴は?

ユーロは米ドルに続く取引高を誇り、世界経済に影響を与える通貨です。

第二の基軸通貨とも呼ばれ、多くのトレーダーがユーロ円やユーロ米ドルなどの取引をするなど、非常に人気の高い通貨となっています。

しかし、FX初心者の中には

「ユーロの特徴を詳しく知りたい」
「ユーロはどんな値動きをしてきた?」
「どんな経済指標をチェックしたらいい?」

など、たくさんの疑問を持っている方も多いことでしょう。

そこで今回は、ユーロの特徴や値動き、経済状況や経済指標、リスクなどについて紹介しています。

この記事を読むことで、ユーロに対する理解が深まり、安心して取引できるようになりますので、参考にしてください。

ユーロの特徴

まずは、ユーロがどのような通貨なのか、基本的な特徴について確認をしていきましょう。

特徴を知っておくことで、他の通貨との比較もしやすくなります。

ユーロは「欧州統一通貨」

ユーロは、1993年に発足したEUで実施された通貨統合によって、1999年1月から取引が開始された単一通貨のことです。

通貨コードは「EUR」と表記されます。

1999年に取引開始された際は、まずは11ヶ国が参加して銀行間取引が始まりました。

現在では、スウェーデンやイギリスを除くEUに加盟する28ヶ国のうち19ヶ国で使用されている状況です。(イギリスなどは独自通貨を維持しています)

ユーロは欧州中央銀行(ECB)によって発行・管理されています。

米ドルに次ぐ第二の基軸通貨

各国の中央銀行や政府が保有する外貨の割合は、米ドルが約6割でユーロが約2割で、ユーロは世界の基軸通貨である米ドルに続く取引量を誇っており、第二の基軸通貨と呼ばれています。

また、EUは経済規模に関してもアメリカに次ぐ世界第2位の大きさです。

世界1位の米ドルと2位のユーロは世界最大の取引高がある通貨ペアでもあり、全通貨ペアの取引高のうち約23%ものシェアを持っています(1日あたりの平均取引高は1兆1,000億米ドル以上)。

取引高シェア通貨ペアは以下のとおりです。

順位 通貨 シェア率
1位 ユーロ/米ドル 23%
2位 米ドル/円 17%
3位 米ドル/英ポンド 9%
4位 米ドル/豪ドル 5%
5位 米ドル/カナダドル 4%

為替市場において米ドルが圧倒的なシェアを持ちますが、ユーロの規模も非常に大きく、円も含めた3通貨のシェアは10年前と比べても大きく変わっていません。

ユーロの値動き

これまでユーロがどんな値動きをしてきたのか、どのような要因で上昇・下落したのか把握しておくことは大切です。

これらを把握しておくことで、今後の相場分析がやりやすくなる可能性があります。

ここでは、代表的通貨ペアであるユーロ円の値動きや上昇要因・下落要因について見ていきましょう。

値動き

ユーロ円の約10年間(2008年〜2019年)のチャートを見ると、2008年に一時1ユーロ=169.950円の高値をつけますが、リーマンショックが起きると相場は急落します。

2009年1月には一時112円まで下がり、その後130円台まで回復をしますが、再び下落しました。

2012年8月には1ユーロ=100円を割り、ここ10年で最も安い94円まで下がっています。

2014年にかけて再び上昇し、130円〜140円で推移したあと、2016年にかけて110円〜120円まで下落、2019年3月時点では120円台で推移しています。

上昇要因

ユーロ円は、2015年の日銀の追加緩和や2016年の欧州中央銀行の量的緩和縮小(テーパリング)の噂などによって上昇しています。

下落要因

ユーロ円は、2008年〜リーマンショックや2010年のギリシャ危機、その後のECBの量的緩和、ブレグジット(イギリスのEU離脱)などによって相場が下落しています。

ユーロの経済指標

ユーロの相場がどのような経済指標に大きく反応するのかを知っておけば、リスク管理がしやすくなります。

また、ファンダメンタルズ分析の精度も高めることができ、売買チャンスを捉えることが可能です。

ここでは、ユーロ相場への影響が大きい経済指標やユーロの今後の見通しについて見ていきましょう。

経済指標

ユーロが影響を受けやすい主な経済指標は以下のとおりです。

ユーロに関する経済指標だけでなく、経済規模が大きいドイツの重要指標もチェックする必要があります。

経済指標 発表時期 日本発表時間
欧州中央銀行(ECB)政策金利発表 毎月上旬 21時45分頃
ZEW景況感調査指数 毎月中旬 19時頃
GDP(国内総生産) (速報)2月・5月・8月・11月中旬
(改定)3月・6月・9月・12月上旬
19時頃
消費者物価指数(HICP) (速報)毎月下旬
(改定)毎月中旬
19時頃
ドイツZEW景況感指数 毎月下旬 19時頃
ドイツIFO景況感指数 毎月下旬 18時頃
ドイツGDP(国内総生産) (速報)2月・5月・8月・11月中旬
(改定)3月・6月・9月・12月上旬
16時頃

いずれも、影響力が大きい重要指標となりますので、できればすべて確認するようにしましょう。

ユーロの経済状況

ユーロはフランスとドイツが中心ではありますが、PIIGS(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)も含め、全体的に景気懸念が高まっています。

2019年2月に欧州委員会が発表した冬季経済予測(中間見通し)では、2019年のEU加盟国28ヶ国の実質GDP成長率予測値を1.5%、ユーロ圏は1.3%としました。

2018年の秋季経済予測から、EU加盟国は0.4%減、ユーロ圏は0.6%減となっています。

2020年予測についても前回予測からともに0.1%減といずれも厳しい数値です。

景気後退予測の主な要因としては、イギリスのEU離脱や貿易摩擦、中国経済の減速などがあります。

主要国の2019年のGDP成長率見通しは以下のとおりです。

  • ドイツ 1.1%(前回予測より0.7%減)
  • アイルランド 4.1%(前回予測より0.4%減)
  • ギリシャ 2.2%(前回予測より0.2%減)
  • スペイン 2.1%(前回予測より0.1%減)
  • フランス 1.3%(前回予測より0.3%減)
  • イタリア 0.2%(前回予測より1.0%減)
  • ポルトガル 1.7%(前回予測より0.1%減)

2019年の消費者物価指数上昇率についても下方修正をしています。

これらの数値を見てもわかるとおり、ユーロ圏経済は景気後退懸念が高まっている状況です。

ユーロの考えられるリスク

ユーロにはどのようなリスクがあるかを把握しておけば、日頃からリスク管理を徹底できるようになります。

リスク管理の質を高めることは、安定した収益をあげることにもつながりますので、主なリスクについて見ていきましょう。

PIIGSの存在

2009年のギリシャの破綻危機から、アイルランドやポルトガルにも財政金融危機が広がりました。

イタリアはやや緩やかな景気回復はしているが足下では減速し、ポルトガルは足下でも加速が見られます。

どちらもユーロ・ソブリン危機があった2011年頃よりも改善が見られるが、ストック指標の改善はまだまだの状態です。

これらの国だけに限ったことではありませんが、景気後退懸念が高まるなかで過去財政危機を起こしている国の存在は、今後再び大きなリスクになる可能性があります。

1つの国の影響を多数の国が受ける

ユーロは、為替変動リスクを避けることやユーロ圏内での商取引を円滑におこなうために統一通貨を導入しました。

しかし、ユーロソブリン危機などのように、一部の国の財政危機が問題になるとユーロが大幅に下落して、関係のない国まで多くのデメリットを受けることになります。

ドイツがギリシャを救済するなど、財政基盤の強い国が弱い国を財政支援で助けなければならないことも統一通貨の欠点です。

ユーロを導入している国が多いことから、各国の意見が食い違ってしまうと大きなリスクが発生する恐れもあります。

まとめ

今回は、ユーロの特徴や値動き、経済状況や経済指標、リスクなどについて紹介いたしました。

あらためてここで紹介した大事なポイントをまとめると、次の4点が挙げられます。

  • ユーロは米ドルに続く取引高で米ドルユーロの通貨ペアは世界第1位の取引高を誇る
  • 景気後退懸念が高まっており今後の相場動向には注意が必要
  • ユーロは導入国が多いため1つの国のリスクを全体が被る場合がある
  • 多くのトレーダーが取引をする人気通貨ペア

ぜひ、興味がある方は、ここで紹介した内容を参考にして早速取引を始めてみてください。

ユーロのデータ
国名 欧州連合
首都
通貨単位 ユーロ、セント
表記 EURO
輸出先 米国、スイス、日本、ポーランド、中国
輸入元 米国、日本、中国、スイス、ロシア

 

1クリックで行う超高速取引機能
GMOクリック証券
GMOクリック証券
シンプルな操作で取引が有利
操作性が抜群の『はっちゅう君FX』
ドテン注文を1クリックでできる!
デイトレ・長期投資にも対応!
FXトレード・フィナンシャル
FXトレード・フィナンシャル
初心者の方にも人気が高い業者
取引も快適!高速レスポンス!
マーケット情報の高い充実度
情報力ならFXプライム byGMO!
FXプライム byGMO
FXプライム byGMO
業界トップレベルの情報提供力!
チャート分析専用ツールが高評価
GMOグループだから安心

 

ユーロは米ドルと同じくらい有名だよね!
そうだね!ユーロは米ドルの次に取引量の多い通貨なんだよ。
第二の基軸通貨と言われてたりするよな!米ドルが落ちるとユーロが買われる傾向があるくらいなんだぜ!!
えぇっ??そうなんだ!
そう!ちなみに今では19カ国でユーロは使われているんだよ。
そんなにユーロを使っている国が多いんだねー。
ヨーロッパの国々の統一通貨だからな!でもイギリスやスウェーデンは使われてないぜ。
そう、ブルくんの言うとおり国々の統一通貨だからユーロの全体の経済状況を把握するのは難しいんだよ。
じゃあユーロを取引している人はどうやって経済状況などの情報を手に入れているの?
リーダー格の国がいるんだよ。
リーダー??
そう!!ユーロ加盟国の経済格差は激しくて、GDPの約80%はフランス、ドイツ、イタリア、スペインが占めているんだ。>>>GDPの詳細はコチラへ!
なるほど・・・。
だからこの4ヶ国の景気や経済状況はユーロ全体に与える影響は大きいんだ。だからユーロを取引する人はドイツとフランスの経済状況をチェックしている人が多い。余裕があればイタリア、スペインもチェックするといいかな。
そうか、でもこんなに国がたくさん集まっているとリスクってどうなの??
確かに、アメリカや日本のように1つの国の通貨ではなく、19ヶ国で使われている通貨なのでのその分リスク要因は多くなるね。まだユーロは1999年に通貨統一されたから、まだ若い通貨なんだよ!だからリスクの要因は未知数と言われている。
未知数か・・・。
そうだよ。例えばドイツの景気が悪くなってしまったり、フランスの政治的地位のある人物の失言など起これば他のユーロ圏が安定していてもユーロの価値は下がってしまう事もあり得るんだよ。とは言っても近年はさらにユーロは強くなってきているのは間違いない。今後もさらなる成長が期待できると思うよ。

29 10月 2015

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!