LIFFEはライフと読みます!分かりやすく解説!

LIFFEとは、「ライフ」と呼ばれるロンドン金融先物取引所のことです。London International Financial Futures Exchangeの略です。

たとえば、LIFFEは1982年に為替や金利などのリスクヘッジの手段を金融市場に提供するために創設されました。その後ロンドン・オプション市場やロンドン商品取引所と合併し、2000年11月に電子取引システムである「LIFFE CONNECT」へ完全移行しました。

さらに、LIFFEは2001年に欧州取引所連合のユーロネクストに買収され、業務内容を一気に拡大。

世界でも有数のデリバティブ取引所になりました。さらに、ユーロネクストがNYSEグループと合併したため、LIFFEは、正式には「NYSE Liffe」という名称になっています。

20 10月 2015

関連記事

  • L/Cとは? -用語集

    L/Cとは、一般に「信用状」と呼ばれるもので、貿易決済を円滑化するための手段として、輸入者の輸入代金支払に関して、輸入者の取引銀行が保証した書面です。 L L/C (Letter of Credit) LIBOR LIF … [続きを読む]

  • LIBORとは? -用語集

    LIBORとは、London Interbank Offered Rateの略でロンドンの主要銀行間における貸出金利のことです。ライボーと呼ばれます。LIBORは英国銀行協会(BBA)から毎日通貨別、期間別(1ヶ月、1年 … [続きを読む]

  • LTCMとは? -用語集

    LTCMとは、1998年10月に破綻したアメリカの大手ヘッジファンド、ロング・ターム・キャピタル・マネジメントのことです。ジョン・メリウェザー率いるLTCMは、マイロン・ショールズ氏とロバート・マートン氏とい2人のノーベ … [続きを読む]

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧