【第2次所得収支とは】用語の意味をわかりやすく解説

第2次所得収支とは、国際収支(一国のすべての対外経済取引が体系的に記録された経済指標)における経常収支の項目のことです。

具体的には、日本と海外諸国とのの無償資金協力、寄付、贈与の受払などの収支です。

2013年までは経常移転収支という呼称でした。

28 10月 2020

関連記事

  • デイ・トレードとは? -用語集

    デイ・トレードとは、株や通貨などの売買を1日のうちに完結してしまう取引方法のことをいいます。日計り商い、もしくは日計りとも呼ばれます。FXなどでは、当日中に手仕舞いをする取り引きを意味し、逆に翌日までポジションを持ち越す … [続きを読む]

  • TTBとは? -用語集

    TTBとは、対顧客電信買=外貨売却・払出レートのことをいい、Telegraphic Transfer Buying rateの略です。銀行が顧客に対して外貨を買い取る(外貨を円に交換する)時に用いられる為替レートのことを … [続きを読む]

  • 東証株価指数(TOPIX)とは? -用語集

    東証株価指数(TOPIX)とは、東京証券取引所第1部に上場している全銘柄を対象にしています。TOPIXは時価総額で計算されるため、日経平均と違い株価だけでなく株式数の規模も含んでいます。 と トリガ成行 トリガ指値 ドル … [続きを読む]

  • チャーチストとは? -用語集

    チャーチストとは、「相場の動きのすべてはチャートの動きを研究すれば、先々のことも予知・予測できる」という考え方の人を指していいます。 チャート分析などのテクニカル分析を活用して、将来の市場動向を読む専門家であり、テクニカ … [続きを読む]

  • 通貨スワップとは? -用語集

    通貨スワップとは、ドル円など異なる通貨建ての債務を交換する金融取引のことをいいます。通貨スワップは、1981年8月にIBMと世界銀行間で米ドルとスイス・フランを使って約定されたのが、公表ベースでの世界最初の取り引きと言わ … [続きを読む]

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧