TTSとは? -用語集

TTSとは、対顧客電信売=外貨購入・預入レートのことで、Telegraphic Transfer Selling rateの略です。つまり、銀行が顧客に対して外貨を売る(円を外貨に交換する)時に用いられる為替レートのことをいいます。

金融機関側、つまり売り手から見ると、顧客へ外貨を販売するときのレートなので、単に「Selling Rate」とも呼ばれます。

20 10月 2015

関連記事

  • 通貨先物取引とは? -用語集

    通貨先物取引とは、CME(シカゴ・マーカンタイル・エクスチェンジ)で行なわれる、先(サキ)日付けの通貨の取引のことで、3月、6月、9月、12月のそれぞれの第三水曜日に決済日が決まっているものを取引します。3月、6月、9月 … [続きを読む]

  • 中央銀行とは? -用語集

    中央銀行とは、銀行の銀行とも呼ばれ、国の金融制度の中心的な機関として特別法に基づいて設立された銀行のことをいいます。法定通貨の独占発券権を持ち、通貨を供給したり通貨量の調整を行います。また、政府の銀行としての業務を行うた … [続きを読む]

  • 取引証拠金とは? -用語集

    取引証拠金とは、取引に参加するため担保に供する資金のことです。「取引保証金」ともいいます。FXにおいてはこの取引証拠金にレバレッジをかけることで、証拠金の何倍もの規模の取り引きができるようになっています。 しかし、レバレ … [続きを読む]

  • TTBとは? -用語集

    TTBとは、対顧客電信買=外貨売却・払出レートのことをいい、Telegraphic Transfer Buying rateの略です。銀行が顧客に対して外貨を買い取る(外貨を円に交換する)時に用いられる為替レートのことを … [続きを読む]

  • 投資信託とは? -用語集

    投資信託とは、多くの投資家が資産運用会社に資金を預け、資産運用会社において運用のプロとされるファンドマネジャーがその資金を株式や債券、不動産、金融派生商品などに投資し、その運用で得た利益を投資家に分配するしくみの金融商品 … [続きを読む]

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!