有事のドル買いとは? -用語集

有事のドル買いとは、戦争などが起こって国際的な緊張が高まったときに、アメリカドルを買っておけば安心できると考えてドルを買うことをいいます。

これはドルが基軸通貨であることから、米国債も安全資産の代表格であり、有事の際には米国債やドルが買われるのです。ただし、「9・11」以降、米国でさえも安全な資金の逃避先であるとは見なくなった投資家も多く、有事のドル買いと同じようなニュアンスで「有事のスイス買い」も出てきています。

戦争や紛争が起こった場合、スイスフランが買われる場合が増えてきているのです。 戦争や武力衝突以外にも経済危機をも広い意味で有事と捉れば、以前のような有事のドル買いは引き続き残っているとは言えるでしょう。

20 10月 2015

関連記事

  • 弱材料とは? -用語集

    弱材料とは、株価や為替レートを下落させる外部要因のことです。悪材料(あくざいりょう)と呼ばれることもあります。弱材料に対し、株価・為替レートを上昇させる外部要因のことを強材料(つよざいりょう)といいます。 よ 横ばい 与 … [続きを読む]

  • ユアーズとは? -用語集

    ユアーズとは、インターバンク市場で使われる用語で、たとえばドル/円の取引の場合はドルを「売った」という意味になります。「ギブン(given)」を使うこともあります。逆に「買った」という場合は、「マイン」といいます。 ゆ … [続きを読む]

  • ユーロとは? -用語集

    ユーロ(EURO)とは、1999年に誕生した欧州統一通貨のことです。欧州12カ国における流通通貨で、米ドルに次ぐ第2の基軸通貨とされています。 ユーロを対象とした各種取引が行われている世界中の市場をユーロ市場と呼びます。 … [続きを読む]

  • 寄付きとは? -用語集

    寄付きとは、取引所における立会いの開始で、最初の売買のことをいいます。そのときについた値段を寄付き(または寄付き値)といいます。 取引時間スタートの時間帯のことを意味することもあります。この寄り付きの注文はその日の立会時 … [続きを読む]

  • 安値とは? -用語集

    安値とは、営業日、または週間や月間など特定の期間のなかで最も安い価格のレートのことをいいます。(⇒四本値) 安値の反対の高値とセットで相場を分析する中で特に注意する投資家も多く、重要な情報にもなります。FX市場では、よく … [続きを読む]

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!