知らないと損!『一徹張りは貧乏神』の意味とは?

一つの投資方法にこだわるあまり、相場全体を見ず、相場の変化を感じ取ろうとしない取引方法は、最終的には損をするという意味です。

あ行
上がった相場は自らの重みで落ちる 騰げは別々、下げは一緒 頭と尻尾はくれてやれ 当たり屋といわれたころから曲がり出し 当たり屋につけ、曲がり屋に向かえ 当たり屋に向かえ 余り物に値なし 行き過ぎもまた相場 意地商いは破滅の因 急ぎ商い損のもと 一運、二金、三度胸 一次規制に売りなし 一度に買うは無分別 一日の相場を考え、商いいたすはよろしからず 一文惜しみの百失い 一徹張りは貧乏神 いつとても買い落城の弱峠、怖いところを買うが極意ぞ いのち金には手をつけるな 売り買いは三日待て 売り買いは腹八分 売り買い休め 売り買いを一度にするは無分別、二度に買うべし、二度に売るべし 売り難きところが下がり、買い難きところが上がると知るべし 売りは迅速、買いは悠然 売るべし、買うべし、休むべし 売れば二上がり、買いや三下がり、切ってしまえば本調子 噂で買って事実で売れ 運を待つは死を待つに等し エコノミストは理路整然と曲がる 大きく戻す相場の下値は浅い 大玉を張るを誇りとするなかれ 大回り三年、小回り三月 大儲けは時代の変わり目にあり 大もちあいは大相場 お金を儲けることと、それを維持することは全く別のものである 驕り商い皆向え 押し目待ちに押し目なし 鬼より怖い一文新値 疑わしきはなにもするな

21 10月 2015

関連記事

  • 一文惜しみの百失い – [相場格言]

    小さい金額を惜しんでいたら百倍失うものがあるという意味の格言です。利益が乗ってきたのにもかかわらず、目標値にわずかな金額が足りないということで、手仕舞できず、その後ズルズル値が下がり、結局は損をしてしまうことをいいます。 … [続きを読む]

  • 一運、二金、三度胸 – [相場格言]

    ここが上昇の転機と見たら、びくびくせずに勇気を持って買いなさいという意味です。大幅に下げ、買い場と思っても、不安材料があればなかなか買えない投資家心理を反映させた言葉です。 あ行 上がった相場は自らの重みで落ちる 騰げは … [続きを読む]

  • 上がった相場は自らの重みで落ちる – [相場格言]

    どんな相場も永遠に上昇し続けることはなく、いつかは下落する時が来るという意味です。 あ行 上がった相場は自らの重みで落ちる 騰げは別々、下げは一緒 頭と尻尾はくれてやれ 当たり屋といわれたころから曲がり出し 当たり屋につ … [続きを読む]

  • 一次規制に売りなし – [相場格言]

    相場が上昇し加熱してくると、過熱感に歯止めをかけようと規制がかけられたりします。しかしながら、相場が強いときは、規制が一時的なショックにはなりますが、相場はすぐに立ち直ったりするものです。 規制だけを理由にあっさり売って … [続きを読む]

  • 売るべし、買うべし、休むべし – [相場格言]

    常に取引をするのではなく、ひとつの売買が終わったら一歩退いて市場環境や相場動向などをいま一度観察し、自身の投資手法や取引ルールを見直すなど、次の機会に備えることも大切なことです。 また、 少し休んでいるうちに相場がより有 … [続きを読む]

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!