どんな意味?『腹立ち商い致すべからず』を知る!

相場が自分の予測と反対方向に動いたといって腹を立て、意地になれば損は大きくなることもあります。どんなときでも平常心を失ってはいけないという教えです。

22 10月 2015

関連記事

  • 百年に九十九年の高安は、三割超えぬものと知るべし – [相場格言]

    これは江戸時代の米相場の特徴を言い当てた格言で、百年のうち九十九年間の高安の差が三割は超えないものだ、という意味です。ほとんどの相場は、上昇相場にしろ下落相場にしろ三割くらいしか上下動しないものだという教えです。 は行 … [続きを読む]

  • 棒上げは棒下げにつながる – [相場格言]

    連日のように大幅高を演じるような棒上げを見せると、その後は高値を維持することが難しく、短期間のうちに往って来いとなるケースが多いものです。短期急騰後の買いには細心の注意を払うべきという意味です。 は行 売買の時機は、売買 … [続きを読む]

  • 踏み出し第一 – [相場格言]

    相場は売買仕掛けの踏み出し(タイミング)が第一なのです。踏み出しに成功すれば、既に儲かったようなものです。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけばせくほど損をする、休んで手を替えてみよ 初押しは買い、初戻し … [続きを読む]

  • 早耳の耳だおれ – [相場格言]

    一見儲かるようなニュース出ても、市場には反応しない情報もあるものです。ゆえに情報を早く得た者が相場で成功するとは限らないという教えです。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけばせくほど損をする、休んで手を替 … [続きを読む]

  • 引かれ玉は投げよ – [相場格言]

    「引かれ玉」とは、含み損になっているポジションのことです。売買のタイミングを誤った時は、迷わずに売ってしまうのがよいとする教えです。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけばせくほど損をする、休んで手を替えて … [続きを読む]

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧