儲けたければ知るべし!『万人があきれ果てたる値が出れば、高い安いの境なりけり』の意味。

どんな尺度で、どんな経験則からいっても大相場は続かないものです。「万人があきれ果てたる値」がついたあとの危険性を指摘している格言です。 大相場は続かない。「万人があきれ果てたる値」がついたあとの結果は、どうだったか。格言でいみじくも、こうした場合の危険性を指摘してくれている。

22 10月 2015

関連記事

  • 下手なナンピン怪我のもと – [相場格言]

    トレンドに逆らう難平はリスクの高い行為なので、思わぬ損失につながりやすいという教えです。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけばせくほど損をする、休んで手を替えてみよ 初押しは買い、初戻しは売り 早耳の耳だ … [続きを読む]

  • 半値戻しは、全値戻し – [相場格言]

    一度下落した値下がり幅の半値を戻してきたということは、相当の上昇エネルギーを持っていると考えられるので、今後全値まで戻るものだという教えです。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけばせくほど損をする、休んで … [続きを読む]

  • 人も我もで相場は天底をつける – [相場格言]

    日頃から熱心に相場の勉強をする人ほど、その見通しには信念を持つものですが、最終的には、人間の信念をも覆すほどに、相場というものは非情で厳しいものであるという教えです。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけば … [続きを読む]

  • 早耳の耳だおれ – [相場格言]

    一見儲かるようなニュース出ても、市場には反応しない情報もあるものです。ゆえに情報を早く得た者が相場で成功するとは限らないという教えです。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけばせくほど損をする、休んで手を替 … [続きを読む]

  • 百年に九十九年の高安は、三割超えぬものと知るべし – [相場格言]

    これは江戸時代の米相場の特徴を言い当てた格言で、百年のうち九十九年間の高安の差が三割は超えないものだ、という意味です。ほとんどの相場は、上昇相場にしろ下落相場にしろ三割くらいしか上下動しないものだという教えです。 は行 … [続きを読む]

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧