『半値八掛け二割引』ってどんな意味?

昔、大阪船場の繊維問屋街で、モノが売れない時の値引き率のことです。100円のものを半値の50円にしても売れなければ、八掛けの40円にするが、そこから更に二割引した三分の一の水準が大方の目途となりました。

相場でも高値の半値では底値とならず、さらにその八掛けでも止まらず、ついにはそこから二割下げてやっと大底となる場合のことです。

22 10月 2015

関連記事

  • 半値戻しは、全値戻し – [相場格言]

    一度下落した値下がり幅の半値を戻してきたということは、相当の上昇エネルギーを持っていると考えられるので、今後全値まで戻るものだという教えです。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけばせくほど損をする、休んで … [続きを読む]

  • 人の行く裏に道あり花の山 – [相場格言]

    相場で利益を得るためには、人の先を行き、他人とは別の行動をとらなくてはならないという意味です。他人と違った視点で相場を見ることが成功への近道だという教えです。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけばせくほど … [続きを読む]

  • 引かれ玉は投げよ – [相場格言]

    「引かれ玉」とは、含み損になっているポジションのことです。売買のタイミングを誤った時は、迷わずに売ってしまうのがよいとする教えです。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけばせくほど損をする、休んで手を替えて … [続きを読む]

  • 人も我もで相場は天底をつける – [相場格言]

    日頃から熱心に相場の勉強をする人ほど、その見通しには信念を持つものですが、最終的には、人間の信念をも覆すほどに、相場というものは非情で厳しいものであるという教えです。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけば … [続きを読む]

  • 二日新甫は荒れる – [相場格言]

    月初の1日が休日で、2日から始まる相場は荒れるという経験則をいった格言です。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけばせくほど損をする、休んで手を替えてみよ 初押しは買い、初戻しは売り 早耳の耳だおれ 腹立ち … [続きを読む]

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!