なんて意味?『百年に九十九年の高安は、三割超えぬものと知るべし』意味が知りたい!

これは江戸時代の米相場の特徴を言い当てた格言で、百年のうち九十九年間の高安の差が三割は超えないものだ、という意味です。ほとんどの相場は、上昇相場にしろ下落相場にしろ三割くらいしか上下動しないものだという教えです。

22 10月 2015

関連記事

  • 早耳の耳だおれ – [相場格言]

    一見儲かるようなニュース出ても、市場には反応しない情報もあるものです。ゆえに情報を早く得た者が相場で成功するとは限らないという教えです。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけばせくほど損をする、休んで手を替 … [続きを読む]

  • 人も我もで相場は天底をつける – [相場格言]

    日頃から熱心に相場の勉強をする人ほど、その見通しには信念を持つものですが、最終的には、人間の信念をも覆すほどに、相場というものは非情で厳しいものであるという教えです。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけば … [続きを読む]

  • 二日新甫は荒れる – [相場格言]

    月初の1日が休日で、2日から始まる相場は荒れるという経験則をいった格言です。 は行 売買の時機は、売買の銘柄より大切 売買をせけばせくほど損をする、休んで手を替えてみよ 初押しは買い、初戻しは売り 早耳の耳だおれ 腹立ち … [続きを読む]

  • 棒上げは棒下げにつながる – [相場格言]

    連日のように大幅高を演じるような棒上げを見せると、その後は高値を維持することが難しく、短期間のうちに往って来いとなるケースが多いものです。短期急騰後の買いには細心の注意を払うべきという意味です。 は行 売買の時機は、売買 … [続きを読む]

  • 人の商いを羨むべからず – [相場格言]

    相場で他人が大きく儲けたからといって、羨んでも何もなりません。いたずらに嫉妬心をかき立てられ、相場に対して迷いが生じがちです。どのような状況でも、自分の相場に専念すべきだという意味の格言です。 は行 売買の時機は、売買の … [続きを読む]

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!