気になる言葉『罫線は相場師の杖である』はココで調べよう!

罫線(チャート)は、相場が客観的に見て安値圏なのか、高値圏なのか、上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを分析する上で不可欠なツールだということです。

か行
買い気をはさんで売る事、心得違い 買いにくい相場は高い、買いやすい相場は安い 蚊が止まっても崩れる 風が吹けば桶屋が儲かる 勝ちは四分をもって善しとす 勝った自慢は負けての後悔 必ずしも市場にいる必要はない 金のなる木は水では生きぬ、汗をやらねば枯れていく 株価は頂上において強く見え、底で弱そうに見える 株が高いときは最上に見え、安いときは最低に見える 株価の里帰り 株式と結婚するな 考えた後は、タイミング良く実行あるべし。行動の時を知っていても実行しなければ無益である。 考えの裏が本街道 観察は小心、行動は大胆に 閑散に売りなし 木は天まで伸びず 逆日歩に買いなし、逆日歩に売りなし 罫線は相場師の杖である ケイ線を過信するな 罫線屋、罫線引き引き足をだし 決してトレンドに逆らってはならないし、天底を推測しようとしてはならない。チャートがトレンドの転換を示すまで待つこと。 決して相場巧者となるな、まして場面巧者となるな 賢者は聞き、愚者は語る 現象は知らせである 後悔に二つあり。早手仕舞いは笑うてしまう後悔なり。欲に迷い手仕舞い遅れるは心痛む後悔なり。 攻撃終末点を越えたら、いかなる名将も必ず敗北する 国策には逆らうな 小回り三月、大回り三年

22 10月 2015

関連記事

  • 勝った自慢は負けての後悔 – [相場格言]

    相場に勝ったからといって他人に吹聴し、自慢する者は、逆に負けると愚痴が多く、泣き言を言うものです。浮かれていると足元をすくわれるので、どんなときでも謙虚に自身を振り返り、冷静に分析することが大切なのです。 か行 買い気を … [続きを読む]

  • 攻撃終末点を越えたら、いかなる名将も必ず敗北する – [相場格言]

    相場も勝つほどに資金が大きくなっていけば、勢いが以前よりも鈍るので要注意であるという意味です。 か行 買い気をはさんで売る事、心得違い 買いにくい相場は高い、買いやすい相場は安い 蚊が止まっても崩れる 風が吹けば桶屋が儲 … [続きを読む]

  • 国策には逆らうな – [相場格言]

    国の政策は、経済や企業の業績に影響を与えるので、それを無視してはいけないという意味です。 か行 買い気をはさんで売る事、心得違い 買いにくい相場は高い、買いやすい相場は安い 蚊が止まっても崩れる 風が吹けば桶屋が儲かる … [続きを読む]

  • 風が吹けば桶屋が儲かる – [相場格言]

    風が吹くと砂ぼこりが舞い、砂が人の目に入って、目を患ったり、失明してしまう人が増えます。失明した人は三味線を弾くようになるので、三味線の需要が増え、三味線に張る猫の皮が大量に必要になります。そのため、猫が減りネズミが増え … [続きを読む]

  • 木は天まで伸びず – [相場格言]

    上昇相場において天井のない相場は無いという例えです。一方で、このようなことを口にしたりする時は、道半ばでまだまだ上げることも多いものです。 か行 買い気をはさんで売る事、心得違い 買いにくい相場は高い、買いやすい相場は安 … [続きを読む]

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧