意味が知りたい!『二度に買うべし、二度に売るべし』

自分の相場予測にいくら自信があっても、相場はどちらに動くかわかりません。最初にポジションを建てるときは、一度にたくさん売買するより、少しだけ売買し、予想通り動けば、さらに買い(売り)増すことがよい方法であるという教えです。

自分の判断が正しいか、相場に聞いてみないと(結果を見てみないと)わかりません。最初にたくさん売買するより、まず少しだけ売買し、予想通り動けばさらに売買を重ねるようにすればいいでしょう。

22 10月 2015

関連記事

  • 難平商いは怪我の因 – [相場格言]

    相場が下げるほど、難平買いをして買い玉を大きくし、短期反騰で一気に損を埋めて利益に転じようとすることは、一歩間違えると損が大きくなるケースが多いので要注意です。 な行 難平商いは怪我の因 難平が出来るほどの金持ちはカーネ … [続きを読む]

  • 野中の一本杉 – [相場格言]

    周りの木が倒れていくにもかかわらず、一本だけ踏ん張っていると一本杉という意味合いで、相場全体が下落しているときでも、それに逆行して上昇している銘柄のことをいいます。 な行 難平商いは怪我の因 難平が出来るほどの金持ちはカ … [続きを読む]

  • 登り百日、下げ十日 – [相場格言]

    上げ相場は、短期的な物色買いと利食い売りをこなしながら、じりじりと少しずつしか上がっていくものです。逆に相場が下降局面に入ったら、その下げ足は速いものいう意味の格言です。 な行 難平商いは怪我の因 難平が出来るほどの金持 … [続きを読む]

  • 逃げる時は迷うな – [相場格言]

    相場では、どうやっても見込みのない時は迷わず逃げてしまうべきだという教えです。 な行 難平商いは怪我の因 難平が出来るほどの金持ちはカーネギー、モルガン、ロックフェラーの3人しかいない。しかし、彼らはそんな事をするほど愚 … [続きを読む]

  • 煮え詰れば動機づく – [相場格言]

    相場は上昇して保合いと、高値の限界である可能性が高いものです。いずれ下落へ転じ、反対に相場が下げて揉合が長くなって底値を確認すれば、やがて上昇するきっかけをつかむのです。 な行 難平商いは怪我の因 難平が出来るほどの金持 … [続きを読む]

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!