意味が知りたい!『相場は値段の高低にして、その高きを売りその安きを買う』とは?

値段の高いところで売り、安いところを買うのが売買の基本です。

さ行
財界の見通しより相場の足取り 最初の損は最良の損 最初の追証のときに売れ 材料はあとから出る 指値は変えるな 三空は売り 三空踏み上げには売り向かえ 三軍の災いは狐疑(こぎ)より生ず 3割高下に向かえ 知ったらしまい 知って行わざるは知らざるに同じ 自分よりも相場を知らない人の助言に従ってはならない。 しまったはしまえ 重要なのは自分が信じたり考えたり期待することではなく、相場がどう動くかである。 需給はあらゆる材料に優先する 順にいては逆を忘れず、逆にいては己を捨てず。 新値にはだまってつけ 筋の耳打ちは信頼するな 静中に動あり 成長すれば複雑になる 節分天井の彼岸底 相場師は日柄を大切にする 相場師は孤独を愛す 相場に過去はない 相場に寸尺なし 相場のカネとタコの糸は出し切るな 相場の器用貧乏 相場のことは相場に聞け 相場の実践に当たって一番大切なのは断の一字 相場は明日もある 相場はいつも信号を送っている 相場は運・鈍・根 相場は常に正しい 相場は豹変する 相場に理屈はいらない 相場は値段の高低にして、その高きを売りその安きを買う 相場は煩悩の渦 相場やるには古今東西の歴史を読め 備えあれば迷いなし 損玉を決断早く見切ること、これ相場の神仙と知れ 損切りは素早く 損して休むは上の上 損せぬ人に儲けなし

22 10月 2015

関連記事

  • 相場に過去はない – [相場格言]

    「あの時、買っておけば」などと過去の事について後悔して溜息ばかりついているのは良くない。その時は縁がなかったと考え、その後の投資に前向きな姿勢で臨むことが大切です。 さ行 財界の見通しより相場の足取り 最初の損は最良の損 … [続きを読む]

  • 財界の見通しより相場の足取り – [相場格言]

    経済界の見通しは参考程度にとどめておいて、相場そのものの推移をよく観察・分析しなければいけないものなのです。 さ行 財界の見通しより相場の足取り 最初の損は最良の損 最初の追証のときに売れ 材料はあとから出る 指値は変え … [続きを読む]

  • 知って行わざるは知らざるに同じ – [相場格言]

    いくら相場の見通しが正確に予測できたとしても、実際に売買しなければ意味はありません。頭で理解していても、行動に移さなければ何も得られず、「絵に描いたもち」で終わってしまいます。 さ行 財界の見通しより相場の足取り 最初の … [続きを読む]

  • 節分天井の彼岸底 – [相場格言]

    相場の季節性や循環性を説いた格言で、節分のある二月に天井をつけ、三月後半のお彼岸には一年を通してみると底になっているケースが多いとされています。 さ行 財界の見通しより相場の足取り 最初の損は最良の損 最初の追証のときに … [続きを読む]

  • 相場師は日柄を大切にする – [相場格言]

    値段にこだわり過ぎずに、上昇日数、下降日数などの日柄を大切にしなさいと説いた格言です。どんな材料でも時間が経過するほど新鮮味が薄れてくるので、短期的な視点で相場を見るよりも、長い目で相場の方向性を捉えるとよいのではという … [続きを読む]

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!