短期取引にも長期チャートの参照は不可欠

各種FX取引ツールには、現在に至るまでの為替レートの変動をグラフ化してくれる便利なチャート機能が実装されています。
移動平均線やMACD、ボリンジャーバンドなどのテクニカル指標を組み合わせれば、買い・売りポジションを有利に仕掛けられる値頃なレートも一目瞭然です。

その際には、時間足の異なる複数のチャートを参照することが非常に大切です。
一つのチャートだけに着目しているとうっかり見落としてしまうような重要な情報に気づかされることが少なくありません。

短期チャートと長期チャートを同時に活用するメリットを具体的に見ていきましょう。

長期のチャートは短期のチャートよりも「だまし」が少ない

テクニカル分析において厄介なのが、「だまし」の存在です。
些細な値動きに反応して、各種テクニカル指標が誤ったタイミングで取引シグナルを発してしまうことが多々あります。

この騙しに釣られると、エントリーした直後に相場が逆方向に動きだして大変なことになってしまいます。
どんな指標を用いても100%確実な予測をすることは不可能ですが、時間足を長めに設定した長期のチャートなら値動きのランダム性が少なく、比較的正確に売買サインを見極めることができます。

長期チャートと短期チャートのエントリーサインが重なったタイミングが好機

同じ通貨ペアのチャートでも、時間足の期間を変えるだけで見え方が全く変わってきます。短期チャートでは上昇トレンドに見えても、長期チャートで見ると明確な下降トレンドにあることに気づかされる場合があります。
どんなに大きなトレンド相場でも、為替レートが一直線に動き続けるということはありません。
必ずどこかで調整の一服が入ります。そのタイミングで強気の勝負に出てしまうと、大きなトレンドに飲み込まれて大損失に発展してしまう恐れがあります。

たとえデイトレードのような短期取引でも、現在の大きなトレンドを意識しておくのは非常に重要なことです。
できれば、長期チャートと短期チャートの流れが一致するタイミングがエントリーの理想。

トレンドに乗って一気に大勝ちを狙える可能性が高まります。

自分の取引スタイルに合った時間足を認識しよう

チャート分析の鉄則は、時間足の期間の長いものから順番にチェックしていくことです。
まずは大局を把握し、その中で現在の相場がどのように動いているのか確認しましょう。

FXの取引手法に一意的な正解はありません。
数分で決済しようと数か月以上保有しようとトレーダーの自由です。

しかし、長期保有するつもりで1分足や5分足のチャートばかり見ていても意味がありません。
各トレードスタイルによって参照すべき適切なチャートがあるのです。

視野を広げるためにも常に複数のチャートを画面上に表示し、自分のトレードスタイルに合った利益確定・損切りのポイントを決めましょう。

02 6月 2016

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!