銀行側の力がなくなってしまった・・・。

スイスは1月に入り、中央銀行がスイスフランへの介入を中止することを決定しました。一見すると何を言っているのかわからないかもしれませんが、これがスイスフランの暴騰とユーロ暴落を生み出しました。

ユーロ・スイスフランが未曾有の大暴落!世界中のトレーダーが絶句する事態に
約3800pipsの大暴落
2015年1月15日の午後7時頃、為替市場で前代未聞の出来事が発生しました。ユーロ/スイスフランの通貨ペアにて、わずか30分足らずの間にスイスフランがおよそ4000pipsも大暴落する異常事態が観測されたのです。

スイス中央銀行の利益が無くなった

日本でもスイスフランと円のFXが行われていますが、このFXで大きな損失を計上している方も多数出てしまいました。なぜそこまでしてスイスフランの介入を止めてしまったのか、全ては中央銀行に利益が無くなってしまったからなのです。

介入するメリットが失われ…

本来中央銀行は、スイスフランの過剰な暴騰を避けるため、1ユーロ1.20スイスフランになるように為替介入を行っていました。これによりスイスフランが高くなると、ユーロを購入する形で介入を行い、スイスフランを安くしていたわけです。FXでもスイスフランはそろそろ介入するだろうと思えば、その時点で売り注文を行って利益を生み出すことが出来ました。これがある意味攻略法を伴っていましたが、ユーロの状況が大きく変化して、介入するメリットが失われてしまったのです。

徐々に介入を続けていると、スイスフランの介入に対してユーロの価値が下がり、スイス中央銀行はどんどん損失を計上することになります。ユーロ街を続けていたことで国内のユーロ建て資産はどんどん膨大になっていきます。事実上FXと同じことを中央銀行が介入で行っているのですから、当然ユーロが安くなると損失が多くなり、耐えられない状態となります。こうした状況が続いていた所に、今度はユーロ圏の経済状況悪化が重なることになります。

ユーロ経済悪化が起因に

ユーロ圏ではギリシャ問題を筆頭に、経済状況が悪化している国が数多くあり、ユーロの価値を下げてしまう要因となっています。ユーロを大量に抱えているスイス中央銀行にとって、ユーロの価値が下がることは大問題となります。このまま介入を続けていると、今度は大量に抱えているユーロの価値が暴落し、銀行の運営という部分で非常に苦労することになります。ユーロの経済回復に期待感を持ちつつ、2015年の1月中ごろまでは介入を続けていましたが、改善の動きは全く見られなかったため、介入停止に向けた動きを見せることになります。

これに加え、EUの中央銀行が金融緩和に向けた動きを加速させたことも大きな原因となっています。日本のように金融緩和を行い、大規模な資金を提供することによって、経済状況の改善を図ろうとしたのです。こうしてユーロが安くなる条件ばかりが整ってしまい、スイスフランが上昇する条件は何1つ揃っていません。こうした動きを見たスイス中央銀行は、ついに介入停止の発表することになったのです。

ユーロ建ての手持ち資金に限界が来ていたスイス中銀

介入停止に踏み切った最大の理由は、スイス中央銀行もユーロ建て資金の限界が来ていたことにあります。ユーロによる損失を覚悟の上で、銀行の資産を削ってまでスイスフランの安定を図っていましたが、そのユーロ建て資金も底をつきそうな状況だったのです。更なるユーロ安には耐えられないと判断した銀行側は、介入によってスイスフランの安定を止め、自分たちの資産を守る決断をしました。これが一気にユーロが暴落し、スイスフランが暴騰する要因となったのです。

おそらくスイス中央銀行は、持っていたユーロを手放した可能性が高いです。一時期1スイスフラン160円を超えるようなレートまで上昇する状態になったのは、銀行側が持っていたユーロを全て手放し、スイスフランを暴騰させたことによるものです。この時点で終わらせておけば、更なる損失を計上することは無くなり、銀行としての機能に支障をきたすことが無いと判断したのです。

スイスが為替介入を止めた理由、それは自分たちの資産を守るための行動だったのです。今まではスイスの企業を守るために介入を行いましたが、ついに銀行側に力が無くなってしまいました。更にユーロ安を助長する問題が積み重なった結果、これ以上の介入に価値は無いと判断され、暴騰を覚悟で為替介入停止の発表をすることになりました。

31 1月 2015

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!