景気が良いと高いと錯覚する理由

「景気がよくなると円安になる」とはなんとも逆説的に聞こえます。
ふつうはこう考えるでしょう。

景気がよくなる → 日本円の信用度が上がる → 円高になる

誰が見ても理屈に合った流れではないでしょうか。

しかし、実際は逆の円安になるというのです。なぜでしょう?

景気が良くなる時のお金の流れを考えよう!

為替変動のひとつのパターンとして、世界的に株価が上昇しているときには安く、反対に株価が下落しているときには高くなるという通貨があります。その代表が、日本円と米ドルです。

なぜこのようなことが起こるのか考えてみてください。
株価が上昇しているとき、つまり景気がいいときに投資家や企業はなにを考えるでしょう。お金に余裕のあるうちに投資をしようと考えます。そして、彼らが資産の1%でも対外投資に振り向けたとします。世界中の投資家・企業が、資産の中から同じ比率で対外投資したとしたら、いったいどこの国の通貨が最も多く売られるでしょうか。
答えは簡単です。それはお金をたくさんもっている国です。同じ1%でも、全体の数が大きいほど、その値も大きくなるからです。
そして、世界中で最も投資資金をもっているのが、日本とアメリカです。

つまり、世界的に株価が上昇してくると日本円と米ドルが最も売られ、弱くなるのです。
反対に、世界的に株価が下落すると、リスクを回避しようと投資家や企業が投資資金を手元に戻そうという動きがでてきます。日本とアメリカはたくさん対外投資を行っていたので、そのぶん投資金が戻ってくる、つまり円と米ドルが買われて強くなります。こうして世界的に景気が悪くなると円高が起こるのです。
以上のような説明を聞いてみると、話は単純でわかりやすいかと思います。

「景気がよくなると円高になる」

このように考えてしまいがちなのは、日本において為替といえば米ドル円相場ばかりが取り沙汰されるというところに理由のひとつがありそうです。
たとえば円高ドル安になると、日本のメディアはアメリカの景気悪化などをその理由としてもっともらしく語ったりします。こうした解説が、「景気悪化 = 自国通貨安」という論法を作りあげているのです。

しかし、実際の外国為替市場はそのように二元的に語れるものではありません。

多数の通貨が複雑な関係を織り成し、日々かたちを変えていくのです。
一見単純そうに見える為替相場ですが、少し視野を広くしてその複雑さを高みから眺める必要があるでしょう。

02 8月 2012

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!