ストキャスティクスは%Kと%Dの2つの動きを見て買われすぎ、売られすぎを判断できる指標

この記事の監修者中川 聡(証券外務員)
中川聡大手金融機関に勤務し、証券外務員1種を取得。
保険営業員やプライベートバンカー、証券営業員など様々なタイプの金融のプロに対して投資情報の提供を行う。現在は資産形成層から富裕層まで、個別のお客様にあった投資コンサルティングを行っている。

続きを読む

オシレータ系の中でも人気の高い「ストキャスティクス」。

ストキャスティクスを利用すれば指標の見方・使い方も決して難しくないため売買ポイントが見つけやすくなります。

しかし、FX経験が浅い方であれば

「ストキャスティクスってはじめて聞いた」
「どんな特徴があって、どう見ればいいの?」

と疑問や不安もたくさんあるはずです。

そこで今回は、ストキャスティクスの特徴や見方、使い方などについて紹介しています。

この記事をご覧いただくことで、相場分析がやりやすくなり、より多くの売買チャンスを捉えられるようになりますので、参考にしてください。

ストキャスティクスとは

ここでは、ストキャスティクスがどんなものなのか、何を示しているのかを紹介していきます。

ファストストキャスティクス

ストキャスティクスは、ファストストキャスティクスとスローストキャスティクスの2種類あります。

ファストストキャスティクスは、画像のように%K、%Dの2つの指標を使って相場の「買われすぎ」「売られすぎ」を判断するオシレーター系の指標です。

FX会社によっては「%SD」も加えた3つの指数で表示。

RSIが値幅の大きさを数値化したのに対し、ストキャスティクスは直近価格の終値を重視しています。

ある期間の3つの値

  • 最高値
  • 最安値
  • 現在値

から指数を導き出しています。

RSIよりも多くの線を用いているので、売買シグナルを判断しやすいのも特徴です。

スローストキャスティクス

スローストキャスティクスとは、「%D」と「%SD」の2本線を利用して分析する指標のことです。

スローストキャスティクスは、ファーストストキャスティクスよりも動きが緩やかでダマシも少ないため、スローストキャスティクスをメインに使うトレーダーが多いようです。

中川聡
中川 聡(証券外務員)

ポイントはストキャスティクスと他の指標を併用する

ストキャスティクス、特にファストストキャスティクスはオシレーター系の中でも非常に反応が早く、売られすぎ買われすぎにすばやく反応します。しかし早く反応するので、ダマシも多く、売買のサインとして使うには非常に難しいとも言えます。なのでダマシを減らすには、スローストキャスティクスを使うようにしたり、他の指標とあわせて使用したほうが良いでしょう。

ストキャスティクスの見方

ストキャスティクスの「%K」と「%D」が表しているものは以下のとおりです。

%K 一定期間(基本的に5日が多い)の最高値と最安値の間でどの位置に現在値があるか
%D 一定期間(主に3日)の「%K」を平均化したもの

画像の指標を見ると複雑に感じるかもしれませんが、ストキャスティクスの基本的な見方は非常にシンプルです。

特に初めての場合は、「%K」に注目し、以下の動きを見て相場動向を判断します。

「%K」が70%以上 買われすぎを表し、売りサイン
「%K」が30%以下 売られすぎを表し、買いサイン

「%K」が85%以上、15%以下だと売買サインの信頼度はさらに高くなる

このように、RSIと同じように逆張りのサインとして捉えることが可能です。

また、移動平均線同様、以下のようにゴールデンクロスとデッドクロスの出現を売買サインと考えることもできます。

  • 「%K」が「%D」を下から上に抜ける(ゴールデンクロス)︰買いサイン
  • 「%K」が「%D」を上から下に抜ける(デッドクロス):売りサイン

ストキャスティクスの計算方法

ストキャスティクスの計算方法は以下の通りです。

「%K」=[(C−Ln)/(Hn−Ln)]×100
C:直近終値
Ln:過去n日間の安値
Hn:過去n日間の高値

「%D」=(H3/L3)×100
H3:(C−Ln)の過去3日間の合計
L3:(Hn−Ln)の過去3日間の合計

 
数学が苦手な人からすると、見るだけで嫌になってしまう計算式ですが安心してください。

今ではすべてシステム上で計算し、チャート上で表してくれるため計算式を覚える必要はありません。

どのような計算式で成り立っているのか興味のある方のみご確認ください。

中川聡
中川 聡(証券外務員)

計算式について暗記する必要はありませんが…

計算式の意味は把握するようにしましょう。たとえば%Kは直近の終値が、ある期間の高値と安値の間のどのくらいの位置にいるかを表しており、直近の終値が安値を更新しているときは0%になりますし、逆に高値を更新しているときは100%になります。

ストキャスティクスの売買ポイント

ここでは、ストキャスティクスを活用した売買ポイントについて見ていきましょう。

相性のよいMACDとの組み合わせについても解説しています。

売りのタイミング

MACDは、トレンド時に効果を発揮しますが、もみ合い時は効果が薄いです。

ストキャスティクスは、もみ合い時に効果を発揮しますが、トレンド時は効果が薄いです。

それぞれの得意・不得意場面が逆のため、2つの指標を組み合わせることで、より精度の高い相場分析ができます。

ストキャスティクスとMACDを組み合わせた際の売りのタイミングは以下のとおりです。

MACDが高値圏でデッドクロス+ストキャスティクスが70%以上の値でデッドクロスをしたとき

買いのタイミング

売りのタイミングだけでなく、買いのタイミングについても見ていきましょう。

ストキャスティクスとMACDを使った買いのタイミングは以下のとおりです。

MACDが安値圏でゴールデンクロス+ストキャスティクスが30%以下の値でゴールデンクロスをしたとき

ストキャスティクスのダイバージェンス

ダイバージェンスとは、以下のように、チャートとストキャスティクスなどのオシレータ系指標が逆に動いている状態のことです。

トレンドの勢いがなくなってきたことを示唆する現象であり、ダイバージェンス発生後にトレンドが転換する可能性があります。

上昇トレンドの転換の可能性 チャート高値を更新しているにも関わらず、ストキャスティクスは切り下げている
下降トレンドの転換の可能性 チャートは安値を更新しているにも関わらず、ストキャスティクスは切り上げている

スキャルピングにも向いている

スキャルピングをメインとしたトレーダーにもストキャスティクスは人気です。

一般的に、ストキャスティクスを用いて、逆張りで売買取引をおこないます。

30%以下・70%以上を狙って売買するのではなく、より慎重に、20%以下・80%以上でゴールデンクロス・デッドクロスをしたタイミングを狙ってスキャルピングをおこなうトレーダーも多いです。

まとめ

今回は、ストキャスティクスの特徴や見方、使い方などについて紹介いたしました。

最後にもう1度、この記事で紹介した大事なポイントをまとめると、以下3点が挙げられます。

  • ストキャスティクスは「買われすぎ」「売られすぎ」を示唆する逆張り指標
  • 30%以下・70%以上、ゴールデンクロス・デッドクロスの見方が主なので初心者でも使いやすい
  • MACDと組み合わせて使うトレーダーも多い

興味がある方は、まずはデモトレードや過去チャートを使って練習し、本番にチャレンジしてみましょう。

中川聡
中川 聡(証券外務員)

さいごのまとめ

ストキャスティクスはオシレーター系指標として買われすぎ、売られすぎを判断するのに役立つ指標です。ストキャスティクスでは%Kと%D、または%Dと%SDの2本の指数を合わせてみることによって、RSIなどと比べても売買サインが分かりやすくなっています。オシレーター系なのでトレンド相場が発生すると少しわかりづらくなりますので、トレンド系の指標とあわせるとより効果を発揮するでしょう。

高度分析を得意とするプラチナチャート
GMOクリック証券
GMOクリック証券
低スプレッド&人気No.1業者
操作性が抜群の『はっちゅう君FX』
年間取引高世界1位の実力!
秀逸なチャートツールは必見です。
DMM FX
DMM FX
スプレッドが驚異の0.3銭固定!
使えるテクニカル指標は29種と豊富!!
革新的なチャートツールは無料!!
高い分析力を誇るぱっと見テクニカル!!
FXプライム byGMO
FXプライム byGMO
相場予測ツール・ぱっと見テクニカル
チャート分析専用ツールも高評価!!
情報提供力も業界最強レベル!!

 

指標の一つにストキャスティクスっていうのがあったんだけど・・・。
???ストキャ?・・・スティス??
ストキャスティクスだよー。
ストキャスティクスはオシレーター系指標の一つで、分析家のジョージ・レーン氏によって考案された分析方法なんだ。
へー。で、どういうやつなんだ??
ストキャスティクスは過去の一定期間のレンジ相場で売られすぎ、買われすぎ判断するんだよ。
へー!!上にあった表がストキャスティクスの計算方法だね!
そう。上昇して買われ過ぎになったら売り、下落して売られ過ぎになったら買いという逆張りとういトレードに使うテクニカル方法なんだ。0%~100%までの間を変動していくんだけど。レートが過去の最高値に近づくほどに100%、逆に最安値は0%に近くなっていくんだよ!
一般的にはどの数値まできたら買われすぎ、売られすぎだと判断するの?
そうだね、一般的に20%以下が売られすぎ、80%以上だと買われすぎと判断するんだ。だから20%以下で買いを狙って、80%以上で売りを狙うといいよ!
なあなあ、ストキャスティクスはレンジ相場以外でも対応できるのか?
ストキャスティクスはレンジ相場で威力を発揮してくれる指標なんだ!逆にトレンド相場で使ってしまうと売買シグナルが頻繁に出すぎてしまって上手いこと力を発揮してくれないんだ。だから相場環境はきちんと確認しておこう!
ふむふむ。なるほど。
ちなみにストキャスティクスだけじゃなくて他のテクニカルと併用して使うのも良い手段だと思うよ!
例えば??
そうだね、併用するのはトレンド方向を判断できるようなテクニカルを選ぶといいと思うよ♪そうすると流れに逆らった逆張りで痛い目に合わなくて済むからね!!

26 11月 2015

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!