ダブルボトム・ダブルトップより正確にトレンド転換のタイミングを把握できる!

この記事の監修者中川 聡(証券外務員)
中川聡大手金融機関に勤務し、証券外務員1種を取得。
保険営業員やプライベートバンカー、証券営業員など様々なタイプの金融のプロに対して投資情報の提供を行う。現在は資産形成層から富裕層まで、個別のお客様にあった投資コンサルティングを行っている。

続きを読む

「トリプルボトム」と「トリプルトップ」は様々なチャートパターンの中でも分析精度が高いことで知られています。

プロの機関投資家も取引の目安にしており、これらがチャート上に出現した時は絶好のチャンスと言えるでしょう。

そこで今回は、トリプルボトム・トリプルトップの特徴やエントリーポイントの見極め方などについて解説していきます。

本記事を読めば、トリプルボトム・トリプルトップを活用したチャート分析スキルを習得できるので、ぜひ参考にしてください。

トリプルボトム・トリプルトップとは

トリプルボトムやトリプルトップという名称は、株やFXなどの経済ニュースでもしばしば用いられている言葉です。

意味が分からないとせっかくの有益な情報を見過ごしてしまうことになるので、しっかり基本から学習しておきましょう。

ここでは、トリプルボトム・トリプルトップの概要について解説していきます。

トリプルボトムとは

トリプルボトムは、相場の安値圏に出現するチャートパターンです。

安値を付けた後に反発し再び安値を目指す値動きが3回繰り返され、チャート上に三つの谷が出現するので「トリプルボトム」と呼ばれています。

下落トレンドながら下値追いに対する警戒感が広がり、徐々に値動きが乏しくなってきている状態です。

売りの勢いが衰えているため、もうすぐトレンドが転換して価格が上昇する前兆と読み取ることが出来ます。

似たタイプのチャートパターンにヘッドアンドショルダーボトム(逆三尊)と呼ばれるチャートパターンがあります。

同じ上昇のシグナルですが、トリプルボトムの方が出現率は低いので、強い上昇シグナルと言えます。

トリプルトップとは

トリプルトップは、相場の天井圏に出現するチャートパターンです。

高値を付けた後に反落し再び高値を目指す値動きが3回繰り返され、チャート上に三つの山が出現するので「トリプルトップ」と呼ばれています。

上昇トレンドながら上値追いに対する警戒感が広がり、徐々に値動きが乏しくなってきている状態です。

買いの勢いが衰えているため、もうすぐトレンドが転換して価格が下落する前兆と読み取ることが出来ます。

似たタイプのチャートパターンにヘッドアンドショルダートップ(三尊天井)があります。

こちらも下落を表すシグナルですが、トリプルトップの方がより強い下落シグナルと言えるでしょう。

中川聡
中川 聡(証券外務員)

ダブルよりもトリプル

トリプルトップ、トリプルボトムは、ダブルトップ、ボトムでももみ合いが象徴されているのに、さらにもう一回もみあうことになっていることから、よりトレンド転換のエネルギーが溜まっていると解釈されます。注意は必要ですが確度は比較的高いチャートパターンでしょう。

>>ダブルトップ/ボトムはどんなチャートパターン?

トリプルボトムのパターン

トリプルボトムが出現した場合、チャート上に補助線を描き込むだけでエントリーポイントや利益確定の目安を把握することが出来ます。

ここでは、トリプルボトムを活用したエントリー・決済ポイントの決め方とその注意点について見ていきましょう。

トリプルボトムを活用したエントリー・決済ポイントの決め方

上の画像のように、トリプルボトムのチャートには三つの谷が出現します。

まずは、チャート上でそれぞれの谷の高値を一直線に繋いでみてください。

この補助線は「ネックライン」と呼ばれ、トリプルボトムのチャート分析において非常に重要な役割を果たす価格帯です。

具体的には、為替レートがネックラインを超えたタイミングが買いエントリーのサインになります。

そして、トリプルボトムの最安値からネックラインまでの値幅分、エントリー価格から上がったタイミングが利益確定売りの目安です。

トリプルボトム崩れ

為替レートがネックラインを抜けなかった場合、あるいはネックラインを一度上抜けた後に再びネックラインを下回り、上昇トレンドに転換しないケースも存在します。

これは「トリプルボトム崩れ」と呼ばれ、取引材料不足のせいで底打ちからの反発に失敗してしまった状態です。

市場参加者の期待が台無しになったことで、以下の2パターンの展開が予想されます。

  • 手掛かりが無くなり、方向感のない保ち合い相場に移行
  • ネックラインがレジスタンスラインとなり、さらに下値を模索する下落トレンド継続

いずれにせよ、トリプルボトムが出現したからといって中途半端なタイミングでエントリーするのは危険ということ。

トリプルボトム崩れに巻き込まれないために、上昇トレンドの発生をしっかり確認してから押し目買いのチャンスを狙っても遅くありません。

トリプルトップのパターン

トリプルトップが出現した場合もトリプルボトムと同様に、チャート上に補助線を描き込むだけでエントリーポイントや利益確定の目安を把握することが出来ます。

ここでは、トリプルトップを活用したエントリー・決済ポイントの決め方とその注意点について見ていきましょう。

トリプルトップを活用したエントリー・決済ポイントの決め方

下の画像のように、トリプルトップのチャートには三つの山が出現します。

トリプルボトムの時と同様に、チャート上でそれぞれの山の安値を一直線に繋いで「ネックライン」を作成しましょう。

3回トライしてもそれ以上高値を更新することが出来なかった場合、「相場が天井に達した」という観測が市場に広がり、売り注文が増えやすくなります。

したがって、為替レートがネックラインを下回ったタイミングが売りエントリーのサインです。

トリプルトップ崩れ

為替レートがネックラインを抜けなかった場合、あるいはネックラインを一度下抜けた後に再びネックラインを上回り、下落トレンドに転換しないケースも存在します。

これは「トリプルトップ崩れ」と呼ばれ、リスク先行により為替レートが調整を挟むことなく上昇し続けている状態です。

トリプルトップの形成が回避されると、さらに上値を模索する流れが長期化する可能性が高く、大相場の様相を呈してきます。

中途半端なタイミングで仕掛けた売りポジションを保有し続けていると、どんどん含み損が増大してしまう恐れがあるので、早めに損切りした方が良いでしょう。

中川聡
中川 聡(証券外務員)

確度は高くても注意は必要

トリプルトップ、トリプルボトムでネックラインを超えたというのは確度の高いチャートパターンですが、相場を動かすのはあくまでもそのときの心理状態です。トリプルトップ、トリプルボトムは市場参加者にとってはいいサインのひとつですが、もっと大きなニュースがあれば簡単にトレンド継続で高値安値を更新してきます。エントリーから決済まで、取引は慎重に行いましょう。

まとめ

今回は、トリプルボトム・トリプルトップの基本や両者を活用したエントリー・決済ポイントの見極め方などについて紹介いたしました。

最後にこの記事の重要ポイントをまとめると、以下の3点が挙げられます。

  • トリプルボトムやトリプルトップは相場転換のシグナル
  • ネックラインを抜けたタイミングがエントリーの目安
  • 形成が崩れた時は、現在のトレンド継続か保ち合いに移行しやすい

チャートパターン分析で勝率アップを目指したい方は、ぜひ本記事を参考にしてトリプルボトム・トリプルトップの見方を習得してください。

中川聡
中川 聡(証券外務員)

市場参加者の注目度は高い

トリプルトップ、トリプルボトムは市場参加者の注目度が非常に高いです。それはすなわち市場参加者の動きが読みやすくなるということです。エントリーポイントも一般的にネックラインを超えてからとなっているので、そこに合わせてトレンドフォローするも良いですし、またはチャートパターンの完成前にエントリーして大きな利益を狙うのも良いでしょう。自分にあわせた方法で活用してください。

01 6月 2016

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!