なぜリーマンショックは起きたのか?その原因に迫る

リーマンショックで世界経済が大混乱に陥りました。

しかし、アメリカで起きた事件、日本の私たちにはあまり影響はなさそうに見えます。

どうして日本でも騒がれているのでしょうか?

ここでは、リーマンショックや、リーマンの破綻の原因はどうして起こったのかを説明していきます。

この記事を読めば、リーマンショックで何が起こったのかが分かり、投資を行う際の分析に必ず役に立つはずです。

リーマンショックとサブプライムローン

2008年9月にアメリカの証券会社「リーマンブラザーズ」が破綻しました。

それを引き金に世界が同時に不況に陥っています。

負債総額は6,130億ドル(約64兆円)で、米国史上最大とされます。

それにしても、たった1社の証券会社の倒産で、世界中が不景気におちいったのは何故なのでしょうか?

原因のひとつに、サブプライムローンの仕組みが大きく関わっています。

サブプライムローンというのは、アメリカが低所得者向けに行ったローンのことです。

また、サブプライムローンの破綻した原因については、金融商品であるCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)がキーポイントになってきます。

金融危機の引き金になったCDS

まず、これら低所得者層向けの住宅ローンなどから構成される資産を担保として発行される証券化商品にCDO (債務担保証券)があります。

サブプライムCDOを買って保有する人は、CDOが下落した際に損失をヘッジするため、保険としてCDSを買います。

CDSは保証があり、利回りがよかったので、保険会社などは販売しやすく世界中に売りまくりました。

ミンチ状にされたリスクは他人にどんどん転嫁され、世界中の様々なファンドや金融機関に保有され、組み入れられました。

しかしながら、住宅価格が下がり始め、サブプライムローンの不履行がどんどん増加するとCDOの価値は下落していきます。

その一連の流れで、この金融商品を高レバレッジで運用していたファンドや金融機関も破綻するところが表出し始め、世界的な株価下落を引き起こします。

そして、ついには米国証券業界4位の大手であるリーマン・ブラザーズまでもが倒産する事態に陥ってしまいました。

さらに、デフォルトしたCDOをCDSで保障したAIGのような世界有数の保険会社までも支払いに耐えきれなくなり、CDSは不良債権化されていったのです。

リーマン・ブラザーズ倒産に至るまで

そもそも1980年代までは、各国間のお金の移動はかなり制限されていました。

しかし、アメリカとイギリスでお金の規制緩和が進められたこと、80年代後半には社会主義国家の多くが崩壊したこともあり、金融市場が急速にグローバル化されました。

今後の成長が見込まれる国々に対し、国境を越えての投資が可能となり、世界の急速な経済発展が始まったのです。

複雑化された金融商品を高いレバレッジをかけてヘッジファンドが運用し始めた

そして、さまざまな投資が可能となってくる中、金融商品はどんどんと複雑化され、これらサムプライムローンのような金融商品が登場してきました。

そして、いままでにはなかった金融商品が沢山売り出され、それらをハイリスク・ハイリターンでレバレッジを高めて資産運用していたヘッジファンドなどによって市場がどんどん膨れ上がっていったのです。

90年代中ごろから、値上がりしている株や金融商品へお金が集中しました。

その後も世界的な「金余り」を背景として、何年もかけて緩やかな世界的バブルになっていました。

しかし、2007年夏にサブプライムローン問題が表面化し、世界的な株価が急落すると、その1年後に、それらが原因でリーマンブラザーズは破綻に追い込まれました。

当初日本ではこれらの影響は小さいと思われていました。

サブプライム関連の金融商品をほとんど持っていないとみられていたからです。

しかし、アメリカの消費は落ち込み、物が売れなくなり、各国の輸出業がダメージを受けました。

日本でも自動車などの輸出業がダメージをうけ、いわゆる派遣切りなども問題になっています。

また、アメリカ経済に対する不安が広がり、世界的に投資に対して消極的になりました。

銀行等は、貸し渋りをするようになり、融資を受けている企業などは、資金的にも苦しい立場に立たされています。

>>合わせて読もう!リーマンショックの前兆


 

リーマンショックは日本でも大きな経済危機として有名だよね。
うん。バブル崩壊もあって日本はサブプライムにあまり手を出していなかったから影響は少ないだろうって言われていたのに、大きなダメージを受けちゃったんだよね。
あぁ、自動車の製造業、ITとかが特に大ダメージだったみたいだぜ。
そうだね、事業の縮小や倒産する企業が後を絶たなかったんだ。ではどんな事が原因で日本に大きなダメージが来てしまったか知ってるかい??
え~っと、アメリカの経済が悪化してしまったくらいしか・・・。。
はんっ!オレなんてサラリーマンのリーマンで覚えてたぜ!!
おいおい(笑)。リーマンはアメリカのリーマンブラザーズという大きな投資銀行から来ているんだよ。
へぇー!!そうだったのかー!
そんで、そのリーマンブラザーズがどうしたんだ?
その大手銀行のリーマンブラザーズが破綻してしまった事で世界的金融危機が発生したんだけど。2007~2008年に起こったアメリカの大きな出来事は覚えているかい??
さっきボクが言った、サブプライムローン問題だよね!
そう、そのサブプライムローンが原因でリーマンブラザーズは破綻に追い込まれてしまったんだ。
でもリーマンブラザーズって大手だったんだろ??何が起こったんだ!?!?
サブプライムローンはいわゆる信用度の低い人のための住宅ローンだったよね。その住宅ローンは何を隠そう、リーマンブラザーズが作ったものなんだよ!
そうだったのかー!!でも、住宅バブルが弾けてしまっても人々からの返済はあるんじゃないの??自己破産する人が続出しっちゃったのかな??
そう、その住宅ローンのシステムこそが日本とアメリカ大きく違うんだ!日本は住宅ローンを組んだら土地や家を売却してもローンの返済は残ってしまうよね。でもアメリカは土地を手放してしまったら借金はチャラになってしまって、返済の義務はなくなってしまうんだよ!
なにーーーー!!そりゃまずいな。
そう、だから住宅バブルが崩壊してしまったらサブプライムローンを組んでいた人々が次々と土地を手放してしまって、リーマンブラザーズが貸したお金が帰ってこない状態になってしまった訳。
なんとも便利なような便利じゃないようなシステムだね。
貸したお金の帰ってこないリーマンブラザーズは大手といえど経営が悪化し破綻に追い込まれてしまう。最終的な負債総額は約64兆円といわれているよ。
ぎゃーーっ!!
絶句・・・。
リーマンブラザーズは大きな投資銀行でもあったから他のたくさんの銀行にも社債の発行も行っていたんだ。その繋がりのある銀行も経営が悪化、破綻する銀行もあったんだ。そしてアメリカ全体の更なる経済の悪化に繋がってしまったんだ。
そっか。日本は主にアメリカに自動車とか鉄鋼を輸出をしていたから、サブプライムにあまり手を出さなかった日本も大きな影響を受けてしまったんだね。

26 11月 2015

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!