2018/02/19 Mon
08:50 1月貿易収支
19:00 12月建設支出
30:45 10-12月期生産者物価指数
30:45 10-12月期生産者物価指数
2018/02/20 Tue
09:30 RBA議事録
・低金利が失業率を減らし、インフレを押し上げている
・豪ドルの上昇が経済成長とインフレを遅らせる
・豪の輸出先は潜在力を上回って成長を予想
・中国経済は2017年は予想よりも強かったが、今年に入り公害対策で成長は弱まっている
・基調インフレは2020年半ばまで2.25%にむけて緩やかに上昇
・7-9月期の家計消費は予想よりも下回った
・2017年の雇用は3.25%程度上昇し、多くは常勤が増加
・家計債務は依然高水準で注意が必要
16:00 1月生産者物価指数
17:30 1月消費者物価指数
17:30 1月消費者物価指数
17:30 1月消費者物価指数
17:30 1月消費者物価指数
19:00 2月ZEW景気期待指数
19:00 2月ZEW景気期待指数
22:30 12月卸売売上高
24:00 2月消費者信頼感・速報
2018/02/21 Wed
17:00 2月製造業PMI・速報
17:00 2月サービス業PMI・速報
17:00 1月消費者物価指数
17:30 2月製造業PMI・速報
17:30 2月サービス業PMI・速報
18:00 2月製造業PMI・速報
18:00 2月サービス業PMI・速報
18:30 1月失業者数
18:30 1月失業率
18:30 12月ILO失業率
18:30 1月財政収支
24:00 1月中古住宅販売件数
24:00 1月中古住宅販売件数
28:00 FOMC議事録
・最近の米経済の景気拡大は、さらなる緩やかな利上げを正当化
・最近の物価指標は2018年のインフレ率の上昇を示唆、中期的には2%前後で推移する可能性
・数名のメンバーは、インフレ見通しに懸念を表明
・最近の経済指標は、12月に予想されていたよりも景気拡大見通しを強めた
・多数のメンバーは、リスクはバランスしていると判断
・数名が景気見通しに上方リスクを警戒
・税制改革を受けて、数名のメンバーは景気見通しを上方修正した
・イールドカーブを注視すべきとの見解
・金融市場の不均衡が実体経済に及ぼす影響を注視すべきとの見解
2018/02/22 Thu
16:45 2月企業景況感
17:15 10-12月期鉱工業生産
18:00 2月Ifo景況感指数
18:30 10-12月期GDP・改定
18:30 10-12月期GDP・改定
22:30 新規失業保険申請件数
22:30 12月小売売上高
22:30 12月小売売上高
30:45 10-12月期小売売上高
2018/02/23 Fri
08:30 1月全国消費者物価指数
08:30 1月全国消費者物価指数
16:00 10-12月期GDP・確報
16:00 10-12月期GDP・確報
19:00 1月消費者物価指数・確報
22:30 1月消費者物価指数
22:30 1月消費者物価指数