ヒロセ通商のスワップポイントは高水準!計算方法や仕組みを徹底解説!

ヒロセ通商といえば低スプレッドや豊富なキャンペーンのイメージが強いですが、業界最高水準クラスの高スワップポイントでサービスを提供している点も見逃せません。

「ヒロセ通商のスワップポイントってどれくらい?」
「スワップポイントの計算方法を知りたい!」

といった人もいるでしょう。

そこで今回はヒロセ通商のスワップポイントの詳細や、実際にどれくらい稼げるのか計算方法などを紹介していきます。

ヒロセ通商のスワップポイントで稼ぎたい人はぜひ参考にしてみてください。

ヒロセ通商のスワップポイント狙いが注目される3つの理由

ヒロセ通商が国内でも有数のスワップポイント狙いに適したFX業者だと言われているのは次の3つの理由があるからです。

  • 通貨ペアが豊富でスワップポイントが高いマイナー通貨を選べる
  • マイナー通貨のスプレッドも低い
  • スワップ振替に対応している

それぞれ内容を詳しくみていきましょう。

豊富な通貨ペアでスワップポイント狙いに適した通貨が多い!

ヒロセ通商は国内FXで最高峰の50通貨ペアを取り揃えています。

他社よりも高スワップな通貨ペアの取り扱いが多いので、スワップポイント狙いに適していると考えて良いでしょう。

2020年11月時点でヒロセ通商が取り扱うマイナー通貨ペアで、特にプラススワップ5.0以上(円換算)のものは次の4点です。

  • USD/CHF(買)
  • USD/TRY(売)
  • EUR/TRY(売)
  • EUR/ZAR(売)

スイスフラン、トルコリラ、南アフリカランドなど高スワップ通貨も取り扱っているのは嬉しいですね。

マイナー通貨のスプレッドが低いので取引コストを抑えられる!

低スプレッドと評されるFX業者でも、メジャー通貨ペアのスプレッドは低いものの、マイナー通貨ペアだと高く設定されている場合があります。

しかしヒロセ通商はマイナー通貨ペアのスプレッドも低水準にまとまっているので、取引コストを抑えたトレードが可能です。

USD/JPY 0.2銭
AUD/JPY 0.7銭
TRY/JPY 1.6銭
ZAR/JPY 0.8銭
MXN/JPY 0.3銭
USD/CHF 1.5pips
EUR/TRY 61pips
EUR/ZAR 73pips

関連記事:【噂】ヒロセ通商のスプレッドが業界最狭クラスって嘘?他社との比較や1ヶ月取引した場合の取引コストを徹底検証

スワップポイント狙いだと頻繁な取引は少ないため、スキャルピングやデイトレードと比べてスプレッドの高低はあまり重要視されていません。

それでも取引コストを極力かけずにトレードできるに越したことはありませんよね。

ヒロセ通商のスワップ振替でスワップポイントの利益を引き出せる!

スワップポイントで得た利益は、通常ポジションを決済して初めて口座に反映されるFX業者が多いです。

しかしヒロセ通商はスワップ振替のおかげで、ポジションを決済せず、スワップ益のみ出金できるようになっています。

スワップ振替
 
 
振替送信を押す
公式サイトより引用

ヒロセ通商のスワップポイント一覧

ここからは具体的なヒロセ通商のスワップポイントについて紹介していきます。

次の表は2020年11月13日時点の1ロット(1,000通貨)あたりのスワップポイント一覧です。

通貨種類 日数 1Lot あたりの
通貨数量
売り
(ポイント)
買い
(ポイント)
売り
(円換算後)
買い
(円換算後)
USD/JPY 1 1,000 -8.3 0.2 -8.3 0.2
EUR/JPY 1 1,000 0 -6 0 -6
GBP/JPY 1 1,000 -9 0.1 -9 0.1
AUD/JPY 1 1,000 -5.6 0.1 -5.6 0.1
NZD/JPY 1 1,000 -6.1 0.6 -6.1 0.6
CAD/JPY 1 1,000 -7 1 -7 1
CHF/JPY 1 1,000 -2 -4 -2 -4
ZAR/JPY 1 1,000 -1.6 0.6 -1.6 0.6
TRY/JPY 1 1,000 -5.6 2.6 -5.6 2.6
EUR/USD 1 1,000 0.02 -0.12 2.1 -12.61
GBP/USD 1 1,000 0.02 -0.12 2.1 -12.61
EUR/GBP 1 1,000 0 -0.08 0 -11.04
AUD/USD 1 1,000 0 -0.1 0 -10.51
NZD/USD 1 1,000 0 -0.07 0 -7.36
USD/CHF 1 1,000 -0.13 0.05 -14.93 5.74
USD/CAD 1 1,000 -0.1 0 -8 0
EUR/CHF 1 1,000 -0.08 -0.02 -9.19 -2.3
GBP/CHF 1 1,000 -0.06 0.01 -6.89 1.15
EUR/AUD 1 1,000 0.03 -0.1 2.28 -7.6
AUD/NZD 1 1,000 -0.02 -0.08 -1.44 -5.75
EUR/CAD 1 1,000 0.01 -0.08 0.8 -6.4
AUD/CHF 1 1,000 -0.055 0.005 -6.32 0.57
NZD/CHF 1 1,000 -0.09 0.01 -10.34 1.15
NOK/JPY 1 10,000 -7 0 -7 0
SEK/JPY 1 10,000 -5 -2 -5 -2
SGD/JPY 1 1,000 -15 0 -15 0
HKD/JPY 1 10,000 -12 0 -12 0
MXN/JPY 1 10,000 -11 6 -11 6
PLN/JPY 1 1,000 -8 0 -8 0
HUF/JPY 1 100,000 -7 -5 -7 -5
USD/HKD 1 1,000 -0.1 -0.2 -1.36 -2.71
USD/HUF 1 1,000 -200 -180 -69.88 -62.89
USD/MXN 1 1,000 0.5 -6 2.55 -30.58
USD/PLN 1 1,000 -0.8 0 -22.11 0
USD/SGD 1 1,000 -0.12 0 -9.34 0
USD/TRY 1 1,000 0.7 -4.7 9.57 -64.23
USD/ZAR 1 1,000 0.5 -2.5 3.36 -16.78
EUR/NOK 1 1,000 0.05 -0.15 0.57 -1.72
EUR/NZD 1 1,000 0.02 -0.12 1.44 -8.63
EUR/PLN 1 1,000 0 -1 0 -27.64
EUR/SEK 1 1,000 -0.5 -0.1 -6.08 -1.22
EUR/SGD 1 1,000 0 -0.3 0 -23.36
EUR/TRY 1 1,000 0.7 -3.7 9.57 -50.57
EUR/ZAR 1 1,000 1 -3 6.71 -20.14
GBP/AUD 1 1,000 -0.045 -0.025 -3.42 -1.9
GBP/CAD 1 1,000 0.02 -0.09 1.6 -7.2
GBP/NZD 1 1,000 -0.03 -0.08 -2.16 -5.75
AUD/CAD 1 1,000 -0.003 -0.057 -0.24 -4.56
CAD/CHF 1 1,000 -0.07 0.02 -8.04 2.3
NZD/CAD 1 1,000 0 -0.06 0 -4.8

公式サイトより引用

赤い字はプラススワップ、青い字はマイナススワップとなっています。

スワップポイントでいくら稼げる?計算方法は?

スワップポイントの利益・損益は次の式に当てはめれば簡単に計算できます。

スワップポイント×保有日数×保有ロット数=損益

クロス円通貨は1ポイント=1円として計算します。

クロス円以外の通貨ペアはベース通貨の単位(例:EUR/USDなら米ドル円)です。

本来なら自分で計算し直さなくてはなりませんが、ヒロセ通商のスワップポイントはポイントと一緒に円換算も表記されているので計算しやすいですね。

例として米ドル円を見てみましょう。

売りポイント 買いポイント
米ドル円 -8.3 0.2

※2020年11月13日時点

つまり1ロット(1,000通貨)を1日保有すると、売りなら8.3円の損失、買いなら0.2円の利益が得られるわけです。

保有日数が長くなるほど獲得スワップポイントが増えていきます。

米ドル円を1ロット保有し続けた日数で得られるスワップポイントをまとめると次のとおりです。

保有日数 売りポイント 買いポイント
1 -8.3 0.2
10 -83 2
30 -249 6
100 -830 20
180 -1494 36
365 -3029.5 73

スワップポイントが低い米ドル円だと、1年間(365日)保有し続けても73円の利益にしかなりません。

しかしこれはあくまでも1ロットでの話で、10ロット、100ロット…と保有数が増えれば、それだけ獲得できるスワップポイントが増加していきます。

例えば米ドル円を30日間保有するときの、ロット別スワップポイントをまとめると次のとおり。

ロット数 売りポイント 買いポイント
1 -249 6
5 -1,245 30
10 -2,490 60
50 -12,450 300
100 -24,900 600

これらを考慮すると、ヒロセ通商でスワップポイント狙いをするなら次の3つを意識しなくてはなりません。

  • スワップポイントが高い通貨ペアを選ぶ
  • 保有日数が長いほど利益が伸びる
  • ロット数が多いほど利益が伸びる

高スワップが期待できる通貨ペア選びが最優先ですが、大ロット取引で長期保有できる資金があれば、安定した利益を狙っていけるわけですね。

ヒロセ通商の狙い目高スワップポイント通貨ペアはこれだ!

ヒロセ通商のスワップポイントでトップ5の通貨ペアは次のとおりです。

通貨ペア スワップポイント 円換算
USD/TRY(売) 0.7 9.57
EUR/TRY(売) 0.7 9.57
EUR/ZAR(売) 1 6.71
USD/CHF(買) 0.05 5.74
USD/ZAR(売) 0.5 3.36

スワップポイント狙いをするなら、これらの通貨ペアを選ぶのが良いでしょう。

ヒロセ通商のマイナススワップが大きい通貨ペアに注意!

逆にマイナススワップが大きい通貨ペアトップ5は次のとおりです。

通貨ペア スワップポイント 円換算
USD/HUF(売) -200 -69.88
USD/HUF(買) -180 -62.89
USD/TRY(買) -4.7 -64.23
EUR/TRY(買) -3.7 -50.57
USD/MXN(買) -6 -30.58

これらの通貨ペアはマイナススワップによる影響を考慮した上で取引するようにしてくださいね。

ヒロセ通商と他FX業者のスワップポイントを比較してみよう!

ヒロセ通商と他の人気国内FX業者のスワップポイントを比較してみましょう。

比較する通貨ペアは、スワップポイントが高く設定されやすい3通貨ペア+米ドル円の4種類です。

米ドル円、トルコリラ円は1万通貨、南アフリカランド円、メキシコペソ円は10万通貨取引時のスワップポイントとなります。

FX業者 米ドル円 トルコリラ円 南アフリカランド円 メキシコペソ円
ヒロセ通商 2 26 60 60
GMOクリック証券 90 21 70 40
DMM FX 7 70
ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF) 2 23 60 59
外為オンライン 5 26 50 50

※2020年11月13日時点のスワップポイントを比較

ヒロセ通商は南アフリカランド円、メキシコペソ円のスワップポイントが優勢ですが、米ドル円はイマイチ…という結果となっています。

スワップ狙いでメジャー通貨を選ぶことはあまりないので、この点はさほど気にしなくても良いでしょう。

ヒロセ通商のスワップポイントに関するよくある質問・疑問

ここからはヒロセ通商のスワップポイントについて、よくある疑問や質問に回答していきます。

スワップポイントが付与されるタイミングはいつ?

平日に1日分、水曜日だけ土日(休場)を含めた3日分のスワップポイントが付与されます。

FX業者によっては各国の祝祭日で付与されるタイミングがズレることがありますが、ヒロセ通商は上記サイクルで付与しているので分かりやすいですね。

ただし年末年始は変則になる場合があります。

スワップポイントだけを引き出せる?

スワップ振替手続きを行うことで、スワップ益だけを引き出すことができます。

スワップポイントにも税金はかかる?

FXトレードの為替差益と同じように、スワップポイントで得た利益も課税対象となっているため、税金がかかります。

課税タイミングは次の2つです。

  • ポジション決済時にスワップ益が確定したタイミング
  • スワップ振替でスワップ益を受け取ったタイミング

つまりポジション未決済の状態で、スワップ振替を行わなければ、貯めているスワップポイントは課税対象外ということになります。

確定申告のタイミングに合わせてスワップ益を課税とするか、非課税とするかコントロールできるのは嬉しいですね。

まとめ

今回はヒロセ通商のスワップポイントの概要や計算方法、他社との比較などを紹介しました。

ポイントを振り返ってみましょう。

  • ヒロセ通商のスワップポイントは業界最高水準
  • 取り扱い通貨ペアが豊富なのでスワップポイントが美味しいマイナー通貨を選べる
  • スワップ振替に対応しているのでポジションを決済しなくてもスワップ益を受け取れる

以上3つが本記事の要点になります。

「ヒロセ通商でスワップ狙いはできる?」
「どの通貨ペアを選べば良い?」

といった人は、この記事を参考にして、ヒロセ通商の高スワップ通貨ペアでスワップ稼ぎを狙ってみましょう!

17 11月 2020

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧