トライオートFXならレートの変化も逃さず追尾!

・人では上手くできない部分を助けてくれるトライオートFX
■インヴァスト証券のトライオートFXにはどんなメリットがある?
インヴァスト証券のトライオートFXは、裁量注文とシストレ注文の特長をうまく取り入れたトラップ系トレードのシステムです。つまり複雑な相場の予想は人が行う一方で、人が感情に流されて思わずミスしてしまうようなところを、オートパイロット注文(AP注文)が補ってくれるという形になります。
トライオートFXの取引画面

無料口座開設をする
インヴァスト証券・トライオートFXの公式サイトへ行く »

使用方法はいたって簡単で、まず相場が上昇するか下降するか、あるいはレンジであるかを選びます。
そして、損益幅をベーシック、フォロー、カウンター、レンジのエントリータイプから設定し、あとはオートパイロット注文でによって仕掛けられたトラップが自動的に売買を開始してくれるという運びになります。
このトライオートFXが大きな支持をトレーダーから得ている理由は、何といっても新たなプログラムが続々と登場してくる点でしょう。一般的に、トラップ系トレードというのは一定のレンジ幅で変動することが前提となっているので、レンジを超えてしまうと途端に対応しきれなくなるという弱点があります。それを補うために開発されたのが、「ゲリラ追尾」というトライオートFXの機能です。

これを利用することによって、利益幅は設定と同じくらいに維持したまま、レートの動きに合わせて設定額を自動で調整することが可能となるのです。

つまり、最初にトレードの大体の方向性さえ定めておけば、あとはトライオートFXに任せっきりでも上手く利益を上げることができるわけです。

トライオートFXで活用できること、できないこと

ただし、トライオートFXはシストレのようにシステムだけで売買を決めていくわけではないので、あくまでトレーダー側のしっかりした設定が必要となります。

ポジションや資金の管理などには、つねに自分自身が注意しておかなければいけません。 何もかも任せっきりにできるシステムではないので、トライオートFXでは何ができないのかということよく確認しておきましょう。 ひとつ例を挙げれば、トライオートFXではポジションの塩漬けができません。

なぜなら、利益と損切りの確定値を設定しておくことが必須なので、相場が追跡できないレベルで変動を見せた場合にはどうしても損切りが行われるからです。いくらゲリラ追尾が便利とはいっても、レンジ幅の予測はある程度しておく必要があるわけです。 また最低pipsのことを考えると、スキャルピングにも向かないでしょう。

しかし、トライオートFXというのはFX取引で裁量注文するさい、いかにシンプルにできるかということを目的としたツールなので、ある程度のトレードの経験さえあればすぐ使いこなせるようになるでしょう。そこは非常に大きな武器になると思います。

【トレードのやり方に合わせて、半自動注文である「オートパイロット注文」、自動放置である「仕掛け」、そして裁量注文である「マニュアル注文」の3パターンを利用することができます。】

無料口座開設をする
インヴァスト証券・トライオートFXの公式サイトへ行く »

トライオートFX最大の武器、オートパイロット注文

・トライオートFXのオートパイロット注文では何ができるのか?
■中長期のトレードに威力を発揮する
インヴァスト証券のトライオートFXでは、中期や長期のトレードを行うさいに、よりオートパイロット注文の長所を活かすことができます。どちらの場合でも、トレーダー自身の相場の予想が重要となることに変わりはありません。それを元にレンジ幅や損益幅を設定していき、あとはその通りのトレードをシステムが着実にこなしてくれます。自動というより、半自動と表現したほうが正確でしょう。

では、なぜオートパイロット注文が中期取引に効果を発揮するのでしょうか。それは、一度予測した通りにうまく相場が変動すれば、あとはその修正を中期的に行っていけばよくなるだけだからです。つまり、一日中ずっと相場の動きを監視している必要はなく、システムにトレードを任せられるようになるということです。

◆ここがおすすめポイント
ポジションはオートパイロット注文1つにつき1つとなっているので、分かりやすいと思います。仮にこのようなトレードを自力で行うとすれば、トレーダーはまばたきすら許されないほどパソコンを見つめていなければならないでしょう。
そのような時間をいっさい省略できると考えれば、非常にメリットの大きいシステムといえると思います。
トライオートFXならいくつものトラップで利益を逃さない!

インヴァスト証券のトライオートFXは、トラップを仕掛けておいて、あとは自動放置でうまくはまるのを待つというシステムです。このようなトラップ・トレード、もしくはトラップ系トレードといったものは、現在多くのFX業者で利用することができます。

トラップ系トレードでは、レートの変動をある程度予測した上でトレードの設定をすることになります。その価格で売買の注文を出すよう設定しておきながら、予想どおりのポイントまで来たら、今度はその逆の注文を出してポジションを決済します。このように、あらかじめ予測した相場の変動に合わせて設定しておくため、まさに罠=トラップを仕掛けるようなイメージとなるわけです。

こうしたトラップをいくつも違うポイントで設定しておくと、より高度で柔軟な取引が可能となります。ただしこれを実際に行うには、少し高い技術力が要求されることとなってしまいます。

その点、トライオートFXは1円幅を自動的に2円分の利益を“刈り取る”というコンセプトで開発されたツールです。

そのような複数の罠をいとも簡単に用意することができるので、誰にでも高度なテクニックが可能となるわけです。

◆トライオートFXは初心者からプロまで注目の的!
トラップ・トレードは基本的な手法のひとつですが、現在ではその存在感をますます強くしています。そんな中にあって、オリジナリティあふれる機能を多く搭載したトライオートFXは、初心者からプロにまでひときわ注目される存在となっています。
 

裁量取引も利用することができるトライオートFX

■自分の意志だけで“マニュアル注文”することも可能!
トレーダーが自分の意志で行う取引は、細かいところまで目が行き届く反面、どうしても欲をかいたり焦ったりと感情が邪魔をして、せっかく得られたはずの利益も台無しになってしまうことがよくあります。インヴァスト証券のトライオートFXでは、そのような部分をシステムに任せることによって、人だけではできないような、つねに冷静な取引を行うことができるようになっています。

決断力に自信が持てない人の大きな手助けをしてくれるのがシストレの良いところですが、逆にすべて機械任せにしてしまうのは抵抗感がある、という人も少なからずいるようです。しかし、そのような人の不満をしっかり解消してくれるのがトライオートFXなのです。

たとえば自動注文をしていると、為替相場が想像以上に大きく動きはじめた、あるいは何となく直感なようなものに突き動かされた、といったうように、自分自身でトレードの決定をいしたくなる場面というのはよくあると思います。マニュアル注文は、まさにそのようなときに利用できる機能なのです。

クイック注文から成行注文、指値注文、逆指値注文、IFDONE注文、IFDOCO注文、一括決済注文、全決済注文までマニュアルで発注可能です。

 
ある程度半自動のトレードにもなじんできたら、トライオートFXでもそういったタイミング次第で裁量取引も取り入れるようにしていきましょう。より高度で自由な取引が可能となってくるはずです。

無料口座開設をする
インヴァスト証券・トライオートFXの公式サイトへ行く »
 

半自動売買でマニュアル注文が必要になる場面とは?

トライオートFXでのマニュアル注文というのは、ようするに裁量取引のことです。一般的なFX業者でのトレードのように、自分自身で考えて、注文を出すシステムです。クイック注文システムにより、画面からクリックするだけで発注を行えるので、誰にでも簡単に使いこなせることができるでしょう。もちろん、決断の手助けをしてくれるチャート機能もしっかり用意されています。さらに2015年2月からは、スマホやタブレットでも利用できるアプリも導入されるようになっています。

 
もともと半自動売買を行ええるのがトライオートFXの最大の魅力なのですが、やはり柔軟なトレードを行っていく上では人の判断も重要となってくるので、あえてこのようなマニュアル注文の機能が搭載されているわけです。

実際、非常に急激なレートの変化が見られると、システムだけではそれについて行くことができなかったり、上下どちらへ対応すればよいかといった判断も難しくなります。

それ以外にも、金融取引でのリスクヘッジ、また細かいトレードを考えても、このマニュアル注文を活用する場面は数多くあるでしょう。むしろAP注文とマニュアル注文を同時に行えることこそ、トライオートFX最大のメリットだといってもよいかもしれません。

トライオートFXのスプレッドは高いか低いか?

・トライオートFXのオートパイロット注文では何ができるのか?
インヴァスト証券では、取引の際に業者側の利益となるスプレッド、つまり買値と売値の差額は低めに設定されていると、トライオートFXのサイトなどでは説明されています。米ドル円で0.3銭、ユーロ円でも0.5銭、ユーロドルは0.3pips、ポンド円は1.0銭となっています。

 
ですが、現在では米ドル/円で0.5pips以下のスプレッドとなっている業者も増えていることからすれば、その1.0~2.0pipsという数値は決して低いとはいえないと思います。
日本円にすれば大体10~20円となるわけで、一般的なFX取引からくらべるとかなり高いう設定になっていると言わざるをえません。

しかし、トライオートFXという独自のシステムを利用するための手数料と考えれば、それほど納得がいかないわけでもありません。また、現実にそれだけのコストをかけても十分元が取れる業者なのだ、ということの証ともいえるわけです。

実際に、2015年1月にはトライオートFXだけの利用で600万円もの利益を得たトレーダーもいたということです。

スプレッドの高さは、それだけシステムの優秀さを示しているともいえるわけですが、やはりより安く利用できるようになるに越したことはありませんよね。
 

トライオートFXを始めれば10,000円をGETできるキャンペーン実施中!

現在、トライオートFXでは『トライオートFX 最大10,000円キャッシュバックキャンペーン』というものが開催されています。この期間内に入金した額と取引数量に応じて、5000円から10000円のキャッシュバックがもらえるというものです。

ぜひこれをチャンスに利用を考えてみてください。
このようにユーザーにとって楽しみなキャンペーンは、インヴァスト証券ではシーズンごとにたびたび行われています。また、口座開設にともなうボーナスキャンペーンもつねにさまざまなものが用意されています。このチャンスをつかんで資金を獲得し、ぜひトレードにも活かしてみてください。

トライオートFXに入金して注文の設定から実際の稼働までをレビュー

当サイトでは、2015年1月12日(月)から3月31日(火)まで開催している「第1回!リアルトレード!トライオートFXグランプリ」に参加させてもらっています。トライオートFXとは自動売買と裁量取引のいいとこ取りをした、トレーダーが今まで一番追い求めていた“半自動売買”の取引ツールなんですね。
>> FX注文方法の最終形態と言われているトライオートFXの説明はこちらへ

今回、そのトライオートFXを実際に使ってどんどんトレードしてみて一番取引成績の良い人には10万円のお小遣いが貰えちゃう!という「第1回リアルトレード トライオートFXグランプリ」という大会に参加してみました。

賞金総額は245万円。対象300名が獲得チャンス。2位の人にも9万円、3位は8万円…101位~300位の人も5,000円もらえるという太っ腹なグランプリです。

1/26日現在で一位の方はもう既に300万円近い利益を叩き出していてものすごいのですが…。私も頑張ります。
運用実績はトライオートFXの公式ページに掲載中ですのでぜひ見てみてください。
グランプリ参加にあたって70万円を入金してみました。インヴァスト証券のマイページからトライオートFXに即時入金できるので便利です。

さて、それでは早速トライオートFXの仕組みや設定方法、実際のトレードまで行いましたので流れをまとめてみようと思います。

実際に注文設定から稼働開始までの操作をやってみた。

管理ツールにログインします。HOME画面は以下のようになっており、上部に通貨ペア、メイン部に建玉や注文の詳細、右側にチャートやレートが表示されています。

1. 注文機能を稼働させるにはまず左上の「AP 作成」をクリックします。

 
2. AP注文作成中という画面で取引したい通貨ペアを選択しましょう。
3. 選んだ通貨ペアの為替相場のトレンド売買方針を選択します。私は米ドル円の上昇トレンドがまだ続くと読んで、米ドル円の「上昇(買い)」を選択しました。

 
 
4. 次にエントリータイプを選択する画面が出てきます。各エントリータイプの取引スタイルを見比べながら自分の相場観と合致しそうなものを物色します。

 
 
5. 私は上昇トレンドがまだ続くと思っているので、押し目を拾うタイプの「基本カウンター10pips」を選択。

 
 
6. 注文設定画面で予め設定されている数値を自分独自の視点で若干変えました。新規注文のレート価格や決済指値・逆指値、2回目以降のエントリー幅の変更が可能です。

AP注文に名前を付けて取引数量を入力し、「ON 」にすると稼働ボタンが黄色く表示されます。稼働をクリックすると設定したAP注文が稼働して新規注文が発注され自動エントリーします。

7. HOME画面にエントリーしたAP注文の建玉一覧が表示されます。稼働状況は評価損益をリアルタイムで見られます。

◆総評
最初は注文の仕方を覚えるため一連の操作の流れを急ぎ足で行ってみました。やってみた感想としては設定方法が非常に簡単だということ。
トレンド売買方針やエントリーのタイミングがビジュアルで非常にわかりやすく、提示されたアイコンや数値を入力するだけで注文設定を完了することが出来ました。あとは色々な売買戦略のAP注文を応用して稼働させてみて、売買精度を見極めていけば成果を上げていけそうな気がします。

>> 半自動売買が簡単にできるインヴァスト証券・トライオートFXの詳細ページ・口座開設へ

18 12月 2015

  • FX人気会社ランキング

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    結果を出すならヒロセ通商!!

    ↑最強レベルの口座がココにある!!

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金5000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!