トライオートFXならレートの変化も逃さず追尾!

一般的な自動売買システムは、初心者にとって操作・設定が難しいものや、裁量取引ができず完全自動売買な点がデメリットになることも珍しくありません。

「難しくて使いこなせない」
「良いと思い使ってみたが、使いにくかった」

などと感じた方も多いはずです。

インヴァスト証券のトライオートFXであれば、初心者でも簡単に利用でき、自動売買+裁量取引が可能です。

そこで今回は、インヴァスト証券トライオートFXの内容や特徴、使い方などについて紹介しています。

この記事を読むことで、プロトレーダーも注目しているトライオートFXを使って利益を狙えるようになりますので、ぜひご覧ください。

>> 半自動売買が簡単にできるインヴァスト証券・トライオートFXの詳細ページ・口座開設へ

トライオートFXが人気の理由とは?

インヴァスト証券のトライオートFXは、他社の自動売買システムとは内容が異なるうえ、初心者でも簡単に設定・取引ができるため非常に人気があります。

まずは、トライオートFXの内容や特徴について見ていきましょう。

いくつものトラップで利益を逃さない!

インヴァスト証券のトライオートFXは、トラップ系トレードの一種です。

トラップ系トレードは、値動きをある程度予測したうえで自動売買設定をおこないます。

そして、あらかじめ予測した価格まで下落したら買い注文を出し、一定水準の価格まで上昇すれば決済をするなど売買を繰り返します。

値動きの変動を予測してあちこちに売買ポイントを設け、まるで張り巡らされたトラップのように利益を逃しません。

FX初心者でも簡単に設定ができ、初心者〜上級者まで多くのトレーダーから人気のある売買システムです。

リストから選ぶだけの簡単設定

トライオートFXでは、自動売買セレクト機能も利用できます。

自動売買セレクトとは、通貨ペアや自動売買ロジック、収益率が表示されたリストから希望の組み合わせを選んで、「カート」に入れるだけで自動売買取引を開始できるオリジナルツールのことです。

FXとETFから選択ができ、どちらもシミュレーションも可能です。

収益率やシミュレーションを確認したうえで希望の組み合わせを選べるため、難しい知識が必要なく初心者でも簡単に設定して取引を開始できます。

2つの自動売買ロジックについて

インヴァスト証券のトライオートFXは、2つの自動売買ロジックが用意されています。

自分の取引スタイルや状況に合った最適な自動売買をするためにも、それぞれのロジックの特徴と違いを知っておく必要があります。

ここでは、「コアレンジャー」と「スワッパー」の2つのロジックについて確認していきましょう。

レンジ相場向け「コアレンジャー

コアレンジャーはレンジ相場向けの自動売買ロジックです。

各通貨ペアのレンジ帯を60%〜70%価格をカバーする「コアレンジ帯」と、コアレンジから外れた価格帯の「サブレンジ帯」の2つのレンジ帯に分けています。

チャートはコアレンジ帯で推移することが多いためコアレンジ帯では細かく売買設定をして、サブレンジ帯では値戻りを期待して大きな利益を狙うように設定されています。

オススメのポイントは以下の2点です。

  • コアレンジ帯は細かく利益確定、サブレンジ帯では大きく利益確定できる
  • スワップ狙いではなく短期〜中期でトレードしたい人にオススメ

高金利通貨向け「スワッパ―」

スワッパーは高金利通貨向けの自動売買ロジックです。

右肩下がりのトレンドでも短期の反発時に利益が狙えるように売買設定がされています。

仮に高値掴みした場合も、保有している間は高スワップを得ることができる仕組みです。

高金利通貨の値動きの特徴を捉え、売買益とスワップポイントの両方を狙うことができます。

南アフリカランドやトルコリラなどの高金利通貨で取引したい人にオススメの方法です。高金利通貨は値動きが激しい傾向があるため、十分な証拠金を準備したうえで利用するようにしましょう。

売買益とスワップの両方が狙えるため中期〜長期でトレードしたい人も安心です。

自動売買+裁量取引ができるトレードシステム

トライオートFX=自動売買のイメージを持っている人も多いかもしれませんが、自動売買+裁量取引の両方ができることで人気のあるトレードシステムです。

それぞれの長所を生かした取引ができますので、その詳細について見ていきましょう。

自動売買だけじゃない!自分で取引をすることもできる

トライオートFXは、完全自動売買システムではなく裁量取引も可能です。

そのため、人が感情に流されやすいところでは自動売買ができ、自動では対応が難しいような相場局面では自分で取引をすることが可能です。

自動売買は非常に便利で有効な取引方法ではありますが、自分自身で取引をした方が大きな利益を得られる場合もあります。

注文方法もさまざまで、主に以下の8つがあげられます。

  • クイック注文
  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • IFDONE注文
  • IFDOCO注文
  • 一括決済注文
  • 全決済注文

完全自動売買と完全裁量取引の長所を合わせたトレードシステムになっています。

ここまでで抑えておきたいポイントは3点です。

  • トライオートFXは自動取引と裁量取引を取り入れたシステム
  • 自分では上手くできない部分を自動取引
  • 人の方が上手くできる部分は裁量取引

実際に注文設定から稼働開始までの操作をやってみた

自動売買システムの注文設定や稼働開始方法を知っておくことで、好きなタイミングで設定・稼働ができるようになります。

ここでは、トライオートFXの注文設定から稼働開始までの操作ステップについて確認していきましょう。

1.注文機能を稼働させるには「AP 作成」をクリック

トライオートFXの管理ツールにログインすると、画面上部に通貨ペア、メイン部分には建玉や注文詳細、画面右側にはチャートやレートが表示されています。

2. 「AP注文作成中」画面で希望の通貨ペアを選択

3. 選択した通貨ペアの売買方針を選択

私は米ドル円の上昇トレンドがまだ続くと考え、米ドル円の「上昇」を選択しました。

4.エントリータイプを選択する

取引スタイルを比較してエントリータイプを選択します。

5. 注文設定画面で数値を変更できる

変更できるのは以下の点です。

  • 新規注文レート
  • 決済指値・逆指値
  • 2回目以降のエントリー幅

AP注文に名前を付けて取引数量を入力し、「ON 」にすると稼働ボタンが黄色く表示されます。稼働をクリックすると設定したAP注文が稼働して新規注文が発注され自動エントリーします。

6.完了

ホーム画面にはエントリーしたAP注文の建玉一覧が表示されます。稼働状況は評価損益をリアルタイムで確認できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、インヴァスト証券トライオートFXの内容や特徴、使い方などについて紹介いたしました。

最後にトライオートFXの大事な4点をおさらいしましょう。

  • 相場分析をして売買設定をするため上昇局面でも下降局面でも利益が狙える
  • 収益率やシミュレーションを確認したうえで自動売買を開始できる
  • 自動売買ロジック「コアレンジャー」と「スワッパー」から選べる
  • 自動売買だけでなく裁量取引もできる

トライオートFXを利用すれば初心者でも簡単に利益を狙うことができますので、この記事を参考にしてぜひ試してみてください。

>> 半自動売買が簡単にできるインヴァスト証券・トライオートFXの詳細ページ・口座開設へ

18 12月 2015

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!