画期的なトレード支援ツール、相場の未来を予想できるFXTF未来チャート

FXの収支を上げるためには、相場のトレンドを正確に読み解くテクニカル分析の習得が不可欠です。

しかし、初心者の方が精度の高いテクニカル分析のスキルを体得するのは非常に難儀であり、「もっと簡単に値動きを予測できる方法はないか」と悩んでいる方も多いはず。

そこで今回は、FXトレード・フィナンシャルがトレーダーに無償提供している「FXTF未来チャート」の魅力や使い方などをご紹介します。

本記事を読めば、テクニカル分析の苦手な方でもFXTF未来チャートを使って簡単に将来の値動きを予測できるようになるので、ぜひ参考にしてください。

無料口座開設をする
FXトレード・フィナンシャルの公式サイトへ行く »

FXTF未来チャートは信頼性が高い

テクニカル分析はFX経験者でも難しいのに、無料で使えるチャートに頼って本当に大丈夫なのかと不安に感じる方もいることでしょう。

ここでは、FXTF未来チャートの信頼性を裏付ける4つの機能について解説していきます。

傾向予測の確実性を視認できる!

FXTF未来チャートは、膨大な量の過去チャートデータの中から現在のチャートと類似した形を見つけ出し、近似率の高いものを予測チャートとして表示してくれるサービスです。

「歴史は繰り返す」という言葉があるように、相場はしばしば似通ったパターンの値動きを繰り返します。

FXTF未来チャートはその法則にのっとって設計されているため、統計学的に見て非常に信頼性が高いのです。

しかもFXTF未来チャートは以下の3パートで構成されており、ユーザーに分かりやすいレイアウトになっています。

現在 選択した通貨ペアの直近のローソク足2,000本分のチャートを表示
過去 現在の直近のチャートの形状と類似した過去チャートを3種類表示
未来 一致率が高い過去チャートの今後の値動きをローソク足40本分表示

つまり、チャート画面右上の未来エリアを見れば、テクニカル分析の苦手な方でも相場のトレンドを一目で予測することが可能です。

適合範囲の表示

現在および過去エリアのチャートの背景色が黄色になっている範囲は、それぞれ形状が似ていると判定された部分です。

一致率が高い順に「第1近似」、「第2近似」、「第3近似」の3チャートが過去エリアに表示されており、トレーダー自身も現在のチャートと比較しながら将来の値動きを予測することが出来ます。

ちなみに未来エリアの下部にある操作バーをドラッグすれば、時間軸をずらしながら過去チャートを参照することが可能です。

未来エリアのチャートは一致率の高い順に太線で描画されているので、過去エリアの各近似チャートとの対応を直感的に識別できます。

もしも予測チャート上で上昇パターンと下降パターンが混在している時は、一致率を基準にして売買方針を決定すると良いでしょう。

時間の表示

FXTF未来チャートはこれまで何度かバージョンアップしており、その度に仕様が大きく変更されています。

2017年のバージョンアップの際には、未来エリアの下に時間幅が追加されました。

現在時刻から何分後にレートが上昇(あるいは下落)するのか、時間軸を考慮した相場予測が可能になったのは大きなメリットです。

ちなみに、トレーダーが選択した時間足によって未来エリアの時間幅も変化します。

1時間足を選べば、最大40時間後までの将来の値動きが一目瞭然。

長期的なスパンで取引を行っている方は、長めの時間足でFXTF未来チャートを活用すると良いでしょう。

テクニカルランキング

未来チャートの画面右側には、「テクニカルランキング」が掲載されています。

テクニカルランキングとは、以下の7種類のテクニカル指標を用いて通貨ペア・足種別に売買傾向を計算したランキング表のことです。

  • 移動平均(単純)
  • 移動平均(指数)
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • MACD
  • ストキャスティックス
  • RSI

多くのトレーダーが愛用しているメジャーなテクニカル指標を厳選し、その分析結果が一目で分かる仕様になっています。

ランキングの上位に並んでいるのは、買いシグナルポイントと売りシグナルポイントの差が大きい通貨ペア。

テクニカル分析でも100%正確に値動きを予測するのは無理ですが、複数の指標が同一の結果を指し示している時は信頼性が高いと判断できます。

買いシグナルポイントが多い通貨ペアは上昇トレンドにあるので「押し目買い」を意識し、売りシグナルポイントが多い通貨ペアは下落トレンドにあるので「戻り売り」のタイミングを模索すると良いでしょう。

シグナルパネル

FXTF未来チャートには、「未来チャート」の他に「シグナルパネル」という機能も搭載されています。

テクニカルランキングと同じく、7種類のテクニカル指標を使用して通貨ペア・足種ごとに売買傾向を分析し、その結果をシグナルとしてチャート上に表示。

今が買い場なのか売り場なのか、そしてその取引シグナルがいつ発生したのか、すべてチャート上で確認することが可能です。

シグナルパネルの使い方は非常に簡単。以下の手順に従ってください。

シグナルパネルの使い方

シグナルパネル上部に配置されているプルダウンで、「通貨ペア別パネル」か「足種別パネル」を選択します。

「通貨ペア別パネル」の場合:さらに任意の時間足を選択すると、通貨ペアごとのテクニカル分析結果が一覧表示される
「足種別パネル」の場合:さらに任意の通貨ペアを選択すると、時間足ごとのテクニカル分析結果が一覧表示される

「買」:直近の足で「買シグナル」が点灯
「売」:直近の足で「売シグナル」が点灯
「↗」:「買シグナル」がローソク足20本以内に点灯し、そのトレンドが継続中
「↘」:「売シグナル」がローソク足20本以内に点灯し、そのトレンドが継続中

各アイコンをクリックすると、その分析結果をチャートに表示が可能です。

「総合判断」を見れば、売買傾向が一目瞭然
「設定」ボタンをクリックすれば、シグナルパネルの縦軸・横軸およびプルダウンに表示する項目をカスタマイズ可能

ちなみに、チャートの下にはシグナルに沿って売買を行った場合に得られたであろう損益のシミュレーション結果も表示されています。

相場観の無い初心者の方でも、即座にテクニカル分析の結果を確認できるのは大きな魅力です。

バージョンアップしたFXTF未来チャート

FXTF未来チャートはもともとFX用のトレードサポートツールでしたが、現在ではバイナリーオプションの取引ページから利用することも可能になりました。

バイトレでFXTF未来チャートを使える最大の利点は、判定時刻に合わせた相場予測が可能であることです。

通常のテクニカル分析では、現在のトレンドは分かっても指定時刻におけるレートを予測するのは容易ではありません。

その点、バージョンアップによって未来チャートの未来エリアには時間幅が追加されたため、現在時刻から数分後あるいは数時間後のレートが現在値から上昇するか下落するか具体的な予想を立てられます。

FXTF未来チャートを活用することで、バイナリーオプションの勝率を大きく高められることでしょう。

まとめ

今回は、FXTF未来チャートの特徴や使い方などをご紹介しました。

FXTF未来チャートの注目ポイントをまとめると、以下の3点が挙げられます。

  • 直近のチャートと類似した形状の過去チャートから将来の値動きを予測できる
  • テクニカル分析の知識がない初心者でも簡単に使いこなせる
  • 特定時刻におけるレートも予測できるのでバイナリーオプションに重宝

「テクニカル分析の習得に苦労している」
「初心者でも使える相場予測ツールが欲しい」

そんな方は、ぜひ本記事を参考にしてFXTF未来チャートをテクニカル分析に活用してください。

無料口座開設をする
FXトレード・フィナンシャルの公式サイトへ行く »

19 12月 2015

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!