MT4のチャートに表示されているインジケーターの数値を編集する方法と削除方法と

・インディケーターの編集
MetaTrader4を利用するにあたり、裁量売買であれ自動売買であれ、必ず分析をすることは必須です。
MetaTrader4では任意でいくつものウィンドウでチャートを表示でき、それらにインディケータを組み込むことで分析を行え、未来の値動きの予測に役立てることができます。

チャートの移動平均線やMACDなどのインディケータは、テクニカル分析を行う際に不可欠な指標です。

インディケータというのは、ほかではインジケーター、インディケーターなどとも呼ばれるもので、MetaTrader4におけるインディケータはチャート上に移動平均線やボリンジャーバンド、MACDなどの指標を表示するプログラムのことです。

まずはインディケータをチャートに表示させる

まず、インディケータを取り込むにはメニューにある「Navigator」を押します。すると、現時点でMetaTrader4に入っているインディケータの一覧が表示されるので、使いたいものを選んでチャートにドラッグします。
ドラッグすると、最初にインディケータのプロパティ画面が開きます。

チャートというのは値動きなどを表示する画面に過ぎません。発注などのアクションを起こさない限り、利益も損失も発生しません。
また、ただ漠然と値動きを眺めているだけでは、そこから学べるものはなかったりします。

しかし、インディケータを取り入れ、わかりやすい画面にカスタマイズしていくことで、最初はわからなかった相場のトレンドが見えてきます。トレンドを的確に見極めることができれば、FXトレードにおける勝率アップに期待が持てるわけです。

FX取引で得られる収益はチャート分析スキルにかかっていると言っても過言ではありません。そこで役立てたいのがインディケータです。
しかし、ただ組み込むだけだとトレンドがわかりづらかったり、自身の分析方法とやや異なっている場合もあります。

そんなときのために、MetaTrader4ではインディケータを編集することができるようになっています。

インディケータは常に編集を行い微調整が必要?

チャートに適用する際に開くインディケータのプロパティ画面で各種パラメーター設定を行うことでインディケータ自体を自分好みにカスタマイズすることができます。
相場は刻一刻と変化していますので、時間が経つにつれて微調整も必要になってくることでしょう。

そんな場合でもMetaTrader4では変更適用後でもパラメーターの設定を変更することが可能です。設定が終わって「OK」を押せばチャートにインディケータがただちに表示されます。

また、設定変更の方法はほかにもあって、一番手っ取り早いのは、チャート上のインディケータをダブルクリックする方法があります。
任意のインディケータをダブルクリックすると設定用のウィンドウが表示されるので、パラメーターやカラーなどの設定を自由に変更できるのです。変更は即座に反映されます。

インディケータが格納されているのはMetaTrader4の「Navigator」

インディケータが格納されている「Navigator」にはいくつかフォルダがあり、「罫線分析ツール」というフォルダや「Custum Indicators」というフォルダがあります。
まず、罫線分析ツールというフォルダに入っているインディケータはMetaTrader4の標準インディケータです。
このインディケータそのものはカスタマイズ不可となっています。Custum Indicatorsというフォルダに入っているインディケータがカスタマイズできるものです。

MetaTrader4用のインディケータは初期の時点で格納されている既存のものは数が限られています。ですので、選択肢としては投資戦略や分析手法に見合わないものばかりである可能性があります。そんなときは外部のインディケータを利用することもできます。

例えば、ネット上のMetaTrader4関連のウェブサイトの中にはMetaTrader4専用のインディケータを紹介しているものもあり、有料・無料問わず、たくさんの種類があります。そのほとんどがダウンロードが可能です。また、上級者などは自分でインディケータを自作することもできます。
これらをMetaTrader4に取り込めば、MetaTrader4上で自由に使うことができるのです。

外部からインディケータを使う場合は、必ずMetaTrader4/expert/indicatorsの中にダウンロードしなければなりません。
ちなみに、インディケータの拡張子は「.mq4」です。取り込んだ後にMetaTrader4を立ち上げるか再起動するとMetaTrader4内にそのインディケータが取り込まれます。「.ex4」というファイルが見られればダウンロード成功です。

 
 

複数のインディケーターが重なっている場合は

通常、MetaTrader4でインディケータを使う場合はひとつのインディケータに頼らず、複数のものを用いるようになっています。というのは、単一のインディケータだけ見ていると騙しのサインに翻弄されてしまうこともあるからです。

騙しのサインとは、テクニカルなどで表示される売買のタイミングのサインが実は間違っていて、相場が急転することがあります。これは単一の監視では斑点が読み取れなくて、売買サインが間違って出てしまうのです。

そういったサインもあるので、テクニカル分析を行う際には、ほとんどのトレーダーが複数のインディケータを適用しているというのが一般的です。

複数のインディケータが重なっているときの編集方法とは?

このように一般的にはMetaTrader4における同一のチャート上にたくさんのインディケータを適用します。
しかし、そうなるとそれぞれのインディケータが重なってしまい、特定のインディケーターを選んで編集するのが難しくなってしまいます。MetaTrader4ではそんなときに的確に編集する方法が存在します。

複数のインディケータを利用し、それぞれが重なってしまっているときは、MetaTrader4のチャート上で右クリックして「表示中の罫線分析ツール」の項目を選択してください。


 
 
この項目を選択すると、新規ウィンドウが立ち上がります。
そのウィンドウにはその時点でメインチャートやサブウィンドウに表示されているすべてのインディケータの情報が一覧表示されています。

 
 
 
そして、そのウィンドウ内から任意のインディケータを選択して「編集」ボタンを押すだけです。そうすると簡単に設定用のウィンドウを表示させることができるので、個別に編集を行うことができます。

この方法であればインディケータが重なっている場合においても間違ってほかのインディケータを選択し、気がつかずに編集して混乱してしまうこともなく、とても便利に使うことが可能です。MetaTrader4の便利な機能のひとつです。

■不要なインディケータを削除することもできる!

MetaTrader4のインディケータはすべてが必要であるとは限りません。分析方法はトレーダーの数だけ存在しています。手法によっては不要なインディケータもあります。そんなときは不要なインディケータは削除してしまいましょう。

MetaTrader4における不要なインディケータの削除方法は、編集画面などで「削除」ボタンを押すことです。そうすることで指定したインディケータだけを解除することができます。インディケータは複数使うものですが、重なってくるとわかりづらくなったり、場面によっては不要になることもあるでしょう。そんなときMetaTrader4ではチャート上から任意のインディケータだけを削除できるのです。


テクニカル分析時に不要だと感じたインディケータがある場合は、邪魔になるので早めに削除しておきましょう。
画面が見づらくなることで分析を見誤ったり、時間がかかって収益の成績に悪影響を与えかねません。ですので、速やかに不要なものは排除するべきです。

そういった潔さもまた、FX取引には必要なのであります。MetaTrader4にはそんなときでも対応できる便利機能があるわけです。これはぜひ覚えておいてください。

 

ボクは分析や取引は慎重にするスタイルなんだ。だから、テクニカル分析を精密にできるようにたくさんのインディケータをダウンロードしてMetaTrader4に取り込んでいるんだ。
インディケータはたくさんあるに越したことはないさ。
でも、ベアはなんだか浮かない顔だね。なにかあったのかい?
実はインディケータをたくさん使っていることで、逆に分析がうまくいかなくなってきたんだ。トレンドとかが読みにくくなってきたんだよ。
そんなことってあるのか?
ははあ、おそらく誰もが一度は陥る失敗にベアもはまっているんじゃないかな?
誰でも陥ること?
ええ! どうすればいいのかわかる?
単にインディケータをダウンロードし過ぎているんだよ。ただ、それだけのことなんだ。
チャート上に表示されるラインが多いと重なってしまって、なんだかよくわからなくなるんだよな。オレもある、そんなこと。
確かにチャートにトレンドを表すラインが1本だけだと「騙しのサイン」に気がつかないってこともある。だから、みんなテクニカル分析などでは複数のラインを使って分析するよね。
ボクもそのつもりだよ。でも、なんでそれがいけないの?
多すぎるとなにがなんだかわからなくなるんだ。だから、欲ばりすぎず、適度なインディケータの数でいい。
でも、どれも大事なインディケータで、ボクには選べないよ。
そうしたら表示されるものを編集してしまおう。
そんなことができるの?
ラインが重なって特定のインディケータを選ぶのが難しいときは、チャート上で右クリックをするんだ。そこでに出てきた「表示中の罫線分析ツール」を選ぶんだよ。
あ、新規ウィンドウが立ち上がった。これ、メインチャートやサブウィンドウに表示されている全部のインディケータの情報が一覧表示されてる!
そう。あとは編集したい、あるいは表示をしたり消したいインディケータを選んで「編集」ボタンを押せば、設定用ウィンドウが出てくるんだ。
結構便利だな。
不要なインディケータは「削除」ボタンを押せば解除もできるんだ。もしMetaTrader4を使っていくうちにチャートがごちゃごちゃになったら、一度整理して削除してしまうのもいいね。

 

22 12月 2015

  • FX人気会社ランキング

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!