MT4で日本時間を表示させる簡単な方法とは?

・MetaTrader4の時間表示
MetaTrader4をダウンロードして使い始めているトレーダーはすでにご存じかと思いますが、このチャート画面上に表示されている時刻は、アメリカやヨーロッパの時間設定になっているかと思います。
これはトレーダー各位がMetaTrader4を利用するために用意しているサーバーの時間設定に依存しているからです。

簡単に言えば、海外の取引サーバーを利用している場合、トレーダーの端末(パソコンなど)からいったん国外のサーバーを経由して市場につながることになり、必然的に時間表示も海外のものになってしまうというわけなのです。

元々、MetaTrader4はロシアの企業が開発した金融取引のプラットフォームと考えれば、日本時間が初期設定でないのは当然のことでもあります。

FXは世界中の金融市場で取り引きされていますので、人によっては海外市場を中心に(要するに海外の市場が開いている時間を中心に取り引きを進める場合)FXに挑戦していることもあるでしょう。
その場合は問題ないですし、また、海外との時差の計算に慣れている人であればまったく気にならないかと思います。

しかし、日本人トレーダーの中においては、日本と時差のある海外の時間を表示されると、時間感覚が狂って取り引きがしづらいと感じる人も少なくないはずです。
時差を見誤って、各国の市場が閉まる時間帯などを間違えることで損益の確率も変わってきてしまいます。

ですので、日本にいる日本のトレーダーの中には日本時間を表示したいというニーズは少なくありません。実際に日本時間に設定しておいた方が、日本在住のトレーダーがFX取引をする場合にはなにかと便利です。

・MetaTrader4に日本時間表示インディケータを導入する

そんな日本時間の表示をMetaTrader4にて欲している人は、日本時間表示インディケータの利用をおすすめします。このインディケータをMetaTrader4に追加するだけで日本人投資家にはかなり便利な取引プラットフォームにランクアップすることが可能です。

MetaTrader4で利用できる日本時間表示のインディケータは「JPN_Time_SubZero」になります。
MetaTrader4へは通常のインディケータの追加方法に従ってJPN_Time_SubZeroをダウンロードすれば、チャートの画面上に日本時間も併せて表示することができるようになり、非常に重宝します。

環境は大事ですので、MetaTrader4をより日本の環境にも合わせていけば、さらに快適で使いやすいプラットフォームになることでしょう。

■JPN_Time_SubZeroというインディケータをインストールする

それではJPN_Time_SubZeroの取り込み方や使い方を具体的に見ていきましょう。

まずは、JPN_Time_SubZeroのデータをダウンロードしましょう。
ここではFXトレーダーのfaiさんがリリースしているmq4ファイルがuploader.jpで公開されていますので便利です。ダウンロードボタンをクリックして、早速データをダウンロードしてください。
(URL:http://u3.getuploader.com/mt/download/144/JPN_Time_SubZero.mq4

 
 
 
ダウンロードが済んだら、JPN_Time_SubZeroのデータを任意のフォルダに保存します。
それから、MetaTrader4の「Indicators」フォルダにダウンロードしたデータを移動させましょう。保存先はトレーダーのパソコンなどの設定によって違います。

ですが、初期設定は環境によって若干異なるものの、64bitのWindowsパソコンの場合であれば、以下のパスが保存先になるので参照してください。
C:\Program Files (x86)\MetaTrader 4\MQL4\Indicators

特に設定変更がなければこのファイルに保存されているはずです。

JPN_Time_SubZeroを適用する

JPN_Time_SubZeroのファイルへの保存が終わったら、今度はMetaTrader4を起動させます。

起動すると、MetaTrader4には「JPN_Time_SubZero」という新しい指標が追加されているはずです。念のため、最初にその指標が間違いなく起動するか試してみることにしましょう。

まずは任意のチャートをアクティブにして、メニューバーの「挿入」から「罫線分析ツール」→「カスタム」→「JPN_Time_SubZero」の順にフォルダを選択してください。


 
 
すると、インディケータのウィンドウが表示されます。余談ですが、もしこのウィンドウのラインの色にこだわりがあれば、「色の設定」タブで好きなカラーに変更することができます。

自分で時差を調整したいときは、「パラメータの入力」タブの「Time_difference」で設定することも可能です。


 
 
 
設定などが諸々確認できて問題がなければ「OK」ボタンを押します。すると、MetaTrader4のチャート上の表示時間が日本時間に変更されているはずです。

ここで日本時間が表示されていないということであれば、おそらくダウンロードの段階か、インディケータの追加の時点でデータが壊れているなどのなにかしらの問題が起こっていると考えられます。その際は次項の解決方法を試してみてください。

MetaTrader4にダウンロードしたJPN_Time_SubZeroの注意点

MetaTrader4に追加したJPN_Time_SubZeroの時間表示は時間足の設定によって若干変化しますので注意してください。ですので、JPN_Time_SubZeroアクティブ化してすぐの段階では5分足や15分足などのいろいろな時間足でどのように表示されるのかを試してみてください。時間足を変えて表示内容を変化させることで時差の微調整などができ、日本時間が正確に刻まれるようになります。

とりあえず最初にインディケータを起動させるときには時差を調整することをしないで、デフォルトのまま挿入してみましょう。
そのときに時間がズレていることが発覚したら、時間足を変更してみたり、設定を細かに確認してみましょう。

正確な時間を知るには時報で確認する方法もありますし、雇用統計などのFX市場に大きなインパクトをもたらす指標発表直後にレートが大きく動く時間が必ずありますから、そのときにチャートを見れば、正しい日本時間になっているかがわかることでしょう。

気をつけたいのはアメリカなどの国外サーバーでMetaTrader4を利用する場合、日本時間を表示するインディケータを挿入すると、サマータイムのときには1時間ほどズレが出ます。ですから、例えばアメリカの夏時間(サマータイム)と冬時間が切り替わる時期には特に調整が必要になるかもしれません。切り替わりの時期としては3月の第2日曜日と11月の第1日曜日になります。この時期には注意してください。

MetaTrader4を利用する際に本当に日本時間が必要なのか

MetaTrader4をダウンロードしたばかりの初期設定時間表示は欧米の時間帯なわけですが、本当に日本時間に変更する必要はあるのでしょうか。

FX市場の取引時間帯は世界中で共通したもので、ニュージーランドの市場がオープンし、ニューヨークがクローズになるまで、土日を除いた毎日ほぼ24時間、売買をすることが可能です(その国が祝日の場合はその国の取引所も休みになることがほとんどですが)。
ですので、世界市場全体と日本だけの市場では圧倒的に世界市場の方がトレーダーの数は多いです(世界中の取引所で売買できるのがFXですので、日本市場というのは日本の証券会社でFX口座を開設している場合という意味になります)。

そう考えると、世界市場を相手にするためにMetaTrader4の表示時間を欧米の時間帯に合わせていた方が便利なのかもしれません。
経済指標の発表なども各国の欧米の時間で表示されることもありますから、日本時間に切り替えることで逆に混乱する可能性だって残ります。

同時に時差なんて難しいものではありません。頭の中で主要取引所やその国の時差を憶えておけばいいだけですので、わざわざ日本時間を追加しなくても本来は全く問題はなく、欧米時間の表示でもまったく大丈夫です。

とはいっても、日本で生活し、東京証券取引所などを中心にFXの売買を進めたい人にとってはいちいち外国の時間を日本時間に頭の中で変換するのも大変、あるいは面倒だということもあるかと思います。

日本の証券会社を利用していれば、経済指標の発表タイミングも現地時間ではなく、日本時間で表示していることもよくあります。

また、多数のオンライン証券会社で口座開設し、他社の取引ツールも同時進行で利用しながらFX取引を進めていくトレーダーは、混乱を避けるため、日本時間設定なら日本時間設定に統一する方がいいかもしれません。
MetaTrader4だけ時間が違っていると、万が一相場急変であわただしくなったときに、思わずその時間がさらなる困難を招く可能性もあるわけです。

こういったリスク回避もFX取引には欠かせない対応のひとつです。

いずれにせよ、MetaTrader4に日本時間表示のインディケータを使うか否かは、あなたの投資方針や投資スタイル次第ということになります。

 

みんなはMetaTrader4の設定時間はなにを使っている?
ボクはよくわからないから、初期設定のまま。だからヨーロッパの時間になっているんだ。
オレはアメリカ時間。あれ、でもなんでそうなっているんだ?
日本の時間で使えたらもっと便利だよね。でも、そんな方法はないよね?
いや、ちゃんとMetaTrader4を日本時間で動作させる方法はある。そもそもMetaTrader4は開発元がロシアの企業だし、欧米の時間帯に設定されているのは現地のサーバーの関係もあるんだ。サーバーの時間でMetaTrader4が動作しているからね。
じゃあ、MetaTrader4を日本時間で稼働させるには日本のサーバーでなければいけないの?
そういうわけでもないんだ、ベア。MetaTrader4には便利なものがインストールできるじゃないか!
わかった! インディケータか!
その通り。MetaTrader4用の日本時間表示インディケータは「JPN_Time_SubZero」というやつなんだ。これをMetaTrader4の「Indicators」フォルダにインストールすればいい。つまり、ほかのインディケータと同じ手順で設定時間を変えられるんだ。
これは便利だね。ボクも早速使ってみよう!
ただね、「JPN_Time_SubZero」を使うのにはちょっと注意がいるよ。
使い方が難しいのか?
そうじゃないんだ。最初は設定がズレていて、時間が合わないかもしれないんだ。
微調整が必要なんだね。それは簡単にできる?
簡単さ。とりあえずインストールしたらすべての時間足で動作を確認すること。そして、微調整をしていくだけ。
面倒だけど、ちゃんとやらなければいけないことだな。
そうだね。あともうひとつ忘れてはいけないことがある。
なに?
それはアメリカなどのサマータイムさ。もし日本国外のサーバーでMetaTrader4を使っている場合、サマータイムと通常期間に切り替わるタイミングで時間がズレてしまう場合もあるんだ。だから、そのときに毎回微調整が必要になるかもしれない。
面倒だけど、仕方のないことか・・・・・・。
世の中には完璧な取引ツールは存在していないから仕方がないよ。それが面倒なら日本時間のインディケータを使う必要はない。
ええ! もったいないな!
でも、今までベアくんはこのインディケータを使っていなかったわけだよね? ということは、便利だけど必須じゃないんだ。
言われてみればそうだよなあ。慣れの問題かな。
慣れだし、投資スタイルによってもそう。だから、必要であれば利用する。不要ならわざわざ無駄なインディケータは利用しない。単純にはそれだけなんだ。
自分の投資方針を貫けってことだな!
ボクはこの日本時間インディケータ、使いたいな!

 

22 12月 2015

  • FX人気会社ランキング

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    結果を出すならヒロセ通商!!

    ↑最強レベルの口座がココにある!!

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!