気配値表示ウィンドウの通貨ペアを増やし方・カスタマイズ方法

・MetaTrader4では気配値表示のスペースの通貨ペアを増やすことができる

MetaTrader4ではFX取引をするにあたって、トレーダーが売買の注文を出したり、自動売買のプログラムを組んだりできる上に、チャートにテクニカルを表示して、任意の通貨ペアが今後どのような値動きをするのか分析したり、予測したりすることができます。

特にMetaTrader4はインディケータなどを導入することで分析手法が多彩になり、様々な金融取引テクニックを駆使することができます。ほかにもたくさんの機能が備わっており、例えば分析の補助的なものとして、気配値を表示することが可能となっています。

この気配値表示を見るだけで、今現在、任意の通貨ペアが上昇傾向にあるのか、それとも下降傾向にあるのかが一覧から簡単に読み取ることができるので、トレーダーの分析に大いに役立つことは間違いありません。

FX取引の初心者で分析がまだ得意ではない、あるいは自信がないというトレーダーにはかなり重宝できる機能のひとつです。見方を憶えれば、かなり使い勝手のよいものになることでしょう。

・FX取引における気配値とはいったいなに?

MetaTrader4で使える機能のひとつである「気配値表示」ですが、そもそも気配値とはなんでしょうか。ここでは気配値についての簡単な説明をします。

気配値というのは、任意の通貨ペアのレートが上昇傾向なのか、それとも下降傾向なのか、値動きの方向性を単純に矢印で表している一覧などです。

チャート上にない通貨ペアも設定できますので、FX市場を全体的に見渡すことも可能です。MetaTrader4だけの機能というわけではなく、オンライン証券会社の取引ツールによってはしっかりと搭載されたよくある機能でもあります。また、FX取引だけでなく株式売買でも用いられる機能です。

・気配値で全体を把握して分析に役立てることも可能!?

FXの値動きというのはトレーダーたちの思惑がぶつかり合い、かつ社会的な事件や事故、各国政府の経済関係の考え方や方針などが複雑に絡み合って動いているものです。通貨ペア同士も関連がなさそうで、場合によっては関係してくることもあります。

ですので、ひとつの通貨ペアだけを眺めるよりも、たくさんのペアがどのように動いていくかを俯瞰した方が、分析がしやすくなる場合もあります。

そういったときに使いやすいのが気配値というわけです。チャートで追っていない通貨ペアでも、なにが起こっているかが矢印で表示されていることで一目見ればわかりますので、素早く全体を把握することが可能です。

気配値は単純な指標のようなものですが、非常にわかりやすく、分析に役立てることができるものです。ですので、しっかりと見方などを把握し、使いこなせるようにしておきましょう。

■気配値表示とは

FX取引や株式取引などの相場において、買い手と売り手の注文状況を示したウィンドウを「気配値表示」と呼びます。MetaTrader4でも気配値表示が可能で、最初から設定されている通貨ペアのほか、任意で追加したペアなどの一覧で相場が上昇気味なのか、下降気味なのかが素早く把握可能です。

気配値表示はその名称通り、気配値を表示するものであり、各銘柄(通貨ペア)の現在のビッド(売却価格)とアスク(購入価格)のほか、や矢印で値が上がっているのか下がっているのかという値動きの向きがわかりやすく表示されています。

この気配値表示は取引の際に重要な指標となります。取引ツールの気配値表示を見れば、各通貨ペアの現在価格が一目瞭然であり、さらにその値動きの方向までもわかるからです。

MetaTrader4ではトレーダー各位のトレードスタイルに合わせ、表示ペアなどを適度にカスタマイズすることが可能です。環境を自由に設定できるのがMetaTrader4の魅力でありますが、この気配値表示においてもそれは大切なことです。

■MetaTrader4の気配値の見方を憶えておこう

MetaTrader4での気配値表示は、最初は初期画面の左側に表示されています。左側の縦型の一覧がそれです。

設定で見たいときにだけ表示することも可能で、その場合はツールバーにある気配値の表示ボタンをクリックするか、画面上部のメニューから「表示」を選択し、次に「気配値表示」をクリックすれば表示できます。

MetaTrader4では気配値表示を自分が見やすいようにカスタマイズすることも可能です。後述する通貨ペアの追加もそうですし、自分が注意を向けていたい通貨ペアを表の上の方に表示することもできます。要するに並べ替えができるわけですが、それは移動したい通貨ペアをドラックし、表示させたい順番まで持って行くだけです。その場所でドロップ――つまりマウスを放せば順番が入れ替わります。

・MetaTrader4の気配値は感覚的にわかるようになっているので便利

MetaTrader4の気配値の表示は視覚的にわかりやすくなっています。値が下がっているときの矢印は通貨ペアの前に赤い下向きの矢印で表示されています。逆に上がっているときの矢印は緑色で、通貨ペアの前に上向きの矢印として表示されています。

それぞれの方向に矢印が色違いで表示されますので、一見するだけで相場がどの方向に向かおうとしているのかがわかります。色違いは見落としたり、見間違ったりすることも防げますので、案外に重要なポイントにもなっています。

さらに便利な機能としては気配値の通貨ペアをドラッグし、気配値表示上ではなくチャートの上でドロップすれば、ドラッグした通貨ペアのチャートが表示されます。MetaTrader4は気配値の見やすさでも定評があります。

■MetaTrader4の気配値表示通貨ペアを増やす方法

そんなMetaTrader4の気配値表示ですが、先ほども説明したドラッグによるチャート表示のように、素早く分析や予測が立てられるように、スピーディーな機能もついているなど、多機能な点でも優れているものになっています。

ほかにもMetaTrader4では簡単な操作で気配値表示を最適化できる機能が搭載されています。それが表示通貨ペアのカスタマイズです。初期設定では8~12種類の通貨ペアが表示されていますが、これを任意で表示される通貨ペアが変更できるのです。

まず、マウスのカーソルをMetaTrader4の気配値表示のウィンドウ上に動かし、右クリックしてみてください。そのときに現れる項目の中から「通貨ペア数の最少化」を選択すると、気配値表示の数が現在チャート表示されている銘柄だけに絞り込まれます。チャートに表示されているということは、トレーダーがすでに注視している通貨ペアですので、気配値表示が最適化されることになります。


 
 
 
逆に、「全通貨ペアを表示」という項目を選択してみてください。今度は取引サーバに登録されている全取引銘柄が一覧表示されます。
スクロールバーを動かさなければ確認できないほど膨大な通貨ペアが一気に現れます。

 
 
MetaTrader4の全通貨ペアはかなりの銘柄数になるので、初心者の方は面食らうかもしれません。しかし、逆に言えばMetaTrader4ではこれだけの数の銘柄の中から好きなものを選んで取り引きできるわけですから、MetaTrader4におけるFXトレードの楽しさは無限大に広がるのではないでしょうか。

気配値表示データの保存

さて、ここが本題なのですが、MetaTrader4では気配値表示ウィンドウに表示する通貨ペアの組み合わせをMetaTrader4のユーザーが自分で設定して保存しておくことも可能です。

その手順はまず「通貨ペア一覧」の項目で画面上に表示したい銘柄を選択します。表示したい通貨ペアを選んだ後、「表示通貨ペアの組合せ」をクリックしてください。あとは「名前を付けて保存」をクリックすれば、現在の気配値表示をテンプレートとして残しておくことができます。
 
 

保存しておくことで、通貨ペアの様々な組み合わせを瞬時に呼び出すことができるようになります。そのため、MetaTrader4の使い勝手がさらに向上すること間違いなしです。この機能はぜひ有効活用してみてください。

・気配値表示のスペースに置くべき通貨ペアの数はほどほどに

MetaTrader4の気配値表示において注意してほしい点があります。

まず、MetaTrader4に限らず気配値はあくまでも参考にするものであり、それに従って売買をすれば利益が必ず獲得できるというわけではありません。トレーダー各位が必ず自分で分析を行い、気配値はチャートなどで見きれない分を補うため、あるいはメインとする通貨ペアの分析の補助的な情報源として確認することが望ましいです。

また、MetaTrader4では表示した通貨ペアを任意で選択して表示できるわけですが、このとき、欲ばってあれもこれもとたくさんの通貨ぺアを選択しすぎるのも考えものです。

というのは、あまりに表示するペアが多すぎても、単に気配値表示画面が見づらくなってしまうだけです。
見づらい画面は分析能率・効率を悪化させるだけでしかありません。ですので、絶対避けるべきです。

とはいっても、逆に銘柄が少なすぎても情報源としては優れた一覧とは言いがたくなります。それであればチャートで表示してしまえばいいだけです。

初期設定では10種類前後のペアが表示されますが、MetaTrader4のユーザーは自分のトレードスタイルに合わせて適度に通貨ペア数を絞り込んでカスタマイズすることをおすすめします。
 

みんなはMetaTrader4の便利な機能である「気配値表示」は使っているかい?
ほとんど見ないな、オレは。
ボクは見るには見ているけど、頻繁じゃない。
もったいない!
オレの取引方法にあまり関係ないし。
ボクは関係ないとは思わないけど、機能的によくないと思うんだ。
確かに気配値は分析のすべてを表しているものではないけど、FX取引よりもずっと前からある株式取引でも利用されている、まさに参考資料のようなものだよ。なんで使わないの?
実はボクは通貨っていうのは世界中のいろいろなことが繋がっていて値動きがあるものだと思っているんだ。だから、取引していない通貨ペアの値動きが矢印で一目でわかるっていう気配値は本当に便利だと思う。だけど、本当に追いたいペアは表示されていないから、あまり便利に感じないんだ。
ひょっとしてMetaTrader4の「気配値表示」機能の通貨ペアをカスタムできるって知らないんじゃないかい?
え!? あれってカスタマイズできる?
初期段階だと通貨ペアは8種類から12種類くらいだよね。
そうなんだ。
そうしたら、カーソルを気配値のリストの上に合わせて、そこで右クリックしてごらん。
あ! 「全通貨ペアを表示」ってあるぞ!
ホントだ!
この「全通貨ペアを表示」にすると、取引サーバーに登録されている全銘柄が表示されるんだよ。
うわあ、逆にすごい数になってしまったよ!
これでベアが望んでいたいろいろな通貨ペアを一気に見られるんだ。逆に右クリックで「通貨ペアの最小化」ってのも出てきていないかい?
あ、クリックしたら、表示されているチャートの通貨ペアだけになった。
便利でしょう?
でも、全通貨の表示だと、今度は本当に見たいペアが見られないよ。最小化だと少なすぎるし。
そんなときはリスト上で見たいペアをドラッグして、リストの上位でドロップしてごらん?
リストの並び順が変わった!
そうなんだ。MetaTrader4は見やすいようにいろいろなものがカスタマイズできるんだ。こういった便利な機能が多いからMetaTrader4は今でも人気があるんだね!
ハッシー、気配値は今度からボクもちゃんと見ることにするよ!

 

22 12月 2015

  • FX人気会社ランキング

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    結果を出すならヒロセ通商!!

    ↑最強レベルの口座がココにある!!

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!