MT4をインストールできない理由。MT5を使いたくない人のためにMT4を利用できる業者も紹介

「MT4をダウンロードしたいのに、何度やってもMT5になってしまう!」

そんな意見を多く見受けられるようになりました。

最新バージョンのMT5を使うことが推奨されるのは分かりますが、不具合や動作の不安定さなどの理由から「MT4を使い続けたい」というニーズがあるのも理解できます。

そこで当記事はMT4の方を使いたいのにMT5になってしまう理由と対処方法などを紹介していきます。

この記事を読めば、MT4のダウンロード・インストール方法がわかり、MT4を引き続き使う方法をマスターできるようになるので、参考にしてください。

MT4がダウンロードできない。。

MT4はメタクオーツ社の公式サイトからダウンロードできます。

ですが、いざインストールしてみると、なぜかMT5がインストールされています。

なぜこのようなことが起こるのか、そしてどう対処していけば良いのかを見ていきましょう。

開発元のメタクオーツ社はMT5の利用を推し進めている

なぜMT5がインストールされてしまうのか。

その理由は開発元のメタクオーツ社の意向によるものです。

メタクオーツ社の公式サイトにアクセスし、MT4のダウンロードページを開くと最初に

「次世代取引プラットフォームのメタトレーダー5をダウンロードしましょう」

とダウンロードを促していることからも見て取れますね。

メタクオーツ社の公式サイト

 
 
最新バージョンのMT5をより多くの人に利用してもらい、バグフィックスなどを含めたさらなるブラッシュアップを目指していると考えられます。

それでもMT4を使ってみたいと思い、同じページの

「PC版MetaTrader 4をダウンロードし、デモアカウントを開設する」

のリンクを押してMT4をダウンロードしてみます。

MT4ダウンロード

 
 
PCへのダウンロードが完了すると「mt4setup.exe」のアイコンが出てくるので、ダブルクリックします。

mt4setup.exe

 
 
セットアップウィンドウが表示されるので「次へ」をクリック。

セットアップウィンドウで次へをクリックする

 
 
PCへのインストールが開始されます。

PCへのインストール

 
 
インストールが終わると、自動的にMT4が起動します。

MT4の起動画面

 
 
ただ、画面左上のアイコンをよく見ると、「MT5」になっているのがわかります。

左上のアイコンがMT5になっている

 
 

このようにMT4をインストールしたはずが、いつの間にかMT5に切り替わってしまうのです。

MT4を利用するには取扱業者の口座からダウンロードしよう

公式サイトからMT4を手に入れるのが難しい現在、最も確実かつ安心なのが取扱業者の口座からMT4を直接ダウンロードすることでしょう。

次で紹介するMT4をダウンロードできるFX業者を参考にしてください。

MT4をダウンロードできるFX業者8選

MT4を現在ダウンロードできるFX業者をまとめました。

それぞれ、業者の特徴やおすすめポイントを具体的に紹介していきます。

国内業者4選

まずは国内業者から。

日本国内のFX業者でMT4を取り扱っているところは徐々に減ってきています。

  • 口座が使いやすいこと
  • スプレッドなどの取引条件が優れていること

という2点を軸にして厳選してみました。

1. FXトレード・フィナンシャル

FXトレード・フィナンシャルのMT4

FXトレード・フィナンシャルはMT4の各種手数料を無料で利用できる、コスパに優れたFX業者です。

次の4つの手数料が無料になります。

  1. 取引手数料
  2. クイック入金
  3. 当日出金
  4. 口座管理手数料

取引のたびに加算される手数料を気にしなくても良いのは嬉しいですね。

システムの約定能力が高く、安定した取引システムも多くのトレーダーから評価されているポイント。

FXトレード・フィナンシャルはFX取引で手数料が気になる方におすすめです。

2. 楽天証券

楽天証券のMT4

楽天FXはコストを抑えた取引が魅力のMT4取扱業者です。

人気の3通貨ペアのスプレッドを見ると

  • 米ドル円:0.3銭
  • ユーロ円:0.5銭
  • 豪ドル円:0.7銭

と業界最狭水準にまとまっていますね。

また取引手数料0円と、より取引しやすい価格で提供されています。

豊富な投資情報を無料で閲覧でき、手軽に情報を集められる環境が整っているのも嬉しいポイントの1つ。

楽天株式会社の100%子会社で、長期信用格付「A-」を獲得しているのも安心できます。

業界でもトップクラスにスプレッドが優れているため、よりローコストなFXを希望する方にピッタリです。

3. 外為ファイネスト

外為ファイネスト

外為ファイネストは国内でいち早くMT4を採り入れたFX業者として高く評価されています。

スプレッドは業界最低水準にまとまっているため、アクティブなトレーナーにとってコストを気にせずに取引できるのがメリット。

変動制となっており、2018年時点の主要通貨ペアの平均スプレッドは次のとおりです。

  • 米ドル円:0.4~1.2Pips
  • ユーロ円:0.6~1.3Pips
  • 豪ドル円:0.6~1.2Pips

STP方式(発注から約定までネットワークで処理)を採用しているため、スピーディーな取引が可能な点も注目です。

ローコストでハイスピードなMT4取引を希望する方に適しています。

4. OANDA JAPAN

OANDAJAPAN(オアンダジャパン)

OANDA JAPANは素晴らしい約定力と原則固定の低スプレッドが魅力のFX業者です。
例えば新コース「ベーシック」のスプレッドを見ると

米ドル円:0.4銭
ユーロドル:0.5pips

と業界最低水準にまとまっています。

コスト面に優れているだけでなく、約定クオリティの高さが沢山のトレーダーから認められています。
即座に約定され、遅延や拒否、価格の再提示は基本的にありません。

より安心して取引したい。
コストを極力抑えたい方に最適なFX業者です。

海外業者4選

海外FX業者は、レバレッジ上限がないという魅力はありますが、いまいち安全な業者がどこかわからない人が多いはず。

ここでは

  • MT4が利用できること。
  • 金融ライセンスを取得していて安全な業者であること

という点を軸にして紹介します。

1. XM

XM

XMはセーシェル金融庁のライセンスを取得した海外のFX業者です。

日本語サイトをオープンするなど、日本人向けのサービス提供にかなり積極的な姿勢を見せています。

日本人スタッフも在籍しており、国内FX業者と変わらないサービスが受けられるのが素晴らしい!

サイトやサービスの日本語対応はもちろん、日本人スタッフが対応するサポート窓口など安心ポイントが沢山あります。

海外FX業者の中で圧倒的に日本人利用者数が多く、手厚い口座開設ボーナスや入金ボーナスも嬉しいですね。

英語がよく分からないけれど、スペックの良さで海外FX業者を!という方は安心と実績のXMを選ぶと良いでしょう。

2. AXIORY

axiory

AXIORYはベリーズに本社所在地を構え、ベリーズ金融ライセンスを取得している海外FX業者です。

スプレッドが業界最低水準にまとまっていて、コスト面に優れているのが嬉しいですね。

また約定に相当な力を入れていて、約定率は99.98%と高水準。

世界中のトレーダーから愛されているのも納得です。

日本語対応OKのサポートデスクも用意されているため、英語が苦手な方でも安心して使えます。

日本語対応で高い約定力が期待できる業者を探している方にうってつけの海外FX業者です。

3. TitanFX

TITANFX

TitanFXはニュージーランドの金融ライセンスを取得した海外FX業者です。

MT4での取引ができるのはもちろん、最新テクノロジー「Zero Point(ゼロポイント)」でよりゼロに近いスプレッド・レイテンシを実現しています。

確実かつほぼ即時に約定可能な取引は安心感抜群です。

もちろんサポートデスクは日本語に対応しています。

電話だけでなく、メールやチャットでも気軽に相談可能です。

TitanFXにはボーナスが用意されていません。

その分スプレッドなどに還元しようという運営方針。

そのため、ボーナスを期待する方には適していませんが、長く付き合える海外FX業者を探している方に向いています。

4. LAND-FX

LANDFX

LAND-FXはニュージーランドに拠点を置く海外FX業者です。

低スプレッド+高速約定がメリットで、スキャルピングトレーダーを中心に国内投資家も注目しています。

最大の特徴は約定スピード。

公式サイトの公開データでは「0.035秒で約定」と記載されています。

クリックした瞬間、約定していると考えて良いでしょう。

約定スピードが速いので、スリッページもほとんど起こらないと評判。

国内銀行送金に対応、日本語サポートなど日本人トレーダーに対する準備も万端です。

海外FX業者が初めての人や、低スプレッド+高速約定にこだわりたい人にこそ検討して欲しい業者ですね。

以上、MT4の提供業者を厳選して紹介しました。

気になる業者が見つかったら公式サイトへアクセスして口座開設してみて下さいね。

MT4とMT5は互換性がない

さらに、厄介なことに、MT4とMT5に互換性がありません。

そのためMT4からMT5に手軽に移行させられない問題があり、これが非常に厄介です。
MT5がいまいち普及していない最大の理由の1つといえるでしょう。
互換性がないとどういう事が起きるの?
互換性がなければ、今まで使っていたインジケータ、EAが動かなくなるんだ。

自動売買トレーダーを中心に、引き続きMT4を使い続けるのは当然の結果です。

この互換性の問題を解決すれば一気にMT4→MT5への普及が進むのでしょうが、そのような動きは見られないのが現状です。

まとめ

今回はMT4をなぜかダウンロードできない、ダウンロードしてもMT5がインストールされてしまう人向けの内容を紹介しました。

ポイントをおさらいしましょう。

  • メタクオーツ社はMT5の利用を推進
  • MT4が欲しい人は取扱業者からダウンロードする
  • MT4とMT5は互換性がない

以上3点になります。

「今まで通りMT4を使いたい」
「MT4のダウンロード方法を知りたい」

という方はこの記事を参考にして、MT4で従来通りの取引を実現しましょう。

29 7月 2018

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!