MT5のデモトレードを始めるための登録手順とは?

MetaTrader5のインストールが完了したら、次はデモ口座のアカウント登録を行いましょう。デモ口座を開設することで、トレーダーはバーチャルマネーを用いたデモトレードを行えるようになります。実際に自分のお金を投資しなくてもMetaTrader5の機能を存分に体験することが出来、大変重宝します。特に初心者の方は、FXのルールやオンライントレードで勝つコツなどを習得するためにデモトレードを有効活用すべきです。

・取引サーバの選択
MetaTrader5のインストールが終了すると、以下のウィンドウが画面上に表示されているはずです。

 
 
 
トレーダーはまず、MetaTrader5で取引する際に利用するデータサーバを選ぶ必要があります。と言っても特に変更する必要はないので、デフォルトの設定のまま「次へ」をクリックしましょう。

・デモ口座の作成
続いて、MetaTrader5に取引用アカウントを登録します。初回利用時にはアカウントがないので、「新しいデモアカウント」を選択して「次へ」をクリックします。

 
 
 
個人情報の入力画面に移ります。

 
 
 
「名前」や「住所」、「電話番号」、「メールアドレス」などを記入後、「レバレッジ倍率」と「デポジット(初期預託金)」を選択。「ニュースレターの購読に同意する」のチェックボックスをオンにして「次へ」をクリックしてください。

 
 
 
なお、デモアカウント作成時にはメインアカウントと違って本人確認の審査などは一切ありませんので、適当に入力しても構いません。また、各入力欄には最低限入力しなければならない文字数が設定されていることにも注意しましょう。 登録が完了すると、ログインIDやパスワードなどの認証用データが表示されます。忘れないように必ず記録しておきましょう。

 
 
 
「完了」ボタンをクリックすると、MetaTrader5の取引画面が表示されます。これで、MetaTrader5を用いたデモトレードを自由に行えるようになりました。

 

アカウントが登録できない場合の原因と対処法

MT5のデモ口座を開設することで、リアルマネーを使わずにMT5の使用感を体験することが可能です。
どれほど優れたプラットフォームといっても、やはりぶっつけ本番で利用するのは危険が伴います。

まずはデモ口座を使い、MT5の使用感に慣れた方が良いのですが、いざアカウントを登録し、ログインしようとしたにも関わらず、不具合が発生し、利用できないことがあります。

デモ口座のアカウント登録に失敗する原因は複数あり、それぞれ対処法が異なります。
なぜアカウント登録できないのか、そのその原因を見極め、適切な対処方法を取りましょう。

信頼できない業者の場合

デモ口座のアカウント登録に失敗する原因の一つとして、業者が適切でない可能性があります。

残念ながら世の中にはあまり信用のおけない業者というのは少なからず存在します。
大手や信頼性の高い業者であれば問題ないのですが、サーバー管理がいい加減な業者を利用した場合、いくらアカウント登録を申請しても失敗する恐れがあります。

対処法としては、現在使用している業者の評判をチェックし、サーバーの管理方法に疑問がある業者ならば、利用を止め、信頼できる業者を選択しましょう。

業者が破綻している場合

大手だからといって必ずしも安心とは限りません。特にFXのような投資の世界において、一寸先は闇といっても過言ではありません。

リーマンショックが起きたのはつい2008年のことです。
2015年にはスイスフランショックが発生し、アルパリが破綻、その影響もあって日本でアルパリの口座を持っていた顧客のポジションが強制決済されるといった騒動まで発生しました。

当然ですが、業者が破綻している以上、デモ口座といえど使えません。
MT5がいくら優秀といえど、申請先のデモ口座が停止している以上、デモ口座のアカウント登録はできませんので、デモ口座開設の際には申請先の業者は適切か、確認しておきましょう。

デモ口座が無効な場合

デモ口座は基本的に無料で使えることが多いのですが、ただ利用するにあたって有効期限が設定されていることがあります。

一部の業者の中には無期限でデモ口座を使えることもあるのですが、そうでない業者の場合、デモ口座の有効期限が切れてしまうとMT5でデモトレードが行えなくなってしまいます。

たとえ有効期間中にデモ口座のアカウント申請が間に合ったとしても、後々になって有効期限が切れると、結果的にデモトレードが行えなくなります。

そのため、既に有効期限が切れている、もしくは有効期限が間近な場合、デモ口座を再申請するか、もしくは本口座を開設するかのアクションを取りましょう。

デモ口座を再度有効化することで、再びデモ口座を利用できるようになります。
ただし、本口座を開設するのと違い、デモ口座を再申請する場合、同一のメールアドレスでは申請ができないかもしれません。

そのため、これを機に一度本口座を開設してみても良いでしょう。
本口座を開設したからといってデモトレードを行う上で特に不利益を被ることはないでしょう。

土日の場合

MT5を立ち上げ、デモ口座で取引をスタートさせたにも関わらず、チャートがピクリとも動かず、口座は無効だと表示される時があります。

一見するとMT5が機能不全を起こしているように見えますが、単純にその日が土日で、業者が休みである可能性があります。

為替相場は24時間いつでも取引できますが、土日になると相場はクローズし、取引できません。
そうなると当然、チャートは更新しませんし、業者が休みなので口座も無効になります。

土日はどちらにしろ取引はできませんので、対処法としては何もせず、月曜日まで待ちましょう。

通信不能の原因は?

オンライントレードをするにあたって絶対に不可欠なものがあります。それはネット環境です。
ネット環境が整っていないと、いくらMT5が高機能なプラットフォームといえど、役に立ちません。デモ口座を開設しても、利用はできません。

それだけにオンライトレードをするにあたり、ネット環境は不備なく用意するべきなのですが、MT5を使用しているとネット環境は整っている筈なのに、通信不能になることがあります。これは一体何が原因なのでしょう?

サーバーが混雑している場合

MT5が通信不能でチャートが機能しなくなる原因としてまず、業者側のサーバーに問題があるケースがあります。

MT5は高機能であり、何より世界中にファンのいるプラットフォームです。
人気がある分、取引が過熱する時間帯ともなると、世界中のトレーダーが一つのサーバーにアクセスし、回線が混雑することがあります。

回線がパンクすると通信が切断され、チャートが表示されなくなります。
この時の対処法としては、通信が回復するまで待つか、別の業者のデモ口座を使うかのどちらかとなるでしょう。

複数のデモ口座を開設しておくことで、一つのサーバーがダメになっても、別の安全なサーバーで取引ができます。

通信が切断すると取引が中止になるどころか、場合によっては大切なエントリーチャンスを逃したり、大損をすることがあります。

しかし、デモ口座ならばリアルマネーを使っていないため、利益もありませんが、損もしません。
このように取引では何が起こるかわからないだけに、取引をするにあたってまず初めにデモ口座を使用しましょう。

デモ口座の期限が切れた場合

先ほども触れましたが、デモ口座の有効期限が切れると、いくらサーバーに異常がなかったとしても、取引はできません。
通信不能状態となってしまいます。

一度有効期限が切れたデモ口座はもう使えませんので、再申請するか、本口座を開設するかの処置を講じましょう。

回線が不安定な場合

デモ口座は確かに便利ですが、業者としては本腰を入れているメインのサービスではありません。業者がもっとも力を入れているサービスは当たり前ですが、メインの口座です。

それだけに、業者によってはデモ口座用のサーバーが不安定なことが多く、MT5で取引をしていると頻繁に動作不良を起こすことがあります。

これを解決する一番の方法は、安定しているサーバーで運営されている本口座を開設することでしょう。
業者の中には入金せずともメイン口座を開設し、同時にデモ口座を使わせてくれるところもあります。

本口座を開設するためにはそれ相応の手続きと日数がかかりますが、一度開設してしまえば有効期限や回線の不安定さに悩まされる心配がなくなるため、安心してデモ口座を利用できます。

 

まだMetaTrader4に比べて人気のないMetaTrader5だけど、いつかはMetaTrader5に乗り換えなければならないときがくるかもしれない。
だけど、使い慣れたMetaTrader4を捨てて、MetaTrader5に乗り換えるのは勇気がいるよ。
そうなんだよ。インディケータやEAがMetaTrader4と互換性がないって、MetaTrader5はどうかしている!
確かにそうなんだけど、MetaTrader5はMetaTrader4にはない魅力があるね。
だけど、本当にMetaTrader4と使い方が同じなの? ボクはどうしてもMetaTrader5に不安があるんだ。
それならMetaTrader5を最初はデモアカウントで使ってみるといいんじゃないかい?
そんなことができるのか?
試しに利用できるなら、ちょっと使ってみようかなって気もする。
もちろん問題ないよ。ほとんどのトレーダーがMetaTrader5をダウンロードしたときにはデモアカウントでバーチャルマネーを使った取引をしているよ。
なるほど。自分の資産を使わないで、試しにMetaTrader5を利用しようってワケだな。
そうだね。最初に使い方を憶えて、自分に合っていればMetaTrader5に乗り換えればいいんだ。これは日本のFX業者がデモ口座を用意しているのと同じ理屈だね。
じゃあ、どうやってMetaTrader5のデモアカウントを開設するの?
それはMetaTrader5をダウンロードすると自動的に開かれるウィンドウで選択できるんだ。必ずサーバーの登録をしないといけないから、絶対に通る道さ。
そういうことか。
とにかく最初のウィンドウでは「次へ」を押せばいい。最初だからデフォルトのままでいいでしょう? それに誰だって最初は特にアカウントはないわけだから、次の画面では「新しいデモアカウント」を選んで再び「次へ」を押す。
そうか、デモアカウントを選ぶんだね。
あとは個人情報を入力して「次へ」を押すだけさ。
でも、今なら本人確認証明とかマイナンバーの書類とかいるんじゃないのか?
これはデモアカウントだからそういった本人証明は不要なんだ。
それは手軽でいい!
ということは極端な話、全然違う名前とか住所でもいいわけだ。
まあ、そういうことになるかな。
簡単でいいな!
そうそう、最後にMetaTrader5のログインIDやパスワードの認証用のデータが表示されるから、これは忘れないようにね!
わかったよ、ハッシー!

 

22 12月 2015

  • FX人気会社ランキング

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!