エキスパートアドバイザー(EA)の設定方法とMT5での稼働のさせ方

MetaTrader5で自動売買を行うためには、「エキスパートアドバイザー(EA)」と呼ばれるプログラムを準備する必要があります。EAは最初からMetaTrader5にいくつか組み込まれていますし、他のプログラマーの方が作ったものをダウンロードしてインストールしたり自分で作成して利用したりすることが可能です。

なお、MetaTrader4のEAに用いられていたMQL4というプログラム言語は、基本的にMetaTrader5に採用されているMQL5と互換性がありません。したがって、MetaTrader4での自動売買に使用していたEAはMetaTrader5で使えない可能性が高いです。これがMetaTrader5の普及を妨げる大きな要因となっています。

その分、MQL5は動作性に長けており、複数のEAを同時に起動することも可能です。
改めてEAを作り直すのは面倒な作業ですが、MetaTrader5の自動売買システムがトレーダーにとって強力な武器となることは間違いないでしょう。

ここでは、MetaTrader5でのEAの作り方やその使用方法を大まかにご紹介いたします。高度なEAを作るには専門知識が必要になるので、詳細なコツについてはヘルプやプログラミングの参考書を読んで各自勉強してください。

MetaQuotes Language Editorの起動

メニューバーの「ツール」から「MetaQuotes Language Editor」を選択すると、MetaEditor画面が表示されます。

 
 

 
 
 
このまま作業を続けても構いませんが、まずは日本語化しましょう。「View」から「Languages」を選択し、「Japanese」をクリックします。

 
 
 
再起動を促すメッセージウィンドウが表示されます。

 
 
「Restart」をクリックすると、MetaEditorが再起動してテキスト表示が日本語に変わるはずです。再起動と言ってもパソコンそのものが再起動するわけではないのでご安心を。

EAの作成

「新規作成」をクリックすると、MQLウィザードが表示されます。

 
 
 
ここでは、「エキスパートアドバイザー(自動生成)」を利用してオリジナルEAを作ってみましょう。上から二番目のラジオボタンを選択して「次へ」をクリックしてください。

 
 
 
名前欄に任意のEA名を入力します。ここでは「My_EA」にしました。入力が終わったら「次へ」をクリックしてください。

 
 
 
EAを動作させるシグナルプロパティを指定します。「追加」をクリックして、シグナルモジュールのパラメータを設定していきます。

 
 
 
設定が終わったら「OK」をクリックしてください。

 
 
 
シグナルプロパティが追加されました。「次へ」をクリックします。

 
 
 
続いて、EAのトレーリングプロパティや資金管理プロパティを設定していきます。設定が終わったら「次へ」をクリックしてください。

 
 

 
 
 
「完了」をクリックすると、自分の設定に従って「My_EA.mq5」のスクリプトが自動的に生成されます。「コンパイル」ボタンを押して、このスクリプトをコンパイルしましょう。

 
 
 
MetaTrader5のナビゲータウィンドウを展開すると、「エキスパートアドバイザー(EA)」に「My_EA」が追加されていることが分かります。

 

自動売買の始め方

メニューバーの「ツール」から「オプション」を選択し、「エキスパートアドバイザー(EA)」タブで「自動売買を許可する」のチェックボックスをオンにして「OK」をクリックしてください。

 
 
 
ナビゲータウィンドウの「My_EA」を任意のチャート上にドラッグ&ドロップすると、以下のようなウィンドウが表示されます。「Allow modification of Signals settings」をオンにして「OK」をクリックしてください。

 
 
 
自動売買がスタートすると、チャートの右上にアイコンが表示されます。また、約定結果が続々とターミナルウィンドウに表示されていきます。

 

利用するときの注意点

EAに限らず、自動売買をするメリットは自分以外の第三者、それも感情的な判断をまず行わないシステムによって取引が出来る点です。今まで感情に任せて取引をし、失敗を繰り返してきたトレーダーにとって、EAは心強いツールとなるでしょう。

しかし、一見すると非常に利便性が高いように思われるEAですが、使い方を間違えるとメリットを得るどころか、損失を被る恐れがあります。EAにはEAの注意すべきポイントがありますので、利用を始める前に何を気を付けるべきなのか、把握しておきましょう。

パソコンを閉じた場合

まず、注意点の一つとして、自動売買だからといってパソコンを閉じても24時間勝手に取引をするわけではないと覚えておきましょう。EAはMeta Trader内にあるツールです。パソコンを閉じ、MTを停止させてしまえば、当然ですがEAも稼働しなくなります。

EAを稼働させたい場合は、パソコンを起動させ、そしてMTを稼働させる必要があります。ただし、一度注文したオーダーに関しては、ブローカー側がポジションを保持していますので、パソコンを閉じたからといって取引が停止されることはありませんし、決済も行われません。

EAはあくまでオーダーをするためだけの自動売買ツールです。

同時注文する場合

取引のタイミングはいつ、どの通貨ペアのチャートで生じるかわかりません。時には複数の通貨ペアのチャートを同時にチェックする必要もあるでしょう。

そのようなEAを同時に複数使いたい時は、複数のチャートウィンドウを立ち上げましょう。それぞれのチャートウィンドウ毎に、それぞれ別のEAを導入することで、同時に複数のタイプのEAを使用することが可能となります。

両建てをする場合

MTで両建てをすることは可能です。しかし、利用している業者によっては両建てが行えない場合がありますので、両建てを行う場合は両建てが可能な業者を選択しておきましょう。

・初めてEAを利用する場合

いくらEAが利便性の高いツールだからといって、練習もせずに本番で使用してはいけません。まずは使い方に慣れる意味でも、デモ口座を使用しましょう。

投資は基本的に自己責任です。使い方をよく知らないままEAを使用し、莫大な損失を発生させてしまったところで、誰もその負担を肩代わりはしてくれません。

しかし、デモ口座ならば、実際のマネーを使用せずにEAの練習ができますので、初心者であっても安心してEAの使用方法に慣れることができます。最初は失敗することもあるでしょうが、損失が発生しない失敗ならば何回やっても問題にはなりません。それよりも、失敗から学ぶことで得られるモノは多いです。

EAを利用する際に確認すべき事

EAを利用したいのにシステムが誤作動を起こす、EAが動かない、EAが思い通りに注文してくれない時、一体どうすれば良いのでしょう?

いくらMTのEAが優れているといえど、使用方法を誤ると適切に動いてはくれません。
もしもEAが作動しない場合は、本当に現在の利用方法は正しいのか、一度設定を確認してみましょう。

自動売買の設定は有効になっているか?

EAを利用するにあたり、まず自動売買の設定は有効になっているのか、しっかりと確認しておきましょう。

この設定が有効になっていないと、いくら自動売買をしたくても出来ません。
チャートウィンドウを立ち上げたからといってすぐに自動売買がスタートするわけではありません。

EAを機能させるためには
『ツール』を開き、『オプション』をクリックし、『エキスパートアドバイザ』内にある『自動売買を許可する』をチェックし、自動売買の設定を有効にしましょう。
 

証拠金は足りているのか?

いくらEAの設定が有効になっており、オーダーすべき兆候がチャート上に発生したとしても、口座に十分な証拠金が入金されていなければ注文できません。

EAを始める際には現在の証拠金もチェックしましょう。最低でもエントリーに必要な最低額は入金しておかないと、たとえエントリーのチャンスに恵まれてもオーダーできず、チャンスをみすみす逃す結果となります。

ロット数は正しいか?

同じFXの取引をしているからといって、全ての業者が同じ仕様とは限りません。特に国内業者と海外業者とでは、国が違うだけに全く異なる仕様であることがあります。

例えばロット数についてですが、MTのEAは海外の最小取引単位が1000通貨、つまり0.01ロットということもあってか、デフォルトで0.01ロットで設定されていることがあります。

しかし、業者の中には0.01ロットでは取引でない仕様になっていることもあります。
EAの設定が0.01ロットのままですと、最小単位が0.1ロットの業者では取引できなくなるということです。

そのため、EAで取引を始める際には、使用している業者の最小単位のロット数を設定し直しておきましょう。
 

MetaTrader5で自動売買をしたい場合はEA、つまりエキスパートアドバイザーを用意しなければいけないんだ。
もちろん知っているよ。それってMetaTrader4と同じだよね。
基本的なやり方は同じなのはわかっているさ。でもな・・・・・・。
そうなんだ、ブル。MetaTrader5の自動売買にEAを用意するのはMetaTrader4と同じ。だけど、MetaTrader4に用いられていたプログラム言語はMQL4であって、MetaTrader5の場合はMQL5なんだ。
残念なのは、このプログラム言語に互換性がないってこと。
だから、オレたちはMetaTrader4からMetaTrader5に乗り換えるなら、また1からEAを探してインストールしなければならないってことだよな。
でも、すでにMetaTrader5には最初から搭載されているもの、MetaTrader5の開発元の公式のEA、トレーダーや証券会社、プログラマーが作ったオリジナルEAなど、様々なEAがリリースされているから、思っているほど不便な環境ではないんだ。
それならなんとかやっていけるのかな。
それにMetaTrader5は複数のEAを同時に起動できるから、オリジナルの戦略も打ち出しやすいってメリットもある。MetaTrader4ユーザーも毛嫌いしないでMetaTrader5を試してほしい。
それだったら考えてもいいか。
じゃあ、MetaTrader5でのEAの設定の仕方や起動方法を教えてよ!
いいよ、ベア。まずは、メニューバーの「オプション」から「エキスパートアドバイザー(EA)」タブを選んで「自動売買を許可する」のチェックボックスをオンにして「OK」をクリックしよう。
なるほど。
そうしたら、ナビゲータウィンドウに出るインストールされているEAを自動売買させたいチャート上にドラッグ&ドロップ。ウィンドウが開くから「Allow modification of Signals settings」をオンにして「OK」をクリックすれば自動売買が始まるよ。
右上に自動売買のアイコンが出て約定結果が出てきたぞ。
あとはちゃんとEAが利益を得ているかどうかを監視していこう。
もしEAがあまりよくなくて、結果に繋がらなかったらどうすればいい?
もちろんほかのEAにすればいいのさ。
そうだね、たくさんEAはあるから、トレンドに合ったものを見つけだすのがいいかもしれないね。あとは自分で作り替えるという方法もあるよ。
でも、ボクはEAのプログラミングができるほど、パソコンのスキルは高くないよ。
確かに、誰にでもできることじゃない。
大丈夫。MetaTrader5には簡単にEAを変更したり作ったりできるウィザードがあるんだ。
ホント!? それは便利だね。どうやるの?
まずは、メニューバーの「ツール」から「MetaQuotes Language Editor」を開いてみて。そうしたら、MetaEditor画面が表示されるよ。
開いたけど、英語のままだぞ。
そのときは「View」から「Languages」を選択すると「Japanese」で日本語化できるよ。ただ、再起動が必要だけどね。
あ、できた!
「新規作成」でMQL5ウィザードが表示されるよ。例えば、ここでは、「エキスパートアドバイザー(自動生成)」をチェックして。オリジナルEAを作ってみよう。
いいね。
EAの名称を決めたら、次はEAを動作させるシグナルプロパティを指定しよう。そうしたら「追加」をクリックして、さらにシグナルモジュールのパラメータを設定していくんだ。
ちょっと難しくなってきたね。この数値は最初に決めておかないといけないね。
そうだね、それは予め戦略を練っておかないといけないね。さらに先に進むよ。今度はEAのトレーリングプロパティや資金管理プロパティを設定していくんだ。この設定が終わったら「次へ」をクリックして。
「完了」をクリックしたら、自分が設定した名称でスクリプトが自動生成されたぞ!
あとは「コンパイル」をクリックすれば、自分で作ったEAがナビゲーションウィンドウにも表示されて、自動売買で使うことができるようになるよ。
これなら簡単だ。
ようし、オレも自分のオリジナルEAをたくさん作るぞ!

 

22 12月 2015

  • FX人気会社ランキング

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    結果を出すならヒロセ通商!!

    ↑最強レベルの口座がココにある!!

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!