パソコンに劣らない本格的な取引ツール

FXプライムbyGMOの「PRIMEアプリS」は、優れた機能性と操作性で人気のアプリです。

移動中や待ち時間などに、スマホ1つで本格的な相場分析・取引ができます。

非常に人気のツールではありますが、

「他のスマホアプリと何が違う?」
「どんな特徴があって人気なの?」

など、疑問を持っているFX初心者は少なくないことでしょう。

そこで今回は、PRIMEアプリSの主な機能や特徴、操作方法などについて紹介しています。

この記事を読むことで、PRIMEアプリSを安心して利用できるようになりますので、ぜひ参考にしてください。

無料口座開設をする
FXプライム byGMOの公式サイトへ行く »

PRIMEアプリSとは

PRIMEアプリS

PRIMEアプリSは、FXプライムbyGMOが提供するFXスマホアプリです。

iPhone・Androidに対応しており、パソコン向けツールに劣らない高機能・高性能で場所を選ばず瞬時に取引ができます。

未来相場を自動予測する「ぱっと見テクニカル」機能も搭載しているため、相場分析が苦手な人でも安心です。

高機能でありながらシンプルデザインで、カラーパターンなどカスタマイズにも対応しています。

FX初心者でも使いやすいのもPRIMEアプリSの魅力です。

情報、マーケット

PRIMEアプリSは、優れた操作性で取引に役立つ情報を簡単にチェックできます。

瞬時に希望の画面へ切り替えられるため、チャンスを逃さず対応できるのが魅力です。

ここでは、PRIMEアプリSの情報・マーケット機能の特徴や使い方について見ていきましょう。

素早く切り替えができアクションがとれるホーム画面

PRIMEアプリS

PRIMEアプリSは、「チャート」「ニュース」「ぱっと見テクニカル」の3つのタブが用意されており、それぞれのタブをタップするだけで、簡単に画面移動が可能です。

また、レート一覧画面で希望の通貨ペアレートをタップすれば、すぐに新規注文画面へ移行できます。

ホーム画面から1タップで主要なアクションができるため、スピーディーに取引ができ、チャンスを逃しません。

一つひとつのボタン表示もわかりやすいため、使い慣れていない初心者の方でも安心です。

3サイズから選択できるレート一覧

PRIMEアプリSは、画像のように、3種類の文字サイズでレート一覧を表示できます。

PRIMEアプリS

画面下の「レート一覧」をタップすることでレートを表示でき、画面上部のメニュータブをタップ、もしく左右にフリックするだけで簡単にサイズの切り替えが可能です。

チェックしたい通貨ペアや見やすさに合ったサイズ選択ができます。

表示されていない通貨ペアについては、画面を下へスクロールすることで表示可能です。

スワップ

PRIMEアプリS

画面上部の「スワップ」を選択すれば、通貨ペア別のスワップポイント一覧も確認ができます。

レート同様、簡単に表示ができるため、保有通貨ペアや売買予定の通貨ペアのスワップポイントを把握する際に便利です。

業者によっては、スワップポイントの確認に手間がかかりますが、PRIMEアプリSであれば、スピーディーに対応できます。

ストレスなくチェックできるため、スワップポイント狙いで長期トレードをする人も安心です。

チャート

PRIMEアプリSのチャート機能は、外出先でも本格的な相場分析ができる機能性を備えた点が魅力です。

使い勝手もよいため、ストレスなく相場動向の予測ができます。

ここでは、PRIMEアプリSのチャート機能の主な特徴について確認していきましょう。

スピーディーに希望のチャートを表示できる

PRIMEアプリS

PRIMEアプリSのチャート機能は、画像のように1画面〜4画面表示まで選択可能なため、チェックしたい通貨ペアや取引スタイルに合った表示方法を選べます。

PRIMEアプリS

また、あらかじめ設定したA・B・C・Dの4種類のチャートを切り替えて表示することも可能です。

足種やトレンド、オシレーターなど、それぞれ個別設定や共通設定もできるため、自分の使いやすいチャートを素早く表示できます。

毎回チャート設定をする必要がなく、相場分析・取引に集中できるので安心です。

テクニカル指標

PRIMEアプリSのチャート機能には、以下のように、トレンド系7種類、オシレーター系8種類のテクニカル指標が搭載されています。

それぞれ最大2つ、計4つのテクニカル指標をチャートに表示させることが可能です。

利用者の多い代表的な指標が厳選されており、スマホでもパソコン並みの本格的な分析ができます。

トレンド系 オシレーター系
・移動平均
・指数平滑移動平均
・一目均衡表
・ボリンジャーバンド
・パラボリック
・エンベロープ
・フィボナッチ
・RSI
・ストキャスティクス
・DMI
・RCI
・モメンタム
・ROC
・MACD
・%Rオシレーター

また、チャート画面の「鉛筆」マークをタップすれば、トレンドラインの描画も可能です。

トレンドラインを引くことで、転換点やシグナル箇所がわかりやすくなり、より精度の高い分析・判断ができるようになります。

注文方法

PRIMEアプリSは、レートパネルを1タップするだけで新規・決済注文を発注できるハイスピード注文が可能です。

最短のアクションで発注完了できるため、チャンスを逃さず対応ができます。

ハイスピード注文では、ドテン注文も1タップで完了するため、瞬時に反対ポジションを保有することも可能です。

PRIMEアプリSは、以下4つの注文方法に対応しています。

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • IFD注文(IF-OCO注文も)

まとめ

今回は、PRIMEアプリSの主な機能や特徴、操作方法などについて紹介いたしました。

最後に、PRIMEアプリSの大事な特徴をまとめると、以下の3点が挙げられます。

  • パソコン並みの機能性で本格的な分析・取引が可能
  • 上級者も満足のハイスピード注文や多彩なテクニカル指標を搭載
  • わかりやすく使いやすいデザインで初心者でも安心

PRIMEアプリSは、iPhone・Androidどちらにも対応していますので、FXプライムbyGMOに興味がある人は、早速ダウンロードして試してみましょう!

無料口座開設をする
FXプライム byGMOの公式サイトへ行く »

26 11月 2018

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!