クイックチャート・トレードプラス -チャート分析一体型取引ツール

セントラル短資FXでは、さまざまな取引ツールを提供しています。

その中でも「クイックチャート・トレードプラス」は、自動売買機能も搭載した人気の取引ツールです。

プロも満足の機能性と初心者でも安心の操作性が魅力で、オリジナルストラテジの作成や取引画面のカスタマイズができます。

しかし、
「本当に使いやすい取引ツールなのか?」
「自動売買は専門知識がないと難しいのでは?」

と、他社ツールとの違いも含めて気になる点はたくさんあるものです。

そこで今回は、クイックチャート・トレードプラスの優れた機能性や操作性について紹介しています。

この記事を読むことで、クイックチャート・トレードプラスの特性を理解でき、すぐに利用できるようになりますので、参考にしてください。

無料口座開設をする
セントラル短資FXの公式サイトへ行く »

クイックチャート・トレードプラスとは

クイックチャート・トレードプラスは、プロのノウハウが詰まった機能性・操作性の優れた取引ツールです。

スピード注文やチャート上からの発注、ストラテジのバックテストなど、さまざまな機能を搭載しています。

豊富なテクニカル指標の他にも、システムトレード機能も搭載しているため、初心者でも取引チャンスを逃さず対応が可能です。

オリジナルストラテジを初心者でも簡単に作れるなど、他社の取引ツールにはない魅力的な特徴を持っていて、FXにこだわる投資家向け取引ツールとなっています。

クイックチャート・トレードプラスは多様なニーズに対応可能

セントラル短資FXのクイックチャート・トレードプラスは、取引画面の同時表示やウィンドウのカスタマイズ、相場のビジュアル化など、さまざまな機能を搭載した取引ツールです。

ここでは、多様なニーズに対応できるクイックチャート・トレードプラスの主な特徴について見ていきましょう。

取引画面

クイックチャート・トレードプラスの取引画面では、以下の項目を同時に画面表示できるため、さまざまな情報を見ながらスピーディーに取引ができます。

情報を得るために、画面を切り替える手間が少ないため、取引チャンスを逃しません。

  • 為替レート
  • マーケットニュース
  • チャート
  • ポジション一覧
  • 口座情報 など

ひと目で必要な情報をチェックできることは、トレーダーにとってとても大事なことです。

ウィンドウの操作

セントラル短資FXのクイックチャート・トレードプラスは、ドッキングウィンドウ機能やフローティング機能を搭載しており、自分の見やすいウィンドウにカスタマイズが可能です。

ここでは、ドッキングウィンドウとフローティング機能の特徴や操作方法について見ていきましょう。

ドッキングウィンドウ機能で高度な分析ができる!

クイックチャート・トレードプラスにはドッキングウィンドウ機能が搭載されています。

ドッキングウィンドウ機能は、指定したウィンドウを画面の上下左右にはめ込むことで、同じ画面上にウィンドウを並べて表示できる機能のことです。

上記画像のように、ドッキングウィンドウの利用は簡単で、以下の手順で操作します。

  1. タブの上にマウスを合わせて画面上へドラッグ
  2. 表示したい場所にマウスポインタを合わせる

これにより、表示した場所に画面が分割されます。

フローティング機能でウィンドウを独立表示できる!

クイックチャート・トレードプラスは、フローティング機能も搭載しているため、さらに自分好みのチャート表示が可能です。

フローティング機能は、指定したタブを別ウィンドウで独立して表示できます。

操作手順は以下のとおりです。

  1. 別ウィンドウで表示させたいタブの上にマウスを合わせる
  2. 画面上へドラッグ&ドロップ

これにより、別ウィンドウでの表示が可能です。

また、表示したウィンドウを元に戻したい場合は、タイトルバーをダブルクリックすれば、元に戻ります。

クイックオーダー・ウィンドウ搭載でデイトレーダーも安心!

デイトレーダーにとって、いかに自分が希望するタイミングで新規・決済注文ができるかは非常に大事なことです。

クイックオーダー・ウィンドウでは、保有ポジションの損益状況を見ながらスピーディーに注文〜約定ができ、利確や損切りを自分の理想に近いタイミングでおこなえます。

また、チャート上、またはレート一覧画面から新規成行注文ができる「ワンクリック成行注文パネル」機能もあるため、チャートやレートを見ながらそのまま新規発注も可能です。

相場の変化率をビジュアルで表示

クイックチャート・トレードプラスでは、22通貨ペアの階調チャートの表示が可能です。

階調チャートでは期間中の最高値を赤、最安値を青で表示し、グラデーションの雲の大きさは短期的な変動の大きさを表します。

ビジュアルで相場動向がチェックできるため、マーケットの過熱感や警戒感を瞬時に把握可能です。

折れ線チャートに比べ、長期間の相場動向をコンパクトに表示できます。

自動売買検証(バックテスト)機能がすごい

「自動売買にすべてを任せるのは不安」という人も多いですが、クイックチャート・トレードプラスであれば、事前に詳細なバックテストができるため安心して自動売買を始められます。

バックテストをうまく活用し、精度の高い自動売買で利益を積み上げましょう。

さまざまな条件で詳細なシミュレーションができる

セントラル短資FXのクイックチャート・トレードプラスでは、自動売買のバックテストができます。

バックテストとは、ストラテジの有効性を過去のチャート足を使ってシミュレーションすることです。

これにより、希望するストラテジが「どのような相場状況で、どんな取引をして、どれくらい収益を出すのか」事前確認ができます。

ストラテジエディタにより詳細な条件が設定できるため、独自のオリジナル売買プログラムを導き出すことが可能です。

システムトレードに精通した上級者はもちろん、これから自動売買を試してみたい方でも、バックテストができることで安心して取引をスタートできます。

バックテストでは以下5つの結果一覧や9つの集計表示が可能です。

結果の一覧表示 結果の集計表示
・開始シグナル
・開始価格
・終了シグナル
・終了価格
・1取引のパフォーマンス
・取引件数
・累積損益
・1取引あたりの平均損益
・勝ち取引件数
・勝ち取引の平均利益
・勝ち取引の最大利益
・負け取引件数
・負け取引の平均損失
・負け取引の最大損失
ストラテジの特性、長所・短所を実際に見て確認できるため、安心して自動売買を開始できます!

「かんたんエディタQ」自分だけのストラテジが簡単に作れる!

クイックチャート・トレードプラスでは、ストラテジ作成が難しいと考えている人向けに、かんたんエディタQ機能を搭載しています。

かんたんエディタQを利用すれば、日本語のテキスト文を選択することで、簡単にオリジナルのストラテジが作成可能。

ストラテジの条件は、あらかじめ設定された15のテクニカル指標、61の取引条件項目から選択でき、作成したストラテジはクイックチャート・トレードプラスにワンクリックでインポートが可能です。

主なテクニカル指標 主な取引条件
・移動平均線
・一目均衡表
・ボリンジャーバンド
・ストキャスティクス
・MACD
・エンベロープ など
・短期移動平均が長期移動平均より上
・終値が短期移動平均より下
・短期EMAが長期EMAを上抜け
・終値がボリンジャーバンドより大きい
・終値がエンベロープより小さい
・MACDのゴールデンクロス など

かんたんエディタQは、自分だけの売買戦略を作成してくれる秀逸なサポートツールです。

まとめ

今回は、クイックチャート・トレードプラスの優れた機能性や操作性について紹介いたしました。

最後にあらためて大事な点を紹介すると、次の3点が挙げられます。

  • ウィンドウの独立表示や複数表示など取引画面を自分仕様にカスタマイズできる
  • 初心者でも簡単にオリジナルストラテジが作れて事前のシミュレーションも可能
  • 多くの取引支援ツールも提供しているため初心者・上級者問わず使いやすい

早速、この記事を参考にして、クイックチャート・トレードプラスで取引を始めてみましょう。

無料口座開設をする
セントラル短資FXの公式サイトへ行く »

22 12月 2015

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!