知らないと損をする!?トラップ系トレードで人気のYJFX!「リピートトレール注文」

YJFX!のリピートトレール注文は、優れた機能を持つトラップ系トレードで、多くのトレーダーから支持されています。

トレール注文による決済と同時に新規注文が自動的に発注されるため、相場変動を予測すれば多くの利益を得ることが可能です。

しかし
「他のトラップ系と何が違うの?」
「注文方法が複雑なのでは?」

と心配する人も多いことでしょう。

そこで今回は、リピートトレール注文の特徴や注文方法について紹介しています。

この記事を読むことで、リピートトレールの理解が深まりすぐに利用できますので、ぜひ参考にしてください。

リピートトレール注文の特徴

リピートトレール注文を利用すれば、相場の上げ下げにかかわらず、自動売買で利益を得ることが可能です。

他のトラップ系トレードよりも応用性が高いうえに設定が容易なため、初心者〜上級者まで簡単に活用できます。

ここでは、リピートトレール注文の内容や特徴、他のトラップ系トレードとの違いについて見ていきましょう。

ストップロス値も変動するトレール注文とは?

トレール注文とは、損切り注文の1つで、あらかじめ設定した値幅以上不利な方向へ相場が動いた場合にストップ注文が実行さる注文方法のことです。

一般的なストップ注文は、レートが上昇(下落)してもストップロスの値は変わりません。

しかし、トレール注文は、レートが上昇(下落)すると、値幅を保ちながらストップロスの値も変動するようになっています。

レート上昇(下落)とともに逆指値注文の値がついていくため、レート変動しても損失幅を限定することが可能です。

他にはない!リピートトレールならではの魅力!

リピートトレールは、YJFX!が提供するトラップ系トレードであり、新規リアルタイム注文と決済トレール注文を組み合わせた注文方法です。

決済トレール注文が約定したタイミングで、有効期限内であれば、自動的に逆の売買区分の新規リアルタイム注文と決済トレール注文を繰り返してくれます。

これにより、相場変動を追従した自動売買が可能です。

リピートトレールの強み:相場の上げ・下げ両面の動きに対応できる!

他のFX業者にもトラップ系トレード機能はありますが、YJFX!のリピートトレールは、レンジ幅をより細かく設定可能です。

そのため、相場変動が小さくても、たくさん利益を出すチャンスがあります。

また、他のトラップ系トレードは、一方向に変動する相場でしか売買設定ができませんが、リピートトレールは買い・売り両方で自動売買が繰り返されるため、相場の上下どちらでも利益を出せるのが特徴です。

リピートトレールの注文方法

「リピートトレールは注文方法が複雑なのでは?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

機能性の優れたリピートトレールですが、実は一般的な注文方法とそれほど変わりありません。

通常の注文方法に加えて、「決済トレール幅」や「注文有効期限」の設定があるくらいです。

ここでは、リピートトレールの注文方法、手順について見ていきましょう。

1.注文の入力

リピートトレールを使い方は非常に簡単ですので、初めての人でもすぐに慣れるはずです。

まずは、「新規注文」画面を開き、以下の注文入力をします。

  1. 画面左メニューから「リピートトレール」を選択
  2. 希望の通貨ペアを選択
  3. 注文数量を入力
  4. 発注可能数量が自動表示
  5. スリッページを0〜9pt内で設定
  6. 希望の決済トレール幅を3〜5000pt内で設定
  7. 注文有効期限を入力(当日・週末・無期限・指定日時から選択)
  8. 「確認画面へ」をクリック

これにより、注文入力が完了です。

2.注文の実行

注文入力が完了すると、実行画面へと移動します。

注文内容が表示されますので、問題がなければ「買い(BUY)」または「売り(SELL)」をクリックして注文を確定してください。

「注文完了時に注文設定を保存する」にチェックをして注文実行すれば、次回注文時に入力の手間を省けます。

3.注文の確認

注文が実行されたら、「リピートトレール注文受付完了」が表示されますので、内容を確認して「リピートトレール注文実績確認画面へ」をクリックします。

すると、注文実績確認画面が表示されますので、リピートトレール注文の以下10つの詳細を確認可能です。

  • リピートトレール注文番号
  • 状態
  • 通貨ペア
  • 注文数量、トレール幅
  • 開始日時
  • 有効期限
  • 回転数
  • 総実現損益、評価損益
  • 停止
  • 停止理由

リピートトレールの注意点

リピートトレール注文は、トレール幅と有効期限を決め、指定範囲内で相場変動が繰り返されれば、効率よく利益を出すことが可能です。

しかし、相場が想定以上に変動した場合は、違った結果がもたらされる可能性があります。

決済トレール幅の設定を狭くしすぎてしまうと、すぐに新規の売買注文・決済注文が発注されるため、相場が大きく上昇・下落した場合に対応ができません。

新規リアルタイム注文と決済トレール注文を組み合わせたリピートトレールは、相場に乗って繰り返し注文ができれば、利益を積み重ねることが可能です。

しかし、それはあくまでも相場展開を適切に予測できた場合の話であり、そう簡単なことではありません。

プロの投資家でも為替相場の変動を的確に予測することは極めて難しく、初心者であればなおさらです。

そのため、リピートトレールを利用することで、儲けを出し続けることは理想論とも言えます。

とはいえ、リピートトレールは非常に有効なトラップ系トレードであることは間違いありません。

大事なことは、「絶対に儲かる」と期待しすぎて何も考えずにリピートトレールを設定するのではなく、相場展開やリスクも考慮したうえで、慎重に利用することです。

どのような便利な機能でも、100%勝てることはありません。

まとめ

今回は、リピートトレール注文の特徴や注文方法について紹介いたしました。

最後にもう1度、この記事で解説した大事な点を紹介すると、以下3点が挙げられます。

  • 他社のトラップ系トレードと違い、上げ下げどちらの相場変動でも利益を狙える
  • 注文方法で特別なのは「決済トレール幅」「注文有効期限」の設定だけなので簡単
  • 性能の高い機能だがトレール幅の設定が難しく必ず勝てるわけではない

ぜひ、この記事を参考にして、リピートトレール注文を使って取引を始めてみましょう

無料口座開設をする
YJFX!の公式サイトへ行く»

15 1月 2016

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!