セントラル短資FXのスプレッド、スワップ、取引ツールを徹底調査


設定なし

100年超のノウハウで、誰もが満足できるFXを提供するセントラル短資FX

セントラル短資FX

あらゆる環境、あらゆるトレーダーが納得のサービスと環境

セントラル短資FXの無料口座を開設する

長い間トレーダーの間で根強い人気のあるセントラル短資FX。FX会社初の第三者格付けを取得し、業界でも3本の指に入る人気の短資系(インターバンクの仲介業者)のFX会社です。リアルタイム情報ツールの「FXライブ!」やチャート分析専用ツール「クイックチャート・トレードプラス」を提供することで、売買シグナルの表示や戦略的な相場分析を誰でも簡単に行うことができます!

FX初心者からコアな投資家層まで幅広い信頼を得ています。米ドル円スプレッド1pips、高額スワップ、充実したサポート体制、100%信託保全で安心取引が可能など、どれをとっても最高レベルのFX環境が整っています。銀行間市場で仲介業務を行うセントラル短資グループならではの“インターバンク市場に近い”取引ができると評判です!


100年超のノウハウで、誰もが満足できるFXを提供するセントラル短資FX

セントラル短資FX

設定なし

あらゆる環境、あらゆるトレーダーが納得のサービスと環境
長い間トレーダーの間で根強い人気のあるセントラル短資FX。FX会社初の第三者格付けを取得し、業界でも3本の指に入る人気の短資系(インターバンクの仲介業者)のFX会社です。リアルタイム情報ツールの「FXライブ!」やチャート分析専用ツール「クイックチャート・トレードプラス」を提供することで、売買シグナルの表示や戦略的な相場分析を誰でも簡単に行うことができます!
FX初心者からコアな投資家層まで幅広い信頼を得ています。米ドル円スプレッド1pips、高額スワップ、充実したサポート体制、100%信託保全で安心取引が可能など、どれをとっても最高レベルのFX環境が整っています。銀行間市場で仲介業務を行うセントラル短資グループならではの“インターバンク市場に近い”取引ができると評判です!

セントラル短資FXの無料口座を開設する


1:セントラル短資FXの特徴と魅力

セントラル短資FXにはどんな特徴がある?

imagett
100年以上の歴史がある、信頼と実績のFX業者

セントラル短資FXは、グループとしては創業100年以上の歴史がある企業です。「セントラル短資FX株式会社」を中心に、インターバンク市場で仲介業務を営む金融グループとして資金決済取引、国債や社債、外国為替のほか金融デリバティブなど、国内外の様々な金融取引をグループ各社で仲介しています。

セントラル短資FX自体は2001年4月に名古屋短資と日本短資、そして山根短資の3社の合併で誕生となりました。そのうちの山根短資が明治42年、つまり1909年に山根ビルブローカーとして誕生しており、ロンドン金融市場のビルブローカーの手法でビジネスを手がけてきました。これを持ってグループ会社が創業100年以上と謳っています。

セントラル短資FXはインターバンク市場で培ってきた信用やノウハウを活かして、現在は特にFX取引サービスで日本のFX業界を牽引しているといっても過言ではありません。サービス各種は質が高く、『Quality FX』をセントラル短資FXのコーポレート・テーマとしています。

その中には例えば高水準なスワップポイントを提供し、かつ取引経費を低減させる努力を怠らないと宣言しています。これに伴い、マーケット情報も迅速に提供するなど、顧客サポートも充実しています。

また、セントラル短資FXは国内最高レベルのデータ・センターにシステムを設置しています。サーバーやネットワークなど、すべてのシステムを二重化し、FX業界では最速クラスの処理と応答速度を実現しています。

さらに、法令遵守は当然、預かった証拠金などは全額信託されますし、健全さを示す自己資本規制比率も高水準で維持し続けています。企業の信用力を示す長期発行体格付「BBB+ (日本格付研究所)」も取得していますし、信頼を第一としたコーポレート・ガバナンスを実施しているのもまたセントラル短資FXの強みです。

3つの商品で専門的にFXを攻略できる!

セントラル短資FXのFX取引に関連した商品は全部で3つあり、それぞれが特徴的なので、専門的にFXを攻略したいときに使い分けることで利益も大きく得られる可能性が高まります。

ごく一般的なFX取引を行う「FXダイレクトプラス」です。他社にもあるような普通のFXの取引が行え、手数料各種はかかりませんし、通貨単位は1000通貨と証拠金や取引経費を安く抑えることが可能です。セントラル短資FX内の各商品の中では最もペア数も多く、24ペアからトレーダーが得意とする通貨を選んで取引が可能です。豊富な取引ツールはパソコンやスマホなどといった環境も選びません。

次にシストレで自動売買ができる「セントラルミラートレーダー」があります。その名の通り、ミラートレードで簡単な設定を行い、あとは自動で稼ごうというのがこのサービスの特徴です。プロと同じ戦略で取引ができますし、戦略の構築ができなくてもランキング形式で活躍している投資戦略を見ることもできるので、初心者でも安心して利用できます。

最後にスキャルピングで短い時間で何度も取引をする「ウルトラFX」です。ちょっとした値の動きに対して売買を行っていくので、どちらかというとペアの組み合わせを重要視はしていません。ですので、このサービスでは通貨ペアはたったの9ペアのみ。
取引可能な最小数量は5万通貨以上、取引単位は1万通貨になり、短期取引に挑戦してみたい初心者にはややハードルが高いかもしれません。スキャルピングに特化しているので、利益を得るにはこれくらいの通貨単位は必要なので、ここは理解してもらうしかないでしょう。

このように、セントラル短資FXでは戦略や投資手法によってサービス商品を使い分けることができ、プラットフォームや特徴もその手法に見合ったものになっています。これは他社ではほとんど見かけないほどわかりやすい特徴かと思います。

無料口座開設をする
セントラル短資FXの詳細ページ・公式ページへ »

コスト体系と機能充実度の詳細

セントラル短資FXのサービス概要です。通常手数料・デイトレ手数料・スプレッドなどの総コスト、最大レバレッジ、注文機能や携帯電話の対応、入出金サービスの概要など、FX会社の特長と魅力を一覧で比較できます。

手数料・取引概要
通常手数料 デイトレ手数料 米ドル円
スプレッド
取引単位 レバレッジ(最大)
新規 決済 新規 決済
0円 0円 0円 0円 1銭 1000通貨 25倍
通貨ペア(26通貨ペア)
日本_円 米_ドル EU_ユーロ 英_ポンド 豪_ドル ニュージーランド_ドル スイス_フラン カナダ_ドル 南アフリカランド 香港ドル シンガポールドル
日本_円
米_ドル
EU_ユーロ

他5通貨ペア

注文方法
注文方法
指値注文 成行注文 逆指値注文 IFD(イフダン)注文 OCO(オーシーオー)注文 IFO(アイエフオー)注文 トレール注文 期日指定注文 2WAY注文
入出金体系
初回入金額 入金 出金
ネット入金 入金手数料 ネット出金 出金手数料 無料セミナー
日本円 外貨
設定なし 無料 無料
モバイル対応状況
スマートフォン 携帯電話
iPhone Androidケータイ Docomo_i-mode
NTTdocomo
(iモード)
au_EZweb
au
(EZweb)
Yahoo!ヤフーケータイ
ソフトバンク
(Yahoo!ケータイ)
取引システム
WEBブラウザ型 インストール型 売買シグナル システムトレード MAC対応 デモトレード
クイック入金
UFJ みずほ 三井住友 ゆうちょ ジャパンネット 楽天銀行 セブン 住信SBI
三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行 郵貯銀行 ジャパンネット銀行 旧イーバンク銀行 セブン銀行 住信SBIネット銀行

※その他:りそな銀行

為替ニュース
独自 GI24 FX WAVE Market Win24 ロイター ダウ・ジョーンズ フィスコ
ロスカット・メール配信
ロスカット マージンコール 価格アラート 約定通知

2:セントラル短資FXはなぜ人気?

人気の理由・機能の詳細

imagett
スプレッド

スプレッドは買値と売値の差ですが、結果的にはトレーダーにとっての取引コストと考えるべきです。米ドル/日本円などのクロス円(日本円が絡むペアのこと)のレートでは銭の単位で示し、日本円が絡んでいない通貨ペアではポイントあるいはpipsを単位に表記するのが一般的です。

そして、このセントラル短資FXでは商品によってスプレッドが違っています。「FXダイレクトプラス」の通常時のスプレッドは米ドル/日本円で1銭の設定です。昨今は0.3銭も多くなっているので、そこを考えるとセントラル短資FXの普通のFX取引においてはスプレッドは決して有利ではありません。クロス円では2銭程度から最大で18銭になっています。ほかのペアも1~10pipsになっています。

「FXダイレクトプラス」以外の商品ではどうでしょう。特に短期取引でスプレッドがダイレクトに資産に影響してくる「ウルトラFX」で見てみます。これはスキャルピングを対象にした取引ですから、スプレッドは「FXダイレクトプラス」よりは有利です。常時変動しているのでその都度違いますが、米ドル/日本円のペアで0.68pips前後を保っています。つまり、0.68銭ということですから、わずかにスプレッドが低減されています。ほかも0.5pips前後から1.5pips前後なので、ダイレクトプラスと比較すればそこそこ有利になっています。

最大レバレッジ

セントラル短資FXでのFX取引ではトレーダーが用意した証拠金に最大25倍のレバレッジをかけて取引が可能です。例えば、10万円の証拠金を用意した場合、1ドルが100円のときには250万円分、つまり25000ドル 相当の取引ができるのです。

もし為替が10円ほど上がり、1ドルが110円になったとしたら、この25000ドルは275万円相当になります。275万-250万は25万円ですから、たった10円のアップで為替差益が25万円にもなるのです。これがレバレッジの魅力で、自身で用意する証拠金はわずかでありながら大きく取引ができ、そこで得た利益は丸々自分のものになります。

以前はレバレッジは数百倍などのもっと大きく取引をすることが可能でした。しかし、レバレッジは大きく利益を得られる代わりに、損失も膨らむというデメリットがあります。例えば、先ほどの例の逆方向に為替が動いたとします。1ドルが90円まで落ちてしまった場合、25000ドルは225万円相当になり、逆に25万円の為替差損が発生します。このケースでは用意している証拠金が10万円だけですから、この時点ですでに用意した資金以上の損失を被っていることになります。

日本の法律ではトレーダーを守るために、個人口座では最大25倍のレバレッジしかかけられないようになっています。これは取引額の4%に相当し、例えば100万円分の取引では4万円の証拠金があればいいことになります。そして、レバレッジによる損失のリスクをできるだけ避けるためにロスカットルール、あるいは強制ロスカットと呼ばれる制度がセントラル短資FXで用意されています。損失が発生し、取引金額に対する証拠金の割合(証拠金維持率と言います)が一定の水準を下回った場合、事前に発せられた警告メールに対して証拠金を追加したり、トレーダーの意思で決済をしなかった場合、取引管理システムが強制的にポジションを決済するロスカットが行なわれます。

これによりトレーダーは巨額の負債を背負わないようにはなっていますが、残念ながらこのシステムは完璧ではなく、場合によっては作動しないこともあります。ですので、トレーダーは常に自身のポジションのロスカットされるラインを自分で算出し、しっかりと把握していなければなりません。もしそういった計算が苦手だという人はセントラル短資FXが用意する「レバレッジ計算機」を利用しましょう。簡単な入力で必要証拠金額やロスカットのタイミングなどがわかります。

約定スピード、成行約定率

特に短期売買を好むトレーダーが気にするのが約定スピードでしょう。約定力あるいは約定率とも呼ばれますが、例えば成行注文において取引画面上で見ていた為替レートと、注文が確定した時点での為替レートがずれることがあり(これをスリッページと言います)、この差が小さいほど約定スピードが速いとされます。

スリッページが発生する原因は主にサーバーの能力になります。当然、トレーダーが利用しているネット環境の影響もあります。いずれにせよ、FX業者のサーバーがよくないとマーケットに注文情報が届くのが遅くなり、マーケット側で取引が成立したときにはトレーダーが注文ボタンを押したときとはレートが異なってしまうのです。これがいい方向にずれていればいいですが、悪い方ですと損失にも繋がるので気をつけなければなりません。
その点、セントラル短資FXは創業100年の歴史の中で積み重ねてきた金融市場でのノウハウがあり、他社と比較してわりと約定スピードは速いと評判です。超短期取引のスキャルピングに向いた商品である「ウルトラFX」もあるくらいですから、全体的に約定力があることは間違いありません。

スワップポイント

スワップポイントはポジションを1日以上保有したときに発生するもので、中長期で保有していればそれだけ多くのスワップポイントが発生し、口座に反映されていきます。セントラル短資FXでは数円から数十円が発生するので、それだけで大きな利益になることでしょう。
ただ、気をつけたいのは、スワップポイントは売りポジション買いポジションで受け取れる場合とトレーダーが支払わなければならない場合があります。受け取れる場合はただ保有しているだけで利益になりますが、支払う場合はどんどん証拠金が減っていくことになります。
スワップポイントは通貨ペア間の金利差です。金利は各国の中央銀行などが決定していますが、その差が大きければ大きいほどスワップポイントは大きくなります。ただし、業者が手数料などを加味しているので、すべての業者で同じ額とはなりません。その点でもセントラル短資FXはトレーダーに有利になっています。
そして、この金利差は政府の発表などで突然に変更されることもあります。ですので、長期保有する場合などはただ持っているだけでなく、その間も各国の金利政策やニュースなどに注目していなければなりません。逆に言えば、そういった金利関係のニュースに注目しているだけでスワップポイントで大きな利益を得ることも可能です。

取引単位

セントラル短資FXの一般的FX取引である「FXダイレクトプラス」と自動売買になる「セントラルミラートレーダー」では最低取引通貨単位を1000通貨単位に設定しています。日本のFX業界ではいまだ1万通貨単位が多い中で1000通貨単位は少ない資金でも取引を始められるメリットがあり、また各種取引のリスクヘッジなどにも活用できるなど、非常に小回りの利く投資戦略を打ち出すことが可能です。
取引通貨単位は小さければ小さいほど便利です。1万通貨単位では1ドル100円のときには100万円単位で売買をしなければなりませんが、1000通貨単位であれば1000ドル、つまり10万円から始められますし、1万通貨も取引できる上、例えば11000ドル、12000ドルと刻んで注文をすることもできるわけです。
投資は実践でしかノウハウを学ぶことができません。1万通貨単位では初心者にはなかなか手が出せないですが、1000通貨であれば先の例で行けば10万円、レバレッジ25倍のときは単純計算で4000円で済んでしまいます。FX入門にも向いていますし、老舗の優れたシステムで環境も抜群ですから、FXを始めたい人には間違いなく好都合です。

手数料(通常手数料、デイトレ手数料)

FX取引には様々な取引手数料がかかります。無料で取引できるのであればFX業者は存続できません。ですが、ここセントラル短資FXでは取引手数料は無料になっています。口座維持費用も無料ですので、まずはFX取引用に口座開設をしておきたいという人にはぴったりです。

一応セントラル短資FXが取引手数料を無料に設定できているカラクリの一部を紹介しておくと、これはスプレッドといった売買時の取引レートがそれぞれで値差がある点に注目してください。セントラル短資FXだけでなく、取引手数料各種を無料にしているFX業者はそのほかのサービスにおける値差に手数料を少額組み込んでいます。そこ「だけ」から利益を得て、顧客にFXの環境を提供しているのです。薄利多売であるとも言えますし、日本ではそれだけFX取引が主流になっていて、それなりの売買件数があることである程度の利益が見込める、というわけです。

そういった観点からいうと、FX取引、あるいはその他のオンライン金融取引をやっていないという人は随分と乗り遅れていることになってしまいます。今の日本のFX業界ではかつてよりレバレッジが低く設定されてしまいました。これからもさらに規制が増えていくことは考えられます。しかし、場合によってはかねてからの契約者は契約時点での条件が適用されるなどもありますから、早めに口座開設をしておくということはつまるところ未来の自分がよりよい環境でFX取引ができることを約束することにもなります。

FXだけでなく金融取引というのは早めに始めることは鉄則です。まだFX取引を始めていないのなら、まずはセントラル短資FXを検討するべきです。

通貨ペア数

セントラル短資FXで取引できる通貨ペアの数は全部で24ペア(2016年12月現在)です。ペアは多ければ多いほど利益獲得チャンスが増しますが、セントラル短資FXは決して多くはないですが、少なくないペア数になっています。具体的には下記の24ペアです。

DMMFXで取り引きできるペアは以下の通り
まず日本円が絡んだペアだと米ドル/日本円、ユーロ/日本円、英ポンド/日本円、豪ドル/日本円、NZドル/日本円、カナダ・ドル/日本円、南アフリカ・ランド/日本円、スイス・フラン/日本円、オフショア中国人民元/日本円、トルコ・リラ/日本円の10ペアです。

それ以外では、ユーロ/米ドル、ユーロ/英ポンド、米ドル/カナダ・ドル、米ドル/スイス・フラン、英ポンド/スイス・フラン、ユーロ/スイス・フラン、豪ドル/スイス・フラン、NZドル/スイス・フラン、英ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル、ユーロ/豪ドル、英ポンド/豪ドル、豪ドル/NZドルです。

オフショア人民元とは2012年7月に取り扱いが始まった通貨で、実はセントラル短資FXが日本で初めて取り扱った通貨となっています。中国・人民元には本土しか取引できないオンショア人民元(CNY)と、本土以外で取引されるオフショア人民元(CNH)があり、セントラル短資FXはオフショアの方です。オフショア人民元でカバー取引を行い、香港で決済されます。
また、オフショア人民元/日本円とトルコ・リラ/日本円のペアだけは証拠金率は10%、つまりレバレッジは最大で10倍までとなっています。

注文方法

セントラル短資FXのFX取引で駆使できる注文方法は全部で7種類です。これは「FXダイレクトプラス」を中心にした注文方法で、「ウルトラFX」はまた少し違った注文方法が可能です。

◆ストリーミング成行注文
これはチャートなどの取引画面を見ながらトレーダーが自身で発注を行う方法です。ただ、発注時の提示レートと約定レートが異なるスリページも起こりやすいので注意が必要です。

◆指値注文
トレーダーが注文レートを指定する方法です。売り注文の場合は指定以上で、買いの場合は指定以下のレートで約定します。

◆逆指値注文
トレーダーが注文レートを指定する方法ですが、売り注文は指定以下、買いは指定以上で配信されたレートで約定します。名称通り、指値注文と逆の方法です。

◆トレール注文
レートの変動に合わせて注文したレートが追従(トレール)する取引方法で、レンジ相場よりはトレンド相場に向いています。トレールはセントラル短資FXでは原則5pipsのレート変動ごとで、買い注文では相場下落に応じて注文レートを下げて、売りの場合ではレート上昇で注文レートを上げながらトレール幅を維持します。注文に対する執行条件は逆指値注文と同じです。

◆IFD注文
新規と決済を同時に設定して、新規約定ののちに決済注文が有効になります。

◆OCO注文
2つの決済注文を同時設定します。利益確定と損失限定の注文を出すものと考えてください。一方が約定すると、もう一方は自動的にキャンセルになります。

◆IFO注文
IFD注文とOCO注文の複合的な注文方法です。IFDの新規注文が約定したら、利益確定と損失限定のOCO注文が同時に出され、一方の約定で、もう一方がキャンセルされます。

このほかに注文機能として次の3つも用意されています。
◇成行プラス
新規と決済を同時に出せる注文方法で、新規は成行、決済の方は指値、逆指値、トレール、OCOのいずれかで注文します。

◇一括決済
保有しているポジションを成行注文ですべて一気に決済します。

◇建玉整理
保有している両建のポジション(建玉)に対して売ポジション、買ポジションとも成行注文として最終決済できる機能です。

入出金体系

セントラル短資FXでFX取引を始める場合、まずは専用口座に証拠金を入金しなければなりません。ATMや銀行窓口から指定口座に振り込むとセントラル短資FXで確認され次第、専用口座に反映され、取引ができるようになります。このとき銀行などの金融機関でかかる手数料はトレーダー自身が負担しなければなりません。
「セントラルミラートレーダー」の場合は、「FXダイレクトプラス」の口座に入金後、口座間振替で入金を完了させなければなりません。

セントラル短資FXでは入金は日本円だけでなく、米ドルやユーロ、英ポンド、スイス・フラン、豪ドル、NZドル、カナダ・ドルで対応しています。

いずれにせよ、気をつけたいのは入金が完了するまでに数時間かかる場合もあるので、急ぎのときはロスカット時などでより注意が必要です。

それから、得られた利益などは出金することも可能です。最低出金額は1万円からで、取引ツールやマイページなどから出金依頼が可能です。振込先の金融機関によっては手数料などがかかるので注意しましょう。

また、入金同様に出金は外貨でも可能です。海外旅行やビジネスなどで外貨を利用する場合は両替をする必要なく外貨獲得ができるので便利です。

クリック入金

他社ではクイック入金といった名称のサービスが、セントラル短資FXでは「クリック入金」と呼ばれ、多くのトレーダーに利用されています。2016年12月時点では11行が対応しています。

クリック入金サービス対応金融機関
  • 楽天銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • セブン銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 近畿大阪銀行

上記の銀行にてインターネットバンキングが契約済みであれば利用できます。

クリック入金の利点は手数料がかからないこと、銀行の営業時間に関係なく365日24時間即時反映されること(ただしメンテナンス時間を除く)が挙げられます。振り込みで対応すると専用口座に反映されるまでに時間がかかります。営業時間外では翌営業日まで待たなければなりません。クリック入金ならそのあたりを気にしなくて済むので、ロスカットに対応する証拠金追加や、利益拡大の増資といった急ぎの際にかなり効果的です。

顧客サポート

セントラル短資FXはさすが100年以上の歴史のある業者といった感じで、顧客サポートは充実しています。問い合わせはメールフォームや電話でカスタマーデスクに尋ねることができるのは当たり前として、会員向けサービスがあります。

セントラル短資FXの会員向けサービスのひとつに特待などを利用できるものがあります。これを「セントラル短資FXクラブオフ」と呼び、セントラル短資FXで口座を持っている人全員がレジャー宿泊施設やツアーあるいは映画館のチケット、衣料品や装飾品の買いもの、教育や生涯学習、育児、介護といった各種割引サービスを受けることができるようになります。月額540円のVIP会員になればさらに特典がハイグレードで、例えば1泊500円の特別宿泊プランなどの特別特典を利用できます。

それから会員は外貨両替の優遇もあるので、海外旅行や海外ビジネスの多いトレーダーには便利なサポートです。

ほかにもたくさんのサービスとサポートがあり、他社ではあまりない日本国外在住日本人の口座開設なども丁寧にサポートしてくれるので、国外での滞在資金をセントラル短資FXで稼ぐことも可能です。

情報コンテンツ、マーケット情報(閲覧できる為替ニュースなど)

セントラル短資FXの顧客サポートは充実したものであると紹介しましたが、ほかに情報コンテンツやマーケット情報の豊富さも見逃せません。これだけの情報量なので、上級者の中にはツールの利用よりも分析に使える情報の方が利用価値が高いと絶賛するほどです。

リアルタイムのマーケット情報が発信され、豊富な各種レポートのほか、経済イベントや指標の結果といった、取引に役立つコンテンツばかりを多数提供してくれる「FXライブ!」があります。ほかにはダウンロード不要のブラウザ版高機能チャート「プログレッシブチャート」も評価が高いです。発注機能とチャートが利用でき、ポジションの照会や口座情報といった取引に必要な機能をまとめたオールインワン型取引ツールで、セントラル短資FXの会員しか使えないツールです。

ほかには指定したレートに達すると教えてくれるアラートやメールサービスもありますし、有名アナリストなどによる信頼のおけるコンテンツが目白押しです。

信託保全

セントラル短資FXでは日本の金融法に従って、顧客から預かった資産を安全に確保。証拠金はすべて三井住友銀行に全額信託保全しています。信託保全の対象は日本円の証拠金だけでなく、外貨で預託を受けた証拠金や収益も対象ですので、安心感は高いです。もちろん証拠金以外にもスワップポイントや評価益までが対象で、セントラル短資FXでは日々値洗いをしっかり行って全額信託保全しています。

信託保全先の三井住友銀行は国内外の格付機関から高格付(日本格付研究所「AA」、S&P「A」)を取得しています(2016年9月28日現在)。信頼できる銀行と信託契約を締結し、金融商品取引法に基づいて顧客から預託された証拠金、

現金残高、未決済損益、スワップポィント、これらはもちろん日本円だけでなく米ドルや豪ドルといった外貨で預託されていてもセントラル短資FXの資産とは明確に区分して管理されます。
ですので、三井住友銀行やセントラル短資FXが万が一にでも破たんすることがあっても、信託口座による区分管理で資産は保全されますので、安心して取引を進めることが可能です。

ロスカット・メール配信

セントラル短資FXでは取引金額に対する証拠金の割合となる証拠金維持率が定められた割合にまで下がると警告となるワーニングメールが出され、それに対してなんら対応をしないと強制的に決済するロスカットが実施されます。

「FXダイレクトプラス」や「セントラルミラートレーダー」においては複数のポジションがある場合は口座全体で証拠金維持率が算出され、全体が一定レベルを下回ると保有するポジションのすべてが強制ロスカットとなります。短期売買専用の「ウルトラFX」は少し違っていて、複数のポジションを保有していてもそれぞれでロスカットの対象になるかを監視され、そのポジションのみが強制決済されることになります。

「ウルトラFX」の場合はロスカットルールが若干異なりますが、セントラル短資FXではロスカットの対象となるのは証拠金維持率が100%を割り込んでいる状態になったことをセントラル短資FXのシステムが自動的に検知した時点です。このときに強制的にすべてのポジションを決済し、発注済の約定していない注文もすべて取消しとなります。

ワーニングメールは取引日終了前に証拠金維持率が125%を割り込んだ場合に送信されます。このときに自身の判断で決済を行うか、追加証拠金を入金して維持率を上げるかしないと、ロスカットが発動されます。

無料サービス

セントラル短資FXでは無料で利用できるサービスが充実しています。口座開設した会員向けには飲食やレジャーの特待優遇が受けられたり、マーケット情報の提供などのサポートもしっかりしています。取引ツールの使い方のレクチャーのほか、有名アナリストの情報コンテンツも他社と比較してかなり多いです。
初心者が勉強したり、上級者が情報収集するだけでもセントラル短資FXのサービスには目を瞠るものがあります。
動画配信でのセミナーも充実していますから、いつでも時間があるときにFXトレーダーとしてのスキルアップにも利用できます。

それから、初心者やセントラル短資FXでの口座開設が初めてという人にはデモ取引口座も用意されています。
以前は「FXダイレクトプラス」などのデモ口座もありましたが、現在はデモ取引では「セントラルミラートレーダー」のみの提供になってしまっていますが、取引システムの操作性や各種機能を試すことができるので、実際に資金を投入したのちに、最初からベテラン顔負けの取引に近いことが可能になることでしょう。

3:取引システム、チャートの機能、対応状況

取引システム、チャートの機能、対応状況

imagett
セントラル短資FXオリジナルツールが取引を強力サポート!

セントラル短資FXでは契約したトレーダーが快適に取引できるように、オリジナルで高性能な取引ツールを各種用意しています。トレーダー個人個人の取引方針や、取引を行う場所・環境、分析の手法などあらゆる場面で強力に、そして確実にサポートをしてくれます。創業100年を超えるノウハウがここに集結しています。様々な情報コンテンツや無料ツールを併用すれば、情報収集から分析、取引と利益獲得のすべてがセントラル短資FXだけで完結できることでしょう。

FXダイレクトプラスのスタンダードはDL不要で自由自在!「Web取引システム PC」


セントラル短資FXのスタンダードとも言える取引ツールがこのWeb取引システムです。パソコン用のツールですが、ダウンロードなどの面倒は不要なブラウザ版ですから、ログインIDやパスワードさえあれば自宅のパソコン以外からでも取引が可能です。
操作性は非常にシンプルで直感的に操作ができ、初心者でもすぐに慣れる設計になっています。レートパネルから直接オーダーもできるので、スピードが重要になってくる短期トレードもこのツールひとつで十分対応可能です。別途紹介する高機能チャートである「プログレッシブチャート」や、マーケット情報がリアルタイムで入手できる「FXライブ!」、チャート形状の予想ツール「みらいチャート」も利用できるので、サポートも万全です。

 

「FXダイレクトプラス」でしか使えない、高機能チャート「ProgressiveChart PC」


このプログレッシブチャート(ProgressiveChart)は「FXダイレクトプラス」でしか利用できない、視認性が高く高機能なチャートです。ブラウザ版ですのでダウンロードは必要なく、Web取引システムと併用して利用できるツールです。取引に必要な行動がこのツールひとつで可能なので、まさにオールインワンのツールです。チャート上でラインをクリック&ドロップで注文ができますし、複数の成行注文を同時に行うことができるなど、スピーディーな取引ができるのもまた魅力です。

マーケット情報を閲覧しながら即座に取引!「Quick チャート トレード+ PC」


Quickチャート・トレードプラスは為替レートやマーケット情報を見ながら発注可能な、リアルタイムで予想を繰り返して素早く注文に反映できるクイックさが特徴です。チャート上でワンクリック成行注文もできますし、なにより簡単に画面をカスタマイズできる機能も便利です。自分の好みの環境を構築できるので、快適に取引を進めることができます。
 さらにこのツールの魅力は自動売買の機能を搭載している点です。ストラテジ(投資戦略)編集機能があるので、トレーダーは自身の方針に従った戦略を打ち出し、自動売買を遂行できます。初心者などストラテジ制作未経験者でもチュートリアルに従って構築できるエディティング機能も備えていますので、誰でも自動売買を始めることが可能なのです。

テクニカル分析の知識ゼロでも相場の動きを予想できる!「みらいチャート PC」


このみらいチャートはテクニカル分析が苦手、あるいはほとんどできないという初心者でも直感的に近未来の値動きを予測できる便利なツールです。このツールには大きく分けて2つの機能があります。

ひとつめはみらいチャートです。3つの使い方が主軸になっており、まず「予測チャート」では過去のチャートから直近のチャートと類似した形状を抽出し、今後を予測します。もうひとつは「近似チャート」。こちらは単に直近チャートと類似した過去チャートを表示する機能です。それから、ほかの人の予測が反映された売買シグナルが通貨ペアと足種別でランキング化された「テクニカルランキング」(ブラウザ版のみ)があります。

もうひとつの機能は売買シグナルです。ブラウザ版のみの対応ですが、「シグナルパネル」で複数のテクニカル指標から売買傾向を分析し、シグナルをチャート上に表示する機能があります。それから「売買シミュレーション」では発生したシグナルで売買したときに想定される損益が一目でわかるようになっています。

自分の取引を見返して、悪い癖を改善する!「パーソナルレコード PC」


パーソナルレコードは過去の取引履歴がすぐにわかるようになったツールです。トレーダー自身の自分の履歴がわかるもので、過去の情報や相場の流れや結果などを参照にして自分がどういった癖があるのか、それをどう克服するかの参考になるデータです。FX取引はマーケット情報各種の分析が大切なのはご存知の通りです。
そして、分析するべきは自分の過去の行動も同様なのです。
FX取引では自分にも打ち勝つ強さが必要なのです。そうでないと、例えばスキャルピングなど素早く判断を下して次々に取引を進める場合、癖に引っ張られて利益を得られないどころか、損失を増やす結果にもなりかねません。

ですので、自分を成長させるために、過去を振り返ることもまた重要なのです。

リアルタイムのマーケット情報が手に入る最強ツール!?「FXライブ PC」


FX取引でコンスタントに勝ち続けるには相場を分析するための情報収集は欠かせません。しかも、無闇矢鱈に情報収集するのではなく、為替相場やFX取引に関係のあるニュースなどを集めることが重要なのですが、情報が氾濫しているこのご時世。それ自体が案外難しいものです。
 それがこのFXライブ! を利用するだけですべてが解決します。例えば市場に関係したニュースやテクニカル情報など1日に実に200~300本もの情報が届けられます。有名なアナリストたちが動画でも情報を提供。これらを検索や絞り込みで特に知りたい情報を集めることも可能です。

「Quickトレード+ for iPhone」iPhoneの機能を最大限に引き出してPC取引と同じ感覚!


Quickトレードプラスfor iPhoneはその名の通り、iPhoneで利用できるセントラル短資FXの取引ツールです。iPhoneにダウンロードし、ログインIDなどをセットアップすれば外出先でも快適な取引が実現できます。iPhoneの機能を120%引き出した画面レイアウトはパソコンで取引するのとなんら変わらない環境になっています。13種類のテクニカルチャートが搭載されていますし、一括決済機能やチャート形状で分析を行えるみらいチャートも使えますので、移動中などに気になったらすぐさま高次元で取引できるようになっているのは大きな魅力です。

無料口座開設をする
セントラル短資FXの詳細ページ・公式ページへ »

4:最新(毎月)のキャンペーン・プレゼント

キャンペーン・プレゼント

imagett

セントラル短資FXではトレーダーが新規に口座開設をするなどで特別割引やキャッシュバックなどのキャンペーンを定期的に用意して新規顧客獲得を促しています。2016年12月末現在でどんなキャンペーンがあるのかをざっと見てみましょう。

志摩力男のオリジナルレポート「2017年の相場観とトレード分析」プレゼントキャンペーン

期間:2016/12/09~2017/02/15
キャンペーン期間中にセントラル短資FXで口座を保有している人に志摩力男のオリジナルレポート「2017年の相場観とトレード分析」をプレゼント

「FXダイレクトプラス」、「セントラルミラートレーダー」、「ウルトラFX」で新規口座開設、すでに口座を持っている人が対象となります。

お客さまファースト! 冬のおもてなし新規口座開設キャンペーン

期間:2016/12/01~2017/01/31
キャンペーン期間中に新規口座開設し、「FXダイレクトプラス」で条件を満たした取引をした人に最大2万円のキャッシュバック

「FXダイレクトプラス」で新規口座開設し、キャンペーン参加に申込みを完了させた上で取引条件を満たした人が対象となります。

シストレならセン短へGO! キャンペーン ~のりかえは今がチャンス~

期間:2016/8/08~2016/12/30
キャンペーン期間中に新規口座開設をして、「セントラルミラートレーダー」で条件を満たした取引をした人に、取引数量に応じて上限なしのキャッシュバック

「セントラルミラートレーダー」で新規口座開設をし、キャンペーン参加申込みをした上で取引条件を満たした人が対象となります。

FX取引ではレバレッジが25倍もかけられるわけですから、たった2万円だとしても50万円相当の外貨取引が可能になりますので得られる利益は大きいです。こういったキャンペーンを利用して、賢くFXを始めてください。

無料口座開設をする
セントラル短資FXの詳細ページ・公式ページへ »

5:DMMFXの申込・取引開始フロー

申込・取引開始までの流れ

imagett
セントラル短資FXでFX取引を始めるには口座開設が必須です。すべてオンラインで完結します。ここではその手順を紹介しましょう。セントラル短資FXでは申込みは最短5分なので難しいことはありません。FX取引で利益を得たい人は、なにはともあれまずはセントラル短資FXに申し込みをしてください。

口座開設

オンライン申し込みをします。申込みフォームに記入するだけですので難しいことはありません。取引や契約に関する重要なことが記載された書面である「契約締結前交付書面」各種がセントラル短資FXのホームページ上で公開されています。これは申し込み時にはしっかり読んだということが前提になっていますので、契約後に知らなかったでは済みません。口座開設前に必ず読んでおきましょう。セントラル短資FXでは海外在住の日本国籍保有者も申込みが可能です。

本人確認

本人確認書類を送ります。送付方法はメール、FAX、郵送です。
他社ではこの時点でマイナンバーの登録が必須ですが、セントラル短資FXでは口座開設完了後で大丈夫です。

審査

審査が行われます。申し込み者はただ待つだけです。審査基準は公表されていないのでどのようになるかはわかりません。いずれにせよ、かかっても数日で審査は完了します。

手続き完了

口座開設完了のお知らせがメールできます。会員が利用できるマイページへのログインIDやパスワードは別途本人確認書類に記載されている自宅住所に転送不可書留郵便にて郵送されてきます。
口座に入金して、取引開始です。このときにクリック入金ができるように、提携金融機関でインターネットバンキングを申し込んでおくことをお勧めします。また、マイページにてマイナンバーを登録することも忘れないようにしましょう。入金が完了し、口座に反映されたらいよいよ取引ができるようになります。

 

本人確認書類で必要な書類
  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 住民票写し
  • 日本のパスポート
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明
  • 外国人登録証明書
  • マイナンバーカード

無料口座開設をする
セントラル短資FXの詳細ページ・公式ページへ »


6:他社との比較してどこが優れているか劣っているか

セントラル短資FXのメリット、デメリット

imagett

セントラル短資FXの取引ツールの強さと顧客サポートはどこよりも優れている


セントラル短資FXの取引ツールの強さと顧客サポートはどこよりも優れている

セントラル短資FXが優れているのは、なんといっても長い歴史の中で培われたノウハウによって構築されている取引ツールの強さと顧客サポートです。
創業100年以上の歴史を誇っており、日本だけでなく世界の金融市場を知り尽くしたプロの集団ですから、彼らが開発した取引ツール各種はどれもトレーダーのかゆいところに手が届く魅力が備わっています。サーバーの強さもあり約定力に優れていますし、3つのFX取引商品によってどんなトレーダーの投資方針にも合わせることが可能です。普通の取引、自動取引、短期取引とそれぞれの特徴に見合ったツールが用意されています。
しかも、これらのツールはパソコンのみではなく、スマートフォンや携帯電話といった各種環境に合わせたものが取り揃えられています。ネットさえ繋がればどこででも取引ができるのです。それぞれの作動環境に合わせた画面デザインなので、直感的に利用できる利点もあります。

そして、これらのツールをより便利に利用できるようになっているのが、顧客へのサポートです。ツールの使い方やよりよい利用方法などをホームページで紹介していますし、有名アナリストらによるオンライン・セミナーやメールマガジン、ニュース配信など、情報収集から分析、利益獲得までセントラル短資FXひとつですべてが行えるというメリットは強みです。

セントラル短資FXのちょっと残念なデメリット


セントラル短資FXのちょっと残念なデメリット

大きなデメリットというものはあまり存在しておらず、細かいところを指摘するとすればスプレッドが安い同業他社と比較した場合は決して狭いわけではないので、短期取引を積極的に進めたいトレーダーはやや不利かなと思います。
スキャルピングもできる商品「ウルトラFX」では若干有利なスプレッドになっていますが、全24通貨ペアのうち9ペアのみが対象で、最小取引数量が5万通貨以上1万通貨単位となっていて、取引条件がやや厳しくなっています。
セントラル短資FXでのデメリットはそれくらいで、総合的には非常に優れたFX業者だと断言できます。

7:どんな人に向いているか

セントラル短資FXに向いている人

imagett
セントラル短資FXで口座開設をするのに向いているのは基本的にはすべてのトレーダーと言っていいでしょう。FX取引のいろいろな投資方針に合わせられるように3つの商品、ネットさえ繋がればどんな環境でも取引可能になるツール各種など、セントラル短資FXはオールマイティーにトレーダーを受け入れることができる業者です。

顧客サポートも充実しています。分析に必要な経済ニュースやマーケット情報。これらが1日に200~300本も提供されますし、必要な情報を検索や絞り込みで抽出できるので、知りたいことを確実に発見できることでしょう。つまり、セントラル短資FXでは分析から利益獲得までほかのサイトを開くことなく、セントラル短資FXのツールひとつで完結できるのです。そういった点ではいろいろとあっちに行きこっちに戻りといった作業が面倒な人には向いています。

向いていない人は取引経費を常に気にしている、特に短期トレーダーかなと思います。スプレッドが決して狭い方ではないので、「ウルトラFX」といった短期取引に向いた商品ではややスプレッドは有利ながら、経費が気になる人はストレスを感じるかもしれないです。ただ、スプレッドが狭くないといっても狭い業者と比較してですので、気にならない人にはデメリットにはなりません。

セントラル短資FXは創業100年を超え、ノウハウも日本で一番蓄積したFX業者だと言えます。サーバーが強く約定力も高いですから、ほとんどのトレーダーが不満なく利用できることでしょう。


企業データ

会社名
セントラル短資FX株式会社
所在地
東京都港区三田三丁目5番27号 三田ツインビル西館14階
資本金
13億1,965万円
登録番号
関東財務局長(金商)第278号
設立
2002年3月
上場/非上場
非上場

無料口座開設をする
セントラル短資FXの詳細ページ・公式ページへ »

セントラル短資FXって特徴的な業者なんだね?
そうだよ!セントラル短資FXは日本に3つしか無い短資系会社のセントラル短資株式会社の出資を受けた会社なんだ!
それっていい業者って事なのか?
答えはYES!!信頼性ばっちりだよ!その証拠に金融商品や金融企画の信用状態に関する評価してくれる会社のJCRから9年間も高評価されているんだよ♪その評価をFX業者で受けているのはセントラル短資ともう1社しかないそうだよ。
スッゲーー!!
そうでしょ~!!サポート体制、取引状況などどれをとっても環境が整っているんだ。まさにセントラル短資グループならではのインターバンク市場に近い取引が可能なんだ。>>>インターバンク市場の詳細はコチラ!
詳しく教えろーーー!!
落ち着きなよ・・・。
まずは取引スタイルにおいて3つのFXを使い分けができるんだ!
3つもあるんだ!
そう、まずはバランスよく取引したい人には「FXダイレクトプラス」がいいと思うよ!特徴は少額な取引が可能で中長期投資の人も満足できるスワップポイントを提供しているんだ。ちなみに高金利通貨のトルコリラ/円も取扱があるよ!
やっぱりボクとしてはスワップは外せないポイントだな~。
そして2つ目は「セントラルミラートレーダー」。世界中からストラテジ(売買プログラム)を集めてプロのプロバイダーたちが作成しているんだ。その中でも厳正な審査をしたものをお客様に無料提供しているんだよ♪
ふむふむ。選ぶだけで自分の代わりにトレードしてくれるんだね♪
すげーな!そんなにいっぱいの中からだと迷うな。
そうだね。数百種類はあるらしいから、それを自分で複数選んでいくんだ。きっと自分にあうストラテジが有るはずだよ!中には数百億円規模の資産運用している世界的なヘッジファンドが生み出したストラテジも有るらしいよ。
わぁー!!すごい興味ある~。
スケールでかそうだな(笑)
ははは!3つ目は「ウルトラFX]。短期トレーダーにオススメなシステムだよ!スキャルピングもOKだから素早い動きにも対応してくれるんだよ♪レート配信は最速0.1秒を更新したんだ!
すごいな~。インターバンクを実感できるね!
その通り!どのスタイルをとってもツールやマーケット情報は豊富だから満足度の高いトレードができると思うよ!


利用者・トレーダーからの口コミと評判

実際にセントラル短資FXを利用したトレーダーの評判を紹介します。

平均評価 3.0 ( 2件 )

普通の口コミ
もう一歩ほしいです - 30代男性・投資歴3年

システムツールに細かい情報が載っているので参考になります。シストレも行っているので初心者の方も安心して利用できると思います。色んな通貨を扱っており、一番儲けが出やすい通貨で勝負することが出来る利点があります
3つの口座を提供しており、スプレッドを極限まで小さくしたFXも始めています。顧客拡大のためにサービスの手は抜かない印象を受けますが、通常のスプレッドがやや高い設定となっているのは残念ですね
親切、丁寧が一番 - 50代女性・投資歴1年

セントラル短資FXはちょっと手数料が高いかなというイメージがあるんですが、なにか困ったときにメールや電話で質問をすると、とても丁寧な対応をしてくれるというのがいいですね。FXを始めたばかりの方はわからないことだらけですから、利用者に対して真摯にサポート対応をしてくれる会社というのは本当にありがたいと思います。

無料口座開設をする
セントラル短資FXの詳細ページ・公式ページへ »

10 12月 2015

年代 性別 投資歴

  • FX人気会社ランキング

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    結果を出すならヒロセ通商!!

    ↑最強レベルの口座がココにある!!

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMMFX

    充実取引システムでお馴染みの DMMFXが当サイト限定で 現金5000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!