GMOクリック証券(FXネオ)のスプレッド、スワップ、取引環境を徹底調査


GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイト

取引高4年連続で世界第1位のFXサービスGMOクリック証券の「FXネオ」

GMOクリック証券「FXネオ」

約定力、スプレッドなどどれを取っても業界トップクラス

GMOクリック証券「FXネオ」の無料口座を開設する

GMOクリック証券から提供されている為替取引サービス「FXネオ」。米ドル円スプレッド0.3銭原則固定という驚異的な取引コスト水準を実現したことでユーザーの負担を極限まで低減させることに成功しています!ポンド/円1.1銭(原則固定)でのスプレッドの提供も他社にはできない驚愕の水準と言えます。GMOクリック証券の株式口座をお持ちの方は、FX口座の即時開設が可能です。
FXを積極的に取引されたい方は必須の会社です。
しかも、株式・店頭FX・くりっく365・CFD・バイナリーオプションのシームレスな操作性を実現いたしましたので、「株もFXもバイナリーオプションも取引したい!」そんな欲張りな方にもきっとご満足いただけます!


取引高4年連続で世界第1位のFXサービス「GMOクリック証券」の「FXネオ」

GMOクリック証券「FXネオ」

GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイト

約定力、スプレッドなどどれを取っても業界トップクラス
GMOクリック証券から提供されている為替取引サービス「FXネオ」。米ドル円スプレッド0.3銭原則固定という驚異的な取引コスト水準を実現したことでユーザーの負担を極限まで低減させることに成功しています!ポンド/円1.1銭(原則固定)でのスプレッドの提供も他社にはできない驚愕の水準と言えます。GMOクリック証券の株式口座をお持ちの方は、FX口座の即時開設が可能です。
FXを積極的に取引されたい方は必須の会社です。
しかも、株式・店頭FX・くりっく365・CFD・バイナリーオプションのシームレスな操作性を実現いたしましたので、「株もFXもバイナリーオプションも取引したい!」そんな欲張りな方にもきっとご満足いただけます!

GMOクリック証券「FXネオ」の無料口座を開設する


1:GMOクリック証券「FXネオ」の特徴と魅力

GMOクリック証券「FXネオ」にはどんな特徴がある?

imagett
GMOクリック証券は総合ネット証券会社

GMOクリック証券はFX取引のサービス「FXneo(FXネオ)」を始め、様々なサービスを提供している、総合ネット証券会社です。FXのほかに株式、先物オプション、外為オプション(バイナリーオプション)、365FX(くりっく365)、CFD、債券といった様々な取引が利用可能です。ひとつの証券会社でいくつもの取引ができるということは、リスクヘッジなども自在にでき、理想的な資産運用ができます。しかもGMOクリック証券の強みはこれら多数の取引がひとつの口座開設で利用できるので、IDやパスワードもひとつで済み、管理が簡単です。

GMOクリック証券は国に認められた証券会社です。経営に必要な認可は取得済みですし、各種手数料も最安値水準。しっかりした企業なので、顧客からの意見も真摯に受け止め、それをサービスやシステムの開発にフィードバックしています。

これからFX取引を始めたいトレーダー、あるいは今とは別の証券会社で口座開設を検討している経験者はまずGMOクリック証券から検討することがベストでしょう。

「FXネオ」は日本だけでなく、世界トップクラスの実力

GMOクリック証券で利用できるFX取引サービスの「FXネオ」ですが、FX預かり資産が日本国内で第1位という実績を持っています(2014年7月~2015年12月)。この実績は日本国内で最も多くのトレーダーが口座開設をしているという事実証明になりますが、それだけではありません。実はFXネオは取引高においては4年連続で世界第1位という輝かしい調査結果が出ています(ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2015年12月))。要するに、GMOクリック証券のFXネオは世界レベルでトップクラスのFX取引サービスであると言えます。

この実績はGMOクリック証券だからこそのサポートがあってこそです。例えばスプレッドは米ドル/日本円で0.3銭など、業界でも最狭クラスを誇っています。スワップポイントも高水準ですし、取引手数料は無料です。FXネオはとにかくトレーダーが快適に取引できる環境を徹底的に追求しています。

そんなFXネオの長所で特筆すべきは取引ツールの豊富さです。元々GMOクリック証券のツールは他社と比べて使いやすい上、種類が多いのです。FXネオだけでも9種類あり、どんなトレーダーがどんな場所にいても快適に取引を進められます。しかも、スリッページを最低幅0.1銭単位で設定できるので理想の取引を実現できます。

4年連続で世界1位の取引高は伊達ではありません。FX取引を始めるならばGMOクリック証券をまずはオススメします。

無料口座開設をする
GMOクリック証券・「FXネオ」の詳細ページ・公式ページへ »

コスト体系と機能充実度の詳細

GMOクリック証券「FXネオ」のサービス概要です。通常手数料・デイトレ手数料・スプレッドなどの総コスト、最大レバレッジ、注文機能や携帯電話の対応、入出金サービスの概要など、FX会社の特長と魅力を一覧で比較できます。

手数料・取引概要
通常手数料 デイトレ手数料 米ドル円
スプレッド
取引単位 レバレッジ(最大)
新規 決済 新規 決済
0円 0円 0円 0円 0.3銭原則固定 1万通貨 25倍
通貨ペア(14通貨ペア)
日本_円 米_ドル EU_ユーロ 英_ポンド 豪_ドル ニュージーランド_ドル スイス_フラン カナダ_ドル 南アフリカランド
日本_円
米_ドル    
EU_ユーロ      
英_ポンド        
注文方法
注文方法
指値注文 成行注文 逆指値注文 IFD(イフダン)注文 OCO(オーシーオー)注文 IFO(アイエフオー)注文 トレール注文 期日指定注文 2WAY注文
入出金体系
初回入金額 入金 出金
ネット入金 入金手数料 ネット出金 出金手数料 無料セミナー
日本円 外貨
設定なし 無料 無料
モバイル対応状況
スマートフォン 携帯電話
iPhone Androidケータイ Docomo_i-mode
NTTdocomo
(iモード)
au_EZweb
au
(EZweb)
Yahoo!ヤフーケータイ
ソフトバンク
(Yahoo!ケータイ)
取引システム
WEBブラウザ型 インストール型 売買シグナル システムトレード MAC対応 デモトレード
クイック入金
UFJ みずほ 三井住友 ゆうちょ ジャパンネット 楽天銀行 セブン 住信SBI
三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行 郵貯銀行 ジャパンネット銀行 旧イーバンク銀行 セブン銀行 住信SBIネット銀行

※その他:りそな銀行

為替ニュース
独自 GI24 FX WAVE Market Win24 ロイター ダウ・ジョーンズ フィスコ
ロスカット・メール配信
ロスカット マージンコール 価格アラート 約定通知

2:GMOクリック証券「FXネオ」はなぜ人気?

人気の理由・機能の詳細

imagett
スプレッド

GMOクリック証券のFXネオでは取引売買の値差であるスプレッドの設定が業界最狭と自ずから謳うように、実際的にも日本のFX業界では最狭レベルです。

例えば、日本におけるFX取引の最も基本となる通貨ペア、米ドル/日本円では0.3銭で原則固定となっています。スプレッドはFX業者の取引手数料であり、各社の考え方で設定幅は違っています。その中で最狭水準であるということは、つまり手数料をほとんどGMOクリック証券側で取ることがなく、トレーダーにとっていい環境である証拠です。

ほかの通貨ペアにおいてもユーロ/日本円で0.6銭、豪ドル/日本円で0.7銭で原則固定です。全体的には0.3~2.8pipsと、とにかく業界最狭ははったりでもなんでもありません。注目はどこの業者でもスプレッド幅が大きくなる南アフリカのランドと日本円の通貨ペアです。他社の中には3銭5銭は当たりまえ。ひどいところでは14銭を超える設定になっています。しかし、FXネオではそんなことはなく、1.4銭の設定に留まっています。

スプレッドはとにかく小さければ小さい方がおトクです。例えば10万通貨を10回取引したとします。スプレッドが0.3銭ということは単純計算でたった3000円の手数料がかかることになります。スプレッドが仮に1銭だったとします。同じ条件下では1万円のスプレッドを支払わなくてはなりません。たった0.7銭の違いでが、レバレッジをかけて大きく取引をすると、このように支払うスプレッドの額も大きくなってしまいます。

ですので、FXネオのようにスプレッドが小さいことには大きな意味があるのです。

最大レバレッジ

GMOクリック証券のFXネオでは他社のFXサービス同様にレバレッジという倍率を証拠金にかけて大きな取引ができます。つまり、用意した資金の何倍もの規模で為替の売買ができるというわけです。

FXネオでかけられる最大のレバレッジは25倍です。米ドルが100円のときに1万通貨の取引をする場合は本来は100万円の資金が必要です。しかし、レバレッジ25倍、イコール取引金額の4%に相当する日本円を証拠金として用意すれば、100万円=1万ドルの売買ができるというわけです。

具体的に金額を見ると、米ドル/日本円を1万通貨分を取引したいとき、レートが100円だとしたら、1万ドル×100円の4%、つまり100万円の4%ですので、たった4万円あれば取引できるというわけです。ユーロ/日本円で1万通貨分を売買するには、ユーロが120円の場合、1万ユーロ×120円=120万円になります。その4%である4.8万円を証拠金と用意しておけば取引可能というわけです。

大金を用意しなくても大きく取引できるのがFXの魅力ですが、ただ、これは諸刃の剣であることも忘れてはいけません。大きく取引できる代わり、損失はそのままトレーダーに降りかかってきます。損失は25分の1とはならないのです。そのためにロスカットというルールが存在しますが、大きな負債を背負わないよう、自分の経済力に見合った倍率で投資することをオススメします。

約定スピード、成行約定率

FXネオの約定スピードはかなり早いという評価が目立ち始めています。目立ち始めている、というのは以前は驚くほどのレベルではなかったのですが、最近改善されて、かなりよくなったのです。
約定スピード=約定力は、成行注文において注文ボタンをクリックしたときに注文が確定するまでの時間差を言います。相場の動きが速いと1秒未満であってもレートが動くスリッページが大きく発生してしまい、狙ったレートでの取引ができません。理想の収益を得られないのでストレスが溜まりますし、損失にも繋がってしまいます。ですので、できるだけそのタイムラグがない方がいいわけです。

約定力にはトレーダーが利用する取引ツールとGMOクリック証券の間、GMOクリック証券と市場の間の通信関係やサーバー力が関係しています。ですので、約定力が弱い会社というのはトレーダーがどんなにがんばっても改善されません。約定力が弱い業者の場合、特に短期トレーダーには不利となります。

GMOクリック証券のFXネオでは改善に改善を重ね、現在では従来の6倍の約定スピードが実現できるまでになっています。特にExモードを利用すると大きな単位での取引もほぼ一瞬で約定しますから利用価値は高いです。ツール上で注文ごとに通常モードかExモードを選択できますので、臨機応変に利用してみてください。ただ、Exモードは配信レートとスプレッドが通常モードとは異なります。その点も見極めて投資するようにしましょう。

スワップポイント

GMOクリック証券の店頭FX取引、FXネオにおいては中長期で為替を保有するトレーダーにとってもいい環境が整っています。つまりスワップポイントが高水準なのです。全部で18通貨ペアに設定されるスワップポイントが全体的に高めになっています。

スワップポイントはご存知のように通貨ペア間の金利差です。各国の政策などで金利が決まっていますが、その差が1日以上ポジションを保有しているとトレーダーの懐に入ってきます。中期あるいは長期でポジションを保有するトレーダーはレートの差額で決済時に利益を得られるだけでなく、保有している間はスワップポイントでも儲けることができるというわけです。
気をつけたいのは金利差が逆転している通貨ペア、あるいはポジションの取り方になっていると、逆にトレーダーが金利差を支払っていかなければなりません。ですので、長期で保有する場合にはその金利差をしっかり把握しておかないと、いつの間にか証拠金が減っていってしまいます。

また、通貨の組み合わせとして安定したペアを選ぶのが中期以上保有する場合の鉄則ですが、ペア間の変動が安定していることと、金利変動の原因は同じではありません。安定しているペアであっても突如金利が変わって、スワップポイントを受け取る側から払う側になるかもしれません。ですので、経済ニュースなどは常に把握しているようにするべきです。

取引単位

FXネオにおける取引通貨単位は1万通貨単位が基本です。日本では取引の希少性から南アフリカ・ランドと日本円のペアのみ10万通貨単位になります。ただ、これは他社でも同様なので、GMOクリック証券だけが特別大きな単位ではありません。

1万通貨単位というのもまた決して小さなものではありません。近年は日本の業者でも1000通貨単位で取引できるところも出てきています。そう考えるとGMOクリック証券は若干不利な環境のように感じますが、結局レバレッジをかけて取引するのがFXの醍醐味ですし、そもそも小さな単位で取引をしても得られる利益は限られてきます。
仮に1ドルが100円のときに1万ドルの取引をする場合、本来は100万円が必要なわけですが、レバレッジを25倍にしたとしたら、必要な証拠金はたった4万円です。1万通貨単位の取引が条件であっても証拠金はそれほど多くないですね。

また、例えばそのレートが101円になったとき、単純計算上ですが、1万通貨単位で1万円の利益を得られます。もし1000通貨単位であるとたった1000円しか利益になりません。実際にはスプレッドなど取引経費を考慮しなければならないので、儲けはさらに少なくなります。結局、FX取引をするのであれば1万通貨単位くらいがちょうどいいわけです。

手数料(通常手数料、デイトレ手数料)

GMOクリック証券が人気なのは取引経費を低く抑えられるからです。FXネオにおいても取引の際にGMOクリック証券側で設定する手数料が基本的に無料ですので、せいぜいスプレッドで費用を取られるくらいです。
FXネオでは取引手数料、口座開設費用、口座維持費などがかかりません。また、出入金についても銀行振込など金融機関でかかってくる手数料はトレーダー負担になりますが、GMOクリック証券の口座では手数料は一切かかりません。

取引手数料は案外トレーダーの負担になります。特にデイトレードやスキャルピングで1日の取引回数が多くなればなるほど費用が増幅し、利益を吸い取れられてしまいます。せっかく分析をして命をかけて獲得した利益ですから、少しでも経費は安く済ませたいものです。GMOクリック証券ならその点が安く済むメリットがあります。
ただ、GMOクリック証券でも100%手数料がかからないわけではありません。分析に失敗して強制的に決済されるロスカットは発動された場合、1万通貨単位あたり500円(税込)の手数料が発生します(南アフリカランドは10万通貨単位で500円)。

いずれにせよ、GMOクリック証券においてはトレーダーにかかってくる取引経費はかなり低く抑えられます。

通貨ペア数

FXネオにおける取引可能な通貨ペアは全部で18ペアになります。決して多いわけではないですが、少なくもありません。

通貨ペアは多ければ多いにこしたことはありません。ペアにはそれぞれ安定したものや変動が激しいものなど性格があります。短期トレーダーには安定したペアは扱いづらいですし、変動が激しいペアを中長期で保有するのも気が気じゃありません。また、国によって経済的な安定性や政策金利、そのほか諸々の諸事情があります。トレーダーの性格によって分析の得手不得手もあり、その国の情報に対してどれだけの知識があるかも人それぞれです。

通貨ペアが多ければ、自分と相性のいいペアをみつけられる可能性が高まります。それさえみつけられれば、かなりの確率で利益を得ることができることでしょう。ただ、ペア数が多すぎても、特に初心者には選びにくいことも考えられます。そのときに18種類程度であれば、多くもなく、かといって少なくもないペア数だと言えるわけです。

そんなFXネオで取引できる通貨ペアの種類は下記になります。

DMMFXで取り引きできるペアは以下の通り
まず日本円が絡んだペアだと、米ドル/日本円(USD/JPY)、ユーロ/日本円(EUR/JPY)、英ポンド/日本円(GBP/JPY)、豪ドル/日本円(AUD/JPY)、NZドル/日本円(NZD/JPY)、加ドル/日本円(CAD/JPY)、スイス・フラン/日本円(CHF/JPY)、南アフリカ・ランド/日本円(ZAR/JPY)の8ペアです。

それ以外では、ユーロ/米ドル(EUR/USD)、英ポンド/米ドル(GBP/USD)、豪ドル/米ドル(AUD/USD)、NZドル/米ドル(NZD/USD)、ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)、ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)、ユーロ/スイス・フラン(EUR/CHF)、英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)、英ポンド/スイス・フラン(GBP/CHF)、米ドル/スイス・フラン(USD/CHF) です。
注文方法

FXネオではパソコン、スマートフォンなどのインターネット接続端末からGMOクリック証券の各種取引ツールを経て注文ができます。電話などでオペレーターを介しての注文は、システム障害時を含めて一切やっていません。

そして、FXネオで使うことのできる注文方法には次のものがあります。最初のスピード注文以外はFX取引をするならどの業者においても常識のテクニックですので、ちゃんと使い方を憶えておきましょう。まさにFX取引の基本中の基本になります。

◆スピード注文
この注文方法はGMOクリック証券のみの呼び方で、取引ツールから1クリックで即時注文が可能な方法になります。ベースとなるのは次に紹介する成行注文に属する方法なのですが、新規と決済、ドテン、同一通貨ペアでの全決済注文もたった1クリックで完了です。スピードが命であるFX取引には最適な注文方法と言えます。

◆成行注文
チャートを見ながら取引ツール上にある注文ボタンを自らの判断で押して発注するシンプルな方法です。判断力や分析力、相場勘や決断力が必要な注文方法になります。

◆指値注文
売買レートを指定しておく方法です。低いレートで買い、高いレートで売るというわかりやすい方法で、設定が済めば取引ツール、あるいはチャートの前にじっと座っている必要がありません。

◆指値注文
売買レートを指定しておく方法です。低いレートで買い、高いレートで売るというわかりやすい方法で、設定が済めば取引ツール、あるいはチャートの前にじっと座っている必要がありません。

◆IFD注文
イフダンとも読む注文で、新規と決済の注文を同時に出しておく方法です。ひとつめが成立してからふたつめが実行されます。

◆OCO注文
オーシーオーと読む注文で、指値と逆指値を同時に出すと憶えておきましょう。ふたつの注文を出し、どちらかが成立したらもう一方の注文はキャンセルされます。

◆IFD-OCO注文
イフダン・オーシーオーという注文方法で、3つの注文を同時に出す手法です。IFD注文であるひとつめの注文が成立後、次に2つめ3つめとなるOCO注文が発動されます。

入出金体系(最低初回入金額など)

FXネオで取引をするためにはまずは証拠金の入金が完了していなければなりません。

FXネオへの入金方法は銀行振込になります。気をつけたいのはGMOクリック証券でほかの取引もできる証券取引口座の場合、入金後にFXネオの口座に振り替えをしなければなりません。FX専用口座であれば自動的に入金用口座からFXネオの口座に入金されます。

GMOクリック証券への入金は銀行窓口かATMから顧客各自の専用入金口座に振込をします。口座は口座開設の審査に通ったときに送られてくる「口座開設手続完了のご案内」か、会員ページにログイン後マイページから「登録情報・申請」を開き、「入出金先金融機関」の「振込入金先銀行口座(お客様から当社)」で見ることができます。

気をつけるべきは、FX取引の口座に着金するまでに時間がかかることです。銀行営業日の9:00~14:30に入金すれば入金確認がGMOクリック証券で取れてから1時間以内、それ以降から深夜0時までは翌営業日の10時まで、0:00~9時までは当営業日の10時までに、金融機関から入金連絡があり次第口座に反映されます。

それから、得られた利益、あまった証拠金は出金することも可能です。FX専用口座の場合はFXネオ取引口座かくりっく365取引口座から出金になります。GMOクリック証券会員ページのマイページから「入出金・振替」の画面で出金手続きをすると対応されます。

気をつけたいのは、まず、GMOクリック証券口座名義と同一の振込名義でなければ出金は受け付けされません。そして、原則1回の最低出金額は1万円で最高は1億円です。それから、証券取引口座でFX取引をしている場合、FXの口座から証券取引口座に振り替えたのちに出金手続きが可能になります。この点だけは注意しておきましょう。

クイック入金

GMOクリック証券では取引開始前に証拠金を入金しなければなりませんが、通常の入金方法である銀行振込ではやや時間差が生じてしまいます。平日の9:00~14:30に入金すれば、金融機関からGMOクリック証券が連絡を受け次第1時間以内に反映されるので、他社と比べると早いのですが、ロスカットなどの大急ぎのときには間に合わないこともあります。

そんなときにオススメしておきたいのが、素早く入金を済ませることができる「即時入金サービス」を利用することです。

nmlbox04_annainin
即時入金サービス

他社ではクイック入金とも呼ばれ、会員ページのマイページからクリックするだけで入金ができてしまいます。


証券取引口座であればリアルタイムで反映、FX専用口座で取引している場合は入金手続きから数分以内に反映されます。

(ただし、14:50~15:00ごろの入金は17:00以降の反映になる場合があります)

これは下記の金融機関で口座を持っている人がインターネットバンキングの申込みが完了していると、GMOクリック証券側で簡単に設定するだけで入金が可能になります。

即時入金サービス提携金融機関(2016年11月1日現在)
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行


顧客サポート

GMOクリック証券はFX取引だけでなく、株式や先物など総合的な金融取引ができるネット証券会社です。取引高も世界レベルでトップクラスなだけあって、顧客サポートなどもかなりしっかりしています。

その証拠に、サポートサービス業界で世界最大とされるメンバーシップ団体「HDI-Japan」から、GMOクリック証券はコールセンターの対応を評価され、「問合せ窓口格付け」で、そしてWEBサイトを評価する「サポートポータル格付け」において国内最高評価の3つ星を獲得しています。それほど優れた上に、快適なカスタマーサポートが提供されているのです。

サポートは主に電話、あるいはフォームを利用したメールでの対応になっています。基本的に急ぎの場合は電話が有利になりますが、フリーダイヤルで電話料負担はないですし、ホームページ上には統計で混雑する時間帯が掲示されているので、電話をかけたけれどもなかなか繋がらないといったイライラも少なくて済みます。電話は最初は音声ガイダンスに従って番号を打ち込むので、ログインIDや暗証番号などをあらかじめ用意しておくとスムーズです。

利益を多く得た場合の所得税などに関する情報もホームページ上で確認できますし、他社にはあまり掲示されていない情報としては相続に関する内容も知ることができます。口座名義人のトレーダーが万が一亡くなっても、残された家族がGMOクリック証券に遺された利益などを受け取ることが法律上可能なのです。

GMOクリック証券は平成17年に設立されたばかりの若い証券会社です。ですので、サポート関係はかなり充実していて、力を入れています。特にGMOクリック証券では顧客からの意見を大事にするスタンスを持っていて、システムや取引環境の改善に顧客からの意見を反映させています。GMOクリック証券での取引で気になることがあったら意見をすることで今後が改善され、より快適になることでしょう。

情報コンテンツ、マーケット情報(閲覧できる為替ニュースなど)

GMOクリック証券では顧客サービスのひとつとして、また、GMOクリック証券が人気の証券会社である理由として、情報コンテンツやマーケット情報に優れていることがあります。残念ながら、FXネオにおけるマーケット情報は経済指標などがいつどの時間に発表されるかが一目でわかる「経済カレンダー」があるくらいです。これは人気のGMOクリック証券の唯一の弱点と言えるかもしれません。
ただ、GMOクリック証券の株式取引などのページを閲覧してみるとわかるかと思いますが、財務分析や銘柄スクリーニングといった情報のほかに、アナリストリポートやニュースなども用意されています。直接FX取引にどれほど影響のある内容かはそのときになってみないとわかりませんが、分析のきっかけになることは間違いありません。

FX取引は株式取引とは違って、特に分析力が必要です。常に分析で値動きを予測し、先手先手で投資をしていかなければなりません。情報コンテンツは必ずしも口座開設した証券会社で入手しなければいけないわけではありません。ネット上にもニュースやヒントはたくさんあります。ですので、外部の情報で分析を続けつつ、GMOクリック証券の経済カレンダーで指標発表時の見逃すことなく、より高精度な分析力を磨いていきましょう。

信託保全

日本におけるFX取引では金融商品取引法および関連法令が適用され、現在は顧客が預託する証拠金を取引業者の固有財産とは区分して管理することが義務づけられています。つまり、証券会社が破綻しても、顧客の資産は守られるというわけです。これを信託保全といいます。

GMOクリック証券でも当然信託保全は行われ、三井住友銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、日証金信託銀行の4行で顧客区分管理信託契約を締結しています。GMOクリック証券の資産と顧客の証拠金などはしっかり区別して管理されているのです。万が一GMOクリック証券が破綻しても、顧客の資産は受益者代理人である外部弁護士から直接返還されるようになっています。ほかの証券会社では大体2行で信託保全をしているところが多いのですが、GMOクリック証券は4行とより安心感があります。

万が一破綻したときに返還されるのは証拠金の評価損益を反映した金額となります。要するに、信託保全の対象になるのは証拠金から決済損益、評価損益、未実現スワップポイントを加減した金額になります。

金融機関が破綻する時代になって久しい昨今。証券会社が破綻した場合にどうなるのか不安を抱えていては思いっきりFXを楽しむことはできません。FX取引は結構精神的なストレスが結果に現れるものです。安心して資産を預けられるというのも証券会社選びの大事な要素です。そして、GMOクリック証券は非常に安心できるところであるといえます。

ロスカット・メール配信

FXネオでは証拠金の最大25倍のボリュームの外貨を売買することが可能です。これこそがFX取引の醍醐味なのですが、逆に損失が出た場合、その倍率の分、トレーダーの負担になってきます。場合によっては投資した資産以上の損が出て、莫大な借金を背負うことになりかねません。

イマドキのFXにおいてはロスカットルール設定は常識で、証拠金が必要な数値を下回ると強制的に決済され、それ以上の損失が出ないようになっています。しかし、業者がメンテナンス中だったり、あまりの勢いで相場が崩れたときはそのルールが適用されず、莫大な負債が発生します。そうならないように常に証拠金の率、これを証拠金維持率と言いますが、把握しておきましょう。

FXネオにおけるロスカットルールは証拠金維持率が50%を下回ったときです。ただ、それ以前に100%を下回った時点でロスカットアラートという警告が発せられます。このときに早めに損切りをしておくなどでできれば損失を最小限に限定したいところです。

証拠金はレバレッジを25倍にしていた場合、取引金額の4%に相当します。米ドル/日本円を例にすると、1ドル100円のときに1万通貨を取引すると100万円が必要ですが、証拠金はその4%なので4万円です。つまり、この条件下で1万ドルを取引する場合、4万円が証拠金維持率100%になります。このとき、レートが下がってしまい1ドル98円になったとします。すると1万ドルは98万円の価値になってしまい、2万円の評価損になっています。すると、評価損益を加味すると証拠金は残り2万円になってしまい、維持率が50%になってしまいました。

実際には100%である4万円を切った時点でロスカットアラートが発せられますが、なにも対応しないとたった2円だけレートが下がったところでロスカットが発動されてしまいます。すると全注文が自動的にキャンセルされ、しかもGMOクリック証券では自動ロスカット手数料を1万通貨単位あたり500円(南ア・ランドは10万通貨単位あたり500円)ほど徴収されてしまいます。

ロスカットが発動されるレートなどを自分で計算できない人は、GMOクリック証券のホームページ内、FXネオのページでロスカットシミュレーションがあるので、数値を打ち込むだけでどのレートで強制決済されるかがわかります。

無料サービス

デモ口座
FXネオでは様々な取引ツールがあり、どんな環境でも、どんなトレーダーでも自在に取引が可能です。しかし、実際に使ってみるまでそのツールがいいのか悪いのかは、上級トレーダーでもわかりません。カーレーサーだって新発売の車を写真で見ただけでは性能はわかりません。乗ってみて初めてどんなものかを知ることができるのです。

それと同じで、取引ツールやGMOクリック証券自体がどんな業者でどれだけ優れたサーバーを有しているのかなど、実際に使ってみないとわからないことが多いです。

そんなことを知りたいトレーダーのために、GMOクリック証券では無料のデモ口座を用意しています。FXネオで利用できる取引ツールを、本物に近い環境で実際に使わせてもらえ、本当に性能がいいのか、自分の生活や取引スタイルに合っているのかがわかります。

申込みもシンプルなので、とにかくFX取引をGMOクリック証券で始めてみたいというトレーダーはまずはデモ口座で登録をしてみましょう。

初心者もまずはツールに慣れる意味でもデモ口座から始めることをオススメします。FX取引は必ず敗者が出ます。買いポジションを取る場合、反対に売るポジションを取っている人がいるわけですので、その売買の中で利益を得られる人、取られてしまう人が出てくるのです。マーケットは戦場です。初心者も上級者も同じ条件下で取引をしなければなりません。経験不足は言い訳にはならないので、少なくともツールに慣れておくべきなのです。

無料口座開設をする
GMOクリック証券・「FXネオ」の詳細ページ・公式ページへ »

3:取引システム、チャートの機能、対応状況

取引システム、チャートの機能、対応状況

imagett
ブラウザ版でも約定スピードは業界随一!
GMOクリック証券のFXネオにおける最も基本的なツールは、パソコン向けの取引ツールで、特別にダウンロードやインストールをする必要のないブラウザ版になります。取引画面はこれまで利用してきたトレーダーの意見を取り入れて進化し、コンパクトでフレキシブルなものになっています。注文から決済まですべての取引が1画面内で完結する上、カスタマイズ性も高く、トレーダーの好みの画面にすることが可能です。1クリックで注文できるスピード注文搭載なので、素早さが重視されるスキャルピングにも利用できます。

さらに、GMOクリック証券が自社開発したシステムなので、レート配信速度や約定スピードが早いです。Exモードにおいては以前と比較すると6倍にもなっており、スリッページ許容範囲の設定も0.1銭単位で可能なので理想のトレードが実現します。

ストレスフリーな画面デザインで快適取引「iClickFX neoplus iPhone/iPad」


iPhone向けアプリの「iClickFXneo Plus」はスマートフォンの小さな画面ながらもパソコンと同じレベルで取引が行えるツールになっています。画面に制限があることからトレード画面を軸とした機能配置になっていて、GMOクリック証券ならではのスピード注文も搭載しています。各種機能に流れるようにアクセスできるデザインになっているので、初心者でもすぐに使いこなせるストレスフリーな操作性です。

iPhone向けとはいえチャートも表示できますし、チャート上にトレンドラインを正確に描くこともできるという、他社のツールでは難しい作業も行えます。スピード注文チャートにおいてはテクニカルを組み合わせながら相場分析し、素早く注文を出すこともできます。

ウィジェット機能を活用すればマーケット情報がいつでも閲覧できる「FXroid Plus Android」


スマートフォンのAndroid向けアプリ「FXroid Plus」です。iPhone向け同様、小さな画面に向いた表示デザインで見やすくなっており、しかもチャート表示では全12種類の足に加えて移動平均線やボリンジャーバンドなどの指標のほか、DMI/ADXなどの本格テクニカル分析にも対応。さらに、即時入金サービスも利用できるので、パソコンとほとんど同じ環境が用意されています。Androidらしくウィジェット機能を活用すれば為替レートやチャート、経済カレンダーなどのFXトレーダーがいつも気になる情報がホーム画面に自動的に表示できるようになります。マーケットニュースがいつでも手に入るのです。

無料で利用できる高品位で最新鋭のテクニカルチャート「platinumチャート+ パソコン専用」


「Platinumチャート+」はFXネオで口座開設したトレーダーが無料で利用できるテクニカルチャートです。最新鋭で高性能なこのテクニカルをパソコンの会員ページ、あるいは「はっちゅう君FXPlus」で開くことができ、テクニカル分析が可能になります。テクニカル指標は移動平均線(SMA)や指数平滑移動平均線(EMA)、RSI、MACD、平均足、ボリンジャーバンド、一目均衡表、ポイント&フィギュアなど全38種類と豊富。また描画オブジェクトもトレンドラインやサークル、トライアングル、ギャンラインなど25種類と多彩です。さらにチャート画面は最大16分割で表示でき、1枚のチャートで様々な条件下のレートを比較できる機能もあります。チャート上でニュースも表示されるので、相場変動時に何が起こったかも一目瞭然です。

ダウンロード版でより高機能なツールを使いたい人向きiPhone版「はっちゅう君FXPlus パソコン専用」


このツールはパソコン用の取引ツールですが、ダウンロードして使用できるリッチクライアント型になっています。ブラウザ版同様の機能を有しており、Exモードを使えば従来の6倍のスピードで約定できる高性能なツールと言えます。すべてのポジション、あるいは任意で選択した複数のポジションを同時に決済できる機能もあるなど、「はっちゅう君FX Plus」は高機能で、それでいてスマートフォン用のアプリのように直感的な操作で利用できることから、初心者から上級者まですべてのトレーダーが満足のいく取引を行えること間違いなしです。取引に必要なすべての情報をひとつの画面に表示でき、レイアウトのカスタマイズも用意なので、快適な取引が実現できるツールになっています。

ガラケー利用者だって外出先で素早く取引!Android版「モバトレ君」


GMOクリック証券ではガラケーなどの携帯電話用の取引ツールとして「モバトレ君」を用意しています。ダウンロード不要で、FXのほか株式やCFDなどの取引もできるツールになっています。携帯向けとはいえ、即時入金サービスが利用できたり、Exモードで約定力が強かったりなど、パソコンでの取引環境にできる限り近づいたツールになっています。

主要キャリアの携帯電話に対応していて、GMOクリック証券で口座を開設してあれば無料で利用できます。FXネオも取引できるので、24時間動き続ける為替相場で発生する利益獲得チャンスを外出先でも逃すことはありません。

ブラウザのツールバーに設定しておけば、いつでもレート確認できる!「インストール型FX toolbar」


GMOクリック証券ではネットサーフィンで休憩中や仕事中でほかのサイトを見ているときにでもレート確認ができるよう、ブラウザの上部に設置できる「FX toolbar」を用意しています。このツールバーは2種類のブラウザ――Internet ExplorerとFirefox向けで、GMOクリック証券以外のページを閲覧しているときでも為替や指数、商品のリアルタイムレートが確認できます。

ほかにも分析に必要な経済カレンダーやFXニュースなどがアラート付きで表示されるので、チャートに張りついていないタイミングになにか大きな出来事があっても取引チャンスを逃しません。アラートは最大で3回分設定できる

スマートウォッチ専用アプリも登場!「Androidwear専用アプリ FXWatch」


GMOクリック証券では時代の流れを考慮して、AndroidWearアプリとして、スマートウォッチ専用のFXアプリ「FXWatch」を用意しています。スマートウォッチ上に時計と1通貨ペア、もしくは2通貨ペアか4通貨ペア分の自動更新レートが表示される3種類のWatchFaceが選べます。スマートウォッチには四角型と丸型がありますが、どちらにもあう画面デザインですので安心してください。

このアプリで値動きが気になった場合は画面を長押しすればAndroid用のアプリであるFXroid Plusが起動できます。逆にAndroidの端末側からもWatchFaceに表示する通貨ペアや自動更新の間隔を設定することが可能です。

無料口座開設をする
GMOクリック証券・「FXネオ」の詳細ページ・公式ページへ »

4:最新(毎月)のキャンペーン・プレゼント

キャンペーン・プレゼント

imagett

GMOクリック証券で口座開設を考えている人。まずは今行われているキャンペーンやプレゼントの情報を確認してください。というのは、キャッシュバックでいくらか返ってくるのであれば、それを証拠金にして取り引きをすれば、さらに大きな利益となって返ってくるからです。

2016年11月上旬現在で行われているキャンペーンなどを例に挙げてみます。

「新規にFX口座開設で最大25000円キャッシュバックキャンペーン」

期間:2016/07/1~2016/12/30
新規でFX取引口座を開設し、さらに一定の取引条件をクリアすると最大で2.5万円のキャッシュバックを受け取ることができるキャンペーンです。実はもう終わる予定だったのですが、急遽2016年年末まで延長になりました。

100万通貨~499万通貨の新規約定達成→3000円のキャッシュバック、500万通貨~999万通貨の新規約定達成→10000円のキャッシュバック、1000万通貨~1499万通貨の新規約定達成→16000円のキャッシュバック、1500万通貨以上の新規約定達成→25000円のキャッシュバック

第2弾 注目の3通貨ペア取引応援企画! 全員がもらえるFX大抽選キャンペーン!

期間:2016/11/1~2016/11/30
口座新規開設、あるいは保有者がキャンペーン申込みフォームで申込み、FXネオで英ポンド/日本円、NZドル/日本円、南ア・ランド/日本円の新規建て合計10万通貨単位以上で豪華プレゼント

商品内容:A賞(10万円相当)「選べる体験ギフト 厳選の宿」10名、B賞(1万円相当)「プレミアム国産和牛 溌剌(はつらつ)」100名、C賞(5000円相当)「47CLUB×RINGBELL(リンベル)カタログギフト路(みち)コース」100名、D賞(1000円相当)「Amazonギフト券1000円分」500名、参加賞1英ポンド相当額の日本円抽選に外れた人全員
付与口数:10万通貨~49万通貨→1口、50万通貨~99万通貨→2口、100万通貨~499万通貨→3口、500万通貨~999万通貨→4口、1000万通貨以上→5口
賞品発送:2016年12月下旬ごろ

無料口座開設をする
GMOクリック証券・「FXネオ」の詳細ページ・公式ページへ »

5:GMOクリック証券・「FXネオ」の申込・取引開始フロー

申込・取引開始までの流れ

imagett
GMOクリック証券でこれからFX取引を始めたいという人に、取引開始までの流れを紹介します。GMOクリック証券では株式や先物、OPといった取引も可能なので、もしすべての商品で取引を希望している場合は「証券取引口座」、FXネオなどFX取引だけを希望する場合は専用の「FX専用取引口座」で申し込んでください。

では、以下にその手続きを紹介します。これは個人口座の開設で、レバレッジが100倍で取引できる法人口座は別途GMOクリック証券のサイトで確認ください。

口座開設

ネット上の口座開設フォームから申し込みます。このときに提出が必須である本人確認書類を用意しておき、住所や連絡先はその書類と同一の内容を入力しなければなりません。入力が完了したら送信します。

本人確認

申込者が本人かどうかの確認をするために本人確認書類を送ります。現在はマイナンバーの提出が義務づけられているので、それと合わせて送る必要があります。グループ1、グループ2それぞれ1通を用意します。すべて有効期限内の書類でなければなりません。

審査

審査が行われます。証券取引口座ですと最短で4日、FX専用取引口座は最短で2日です。審査が完了すると「口座開設手続完了のご案内」が届き、ユーザーID・パスワードなどが’通知されます。

手続き完了

専用口座番号も「口座開設手続完了のご案内」で通知されるので、会員ページにログインし、口座に入金が行われれば取引が始まります。





 

本人確認の必要書類
グループ1
  • マイナンバーの個人番号カード(表面・裏面の両方)
  • マイナンバーの通知カード(表面・裏面の両方)
  • あるいは住民票の写し(6ヶ月以内、マイナンバー付き)のいずれか
グループ2
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳(住所記載面必須)
  • 住民票の写し(6ヶ月以内)
  • 印鑑登録証明書(6ヶ月以内)

オススメはマイナンバーの顔写真付き個人番号カードです。表と裏をスキャンすればグループ2の本人確認書類は不要です。
これらは口座開設申込完了画面のアップロード用URLにアクセスして画像をアップロードするか、メール、FAX、郵送で送付します。

無料口座開設をする
GMOクリック証券・「FXネオ」の詳細ページ・公式ページへ »


6:他社との比較してどこが優れているか劣っているか

GMOクリック証券・「FXネオ」のメリット、デメリット

imagett

GMOクリック証券・「FXネオ」で口座開設するメリットはすべてが豊富なこと


GMOクリック証券・「FXネオ」で口座開設するメリットはすべてが豊富なこと

GMOクリック証券・「FXネオ」でFXを始める場合、他社と比較して優れていることといえば、すべてが豊富であるということかなと思います。

GMOクリック証券のFXネオで口座開設をするメリットとデメリットを考えてみましょう。
まず、メリットは数知れず、といった感じでしょうか。まず短期トレーダーにはスプレッドの狭さ、手数料各種が無料なので、売買の回数が多くなっても負担が少なくて済みます。長期でポジションを保有する場合においてもスワップポイントが多めになっているので、管理をうまくやっていけば長い間金利差の恩恵を受けることができるでしょう。
また、ツールが豊富にあることと、約定力にも自信がある業者なので、頭の中で思い描いている理想のトレードを限りなく現実世界でトレースできるというのも大きなメリットです。スリッページの許容範囲も事前に0.1銭単位で設定できますから、その点でも予想外のレートで大きな損失を避けることが可能です。

GMOクリック証券・「FXネオ」のちょっと残念なデメリット


GMOクリック証券・「FXネオ」のちょっと残念なデメリット

逆にデメリットとなると、あら探しをしないとみつからないかもしれません。それほどGMOクリック証券は信頼性の高い業者と言えます。もちろん、人それぞれに好みはありますから小さな不満は出るかもしれません。しかし、世界的に見ても取引高の多い業者ですので、トレーダーの多くはメリットに魅力の方を多く感じていることは間違いありません。
そんなFXネオにおけるデメリットですが、これは取引通貨単位が1万通貨単位しかないことでしょう。確かに、1000通貨単位では得られる利益も小さいのは当然です。ですが、通貨単位が小さいと小回りが利くため、リスクヘッジに活用できるなど、頭を使えば利用方法は無限大です。ですが、GMOクリック証券では1万通貨単位しか用意していません。
あと、これは他社でも言えることですが、インターネットバンキングを銀行などで申し込んでいない人はデメリットというか、不便なのかなと見ています。通常振り込みですと、GMOクリック証券の口座に着金するまでに最短で1時間は時間差が出てしまいます。提携の銀行口座がインターネットバンキングを利用できる場合、GMOクリック証券で即時入金サービスが使え、手数料は無料の上、素早い着金が期待できます。ですので、インターネットバンキングを持っているのといないのとではメリット・デメリットが変わってきてしまいます。
しかし、昨今、しかもネットでFX取引をしようという人であれば大抵インターネットバンキングの申込みは済んでいるかと思います。ですので、やっぱりGMOクリック証券には大きなデメリットは存在しないと確信します。

無料口座開設をする
GMOクリック証券・「FXネオ」の詳細ページ・公式ページへ »

7:どんな人に向いているか

GMOクリック証券・「FXネオ」に向いている人、向いていない人

imagett

GMOクリック証券でFXネオを始めるのに向いている人、向いていない人はいるのでしょうか。基本的にはGMOクリック証券はオールマイティーなネット証券会社だと言えます。FX以外にも株式や先物、CFDなどを取り扱っていますからいろいろな金融トレーダーが利用しても満足のいく環境が手に入ることは間違いありません。

初心者でも使いやすい取引ツール

例えば、初心者でもツール自体は扱いやすいです。ベテラントレーダーにとっても約定力が優れていて、スピーディーかつ理想の取引をトレースできる機能的な優位に納得いくことは確実です。短期を好むトレーダーには約定力のほかにツールの視認性、スプレッドの狭さなどがよりよい環境を提供してくれます。長期派にとってはスワップポイントの充実やツールバーなどの活用で金利政策などの経済指標を見落とさずに取引を継続できます。
このようにどんなトレーダーにも向いているのがGMOクリック証券のメリットであり、魅力です。

GMOクリック証券・「FXネオ」に向いていない人
逆にこれらの特徴の恩恵を受けない人はどんな人でしょう。
これを大袈裟かつ無理矢理に挙げるとしたら、金融取引の仕組みをあまり理解していない人、というのはどうでしょう。

金融取引の仕組みがわからないと難しい・・

GMOクリック証券の特徴に各種金融取引がひとつのログインIDでできる便利さがあること、それから取引ツールが多いということがあります。パソコンだけでなく、スマートフォンでも取引ができるなど、トレーダーが物理的に立っている場所によってツールを使い分けることができます。
そして、このとき金融取引あるいは取引ツールの仕組みをちゃんと理解できていない人は、このツール各種を使いこなすことができず、FX取引においても結果的にチャンスを逃してしまうこともあるかもしれません。

無理矢理向いていない人を挙げるとすればそんなタイプのトレーダーなのではないでしょうか。ただ、こういった人はデモ口座を利用して事前に慣れておけば問題は解決します。ですので、GMOクリック証券およびFXネオにおいて、向いていない人というのは基本的にはいないと断言してしまってもいいのかもしれません。これこそが、GMOクリック証券が世界トップクラスにまで登りつめた理由でもあるわけです。


企業データ

会社名
GMOクリック証券株式会社
所在地
東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
資本金
43億4,666万3,925円
登録番号
関東財務局長(金商)第77号
設立
平成17年10月28日
上場/非上場
非上場

無料口座開設をする
GMOクリック証券・「FXネオ」の詳細ページ・公式ページへ »

やっぱりFXをするのに低コストではじめられるのは魅力的だね~
そうだよな!スワップポイントも高いしさ、メリットだらけだよな~
魅力を感じているみたいだね~。GMOクリック証券は2人が言う通り狭いスプレッドの幅の提供に力を入れていて業界最狭水準だし、長期取引をするならとても魅力的な業者間違いなしなんだよね!
なぁなぁ。取引システムも高評価ってきいたけど、ホントなのか?!
そうだよ!株式取引でも使用されていて評判のあった取引システム。その名も・・『はっちゅう君』!!これがFXでも使えるんだ!FXの取引ツールは『はっちゅう君FX+』っていうんだけど、その多機能ぶりはすごいんだよ。操作性を重視していて取引に必要な機能を自分の好きな様にレイアウトできるんだ。他にも1クリックで新規、決済、ドテン注文の出来るスピード注文というのもあってとにかく使いやすさは業界一だよ!
でも、多機能なシステムで初心者の人にも簡単に使いこなせるのかなぁ?
そうだねぇ。使ってみないと合う合わないはわからないところもあるけれど、しいて言うなら多機能ゆえに慣れるまではうまく使いこなせないこともあるかもしれない・・。多機能って聞くと難しく考えがちだけど、この取引システムは操作がしやすく、わかりやすいところも魅力の1つでもあるから初心者でも簡単に使いこなせるツールではあるんだよ!ちなみにGMOクリック証券は他にも無料で使える『プラチナチャート+』っていうのもあるから色々と試してみると良いよ!
そうか・・。ちょっと不安だけど使ってみようかな??なんでも経験を積むことは大事だもんね。ところでプラチナチャート+って何??
プラチナチャート+はな・・高機能を超えるテクニカルチャートだよ!知らねぇのか?
知らなかった・・。
確かにブルくんの言う通り、高機能で操作のしやすさはもちろん自由なレイアウトにも変更可能で、38種類のテクニカル指標と25種類の多彩な描画オブジェクトもあってさらにチャートウィンドウは16分割に出来るんだ!
へぇ~。そんなことできるんだ!GMOクリック証券って低コストだけじゃなくて取引ツールも充実していて本当にすごいんだね!
あたりめぇだろ!
あと、GMOクリック証券の口座を1つ作ってしまえばFXだけじゃなく株も出来るんだよ!シングル・サインオンだから金融取引全般行いたい人にはコスト面も含めてGMO証券をオススメするよ!ちなみにシングル・サインオンというのは、1回の認証手続きで複数のアプリケーションサービスにアクセス出来るって意味だよ!
楽チンな上にどんどん魅力は増すばかりだね!早速始めてみたくなってきちゃった♪
いつものごとく俺はもう口座開設したぜ。ベア、おっさき~!!
ははは・・・。
ええ!ブルくん早過ぎるよ。僕もキャンペーン利用で口座開設しよっと!
今なら新規口座開設と取引をするだけでキャッシュバックを実施中!みなさんも是非口座開設してみてはいかがでしょうか?

 

利用者・トレーダーからの口コミと評判

実際にGMOクリック証券を利用したトレーダーの評判を紹介します。

平均評価 4.0 ( 5件 )

良い口コミ
GMOクリック証券いいです! - 20代男性・投資歴3年

普段使う分には特に不都合もなく、分析ツールも一通りそろっていて使いやすいです!
ここが一番いい点なんですが、大きな相場変動の時、他社がシステムダウンしているときも正常に動いていました!おかげでしっかり利確もできて儲けさせていただきました!もしほかの会社だったら利確のタイミングが遅れて大きく利益を減らしていたでしょう!
本当にありがとうございます!GMOクリック証券を使っていてよかったです!
少額を取るか、性能をとるか?? - 20代女性・投資歴3年

ここは取引高が世界一位なので初心者からベテランまで幅広いトレーダーに支持されています。
スマホのアプリも他社から比べるととても使いやすいと思います。
最低取引単位は一万通貨からなので少額から始めたい方はこちらはオススメできません。
他社では一通貨から始められるとこがあるのでそちらをオススメします。
しかしここは機能は本当に充実していて使いやすいのでスムーズな取引ができます。
スプレッドは他と比べて同じくらいだと思います。
メイン口座GMOで決まりです - 30代男性・投資歴7年

私はGMOクリック証券をメインで使っております。このGMOクリック証券は本当に使いやすいです。特にチャート表示ですがプラチナチャートというものがあります。私はデイトレでちょこちょこやるタイプなのですがぴったしのチャート表示をすることができます。

他の方も私と同じことを思うと思います。それだけこのプラチナチャートは使いやすいのです。他ではまず、すべらないです。スリッページはほとんどありません。私は他社で使っていましたがGMOクリック証券のすべらなさは本当に使いやすいです。投資経験7年のうち、6年間はGMOクリック証券のFXネオを利用しております。もちろん現在も利用しております。
普通の口コミ
MT4が使えるのがいいですね。 - 30代女性・投資歴3年

GMOクリック証券をと海外FX会社の2社を使用しています。
GMOクリック証券を選んだ理由は、スキャルピングを行っているのでスプレット幅が狭く使いやすいこと、またMT4を使用しているためMT4が使えることで選択しました。

また信託保全もしっかりしており、日本では安心だと判断しました。
実際に使ってみても、時間や選択通貨によってはスプレット幅はこんなに?!という時間もありますが、基本特に問題ありません。
ひとつ気になることはスリッページが結構あります。
今だというときに滑るのが痛いです。
わがままを言えば - 30代男性・投資歴5年

GMO証券・FXネオはスキャルピングをするには悪くないFXの会社だと思います。約定力は悪くはない思いますが良いとは言えないかもしれません。スプレッドはスキャルピングするには普段のスプレッドは問題ありませんが、相場急変時は少しスプレッドが他社に比べると広い気がするので良いとは言えないと思います。

GMOクリック証券で1番良いのは取引ツールだと思います。買い注文も決済も1クリックでOKなのは、かなり良いと思います。この取引ツールが自分と合うならスキャルピングのメインの口座にする価値もあるかもしれません。

無料口座開設をする
GMOクリック証券・「FXネオ」の詳細ページ・公式ページへ »

13 12月 2015

年代 性別 投資歴

  • FX人気会社ランキング

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    結果を出すならヒロセ通商!!

    ↑最強レベルの口座がココにある!!

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMMFX

    充実取引システムでお馴染みの DMMFXが当サイト限定で 現金5000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!