あなたはこんな経験無いですか?為替相場で負けてしまう人の特徴と共通点とは

現在、FXで負けが込んでいる人もトレードルールを見直せば勝てるようになる可能性があります。

とはいえ、

「どんなふうにトレードルールを設けたらいい?」
「トレードルールを作る際に大事なことは?」

など、疑問を持っている人も多いことでしょう。

そこで今回は、FXで勝てない人の特徴やトレードルールの大事なポイント・注意点などについて紹介しています。

この記事を読むことで、トレードルールの重要性や設定方法がわかりますので、FXで勝てない人は参考にしてください。

トレードルールを作ることの大切さ

FXで勝てない要因の1つが、トレードルールを作っていないことです。

「トレードルールなんて作る必要があるのか?」と疑問に感じる人も多いと思いますが、しっかりとFXで稼いでいる上級トレーダーのほとんどが各自でトレードルールを設けています。

逆に、FXで勝てない初心者トレーダーなどに限って、トレードルールを作っていません。

トレードルールを作る1番のメリットは「感情に左右されず取引できる」ことです。

感情的なトレードになると、冷静な判断ができなくなり、どうしても負けが込んでしまいます。

  • ●●銭(pips)動いたら利確・損切りする
  • 自分の得意な相場でない場合はエントリーしない
  • 米ドル円以外の通貨ペアは選ばず、1,000通貨で取引する

など、人それぞれで内容は異なりますが、ルールを作ることで感情に左右されない取引が可能です。

システマティックに取引ができるため投資成績が安定するだけでなく、課題も明確にわかるため、もう少し損切りの値幅を小さくするしようなど対策も講じやすくなります。

ルールがない場合は投資成績も不安定ですし、何が悪いのか課題がわかりづらいため一向に成績が上向かないものです。

まずはトレードルールを作って厳守するようにしましょう。

FXに勝てない人の特徴

FXに勝てない人には、共通する特徴があります。

どのような特徴があるかを知っておけば、どこが悪いのか把握ができるため対策を講じることが可能です。

ここでは、FXに勝てない人の5つの特徴について、一つひとつ見ていきましょう。

特徴1.塩漬け

FXに勝てない人に見られる特徴の1つが、塩漬けです。

塩漬けは、「そのうち戻るだろう」と含み損を抱えたポジションを放置しておく行為のことを言います。

上級トレーダーで意図的に塩漬けするケースもありますが、大抵の場合、今後の相場展開を分析したうえで判断する根拠のある戦略的な塩漬けです。

しかし、FXで勝てない人がおこなう塩漬けには根拠や戦略性はありません。

「なんとかなるだろう」という楽観的で安易な考えでおこなうケースや損失を確定させたくない思いから放置しているだけです。

塩漬けしたことがある人はわかると思いますが、そう簡単に値は戻りません。

逆に含み損がどんどん膨れ上がっていき、ロスカットになってしまうこともあります。

最も良いのはトレードルールに則り損切りすることなので、塩漬けという現象が起こること自体がおかしいことだと考えておきましょう。

特徴2. ナンピン

FXで勝てない人は、ナンピン(難平)の売買手法を取り入れていることも多いです。

ナンピンとは、相場が下がり保有ポジションが含み損を抱えたら新たにポジションを持ち、平均コストを下げる方法のことを言います。

たとえば、米ドル円を115円で買った後に相場が110円まで下がった場合、新たに110円でポジションを持てば、平均価格を112.5円まで下げることが可能です。

FXに限らず、株式投資などでも利用される手法の1つですが、相場が必ず上昇する保証はないため、そのまま下落が続いた場合は、大きな損失を負って十分な資金がない場合はロスカットになってしまいます。

分析精度が高く資金があり、根拠のある計画的なナンピンであれば問題ありません。

しかし、勝てない人がするナンピンは塩漬け同様、「なんとかなるだろう」「もう少しで上がるだろう」と楽観的・安易な考えのものです。

ナンピンで勝つには豊富な経験と知識が必要になりますので、初心者をはじめ経験・知識が少ない人では難しいでしょう。

特徴3. 勘でトレード

勘でトレードをするのもFXで勝てない人の特徴の1つです。

「なんとなく上昇するのではないか」「そろそろトレンドが転換するのでは」など、勘だけで判断をして売買をしてしまいます。

FXは上がるか下がるかを予測することで稼ぐため、二者択一で簡単なように感じるかもしれませんが、勘で稼げるほど甘く単純なものではありません。

FXで勝てる人は勘でトレードするのではなく、根拠をもとにトレードしています。

ボリンジャーバンド移動平均線MACDなどのテクニカル指標を用いてテクニカル分析やファンダメンタルズ分析をおこない、自身のトレードルールに則り売買をするのです。

根拠に裏付けられた取引のため、安定した勝率で利益を稼ぐことができます。

FXに限ったことではありませんが、投資は勘でするものではありません。

勘でトレードをして稼げるのであれば、まわりにたくさんの億万長者が誕生しているはずです。

特徴4. ポジションをパンパンにする

FXで勝てない人は、パンパンになるまでポジションを増やすのも特徴です。

ポジションを持っていないことを不安に感じ、安易にナンピンをしたりします。

ポジションがパンパンにしていると、その分必要証拠金が高くなって証拠金維持率が低下するため危険です。

大きな相場変動が起きた際に、一気にロスカットになる恐れがあります。

ポジションを増やしすぎる人に足りないのは、リスク管理や資金管理です。

上級トレーダーでも戦略的にポジションを増やすことはありますが、万が一のことを考え、リスクヘッジもしています。

リスクを考えずにポジションをパンパンになるまで増やしてしまうことにメリットはほとんどありません。

特徴5. 冷静さを失う

FXで勝てない人は、取引中に冷静さを失っていることも多いです。

冷静さを失ってしまうと、適切な判断ができなくなります。

とはいえ、「冷静に取引しましょう」と言われて冷静に取り組めるものではありません。

そのため、少しでも冷静に取引ができるように仕組みを設けることが重要です。

その仕組みとなるのが各自で作るトレードルールになります。

トレードルールがあれば、ルールに則りエントリーして、ルール通りのタイミングで利確・損切りをおこなうだけです。

そのため、ルールさえ厳守していれば感情に左右されることなく取引を繰り返していくことができます。

冷静さを失うと何も良いことがありませんので、感情に左右されない取引環境作りをおこないましょう。

トレードルールの大事なポイント・注意点

トレードルールを作る際には大事なポジションや注意点があります。

これらを考慮したうえでルールを作らないと、すぐに大きな損失を負ってしまう可能性があるため注意しましょう。

ここでは、トレードルールの6つの大事なポイント・注意点について紹介しています。

1.ポジションの保有期間を決めよう

トレードルールを決める際は、ポジションの保有期間を決めるようにしましょう。

ただし、「ポジションは4日までしか保有しない」など、いきなり細かい決めごとをする必要はありません。

デイトレードスイングトレード、長期トレードなどトレード手法があるなかで、「スイングトレード(数日間〜数週間)保有しよう」など、おおよその期間を設定しましょう。

トレード手法・ポジション保有期間を設けることで、どのようなタイミングでエントリーをしていくらくらいの利益を狙うかなど、細かいルールや対策を決めやすくなります。
ポジションの保有期間を決めず、なんとなくで取引をしていたら対策が講じづらくなるためおすすめできません。

2.損切りの徹底

トレードルールを設ける際に大事なのが、損切りルールの設定と徹底です。

損切りルールがないと、感情的なトレードとなってしまい、結果として大損してしまいます。

「●●円(pips)下がったら損切りをする」とルールを決めておけば、システマティックに損切りを繰り返すことが可能です。

そして、損切り設定は利確設定よりも幅を小さくしておくようにしましょう。

「利小損大」ではなく「損小利大」にするためです。

FX業者の多くがストップ注文に対応していますので、注文をする際にあらかじめストップ設定をしておけば、チャートを見ていなくてもルール通りに損切りができます。

損切りの徹底はリスク管理・資金管理につながり、FXで利益を出すために非常に重要です。

3.分析を怠らない

あたりまえのことですが、相場分析を怠らないことは大切です。

相場分析をしなければ勘に頼った取引になってしまい、利益を出し続けることは難しくなります。

初心者であれば使えるテクニカル指標は少なく、重要なニュース・経済指標のセグメントも難しいですが、それでも分析をおこない、根拠を持って取引することが大切です。

そうすることで、分析の精度を高めていくことができます。

移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表などのテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析を積極的におこないましょう。

FX業者が独自に配信している相場分析に関する動画やアナリスト情報などもチェックをすると、分析精度が向上しやすくなります。

4.得意な相場局面でしか取引をしない

得意な相場局面でしか取引をしないようにしましょう。

むやみやたらにどんな相場局面でも勝負をしていたら負けてしまいます。

利益を出し続けるトレーダーは、エントリーをするタイミングを決めているものです。

自分の得意とする相場局面でのみ取引をすることで、勝率を高めることができます。

逆に、自分の苦手な相場局面では、絶対にエントリーをしません。

FXで勝てない人は、「このタイミングであれば高い確率で勝てる」というタイミングでのみ取引をするようにしましょう。

自分の得意とする相場局面に絞ることは、勝率を高めると同時にリスク管理にもつながります。

5.取引する時間を決める

普段、仕事をしているとまとまった時間を確保することは難しい場合があります。

このような状況だと、わずかなスキマ時間に取引をしようとして、十分な分析をしないままエントリーをしてしまうものです。

その結果、安易な取引となってしまい損失を負ってしまいます。

中途半端な取引となるため、あらかじめ取引時間を決めるようにしましょう。

時間ごとに相場の特徴があるため、毎日取引する時間を決め固定化することで、その時間の特徴を把握でき相場分析がしやすくなります。

また、取引時間を決めれば、その時間以外はチャートなどをチェックしなくて済むため本業にも支障が出ません。

6.レバレッジをかけすぎない

トレードルールを設ける際は、レバレッジをかけすぎないようにしましょう。

高レバレッジで取引をすると資金効率が高まり、短時間で大きな利益を得ることも可能ですが、リスクが高すぎます。

高レバレッジになると、わずかな値動きで大きな含み損を負ってしまいロスカットになる恐れがあるためです。

レバレッジ取引は両刃の剣であることを理解しておきましょう。

FXの醍醐味の1つでもあるため、レバレッジ取引に興味を示すのはわかりますが、経験・実績を積むまではレバレッジをかけすぎないようルール化してください。

レバレッジで大きな利益を狙うのではなく、コツコツと小さな利益を積み重ねていくことが大事です。

そうしてノウハウを身につけていった後に高レバレッジ取引に挑戦しましょう。

まとめ

今回は、FXで勝てない人の特徴やトレードルールの大事なポイント・注意点などについて紹介いたしました。

最後にもう1度、ここで紹介した大事な点をまとめると、次の4点が挙げられます。

  • FXで勝てない人はトレードルールの有無や内容に問題があることが多い
  • トレードルールを慎重に作れば負ける確率を減らすことが可能
  • 損切りの徹底やレバレッジをかけないなどリスク管理につながる
  • 自分が勝てる環境で取引することが大切

FXで勝てない人は、ここで紹介した内容を参考にしてトレードルールの作成・見直しをしてみてください。

情報量が凄い!!
FXプライム byGMO
FXプライム
情報量・提供スピードに強み!
GMOグループだから安心
信託保全完備
投資家ニーズすべてをカバー
GMOクリック証券
GMOクリック証券
中長期投資派の方にも人気
初めて外貨投資をされる方向き
超高速取引も可能!
高スワップ、きめ細かなサービス
DMM FX
DMM FX
高スワップポイントで実績!
スプレッドが驚異の0.3銭固定!
満足!革新的なシステム
うーん、最近取引が上手く行かないなぁ。ハッシーなにか良いコツがあれば教えてよぉ。
そんなの直感で真っ直ぐ行こうぜっ!!何ごとも思い切りが大切なんだぜ!
う、うん。僕には思い切りが足りないのか(汗
こらこら!!直感ばかりでトレードしたって損が生まれるだけだよ!!
なんだとッ!?コラァ!!
いいかい?FXで負けてしまう人の共通点で勘でトレードしている人が挙げられるんだよ。
がーーん!!
えぇッ!?
相場は生きているかの様に変化するからベテランのトレーダーでも予想を的中させる事や勝ち続ける事は難しいんだ。初心者で勝ち続けているのはビギナーズラックだね。でもいつまでも続かないから最終的には負けてしまうよ。
じゃあそれなりに知識や情報が必要って事?
そうだね。投資の技術や相場の知識がない人は負けてしまう傾向にあるよ。それ以外にも損切りが出来ない人や自分のトレードスタイルやルールを貫けない人もそうだね。自分のトレードスタイルが決まってない人は取引方法も決められないから、まずは自分のトレードする時間帯や資産状況を考えてスタイルを決めて行こう!!
そんな専門的な知識や指標なんて最初から理解なんて出来ないだろ。
そうだね。初心者でなかなか上手く予想がつきにくいからこそ、技術よりも先にリスクコントロールをする事が大切なんだよ!!
なんだそれ・・・。
自分の資産がどれくらいなのか?、どのくらいポジションが所有できるのか?を計算して把握する事が大切なんだよ。自分の資産以上にポジションを増やしたりするとすぐロスカットされてしまうよ。
じゃあ所有するポジションは少ない方がいいんだね!
資産が少ない人はポジションに制限をかけた方がいいかもしれないね。でもそれだけじゃダメなんだよ!
!?!?
いくら制限をしたとしてもレートが予想とは逆に動いてしまった場合。「また戻る」と思って損切りをしないでいると損失は膨れ上がってしまうこともあるんだ。下がってしまったポジションをいつまでも持っている価値はない!!って切り捨てて行くこともとても大切なんだよ。
うおーーー!オレ損切り出来てなかったぜ。
ボクもだよー。
損切りは徹底した方がいいね!あと、ブルくんみたいに熱い人!!
お、おう!
たとえ損失を出してしまったからと言って冷静さを失って負けを取り返そうと許容範囲を超えてしまうことや、いつもやらない様な賭けに走ってはいけないよ!!なぜ負けてしまったのかを冷静に分析する事が大切なんだ。すぐに冷静になれない場合は冷静に考えられるまで取引をお休みした方がいいね。
オレ、よく頭に血がのぼってる気がするぜ。
FXでは冷静さや分析が大切なんだよ!あと相場の情報分析も怠ってはいけないよ!
ボク、情報を提供サービスのあるFX会社で口座開設をしたよ!!
よしよし!!FXで少しでも勝率をUPさせるためには情報提供力のある会社や、システムやツール、チャートに強い会社を選んで口座開設するのが賢明だと思うよ!!

02 11月 2015

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!