世界的な資金の換金スピードを上げる取引で円滑な商取引を行う

出典:sbjbank

LINEを利用している利用者はアジアを中心に3000万人を超えています。
LINEには様々な機能が追加されており、利用者は様々な特典とともにその機能をほぼ無料で利用することができます。その中でも今回追加された機能として、SBJ銀行を利用しての外国為替への両替や購入がLINEアプリを通して可能になるサービスがLINEPay外貨両替の機能です。

利用できる外貨は韓国ウォン、米ドル、ユーロ、人民元です。したがってこの外貨を使う国に渡航する際は利便性があるということになりますが、今回はLINEPay外貨両替の利用方法から利便性、キャンペーンまで詳しく解説します。

LINEPay外貨両替とは?ほかのサービスとの違い

LINEは2011年6月25日から配信を開始したメッセージ交換アプリとして世界中で利用されています。
LINEの特徴的な点はPCでの利用がほとんどであったチャット機能を閉鎖的に展開することができるという点であり、閉鎖的なオープン空間は当時としては非常に画期的で、瞬く間に利用者が増えていきました。

その後もLINEはスタンプ機能の充実のみならず、カードでの決済機能や、格安通信回線を用いた通話機能や、LINEを利用したゲーム機能の開発、またそれに付随するコミュニティーの生成を行うことにより、4億7000万人を超えるユーザーの社会的なインフラ機能として利用がなされています。

Facebookやインスタグラムと並び、ほとんどのスマホユーザーが利用している通信アプリです。その中でも今回は2014年に運用が開始されたLINEPayという機能について解説をしていますが、外貨両替ができるようになりました。

いまだに電子マネーを利用している人数が増加している日本で、通信アプリとしては最も浸透しているLINEでの買い物決済が有効になる機能ですので、LINEPayとは何かというところから解説します。

LINEPayとはそもそも何なのか。本人確認の方法や機能解説

LINEPayとは2014年の運用が開始されたオンライン決済サービスの名称です。
よくあるオンライン決済サービスのようにクレジットカードを利用するのではなく、電子マネータイプの現金を入金してから利用できるタイプの決済手段です。LINEを利用している世代は幅広く、未成年から高齢者まで利用しているため、年齢に伴う本人確認の必要性があるなどの制約があります。

実はLINEPayでは本人確認をするのとしないのとでは利用できる機能に大きな違いがあります。
本人確認を行わなければ通常LINEの中での決済機能のみとなるLINECashという入金しただけの状態となり、利用できる範囲はLINEStoreというオンラインストアでの決済が基本となります。LINEStoreでは何が買えるのかというと、LINE内で利用可能なスタンプ、特に芸能人などがモチーフになっているスタンプやLINEの通信機能を活かした占いなどを有料で受けることも可能になります。

いずれも本人確認なしで取引が可能なので、自宅に荷物が届くような商品は取引がなされていません。未成年でも利用がしやすいように、利用可能な機能に多い制限がかかっているのが特徴でもあります。コンビニやドラッグストア、カラオケなどはLINECashのみしか行っていないユーザーでも利用が可能となるため、特に子供に持たせる際にお金として渡しておくなどの利用方法として有効でしょう。

入金の方法は各大手銀行や主要都市銀行からの振り込みやeasy-payを利用しての入金、コンビニからキャッシュとしての購入を行うという方法があります。
銀行からの振り込みの場合は、保有している口座が自分のものでなければ利用ができないため、LINECashのみを利用する多くの課金ユーザーはコンビニを利用するかeasy-payを利用しての入金が多くなります。ちなみにLINECashのままでの利用では、入金した現金は出金することができないため、LINECashのみでの利用は金額に注意することをお勧めします。

本人確認で利用できる範囲が格段に広がる

LINEで本人確認を行うと、より利便性が高い取引を行うことができます。
特に本人確認を行うことで変わる機能は、入金のみならず出金ができることと、他のユーザーへの送金が可能となることです。この時本人確認を行う方法としては、2通りあります。その中でも銀行送金を利用しているユーザーはそのまま銀行の口座情報を連動させることにより本人確認を行うことが可能になります。

もう一つは写真付きの免許証などを利用して本人確認を行う方法です。
画像を送信する必要があるので少々手間がかかりますが、コンビニ等を利用する場合はこちらのほうが利便性が高くなるでしょう。この送金という選択肢はそれまで距離が離れていれば銀行を利用したもので行うしか方法がないため、時間的な制約などの障害がありましたが、LINEPayを利用することによりそのストレスを軽減することが可能となりました。

ビットコインよりも身近なアプリでもあるので、浸透するまでに時間がかからず、相手も本人確認が必要というハードルはそれほど高くはないでしょう。

LINEPayはスマホだけで利用可能なのでスマホを持ってさえいれば大丈夫

LINEに関するアプリやカード、LINEPayはすべてスマホを通しての取り扱いになります。
そのためスマホを利用していれば新しく準備するものもなく、取引を始めることが可能です。そして2017年7月24日から運用が開始されたサービスが、スマホのみの取引で外貨両替ができるサービスです。

これまで外貨両替の際はその機能がある銀行の窓口や空港の外貨カウンターでの両替を行うしか方法はなく、込み具合によっては時間がかかってしまうなどの理由から事前の準備が欠かせませんでした。
銀行の窓口は時間が制限されているため、直接行くことが難しい場合はネット口座などを開設する必要があり、そこでも手間が発生します。
したがってスマホのみで外貨両替が可能であり、キャンペーン中ならば配送料も無料となるので、夏の旅行などにはもってこいの機能となります。

2017年7月24日から国内すべてのSBJが運営する両替所でLINEPay外貨両替の利用が可能になる

2017年7月24日から株式会社SBJが運営する両替所での、LINEPayの資金を利用した両替受け取りのサービスが開始されました。
もともと銀行の窓口やSBJの窓口においても両替は可能であり、両替を行うところまで出向けばLINEPayで両替を行うメリットはあまり感じられないかもしれません。また交換できる通貨は韓国ウォンや米ドル、人民元やユーロですが、それぞれが利用できる国に渡航する飛行機や船舶が停泊する箇所よりも、両替所が少ないために、不便に感じる利用者もいました。

SBJの両替所自体は24時間365日営業中ですが、渡航者が利用できないために、利便性が低下していました。この時にSBJのサービスと連携をすることでその問題点を解消しています。

LINEPayでの外貨両替はどんな時に役立つか?

LINEPayでの外貨両替を利用する場合において、もっとも問題となるのが地理的な格差です。
両替所から遠方に住んでいるほど準備に時間がかかり、手間取ってしまう可能性があります。そういった際に、LINEPayでの外貨両替であれば自宅まで配送してもらうことが可能になります。離れていても渡航前に外貨準備ができれば、その分ゆとりをもって準備することができ、渡航先でのスムーズな決済に役立ちます。

またそれに際し外国で両替を行う場合はパスポートなどが必要になりますが、LINEPayの場合はスマホのみで完結できます。そのため外出時でも時間を問わず外貨購入ができるので、非常に利便性が高くなります。

利用方法は?どんな時に使えるのか?具体的に例を挙げて解説

LINEPayでの外貨両替を行う際は、LINEアプリの中でLINEPayの選択を行う必要があります。
この時に本人確認ができていれば、チャージや銀行からの入金にも対応していますが、本人確認ができていなければ購入したLINEPayカードなどの入金からの利用となります。つまりLINEPay残高がある状態での外貨を購入するという仕組みで外貨両替を行うことになります。

基本的なサービスとして、スマホのみで決済が可能ということもあり、両替所と離れた場所にいても取引が可能であるという点です。
ここで注意すべき点は、外貨両替を行ったとしても、電子マネーで外貨が獲得できているわけではないという点です。つまり電子マネーとして外国で利用ができるわけではなく、外貨両替の際に銀行の窓口まで出向き、やや高めの手数料を支払う必要がなく、スムーズに手元に外貨が届けられるということになります。

さらにキャンペーンを利用すると、手数料がなくなり為替レートの上では非常に有利な手続きがとれるようになります。
海外などに訪問する際は必ず外貨が必要になるので、LINEPay外貨両替を利用して事前に準備するとよいでしょう。また訪問する日時が決まっている際は羽田空港、成田空港、福岡空港などのSBJ窓口でも受け取ることができるので準備忘れなどの心配もありません。

利用方法の多い手段としては、海外留学や長期の出張の際にLINEPayで外貨両替を行い、相手方に送金する形であれば、国際送金などの非常に時間のかかる手間を省いて行うことが可能なため、現地で引き出しが可能な場合でも、日本からの送金が可能な場合でも非常に重宝するでしょう。

対応通貨やLINEPay外貨両替に対応している両替所、交換所とは

海外渡航時にLINEPay外貨両替を行う利用者の特徴として、メジャー通貨の利用先であったり、アジア通貨の利用先であったりする可能性が非常に高いということです。
外貨は日本円と交換するためにある一定以上の流通量が必要になります。そのため非常に小さい通貨では市場の安定がないため取引がありません。それに比べ取引量が多い通貨では、多様な方法を用いて様々な国籍通貨と交換ができる仕組みになっています。

中でも両替システムはSNSとの共存が難しくなく、各事業者が非常に取り組みやすい状況となっています。その中でもLINEは利用者数が非常に多く、外貨が扱えるようになると利便性が高いことは間違いないでしょう。ここではLINEが扱っている外貨やそれに対応している両替所などから利用することによる利便性の高い領域を解説します。

LINEPay外貨両替が対応している両替所は株式会社SBJが運営する両替所

LINEPay外貨両替が対応している両替所は、羽田空港国内線、羽田空港国際線、博多港、福岡空港内にある各両替所で対応しています。
このSBJが運営する両替所であれば、韓国ウォンは基本的に手数料無料で受け取ることができます。株式会社SBJ銀行は、もともと新韓銀行の日本支店の業務を受け継いだ銀行で、韓国との交易に非常に大きな強みを持っています。そのためLINEともビジネス上近い関係にもあるのですが、LINEPay外貨両替と連携することで、支店や両替所の近くにいない顧客にも口座なしで取引が可能になることを意味しています。

また店頭受け取りの場合には、全国に10支店があるSBJ銀行の支店を利用することも可能です。
銀行の窓口に迎えるのであればほかの銀行を利用しても大差はありませんが、一般的に取引手数料として片道でも2円ほどの差額があることは覚悟しておくべきでしょう。2円の差額とは1通貨単位当たりのことで、1ドル2円なので1万ドル交換するごとに2万円、110万円につき2万円程度と考えておきましょう。

もちろん各種キャンペーン中であれば手数料無料もあり得るので、小さい金額であってもチェックは必要です。もちろん外国へ渡航する際に受け取ることも可能なので、自分のスタイルの合わせた利用を行うことが可能でしょう。スマホからの申し込みでもあるので、思い立ったタイミングでできるということも魅力の一つといえるでしょう。

LINEPay外貨両替が対応している外貨は4種類の通貨のみ

LINEPay外貨両替に対応している通貨は米ドル、ユーロ、韓国ウォン、中国人民元の4種類となっています。

◆米ドルは言わずと知れた世界でも最も取引量の多い通貨
世界の通貨の中でも利用できる国や地域が多く、基本的に基軸通貨であるドルを持ち歩いていればどこに行っても現地での両替が可能なので不便に感じることはないでしょう。しかし反面比較的日本円との値動きは大きく、1万ドルあたりで換算すると2万円から3万円は1週間程度で変わってしまうので、渡航が決まってからはLINEPay外貨両替などを利用して円高のタイミングを習うことでよりお得な取引ができるでしょう。LINEPay外貨両替では最低100ドルからの利用が可能であり、通貨レートにもよりますが9000円~12000円の間からの交換とイメージしておけば外れることは少ないでしょう。

米ドルが利用できる国の数は
カンボジア、ベトナム、インドネシア(バリ島)、フィリピン(セブ島)、パラオ、ハワイ、グアム、サイパン、ガラパゴス諸島、マーシャル諸島、ミクロネシア、パナマ、ラオス、メキシコ、カナダ、ジャマイカ、モルディブを含めた15か国、地域以上でそのまま利用できるようになっています。

◆ユーロも世界の流通量第2位を誇る基軸通貨の一つ
その名前の通りユーロ加盟各国で利用できますが、直接利用できる国は27か国中17か国に限られています。ほかの10か国については独自の通貨制度を持ち合わせているため、ユーロが利用可能な店舗もありますが基本的には使えないといおうイメージで間違いないでしょう。例外としてイギリスはポンドという通貨を導入していますが、ポンド自体も流通量8位を誇る通貨でもユーロが使えるようになっています。

ただし個人商店などでは使えないお店もあるので注意が必要です。ユーロは政策によりへ引導幅が徐々に大きくなってきておりますので、こちらもLINEPay外貨両替を利用合うることで手数料も安く抑えられ、かつ円高のタイミングを狙っておくとよいでしょう。
事前の準備段階でよりお得に交換できるということは間違いなくメリットになります。
LINEPay外貨両替では100ユーロからの交換となりますが、近年では値幅も広くなっていますが12000円~16000円の中での交換レートとなることが多いので、12000円に近い時に交換することをお勧めします。また現地での引き出しも可能なので、少額ずつ交換しておいたほうが安全性も高くなります。

◆中国人民元は中国、香港、台湾及び中国西方の自治州での利用が可能
意外なことに世界の人口お6人に1人は中国人であるにもかかわらず、人民元の流通量は世界9位となっています。
中国ではキャッシュレス文化が根付いており、中央銀行の信頼性も低いことから流通量は低めとなっています。人民元で特に注意したいことは、台湾や香港では人民元よりもドルのほうが利用しやすくなってきていることや、中央銀行がある日突然基準価額を変更してくるところです。2015年には3日間で2%以上も変更したことからも市場の混乱を誘うこともありました。

こうした突然の変動などからも価値が変わってしまうこともあるので交換の際は何回かに分けることをお勧めします。LINEPay外貨両替では1000元からの取引が可能で、交換レートとしては15000円~18000円程度の金額との交換となります。経済情勢に大きく左右される通貨でもあるので情報は常にチェックしながら少額ずつ交換することをお勧めします。

◆韓国ウォンは、取引量自体は世界でも低い部類に入り、新興国通貨として分類される
国家の経済として新興国なのかどうかという問題はここでは取り上げませんが、一般的にメキシコペソなどと同様に、外国為替市場に乗っていない銘柄としてエマージング銘柄に分類されます。外国為替取引ではある程度の経済強度がなければ他国の通貨と比較することは非常に難しく、値動きが著しく大きくなってします可能性があります。

そのため取引量が小さい通貨は取引には乗らないことが多くなります。しかしながら韓国では消費活動が非常に活発であり、一月あたりの消費金額は日本の倍を記録しています。
物価としては日本の約半分前後ということもあり、その消費性向がうかがえます。またLINEPay外貨両替を取り扱っているSBJはもともと新韓銀行の日本支店をソフトバンクが買収したこともあり、非常に韓国ウォンに対して柔軟な部分があります。LINEPayであってもなくてもSBJを利用すると比較的手数料も安く済み、それぞれの韓国へ通じる玄関口にはあるので両替も利便性が高いです。

韓国ウォンはLINEPay外貨両替では10万ウォンからの交換であり、変動相場制ではないので1ウォン0.1円の交換レートがあります。したがって事前に交換することでほかの通貨のように利便性を確保できるものではないため、単純に手数料が安いという部分に関してメリットがあります。加えて配送料無料のキャンペーンを利用するとさらに手軽に手元に届くことになるので活用できる環境であれば活用をお勧めします。

LINEPay外貨両替での外貨の購入方法や受け取り方法を解説

LINEPay外貨両替で外貨を購入する際にはLINECashやLINEMoneyなどのサービスを使いこなしている方が多い可能性が高いです。しかし初めての方にもLINEがスマホのアプリの中にはあるけれども活用していないという方が一定数いる可能性が高いので、ここではLINEPay外貨両替で外貨を購入する方法を解説します。また外国へ向かう際に重要になるのが現地で使う通貨をどのタイミングで手に入れるかということです。基本的に外国の空港にあり立った時点で現地の通貨しか使えないことを前提に動いたほうが良いため、語学に堪能でなければ国内で交換することになります。しかし国内では2種類の通貨を持ったり銀行に出向く機会がなかったりする場合もあるので配送のサービスを活用することも考慮に入れるべきでしょう。ここでさらに外貨の受け取り方法も解説します。

LINEPay外貨両替の購入方法はアプリからすぐに可能

LINEPay外貨両替で外貨を購入するには、LINEに入金したのちに、アプリ内のLINEPay画面から外貨両替をタップします。
その後外貨両替に必要な規約が出るのでその規約に同意するをタップすると個人情報の入力画面へと遷移します。この時に後述する受け取り方法やその日時、両替をする外貨、金額、決済方法を入力していきます。ここまで入力が完了するとLINEPayなどでの支払いを行うことで現物の通貨は手元にはありませんが取引が完了します。

通常の外貨両替では銀行の営業時間内に窓口へ向かうか、空港などの両替所に直接向かうしか方法はなく、時間が早い便や遅い便などでは対応できない空港や港もありましたが、LINEを利用するとそのストレスやリスクを最小化することができるようになります。こうした点からもアプリを起動して入力するだけであれば簡単なので利便性が高いといえます。

外貨の受け取り方法は宅配で受け取るか空港窓口まで向かうかの選択肢となる

LINEPay外貨両替を利用した外貨への両替を行った際に、渡航先までの間にどのように受け取るか問うことが課題になります。
両替サービスを行っている業者の中にはSBJと同様に配送サービスを行っているところもありますが、SBJでも韓国ウォンを除く銘柄の場合には配送料までかかる場合がほとんどです。もちろん現金を配送するためなので最低限必要な金額はかかりますが、余分な金額がかかるのであれば渡航時に自分で受け取ることも選択肢としてはあり得ます。

またSBJの口座開設をしていればそちらの口座から引き出すことも可能ですが、LINEPay外貨両替では取り扱いがなくなるのでキャンペーンもなくなり、反対に不便になります。
しかしキャンペーン期間中であれば取引手数料や配送料が無料になるので事前準備の一環として外貨を入手するタイミングとして利用可能でしょう。したがって東京や福岡からそれぞれの外貨が通用する国へ渡航する際は、空港受け取りでも問題はないでしょうが、それ以外の地域からトランジットなどを利用する際は自宅へ配送しておくと失敗なく外貨が獲得できるでしょう。

外貨を受け取るとその受け取りのメッセージがLINEに届くようになっているので、受け取り忘れの心配もないでしょう。

LINEPay外貨両替のキャンペーン情報と開催期間はいつまでか

LINEPay外貨両替では取引開始に伴い株式会社SBJと協力してキャンペーンを行っています。
株式会社LINEからLINEPay株式会社が派生するような形でサービスを開始したものであり、管理を行っている会社は別物になります。しかし同じアプリから利用が可能であるので、顧客からすると同様のように感じることもあるでしょう。

特にサービスを開始した直後は、取引参加者を集めることが至上命題となるため、利用者にとって最も利用しやすい状況でもあります。
サービス初期に提供されるキャンペーンは採算度外視のものも多いため、これから渡航しようとしているサービス利用者にはもってこいのサービスばかりです。この機会を逃さないように利用しましょう。ここではSBJが展開しているキャンペーンについての開設を行います。期間限定のものなので早めの利用をお勧めします。

外貨購入時にかかる両替手数料が無料

LINEPay外貨両替では、2017年7月24日~2017年9月15日までの期間中であれば、利用者全員の外貨両替手数料をすべて何度利用しても無料とするサービスを展開しています。
また初回のみですが、自宅やほかの配送先への外貨の配送料も無料となります。注意すべきはLINEPay外貨両替は何度でも金額の上限なく期間中は両替手数料が無料になるのに対し、配送は期間中1回のみである点です。うかつに複数回配送を依頼してしまうと配送料がかかるため、自宅ではなく空港角で受け取れる環境にある方は損になってしまいます。

特に北米地域やヨーロッパ、アジアに渡航回数の多いビジネスマンや旅行者はその都度かかる手数料が無料となるので利便性が高いといえるでしょう。
それ以外でも特に韓国ウォンであれば固定相場であるので将来的に渡航を考えている場合はこの機会に申し込みをしておいて配送までを済ませておくことでお得に交換することが可能になります。このように将来的なものまで見越したキャンペーンの利用がカギになります。

LINEPayで外貨購入のお支払いをすると先着1000名に500円プレゼント

もう一つのキャンペーンは先着順ではありますが、1000名の方に初回取引が確認できれば本人確認完了で500円分のLINEPay残高をプレゼントすることです。
これは言わずもがなですが、一部キャッシュバックのような形で残高にバックするキャンペーンを行っています。実際に500円なのでそこまで大きな影響はないかもしれませんが、こういったキャンペーンを確実に利用することで少しずつでもプラスになっていくのであれば損はありません。

仮に渡航しなかったとしても、外貨資産は円安に対して利益を生み出せるものなので、現物資産として外貨を持つという選択肢もあります。その時の交換手数料は無料なので、リスクは為替変動のみになります。

LINEPay外貨両替を利用することで抑えられる手間と摩擦、そして利便性

LINEPay外貨両替は前提としてお金の流出で生じる手間や摩擦を少なくし、人やモノとお金の距離を縮めるフィンテックとして作り出されました。
特にアジア圏ではキャッシュレスの社会が浸透してきており、これまでのように各国の銀行が管理を行う貨幣世界ではなく、通貨が様々な形態となって世界中で価値を交換し合う世界に対応するための技術として開発が進んでいます。そのためプラットフォームが必要になりますが、それは広く人に浸透したものでなければその効果を発揮できません。

したがってLINEなどの利用者が多いアプリが土台として存在することは至極当然であり、これからの資金の窓口はこういったデジタル領域のものとなることが多いでしょう。
こうした仕組みを使いこなすことにより、既得権益のようなものであった銀行への手数料やその他の費用を押さえることができるため、旅行者や渡航者にとっては大きなメリットとして作用することになるでしょう。したがって外国為替がより身近に、簡単になることで市場も活発化し、利便性が向上することが考えられます。

期間限定の取り組みでもあるので、将来的な可能性の部分でも取引を行ってみることも悪くないのではないでしょうか。

17 8月 2017

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!