窓埋めの法則を利用すれば初心者でも簡単に勝てる!

FXで勝つためには、将来の値動きを的確に読む予測力が必要です。

このスキルは経験を積まなければ絶対に身につかないので、初心者はなかなか思うように勝てず大いに苦戦します。

もしも無条件で将来の値動きが高確率でわかるタイミングがあるとすれば、これほどありがたい話はありません。
にわかには信じがたい話かもしれませんが、FXトレーダーの間では「月曜日の朝」は非常に勝ちやすい時間帯として知られています。

というのも、月曜日の朝には先週の終値から大きくかけ離れたレートでスタートする「窓開け」という現象が起きやすいからです。
窓開けが起きると、その後為替レートは先週の終値に向かって進む「窓埋め」の動きを示しやすい傾向にあります。

つまり、窓が開いたらその後の値動きは考えなくてもわかるというわけです。

果たして窓を利用したトレード手法を使えば初心者でも勝てるのでしょうか。具体的に検証してみましょう。

なぜ月曜日の朝に窓が開くのか?

窓埋め

ローソク足は始値、終値、安値、高値の4本値から成り立っており、通常一つ前のローソク足の終値はその次のローソク足の始値と一致します。

そう考えると、月曜日の朝に為替レートが大きく飛ぶのは非常に奇妙な現象のように思えます。
しかし、月曜日の朝に窓が開く理由は極めてシンプルです。

ニューヨーク市場やロンドン市場などの大きな市場は週末にクローズしていますが、イスラム圏の市場は開いており、土日の間にも相場は動き続けています。

圧倒的に取引量は少ないものの、予期せぬイベントが発生した場合は大きな値動きが起こり、先週の終値からズレが生じるのです。

本当に窓はその日のうちに閉まるのか?

埋らない窓

先週までのチャートしか見ていないトレーダーにとって、開いた窓は不測の値動きです。

大きく下落すればチャンスと見て買いが殺到しますし、高騰すれば当然売りが殺到します。
従って、比較的短時間のうちに窓が閉まることが多いと言われています。

大抵の場合は当日中に窓が閉まりますが、あまりにも相場の勢いが一方的になっているときは窓が閉まるどころかますます高騰・暴落していく展開もありえます。

特に、政治経済関連のビッグニュースがかけめぐっているときは、そう簡単に持ち直してくれません。高確率ではあっても、100%確実というわけでもないのです。

本当に窓埋め戦略は有効?

個人的な経験則から言わせてもらえば、窓をねらったトレード手法は平常時の取引よりはるかに勝ちやすいです。
ただし、窓が開いたからといってがむしゃらにエントリーすれば良いというわけではありません。

窓を埋めなかった時に備えての損切りや、窓を埋めたときの勢いを見てポジションを保有し続けるかその場で決済するか的確な判断が必要です。

日本時間の早朝なので裁量トレードには不向きですが、時間のある方は早起きして窓埋めをねらってみてはいかがでしょうか。

02 6月 2016

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!