DMMFXスマホアプリのダウンロード・インストール方法から使い方まで徹底解説

FX取引を外出先でも行いたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

そこでDMMFXはスマホアプリ版の取引ツールを用意しています。

「どこからダウンロードすればいい?」
「スマホアプリはどんな機能があるの?」

と気になっている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回はDMMFXのスマホアプリ版取引ツールのダウンロード・インストールから使い方までを紹介していきます。

この記事を読んで、スマホアプリ版DMMFX取引ツールが使えるよう、自宅はもちろん外出先でもスムーズに取引できるように準備しましょう!

スマホアプリ版DMMFXの特徴やスペックについて

まずはスマホアプリ版DMMFX取引ツールの特徴やスペックなどをみていきましょう。

DMMFXのアプリは次の2種類が用意されています。

  • Android版
  • iOS版(iPhone)

それぞれの推奨スペックは以下の通りです。

【Android版】

推奨OS AndroidOS5.0以上
推奨解像度 1280x720以上1920x1080以下
推奨画面サイズ 4inch以上7inch以下
料金 無料

【iOS版(iPhone)】

推奨機種 iPhone5以上
推奨OS iOS8以上
推奨解像度 1136×640以上1920×1080以下
推奨画面サイズ 4inch以上5.5inch以下
料金 無料

次はDMMFXのアプリの特徴を紹介していきます。

シンプルな取引画面でテーマカラーの変更が可能

シンプルな操作性を実現するための洗練されたデザインになっているため、初心者から上級者までストレスなく、スピーディーな取引を行えるように作られています。

またテーマカラーはダーク(黒背景)とライト(白背景)の2種類が用意されていて、好みに応じて使い分けられるのもポイントです。

例えば日中はライトを、夜間はダークを利用するといった使い分けも可能となっています。

FXトレードで必要な機能をすべて搭載

アプリ版のFXツールは最低限の機能しか搭載されていないことも珍しくありませんが、DMMFXアプリはすべての機能を搭載する高機能な取引ツールにまとまっています。

具体的な機能は次の7つです。

  • 入出金
  • マーケット情報
  • 取引
  • 履歴照会報告書の閲覧
  • ポイント通帳
  • パスワード変更
  • お客様情報の確認、変更

ワンタッチ発注対応!豊富なテクニカル指標を搭載などチャート機能が充実

DMMFXのアプリは1画面チャート、4画面チャートを切り替えながら相場の分析を行います。

スピード発注機能を搭載しているため、チャートを見ながら即座に注文するワンタッチ発注が使えてとても便利です。


 

またFXトレードで欠かせない人気のテクニカル指標を多数搭載しているため、スマホアプリながら充実したチャート分析を行えるのもポイント。

搭載されているテクニカル指標は次の通り。

トレンド系 オシレーター系

  • 移動平均線
  • 指数平滑移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • スーパーボリンジャー
  • スパンモデル ・MACD
  • RSI
  • DMI/ADX
  • スローストキャスティクス
  • RCI

便利なポップアップ機能で取引チャンスを逃さない

アプリ版DMMFX取引ツールを起動させていなくても通知するポップアップ機能を搭載しているため、取引チャンスを逃す心配がありません。


 

搭載されているポップアップ機能は次の2つが挙げられます。

レートアラート通知 事前に設定しておいたレートに到達するとメールまたはポップアップで通知する
経済指標アラート 事前に経済指標ごとの重要度や通知時刻を設定しておくと、発表前にポップアップで通知する

DMMFXのアプリの入手方法から使い方まで紹介

ここからはDMMFXアプリの入手方法から使い方までを幅広く紹介していきます。

これを読めば誰でも自身のスマホにDMMFX取引アプリを導入し、取引を始められるようになるのでチェックしてみてくださいね。

DMMFXのダウンロード・インストール方法

DMMFXのアプリを利用するためにはダウンロード・インストールする必要があります。

iOS版とAndroid版で入手先が異なるので、それぞれ対応するストアからダウンロードしましょう。


 

iOS版: AppStore
Android版: Google Play Store

各ストアを開いたら、検索窓に「DMMFX」と入力するとアプリが表示されるので「+入手」または「インストール」をタップしましょう。


 

これでアプリのダウンロード・インストールは完了です。

DMMFXアプリにログインする方法

DMMFXのアプリはログインすることによってすべての機能が利用できるようになっています。

ログイン方法は大きく分けて次の2種類です。

  • ホームから「ログイン」をタップ
  • 画面左上のメニューアイコン(三本線)→ログインをタップ


 

口座開設時に届いたメールにログインIDとパスワードが記載されているので、そちらを入力しましょう。

また「保存」にチェックを入れておくと、次回以降の入力をスキップできるので便利です。

アプリでレートを表示させる方法

DMMFXアプリは全20通貨ペアのレートを表示させることができます。

主な表示方法は次の2つです。

  • メニューバー、ホームから「レート」をタップ
  • メニューアイコン→取引関連→レート一覧をタップ


 
レート一覧画面の右上にあるベルマークをタップするとアラート一覧を表示させることができます。

スワップポイントや証拠金の確認方法

現在保有している通貨ペアのスワップポイントや証拠金は次の2種類の手順で確認できます。

  • ホームから「スワップ/証拠金」をタップ
  • メニューアイコン→取引関連→マーケット→スワップ/証拠金をタップ


 

アプリで新規注文を行う方法

DMMFXアプリで新規注文を行う場合、トレード画面を表示させます。

表示方法は次の2種類です。

  • メニューバーまたはホームから「トレード」をタップ
  • メニューアイコン→取引関連→トレードをタップ


 

トレード画面が表示されたら「Bid(売)」または「Ask(買)」をタップすることで新規注文画面が表示されます。


 

DMMFXアプリの注文方法は次の5種類から選ぶことが可能です。

  • 即時(ストリーミング)
  • 指値/逆指値
  • IFD
  • OCD
  • IFO

今回はストリーミング注文を例に紹介していきます。

  1. 取引通貨ペアを選択
  2. 売買を選択
  3. 注文ロット数を設定
  4. 許容スリッページを指定
  5. 損切設定
  6. 注文


 

注文が約定されるとポジション照会が表示されるので確認しましょう。

ポジションの決済を行う方法

トレード画面の「ポジション照会」をタップし、ポジションの一覧を表示→決済するポジションをタップします。


 

決済注文画面が表示されたら「決済注文画面」をタップすると次のページに移動します。


 

ページが切り替わったら次の2つを設定しましょう。

  1. 決済数量の指定
  2. スリッページの指定

最後に「注文」をタップすれば完了です。

チャートの表示方法

DMMFXアプリのチャートは次の2種類の方法で表示させられます。

  • メニューバーまたはホームから「チャート」をタップ
  • メニューアイコン→取引関連→チャートをタップ


 

縦画面チャートの機能は次のとおりとなっています。

  1. チャート切り替え(4分割チャート)
  2. テクニカル表示設定
  3. 通貨ペア
  4. チャート周期(「Tick、1分、5分、15分、30分、1時間、4時間、8時間、日、週、月)
  5. チャート設定
  6. スピード注文(チャート上から注文)
  7. 注文設定
  8. 描画機能(ライン、図形の描画)
  9. 垂直線
  10. 水平線
  11. 過去チャート
  12. 現在値

横画面チャートの機能は次のとおりです。

  1. 通貨ペア
  2. チャート周期(「Tick、1分、5分、15分、30分、1時間、4時間、8時間、日、週、月)
  3. チャート設定
  4. スピード注文(チャート上から注文)
  5. 注文設定
  6. テクニカル表示設定
  7. 現在値
  8. 垂直線
  9. 水平線
  10. 過去チャート
  11. 全画面表示
  12. 描画機能

テクニカル指標の設定方法

チャート上にテクニカル指標を表示・設定することができます。


 

テクニカル指標はトレンド、オシレーターが用意されていて、それぞれ表示させたいものにチェックを入れればOKです。

また細かい数値を設定したいときは「変更」をタップすれば詳細画面が表示されます。

その他の細かい操作方法について

DMMFXアプリの細かい操作方法を知りたい人は、公式サイトから公開されている取引マニュアルを参考にしてください。

参照:スマホアプリ DMM FX 操作マニュアル

まとめ

今回はDMMFXのスマホ版取引アプリの入手方法や使い方などを紹介しました。

最後にもう一度内容をおさらいしましょう。

  • Android、iOS(iPhone)の両端末に対応
  • レートやチャート分析はもちろん、入出金から報告書の閲覧など、アプリですべて完結
  • テクニカル指標の充実、ワンタッチ発注可能など高機能なアプリ

以上3つが今回のポイントになります。

「DMMFXってスマホで取引できないの?」
「アプリにはどんな機能があるの?」

といった人は、ぜひこの記事を参考にしてDMMFXのスマホアプリをインストールし、外出先でも自宅と変わらない快適なトレードを試してみてくださいね。

その他のDMMFXに関する詳しい情報や利用者の口コミ・評判を見てみたいという方は以下のページを参照して下さい。

16 12月 2020

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧