ストラテジー選択型のおすすめや失敗しない選び方を紹介

自動売買で利益を出すためにはストラテジー選びが非常に重要です。

しかし、FX初心者の中には

「ストラテジーって何?」
「選ぶときに注意することは?」

など、疑問を持っている人も多いことでしょう。

そこで今回は、ストラテジーの特徴や種類、選ぶ際の注意点、オススメ業者について紹介しています。

この記事を読むことで、自動売買のストラテジーへの理解が深まり、業者やストラテジー選びがやりやすくなりますので、ぜひ参考にしてください。

自動売買で利用する「ストラテジー」とは?

ストラテジーとは、自動売買のプログラムのことです。

あらかじめ、どのように価格・相場が動いたときに売買するかプログラムを作ることで、トレーダーの感情に左右されず、常にルール通りの取引ができます。

そのため、性質の違うストラテジーを使うと、売買タイミングなども変わってくるのです。

FXの自動売買には

  • ストラテジー選択型
  • ストラテジー自己設定型
  • リピート注文型

などの種類があり、リピート注文型以外は、ストラテジーを使って自動売買をおこないます。

ストラテジーは、多くの場合FX業者のサイトに用意されたものから選択できますが、プログラムの知識がある人は自分で作ることも可能です。

業者で用意されているストラテジーは、世界中のプロ投資家や学者が作ったものが中心で、そのストラテジーを使うことで、プロ並みの取引をすることができます。

FXで自動売買をするにあたり、どんなストラテジーを選ぶかは非常に重要です。

相場状況に合ったストラテジー選びができれば、利益を積み上げていくことができます。

>>自動売買について詳しく知りたい方はコチラへ

ストラテジーは誰でも作れる?作り方は?

ストラテジーを作るには、高度なプログラミングスキルが必要です。

また、プログラミングスキルだけでなく、FX取引の技術や為替相場の分析力も必要となるため、FX初心者では作ることは難しいでしょう。

プログラミングスキルがあったとしても、FX取引・為替相場の知識やスキルがないと、仮にストラテジーを作れたとしても、取引結果は散々たるものになってしまいます。

また、ある程度の知識・スキルがあれば、VBAなどで売買シグナルを出すシステムを作ることは可能です。

ただしこの場合は、肝心の取引部分は手動になってしまい、中途半端な自動売買システムとなってしまいます。

確かな知識・スキルがある場合は、APIなどを利用して独自プログラムを利用することが可能です。

ストラテジーでは、「移動平均線がゴールデンクロスになったら買い」「デッドクロスが出現したら売り」など、あらかじめプログラムで設定した売買ルールに従って繰り返し取引をおこないます。

ストラテジーを選ぶだけで自動売買をスタートできる

自分でストラテジーを作ることもできますが、業者は数百〜数千個のストラテジーを用意しています。

多くのトレーダーは以下の項目を見て、利用するストラテジーを選んでいます。

  • 収益率
  • 特徴
  • ランキング
  • シミュレーション

少し複雑になりますが、ストラテジーを複数組み合わせてオリジナルの自動売買ツールを構築することもできます。

ストラテジーは選ぶだけなので、FX初心者でも簡単にプロが作ったストラテジーを使って、自動売買をすることが可能です。

難しいプログラミングのスキルは必要ありません。

「仕事が忙しくてチャートを見て分析する時間がない」「感情に左右され売買タイミングを逃してしまう」という人も、ストラテジーを選ぶだけで、すぐに自動売買をスタートできます。

選択型自動売買ツールは初心者から上級者までオススメ

初心者でも利用しやすい選択型自動売買ツールには、「ミラートレーダータイプ」「オリジナル」「MT4」の3つの種類があり、それぞれで特徴が異なります。

ミラートレーダー

イスラエルに拠点を構えるトレーデンシーが開発し、日本のFX業者がカスタマイズして提供しているツールです。

プロ投資家や学者が作った数百〜数千種類のストラテジーから選択をするだけで自動売買を始められます。

収益率や特徴、シミュレーションなどを確認することで、相場に合ったストラテジーを選択することが可能です。

業者によって、スプレッドやストラテジーの数、通貨ペアの数や取引単位が異なります。

オリジナル

FX業者が独自に開発した自動売買ツールのことであり、デザイン性やユーザビリティが良いのが特徴です。

業者によって機能やデザイン、使い勝手などがまったく異なりますので、自分に合った業者を選ぶ必要があります。

代表ツール

MT4

世界で最もメジャーなツールがMT4です。

>>MT4についてこちらで詳しく紹介しています

代表ツール
  • FXトレード・フィナンシャル
  • 楽天証券
  • サクソバンク証券

MT4を取り扱っている業者は他にもたくさんありますので、気になる業者をチェックしてみましょう。

このような選択型自動売買ツールがあり、初心者でも安心して利用できます。

選択型自動売買ツールを提供するオススメ業者を紹介

ここでは、初心者でも利用しやすい選択型自動売買ツールのオススメ業者について紹介します。

業者・自動売買ツールの特徴も説明していますので、業者選びの参考にしてください。

3位 みんなのFX みんなのシストレ

  • 評価ポイント:スマホでも簡単にストラテジーを探せてシミュレーションもできる
  • おすすめ度:★★★
  • 理由:スマホアプリでストラテジーのランキングチェックやパフォーマンスシミュレーション、取引情報のプッシュ通知が可能。
    まるでSNSのような親しみやすいデザインなので楽しく自動売買ができます。
スマホで手軽に自動売買をしたい場合にオススメのFX業者!

2位 セントラル短資FX セントラルミラートレーダー

  • 評価ポイント:世界中から厳選した数百種類のストラテジーから選ぶだけなので簡単
  • おすすめ度:★★★★
  • 理由:世界中からストラテジーを募集し、厳正な審査をクリアしたものだけを提供しています。
    バラエティに富んだランキングによってストラテジー選びをサポートしてくれるため初心者でも安心です。
優秀ストラテジーが多く、シンプルレイアウトで使いやすいFX口座!

1位 インヴァスト証券シストレ24

  • 評価ポイント:取引・入れ替えも完全自動。6,000以上の世界No.1ストラテジー数
  • おすすめ度:★★★★★
  • 理由:学者、外資系ファンドマネージャー、専業トレーダーなどプロが作ったストラテジーを6,000以上用意。
    完全自動で初心者でも簡単設定だけで始められます。
    他の人が作った優秀なストラテジーも無料で利用可能です。
取引・入れ替えなど完全自動売買ならインヴァスト証券のシストレ24がオススメ!

ストラテジーを選ぶ際の4つの注意点

自動売買で利益を出すために、ストラテジー選びはとても大切です。

ここでは、ストラテジーを選ぶ際の4つの注意点について紹介していますので、参考にしてください。

これらに気をつけることで、リスクを軽減することが可能です。

1:右肩下がりのストラテジーは選ばない

ストラテジーを選ぶ際には、過去の損益トレンドについて必ず確認するようにしましょう。

過去の実績が損失ばかりで、シミュレーションをしても良い結果が出ないストラテジーは選ぶべきではありません。

また、短期的には利益を出していても、長期的には損失を出しているストラテジーも避けた方が無難でしょう。

短期・長期的に利益が出ていてシミュレーション結果も問題のないストラテジーを選ぶことをおすすめします。

右肩下がりのストラテジーを選んでもリスクが高いため、右肩上がりのものを選んだ方がリスクを軽減できるでしょう。

2:最大ドローダウンが大きいストラテジーは選ばない

ドローダウンとは、資産が最大から最低になった際の下落幅のことです。

「最大ドローダウン」とは「最大損失」のこと。

最大ドローダウンが大きいということは、検証期間内に多くの損失を出したことを表します。

ドローダウンは、ストラテジーのリスク指標であり、利用者にとっては最大ドローダウンが小さい方が安心です。

ストラテジーを選ぶ際は、収益率などの数値を確認するだけでなく、最大ドローダウンもチェックするようにしましょう。

最大ドローダウンが高いと、せっかく得た利益も吹き飛んでしまう恐れがあります。

ドローダウンが小さいからといって、この先も安全なわけではありませんが、リスク管理・資金管理として最大ドローダウンが小さいストラテジーを選ぶようにしましょう。

3:平均損失・最大損失が平均利益・最大利益を上回るものは選ばない

ストラテジー選びをする際には、平均利益・最大利益それぞれが、平均損失・最大損失を上回っているものを選ぶようにしましょう。

平均利益・最大利益どちらも損失を上回っている場合は、一定期間運用すれば利益を出せる可能性があります。

逆に、平均利益や最大利益を平均損失・最大損失が上回っている場合は、今後も損失が上回る可能性があるためリスクが高いです。

過去の実績ですので、今後変わる可能性はありますが、平均利益・最大利益それぞれが損失を上回っているストラテジーを選択することで、リスクを抑えることが可能です。

また、「最大利益>最大損失だけど平均利益<平均損失」「平均利益>平均損失だけど最大利益<最大損失」など、どちらかの損失が上回っている場合もリスクがありますので、両方の利益が損失を上回っているものを選ぶようにしましょう。

4:直近の取引で収益がマイナスのストラテジーは選ばない

ストラテジーを選ぶ際は、長期的な視点も大事ですが、短期的な視点も大切です。

「長期的には利益が出ているが短期的には損失が目立つ」ストラテジーではなく、「長期的に利益が出ていて、短期的にも利益をあげている」ストラテジーを選ぶようにしましょう。

直近の取引で利益が出ていないと、ストラテジーを選択してすぐに多くの損失を負う恐れがありますし、そのまま長期の下降トレンドが続く可能性もあります。

直近10取引程度を確認し、直近の取引においても安定的に利益を出しているストラテジーを選ぶのが安心です。

直近の収益も確認するようにしましょう。

まとめ

今回は、ストラテジーの特徴や種類、選ぶ際の注意点、オススメ業者について紹介いたしました。

最後にもう1度、ここで紹介した内容をまとめると、次の4点が挙げられます。

  • ストラテジーは自動売買プログラムのことで初心者には選択型がオススメ
  • ストラテジー選びで収益も変わるため選ぶ際には慎重に
  • 最大ドローダウンが大きいものや損失が目立つストラテジーは避けるのが無難
  • 100%の勝率はないがリスクを軽減する行動が大事

ぜひ、ここで紹介した内容を参考にして、早速、自動売買を検討してみてください。

04 6月 2019

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!