FX業者の自動売買ツールと自動注文機能を徹底解明!!

自動売買ツール提供のFX会社を選ぶコツはここ!
取引していると、正しく冷静な判断ができなくなってしまう心理状態に支配されてしまう時が多々ありますよね。「ここまで相場が動けば利益確定できる」「過去の為替レートはこう動いたからまだ大丈夫」などと余計な希望や期待が入ってしまいがちです。相場は過去の経験やスキルだけで勝つほど甘くはありません。そこで最近注目を集めているのがシステムトレード機能搭載のFX業者です。売買シグナルの提示や未来相場を一瞬で予想してくれるツールなどは、本格的な相場分析を初心者でも簡単に行えるように開発されているものが多いです。

さらに、最近ではミラートレーダーやメタトレーダーなど完全な自動売買ができる取引システムを提供する日本国内のFX業者が増えてきています。誰でも簡単にシステムトレードが行えるような機能が搭載されている取引ツールにはますます注目が集まっていくと考えられます。

システムトレード(自動売買)対応のFX業者一覧

最初にシステムトレードができるFX業者を取引条件も含めて一覧比較表にまとめています。参考にしてみましょう。
は人気ツール

FX会社名・ツール名 ストラテジー
選択型
売買シグナル 未来予測 売買戦略 プログラム
セントラル短資FX
セントラルミラートレーダー

クイックチャート・トレードプラス

FXライブ!

みらいチャート

クイックチャート・トレードプラス
インヴァスト証券・シストレ24
シストレ24
トライオートFX

らくらくテクニカル
アイネット証券
シストレi-NET
『ループイフダン』
FXブロードネット
トラッキングトレード
外為オンライン
iサイクル注文
FXプライム byGMO
ぱっと見テクニカル
(形状比較分析)
FXトレード・フィナンシャル
1. FXTFミラートレーダー
2. メタトレーダー4

マットFXTF方程式
マネースクウェア・ジャパン
トラップリピートイフダン
ひまわり証券
エコトレFX

シグナルマップ

シストレ口座
みんなのFX
みんなのシストレ

多機能チャート
マネーパートナーズ
ハイパースピード
(売買信号)
IG証券
オート・チャーティスト

トレーディング・セントラル
YJFX!
トレードコレクター

リピートトレール注文
インヴァスト証券・くりっく365
らくらくテクニカル

選択型自動売買ツールは初心者でもプロ並の運用ができる!

用意されている売買プログラムから好きなものを選択するだけでプロ並の運用が行えるのが、FXの自動売買ツールの魅力。選択型の自動売買ツールは、3つの種類に大別できます。

  • ミラートレーダータイプ
  • 独自システム
  • MT4(メタトレーダー4)

・ミラートレーダー
大元はイスラエルに拠点を構えるトレーデンシー社というベンチャーが開発したもので、それを日本国内のFX業者が独自にカスタマイズして顧客に提供しています。
参照ページ:ミラートレーダー提供FX業者一覧

現在、ミラートレーダーを原型とした選択型の自動売買ツールを提供している業者は下のとおりです。

中でもインヴァスト証券のシストレ24が有名ですが、セントラル短資FXやひまわり証券などの他のいくつかのFX業者でも同様のツールの提供を開始しています。

・独自システム
FX業者が独自に開発した自動売買ツールは次のとおりです。見た目は日本人好みのデザインでユーザビリティが良く扱いやすいのが魅力的です。

・MT4
ロシアのMetaQuotes Software社が開発した高性能チャート取引プラットフォームです。自動売買やチャート分析にもってこいの高機能さと、高いカスタマイズ性・柔軟性がうりで、初めてFX取引を行う方でも簡単操作で高レベルな取引を可能としています。
参照ページ:MT4提供FX業者一覧

現在、メタトレーダー4を独自にカスタマイズして無料で提供しているFX業者は下のとおりです。

選択型自動売買ツールで運用を行う場合のコツとは

選択型自動売買ツールで運用を行う場合、まずは自分の気に入ったストラテジー(戦略プログラム)を選択し、それによる運用を開始します。ストラテジーを選ぶだけなので、誰でも簡単に行うことができるというわけ。

このストラテジーはいつでも入れ替えや停止することができるので、うまく利益が出せない場合などにはすぐに他のものと入れ替えたり、一度停止して市場の様子を見るといったことを繰り返しながら運用を行っていきます。コツとしては

  • 検索する
  • 選ぶ
  • 精度を確認する
  • 入れ替える

を繰り返しながら運用するのがコツ。

1つのストラテジーに拘る必要は全くないので、多数存在する特徴の違うストラテジーの中から自由に選択を行い、ポートフォリオを作成し、運用成績を見ながら成績の良いストラテジーを残したりして自分なりの資金運用を行うことができます。

選択型自動売買ツールを使うメリット

選択型ツールによる運用は、用意されているストラテジーの中から選択するだけなので、新しいソフトやプログラム言語を覚えるような手間は一切ありません。よって、初めてFXを行う初心者の人や、システムトレーダーとして専業ではなく、片手間でFXの運用を行いたい人にはピッタリのツールだと言えるでしょう。

画面に張り付く必要もなく、選択したストラテジーが自動で行ってくれる運用内容はプロ並なので、あまり時間がとれないサラリーマンの方でも充分にFXによる資産運用を行えます。

選択型自動売買ツールのデメリット面

初心者や時間のない人にはとてもおすすめのこの選択型ツールによる運用ですが、これを利用することによる以下のようなデメリット面も存在します。

1. スプレッド幅が通常よりも広い(唯一の欠点とも言えます)
2. 売買プログラムが多すぎて何を選べばよいか悩ましい
3. 自分でストラテジーの開発ができない
4. 売買プログラムのロジックは非公開なので内容を精査できない

ただし、上に述べた4点のうち、2~4は初心者にはあまり関係ないでしょう。
気にすべき点、大きなデメリットとしては、スプレッド幅が通常より広いことが挙げられます。これは通貨の売買の際に必ず発生する手数料のようなもので、これが狭いほど余計な手数料を掛けずに運用が行えますが、選択型自動売買ツールを利用した場合、どうしてもこれが通常より広くなってします。

その他にも、用意されているストラテジーが多過ぎて、どれを利用したら効率の良い運用が行えるか分からないといった点や、自分でそのストラテジーを作ることができないという点、更に、選択したストラテジーが実際にどのような運用を行っているのかを確認するのができないといった点が挙げられますが、これらはデメリットと呼ぶより、選択型ツールによる運用の特性だと言い換えてもいいでしょう。

自分の思い通りの取引手法を細かく設定したいと考える上級者が悩むところですね。

つまり、唯一の欠点だとも言えるスプレッド幅がなるべく狭い選択型ツールを利用することで、極力デメリットを受けずに誰でもプロ並の運用が行えると言えます。

セントラル短資FXが提供しているミラートレーダーはスプレッドが広いことで有名です。これは、用意されている選択型ツールやストラテジーを利用する為の料金だとも言われているくらいです。
このスプレッドは各社ともに通貨ペアによっても異なるので、一概にどのFX業者の選択型ツールが一番だとは言えませんが、インヴァスト証券のシストレ24はどの通貨ペアでも比較的このスプレッドが狭くて安定しており、この点だけを考えた場合は一番おすすめかも知れません。

ストラテジー選びで注意すべき事と運用のコツ

損をしない為にストラテジーの選び方には大きく分けて4つあります。
自分に合った選び方を見つけていただき、その方法を用いることが最もあなたをリスクから遠ざけてくれるストラテジーになりますので、それを頭の中に入れておいてください。

損益のトレンドは右肩上がりになっているかどうか

まず初めに大前提として、ストラテジーを使って損失を出すことは最も避けなければならないことですよね。その時に実際の実績が勝つこともあれば、負けることのほうが多かったらそれは全体的に見たら損失が多くなる、つまりは右肩下がりのトレンドということになります。その時に参考になるのは、長期期間を対象とした損益のグラフです。

この時に注意してもらいたいのは、狭い範囲の損益に騙されないでほしいということです。狭い範囲では非常に利益を得ていたとしても、ほかの期間では連敗に連敗を重ねている可能性もゼロではありません。そうなってくると、全体的には損失を抱えて終わる可能性も捨てきれませんので、長期期間の損益グラフを参考にしましょう。
そして何より右肩上がりになっているものを選ぶのが鉄則です。右肩上がりになっていたとしても、ジグザグに推移しているグラフについては、それだけ大きな損失を出す可能性も秘めております。なので安定的に利益を重ねているストラテージを選ぶようにしましょう。

最大ドローダウンには注意を

あなたがトレードを行ってるときにどうしても気になるのはドローダウンですよね。ストラテージを選ぶ際もこのドローダウンは非常に重要であり、その中でも最大ドローダウンについては最も注意してみる必要があります。あなたがストラテージを選ぶ際に、頻繁に最大ドローダウンを更新しているストラテージがあった場合どう思いますか。あなたが使っているときにそれが起こらないとも限りません。そのような危ない橋を渡らないためにも、ストラテージの最大ドローダウンの更新状況を気にするようにしましょう。

ではどのくらいの頻度で最大ドローダウンを更新しているものは危ないのか、それは少なく見積もっても1年から2年は最大ドローダウンを更新していないことが条件です。それ以内に行っているようならそのストラテージは活用すべきではありません。

平均の利益が平均損失を上回りつつ最大利益が最大損失を上回ること

あなたはトレードにおいて理想的なスタイルはどういうものだと考えておりますか?トレードを行っていくうえで、どうしても損失が出てしまうことはしょうがないことです。しかし、その損失を最小限にとどめることで、利益を上げるときにしっかりと利益を上げることが理想的なトレードスタイルといえるでしょう。

これはストラテージ選びにも共通することで、損失を少なく手じまいをして利益を十分に確保して利益確定を行うことが望ましいのです。
そこであなたに考えていただきたいのは、「平均利益が平均損失を上回っているのか」と「最大利益が最大損失を上回っているのか」ということです。これらをどれかひとつではなく、二つとも守れていないストラテージについては、今後あなたに平均的に損失を与えるのか、もしくは一気にドカンと損失を与える可能性も秘めておりますので、十分注意が必要なストラテージです。

直近の取引でプラスの収益になっていること

直近の取引のトータルの収益は必ず確認をしましょう。
目安としては直近の10取引を確認するのがよいでしょう。たとえ全体的に利益を上げているストラテージであっても、直近の取引において、プラスになっていない要は負け越している場合、その傾向がまたしばらく続く可能性があります。
そのようなリスクがあるストラテージに乗るのはリスク管理の観点場もあまりよろしくはありません。もちろん、直近の取引においてプラスに働いているストラテージに関しては、これからもいい方向に働くことが多いのでそういうストラテージを選ぶのが大切です。

特に直近の勝率が安定をしていないもしくは負け越しをしているものは、利益を上げるためのストラテージとしては不適合であります。
凸凹しないような安定した右肩上がりの利益の向上が、リスクの少なく利益を上げることにつながります。また、損益率についても目先の勝ち負け場かりに一喜一憂して、全体における損益率がマイナスであるならば、それはどこかで大きな損失を招いていることにほかなりません。

平均の利益を平均の損失を上回りつつ、最大の利益が最大の損失を上回るストラテージが、安定して収益を上げるためには必須です。そして最大ドローダウンについても、更新をし続けているものはあなたに損失しか与えません。

最大ドローダウンが更新したとしても、直近1、2年は更新をしていないようなものを選ばないと、いつまた最大ドローダウンが来るとも限りません。
こういったところも軽視することなく、確認しておきましょう。

選択型自動売買ツールのスプレッド比較表

業者名 ドル円 ユーロドル ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
インヴァスト証券・シストレ24FX24 3.1銭 3.5pips 4.3銭 5.0銭 6.3銭
セントラルミラートレーダーセントラル短資FX・セントラルミラートレーダー 3.7銭 2.7pips 3.5銭 5.6銭 4.2銭
ひまわり証券・エコトレFXエコトレFX 3.9銭 3.1pips 4.0銭 4.3銭 4.9銭
みんなのシストレみんなのシストレ 3.5銭 3.6pips 4.6銭 5.0銭 4.1銭

また、ストラテジーは1つだけでなく、決められている数まで同時にいくつも動かすことができます。このように、いくつかのストラテジーを同時に動かし、効率良く運用を行うことをポートフォリオを組むと言いますが、選択型ツールによる運用経験を積んでいくと、この組み方次第でスプレッドによる損失分をカバーすることも可能です。

そして、これは直接のデメリット面ではありませんが、この選択型ツールを利用した運用ばかりを行っていると、いつまで経ってもFXの投資家として成長できないという点も挙げられます。

ですが、FXによる資産運用を行う場合にこれほど利便性の高い方法もありません。ここで挙げたようなデメリット面こそ存在しますが、自分に合った運用方法を見付ければ、心強い味方になってくれるのは間違いありません。

選択型ツールを利用してFXを始めようと考えている人は、これらの点を参考してみてください。

各業者の自動連続発注系サービス比較紹介

2016年現在、多くのFX業者が「自動連続発注系」のシステムトレードサービスを提供しています。イフダン注文(「〇〇円で買った後××円で売る」というように一度にエントリー・決済二つ分の注文を出して、最初の注文が約定したら二つめの注文が自動的に作動する注文方法)を無制限に繰り返し続けてくれるため、上下に揺れるレートの値動きにヒットさせて機械的に利益を積み重ねることが出来ます。
相場観の無いビギナーでも使いやすく、FX初心者にとって非常に便利な存在と言えるでしょう。

その分、どの会社のサービスを選べばいいのかイマイチ分かりづらいのが難点。全部同じに思えて、何を目安にすべきか大いに迷うことでしょう。そこで、自動連続発注系の自動売買に対応している主要4社の特徴を様々な観点から比較してみました!自分のトレードスタイルに合ったサービスを探す際の参考にしていただければ幸いです。

iサイクル注文、ループイフダン、トラリピの比較表

注文体系

FX会社名・サービス名 注文種類 発注方法 利食い幅 レンジ幅
アイネット証券『ループイフダン』 IFD 全て成行 3種類(米ドル円4種類) なし
外為オンライン『サイクル注文』 IFD+OCO 初回および決済直後の新規エントリー時に成行 システムが自動計算 最大5000pips
マネースクウェア・ジャパン『トラリピ』 IFD 全て指値・逆指値 自分で設定(最大注文数25本) 自分で設定

取引にかかるコスト

FX会社名・サービス名 取引手数料(往復) 米ドル円のスプレット
アイネット証券『ループイフダン』 0円 2銭
外為オンライン『サイクル注文』 40円/1000通貨 原則固定
マネースクウェア・ジャパン『トラリピ』 一般通貨ペア30円/1000通貨(1万通貨以上)
50円/1000通貨(1万通貨未満)
10円/1000通貨(せま割)
3銭
ひまわり証券『ループイフダン』 216円/1万通貨 2銭

リターン追従&リスク管理機能

FX会社名・サービス名 相場追従機能 重複レート機能 リスク管理
アイネット証券『ループイフダン』 ロスカット
外為オンライン『サイクル注文』 ロスカット
最大ポジション数制限
マイセーフティ
マネースクウェア・ジャパン『トラリピ』 ロスカット
ひまわり証券『ループイフダン』 ロスカット
最大ポジション数制限
マイセーフティ

取引要綱

FX会社名・サービス名 通貨ペア 取引単位 両建て証拠金
アイネット証券『ループイフダン』 4種類 最小1000通貨 全て必要
外為オンライン『サイクル注文』 4種類 最小1000通貨 MAX方式
マネースクウェア・ジャパン『トラリピ』 11種類 最小1000通貨 MAX方式
ひまわり証券『ループイフダン』 4種類 最小1万通貨 全て必要
信頼性

最近FX業界で流行っている連続発注系のトレードシステムを確立したのは、トラリピを開発したマネースクウェア・ジャパンです。いわば連続発注系シストレの元祖と言っても過言ではなく、全幅の信頼を寄せるトレーダーも少なくありません。外為オンラインもiサイクル注文の特許を取得しており、会社をあげてシステムの改良に尽力しています。信頼性で選ぶなら、以下のような順位になります。

マネースクウェア・ジャパン外為オンラインアイネット証券ひまわり証券

発注しやすさ

基本的にループイフダンには、検索画面上に提示されたシステムの中から好きなものを選択するだけですぐに自動売買を始められる手軽さがあります。一方、iサイクル注文やトラリピもウィザードに従うだけでシステムを稼働できますが、複数のパラメータ設定を余儀なくされるため、どんな数値を入力するのが最適なのか迷うことも少なくありません。したがって発注しやすさで選ぶなら、以下のような順位になります。

アイネット証券ひまわり証券マネースクウェア・ジャパン外為オンライン

取引の自由度

外為オンラインのiサイクル注文は24種類の通貨ペアに対応しており、米ドルやユーロなど主要通貨以外の外貨取引も行ってみたい方にお勧めです。また、不定期にシステムのバージョンアップが実施されて「ランキング方式」や「マトリクス方式」などユニークな注文方法も追加されており、トレードそのものを楽しめる魅力もあります。したがって取引の自由度で選ぶなら、以下のような順位になります。

外為オンラインマネースクウェア・ジャパンアイネット証券ひまわり証券

コスト面

自動売買を実践する上で、トレードコストは決して軽視できないポイントです。せっかく利益が出ても多額の取引手数料を引かれれば手元に残る儲けはごくわずかになってしまいます。取引回数が1回や2回くらいならさして問題にもなりませんが、自動売買は一日に何回もトレードを繰り返します。利益を増やすためには、できるだけコストを抑えられるシステムを選ぶことが肝心です。

この4社の中では、アイネット証券だけが唯一取引手数料0円を実現しています。しかもスプレッドも業界トップクラスの狭さ。気を付けなければならないのは発注方法が全て成行なのでスリッページが発生しやすいことですが、それを考慮してもアイネット証券の取引環境は魅力的です。

したがってトレードコストの安さで選ぶなら、以下のような順位になります。

アイネット証券ひまわり証券外為オンラインマネースクウェア・ジャパン

安全性

どのシステムもロスカットに対応しており、損失の拡大を食いとどめることが可能です。その中でもひまわり証券とアイネット証券は、最大ポジション数の制限や口座全体の最大損失額を設定するマイセーフティ等の機能を実装。初心者の方でも容易にリスク管理を行える仕様になっています。したがってリスク管理のしやすさで選ぶなら、以下のような順位になります。

ひまわり証券アイネット証券外為オンラインマネースクウェア・ジャパン

ご覧のように、どのFX会社のサービスにもメリット・デメリットがあり、どこが一番すぐれているとは一概には言えません。今まで一度も自動売買を利用したことがないという方には発注の簡単なアイネット証券やひまわり証券が、パラメータ設定を工夫して自分独自のトレードスタイルを追求したいという方には外為オンラインやマネースクウェア・ジャパンがお勧めです。各社のサービスの特徴をしっかり吟味しながら、安心して資産運用できるシステムを探し出してください。

自動売買に対応しているFX業者は今大人気!

FXトレード・フィナンシャルの『オートFX』やインヴァスト証券・シストレ24なら24時間完全自動売買対応!

300種類超もの売買システム(ストラテジー)から自分の取引戦略に最適なものを選択できるのがFXトレード・フィナンシャルの『オートFX』です。インヴァスト証券の『シストレ24』なら500種類ものストラテジーを使えます!

これらの売買システムの中から好きなものを選んだら、あとは勝手に24時間自動でシステムがトレードしてくれます。PC電源をOFFにしたままでも大丈夫です。システムが発動する売買シグナルに沿って、完全自動売買を実行することが可能です!

完全自動売買を行いたい方にはひまわりFXの『エコトレFX』もおすすめ!

「損切りするのが苦手でいつも判断に迷う」「じっくり時間をかけて相場分析できる時間がない」というような悩みを抱えている方にもおすすめのツールがひまわりFXの『エコトレFX』です。自分でプログラミングをする必要もなく、一日放置しても完全に自動売買することができるのが最大の特徴です。

パフォーマンス、勝率、取引回数重視などの売買スタイルなど、自分に最適な売買システムを確認し、選択したら取引開始ボタンをクリックするだけで、システムトレードを開始。パソコンの画面から離れている時間帯でも、自分が選んだシステムが取引戦略に沿って自動的に売買をしてくれます。

自動売買検証もでき、その上売買シグナルを専用ツールに表示してくれるので安心!

セントラル短資FXのクイックチャート・トレードプラスというチャート分析ツールでは、独自のテクニカル分析を前もって自動売買検証(バックテスト)することができる機能を装備しています。

MACDやRSIなどの代表的なテクニカル指標を使ってアイディアをまとめ、複合的に売買シグナルを発生させたりすることで、世界でただ一つのオンリーワンのロジックを設定することが可能になるのです。

その他にも分析専用の情報ツールの開発が進んでおり、テクニカル売買モデルのシグナルをツール上に表示したり、メール配信してくれるサービスをしているFX会社もあります。

特許取得済の注文機能を駆使することで自動売買できるFX業者もある!

マネースクウェア・ジャパンでは、新しい着眼点の注文機能ということで特許を取得した「トラップリピートイフダンR」を駆使することができるのが最大の魅力です。

これは一定間隔の値幅で複数の注文を1回設定するだけで、あとはシステムが自動売買執行してくれる画期的な注文機能です。

言わば相場を面で捉え、罠をはるかのように仕掛ければ、あとはほったらかして待つだけで勝手にシステムトレードをしてくれるのです。

小さな上下動を繰り返すレンジ相場でも、細かいイフダン注文を配置することで細かなリターンを1回の注文で少しずつ積み重ねていく、まさに“新感覚のFX手法”と言えるでしょう!

積極的に自動売買機能を活用したい方にはメタトレーダーがおすすめ!

人間本来がもつ心理的な悪影響を極力排除しながら、勘や経験にとらわれない自動売買の投資手法として、システムトレードが投資家から熱い視線を集めています。

▼売買システムを自分で考えて構築するならここ!
システムトレードのメリットは、売買条件を組み合わせて1度売買システムを構築してしまえば、そのシステムに沿って機械的に売買を繰り返すことができるようになります。FX会社によって異なりますが、研究者のようにとことん自分でシステムをつくっても良いですし、他の人が作成したものを使用することもできます。最近では、過去のデータに従って作成された自動売買機能をあらかじめ装備しているFX業者も増加してきています。

カスタムアプリケーションを作成できるAPIも用意されていたり、独自の取引戦略をプログラムでき、システムトレードが可能な取引ツールを提供する会社としては、FXトレード・フィナンシャルやフォレックス・ドットコムなどが提供しているメタトレーダー4が有名です。

通貨ペアごとに為替レートやチャートなどの過去データを検証し、大きなリスクを取り除いていくことで、トレードに一貫性を与えることができます。確立・統計的に有利な立場でトレードができれば自然と高収益をあげることができるシステムを組むことも夢ではありません。

FX業者によっては、質の高いプログラム解説書や自動売買機能のカスタマイズ方法、これまでの実績や自動売買検証の結果や高収益をたたき出している売買プログラムランキングなどの情報も紹介されるようになっています。今や個人投資家でもシステムトレードが簡単に行える時代となっていると言えそうです。

16 12月 2015

  • FX人気会社ランキング

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    結果を出すならヒロセ通商!!

    ↑最強レベルの口座がココにある!!

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金5000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!