FXブロードネットのFXTS TRADER(ダウンロード版)の使い方を紹介!

FXTS TRADERは、初心者〜上級者まで多くのトレーダーが愛用している取引ツールです。

視認性と操作性を追求することで、多機能でありながら、わかりやすく使い勝手のよいツールを実現しています。

しかし、

「本当に魅力的なツールなのか怪しい」
「どんな機能を搭載しているのか教えてほしい」

など、考えている人も少なくないはずです。

そこで今回は、FXTS TRADERの主な機能や使い方、魅力について紹介しています。

この記事を読むことで、FXTS TRADERの特徴がわかり、安心して取引を始められるようになりますので、参考にしてください。

無料口座開設をする
FXブロードネットの公式サイトへ行く »

FXTS TRADERとは

FXTS TRADER(FXトレーディングシステムズトレーダー)はFXブロードネットが提供するダウンロード版システムで、初心者でも安心して使える高性能取引ツールです。

FXTS

カスタマイズもできて扱いやすい優れた操作性や、高度な分析や発注ができる機能性など、本格的でありながら使い勝手がよい仕上がりとなっています。

口座開設後、ホームページからダウンロードするだけで、すぐに利用が可能です。

使い勝手のよい取引画面で初心者でも安心

FXTS TRADERは、取引画面がわかりやすく使いやすいのが特徴です。

オリジナルの画面を作成でき、使い勝手がよいため初心者でも安心して使えます。

ここでは、FXTS TRADERの取引画面の主な特徴について見ていきましょう。

取引画面

FXTS TRADERは、画像のように、画面上部に為替レート一覧、左下に注文中明細、右下にポジション照会が表示されます。

FXTS

また、画面上部には、初心者にもわかりやすいアイコン付きメニューが以下16種類表示されており、すぐに必要なアクションや情報収集が可能です。

FXTS

  • 注文
  • トラッキングトレード
  • レート
  • チャート
  • 注文中明細
  • ポジション照会
  • 約定取引明細
  • 取引分析
  • レポート
  • 口座状況
  • 入出金
  • 入出金履歴
  • ログイン履歴
  • お客様情報
  • お知らせ
  • ニュース

自由にカスタマイズが可能

FXTS TRADERは、以下画像のように「取引」「照会」「分析」の3種類(プラス「空白」)のテンプレートが用意されており、1クリックで表示の切り替えが可能です。

FXTS

「レート」や「ポジション照会」など、各情報は独立ウィンドウとなっているため、見たい場所に配置でき、画面サイズも自由に変更できます。

お好みの画面レイアウトは最大10個まで保存できるため、取引スタイルや相場状況に合わせて、希望のレイアウトを素早く呼び出すことが可能です。

チャート

FXTS TRADERは、高性能のチャート機能を搭載しています。初心者でもわかりやすい操作性で、本格的な相場分析ができるのが魅力です。

ここでは、チャート機能の主な特徴について見ていきましょう。

自分好みの表示が可能

取引画面上部の「チャート」を選択すると以下のようなチャート画面が表示されます。

画面上部には、通貨ペアや足種を変更できるメニューが表示されており、ローソク足の他に以下3種類の選択が可能です。

  • 折れ線
  • 平均足
  • バーチャート

「通貨ペアを選択」から通貨を選択すると、ちがう通貨をチャート上に重ねて表示することもできます。

参考の画像は米ドル/円とユーロ/円です。

テクニカル指標

FXTS TRADERには、以下26種類のテクニカルチャートが搭載されています。

移動平均線 トレンド系 オシレーター系
・単純移動平均線(SMA)
・指数平滑移動平均線(EMA)
・加重移動平均線(WMA)
・複数型移動平均線(GMMA)
・一目均衡表
・ケルトナーチャネル
・新値足
・ボリンジャーバンド
・DMI
・MACD
・RCI
・単純移動平均乖離率(SMA)
・指数平滑移動平均乖離率(EMA)
・加重移動平均乖離率(WMA)
・アルティメットオシレーター
・ウィリアムズ%R
・ウィリアムズA/D
・サイコロジカルライン
・篠原レシオ
・シャンデモメンタムオシレーター
・ストキャスティクス
・ピボット
・ROC
・RSI
・平滑型RSI
・VLDMI

代表的なものからマニアックなものまで、多彩に揃っているため、上級トレーダーでも安心して利用可能です。

チャート上にテクニカルチャートを追加したい場合は、画面右上の「テクニカルチャートの追加」をクリックし、追加したいチャートを選択するだけで表示できます。

クイックセッティング」から、カラー設定やライン、パラメーターの変更もできます。

また、「歯車」マークから背景色(3パターン)の設定もできるなど、カスタマイズ性も優れているため、自分好みのオリジナルチャートが作成可能です。

描画ツール

チャート画面左側の「サイドメニュー」から、描画ツールの利用が可能です。

以下15種類の描画ツールを搭載しており、希望の描画ツールを選択し、チャート画面内でドラッグ(始点)&ドロップ(終点)によって簡単にトレンドライン等の描画ができます。

  • 線分
  • 直線
  • 水平線
  • 垂直線
  • トレンドチャネル
  • ギャンライン
  • ギャンファン
  • ギャングリッド
  • フィボナッチファン
  • フィボナッチリトレースメント
  • フィボナッチチャネル
  • フィボナッチアーク
  • フィボナッチエクスパンション
  • フィボナッチタイムゾーン
  • フィボナッチグリッド

描画したツール上の■マークをドラッグすれば簡単にコピーができ、直線化や削除することも可能です。

アイコン表示でわかりやすく、素早く描画ツールの呼び出しができるため初心者でも安心して使えます。

テクニカルチャートと組み合わせることで、高度な相場分析が実現可能です。

レート・チャートからも発注可!多彩な注文方法

画面上部メニュー「注文」からだけでなく、レートやチャートからも直接発注ができます。

対応している注文方法は以下7種類です。

  • クイックトレード
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • OCO注文
  • IFD注文
  • IFDO注文
  • 途転注文
多彩な注文方法で、さまざまな場面から発注できるため、大切な取引チャンスを逃さず対応できます。

取引分析

FXTS TRADERのみの機能として「取引分析機能」があります。

取引分析機能は、過去の取引記録を以下4種類のカテゴリー別に区分して集計する機能のことです。

  • 日別
  • 直近
  • 月別
  • 年別

取引分析機能により、自分の過去取引について、次の9つの情報を客観的に知ることができます。

  • 決済損益
  • 売買損益
  • スワップ損益
  • エントリー売買区分比率
  • 決済売買区分比率
  • 利食い・損切り比率
  • 注文方法比率
  • 取引通貨ペア比率
  • 利用チャネル比率

取引の傾向を確認でき、レベルアップを図ることが可能です。

まとめ

今回は、FXTS TRADERの主な機能や使い方、魅力について紹介いたしました。

あらためて、この記事で大事なポイントをまとめると、以下3点が挙げられます。

  • ダウンロード版は初心者でもわかりやすく使い勝手のよい取引ツール
  • 取引分析機能で過去の自分の分析を客観的に振り返りできる
  • デモ取引もできるため自分に合うツールか実際に体感できる

FXブロードネットに興味がある方は、まずはデモ取引でFXTS TRADERを試してみるといいでしょう。

無料口座開設をする
FXブロードネットの公式サイトへ行く »

13 12月 2018

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!