瞬時に過去のチャートデータにアクセス!市場分析をよりスピーディーに!

・MetaTrader4で日時を指定してチャートを表示する方法
MetaTrader4のチャート機能で市場を分析していると、現在ではなく過去のデータを参照したくなることがあります。マウスでチャート上をドラッグすると時間をさかのぼって値動きを表示することが出来ますが、数時間前ならともかく数週間、数か月前にたどり着くまでには非常に手間がかかってしまいます。

そんな時のために、MetaTrader4には日時を指定してチャートデータを表示する機能が用意されています。この機能を利用すればわざわざマウスやキーボードでちまちま移動する必要が無く、スピーディーにチャート機能をフル活用できるメリットがあります。

使い方も非常に簡単です。まずは、参照したいチャートをアクティブにしましょう。

 
 
 
チャートの左下をダブルクリックすると、テキスト入力の出来るウィンドウが開きます。

 
 
 
ウィンドウにカーソルを移動させ、日時を入力してエンターキーを押すと指定のチャートデータを即座に表示させることが出来ます。なお、日時の入力形式は、「年/月/日 時:分」です。2015年4月15日の場合、「2015/4/15」と入力してください。(時間は省略可能。)

 

チャートの日時を指定する際の注意点

チャートの日時指定表示は非常にシンプルな機能ですが、使用する前にはオートスクロール機能をオフにしておくことを忘れないようにしましょう。オートスクロールがオンのままだと、過去にさかのぼってもすぐに現在の時間帯にチャートが自動的に移動してしまいます。オートスクロール機能のオン・オフは、MetaTrader4上部に配置されているツールバーの矢印をクリックすることで切り替えられます。

また、あまりにも古過ぎる過去データを参照しようとしても、サーバにデータが無い場合にはその日時にアクセスできません。

いずれにせよ、過去の値動きをチェックして将来の値動きを予測するのは統計学的にも非常に意義のある分析手法です。ぜひこの機能を有効活用しましょう。

22 12月 2015

  • FX人気会社ランキング

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    結果を出すならヒロセ通商!!

    ↑最強レベルの口座がココにある!!

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金5000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!