瞬時に過去のチャートデータにアクセス!市場分析をよりスピーディーに!

・MetaTrader4で日時を指定してチャートを表示する方法
MetaTrader4が人気の理由は様々な機能をトレーダーの好みで設定できることです。自動売買の設定はもちろん、チャートを使った分析を行うときの補助的なシステムをダウンロードして組み込むことも可能です。

そして、MetaTrader4のチャート機能を使って市場を分析しているトレーダーの中には、現在ではなく過去のデータ、いわゆるヒストリカルデータを参照したくなる人もいるのではないでしょうか。実はFX取引などの分析手法のひとつにヒストリカルデータを見て予測を方法が以前から存在しています。

金融市場における相場というのは様々な事象に影響されて動いているものであります。市場で売買に参加する投資家や証券会社の思惑、社会で起こる経済に影響を与える事件など、それから政府や国(あるいは中央銀行の金利など)の意向や見解といった様々な理由で変動しているのです。過去のデータを振り返るとすでに結果が出ているわけですから、あのときはどんな理由で相場が急変したのかを分析でき、それを現在に当てはめて今後の値動きを予測するのです。

・膨大な量の過去データをMetaTrader4なら簡単に抽出できる!
実際、FX取引などの経験が豊富な上級トレーダーは自身で過去のデータを集めて分析し、予測に役立てている人もいます。また、オンライン証券会社の中にはヒストリカルデータと今の時点のチャートの値動きで似た形を形成しているものを自動抽出して分析する取引ツールを用意しているところもあります。それほど過去のデータを見ることには意味があるのです。

ただ、過去のデータは膨大な量になりますよね。FX取引の日本市場は個人投資家向けに自由化されたのが1998年です。2017年で20年近くになるわけですから、自由化当時のデータがいまだに用意できるとしたら、それだけ長い期間の膨大なデータがあるということになります。時間足によってチャートが形成する形が違ってくるでしょうから、人力で検索するには困難なほどです。

MetaTrader4でも過去のデータを閲覧することは元々可能です。マウスでチャート上をドラッグすることで時間をさかのぼり、過去の値動きを表示することができるわけですが、探したい過去情報が数時間前ならともかく、数週間、数か月、あるいは数年前のデータを見る場合、たどり着くまでに非常に手間がかかってしまいます。スピードが命のFX取引においては致命的ですよね。調べている間に状況が変化してしまいます。

そんな時のために、MetaTrader4には日時を指定してチャートデータを表示する機能が用意されています。この機能を利用すればわざわざマウスやキーボードでちまちま時間を移動する必要がなく、スピーディーにチャート機能をフル活用できるメリットがあります。使い方も非常に簡単です。ぜひとも使い方はマスターしておくべきです。

・MetaTrader4で過去データを呼び出せるようにする手順とは?
それではMetaTrader4で過去データを簡単に呼び出すための方法を紹介します。日時を指定することで表示されているチャートが過去の時点に移動し、あっという間に望んでいる期間のチャートが手に入ります。スピーディーに検索できるので、現在のチャートの形を比較しながら分析がしやすくなります。

まずは、MetaTrader4にて過去データと共に参照したいチャートをアクティブにしましょう。


開かれたチャートを見てください。チャートの左下をダブルクリックすることでその辺りにテキストを入力できる小さなウィンドウが開くはずです。そこに日時を入力しましょう。
 
 
 

入力の仕方は簡単で、ウィンドウにカーソルを移動させて過去データとして閲覧したい日時を入力するだけ。ただ、入力形式に注意してください。
 
 
 

マウスでわざわざスクロールしなくても何年も前のデータを呼び込むことができ、非常に便利です。
 
 
 

MetaTrader4では初期状態でもヒストリカルデータがMetaTrader4内に保存されていますが、この過去データだけでは足りないというトレーダーもいるかもしれません。そんなときにはMetaTrader4を開発した「MetaQuotes Software社」や、FX取引を提供するオンライン証券会社が持っているヒストリカルデータを入手して利用することも可能です。資料として過去データはたくさんあった方が有利なことは間違いありません。

チャートの日時を指定する際の注意点

自動売買だけでなく、ヒストリカルデータも分析に利用できるMetaTrader4ですが、過去のデータをチャート上に表示する場合にはいくつか注意点があります。その注意に気をつけることでより精度の高いデータを入手し、かつ分析に役立てられれば、コンスタントな利益獲得まではあと一歩というところです。

MetaTrader4の過去データを利用する際の注意点は大きいところで2つあります。まずはこの点に留意しながらヒストリカルデータを利用してみることをおすすめします。

・MetaTrader4のオートスクロール機能が過去データ表示を妨げる!

MetaTrader4にはチャート閲覧がしやすくなるようにオートスクロール機能が備わっています。簡単に言えば、常に現在のレートを中心にチャートが閲覧できるようになる機能です。

このオートスクロール機能は設定でオン/オフができるので、MetaTrader4にてヒストリカルデータを呼び込む際には必ず機能を停止しておくべきです。

MetaTrader4においてチャート上にて過去のデータを簡単に呼び込む方法として先に紹介した日時指定表示は、日付を入力するだけなので非常にシンプルで簡単な機能です。ところが、もし使用する前にオートスクロール機能をオフにしておくことを忘れていると、過去のチャートのデータを閲覧できない状態になってしまいます。

MetaTrader4において過去のデータを呼び出してみても、もしオートスクロール機能がオンのままになっていると、過去にさかのぼってそのデータが見つかっても、チャートの表示先がすぐに現在の時間帯に自動的に移動してしまいます。見ようとしてもすぐに今のチャートが表示されてしまうのでは意味がありません。

見ようと思ってもすぐに現在に戻ってしまう。原因を知っていればいいですが、知らないとイライラすることでしょう。
そして、そのイライラがその後の取引結果に多大な影響を与える可能性もあります。ですので、オートスクロール機能が初期設定ではオンになっていることを忘れないようにしましょう。

MetaTrader4のオートスクロール機能のオン/オフは、MetaTrader4のツール画面上部に配置されているツールバーの矢印をクリックすることで切り替えられます。簡単ですので、ヒストリカルデータを利用した分析を行う場合は、事前にオートスクロール機能のオフだけは実行しておきましょう。

・過去データが正確でない場合もある? そんなときはどうすればいい?

MetaTrader4の初期設定時点にあるヒストリカルデータはあまり多くありません。また、あまりにも古過ぎる過去データを参照しようとしても、残念ながらサーバにそのヒストリカルデータがないなどの理由があれば、その日時にはアクセスできません。ということは、指定日時のヒストリカルデータは得られないので、過去のデータを利用した分析精度は著しく低下します。

そんなときはMetaTrader4を開発した「MetaQuotes Software社」が持つデータのほか、FX取引を扱うオンライン証券会社提供のヒストリカルデータを利用するべきです。

ただ、ひとつ怪しい噂があります。あくまでも噂レベルですが、稀にネット上の口コミで聞くのは、MetaQuotes Softwareのヒストリカルデータは信頼性が低い、と言われていることです。あくまで噂ですので、気にしない人はそれでもいいのですが。

ですので、過去データの取得はオンライン証券会社が提供するものがいいともされています。いずれにせよ、分析には情報量の豊富さは必須ですから、方々からたくさんのデータを仕入れることをおすすめします。

・ヒストリカルデータをたくさん用意することにあるもうひとつの意義

こういった過去のデータを大量に取得するのはほかにも意義があります。それはMetaTrader4の信頼性を確認するためです。

例えばMetaTrader4で自動売買を利用する場合に、本当にそのストラテジー(投資戦略)や用意したEA(エキスパートアドバイザー)が間違いなく利用価値があるのかどうか、ちょっと不安がありますよね。

そんなときにはそのストラテジーなどが機能するかの試験としてバックテストというものを行います。このバックテストを行うときには主に過去のデータを利用します。過去のデータはすでに結果が確定しているわけですから、今と似たような線を描くチャートを持ってきて確認すれば、今後も似たように利益を得られる可能性があるというものです。

しかし、過去1ヶ月や、せめてものという思いで1年前のデータを用意したところで信頼性をテストするにはデータ量が少ないです。そこで何年も前のヒストリカルデータが手に入ればバックテストには大いに役に立つのです。過去のデータの使い道にはこんなものもあるわけです。

いずれにせよ、MetaTrader4だけでなく、あるいは自動売買か手動なのかに関係なく、FX取引を進めるための分析方法のひとつとしては過去の値動きをチェックして、将来の値動きを予測するということが統計学的に見ても非常に意味のある分析手法とされています。
ですので、MetaTrader4を利用する際にはぜひとも、この過去データを簡単に呼び出せる機能を有効活用するべきでしょう。
 

やっぱりMetaTrader4はすごいね~♪ 自分好みに設定ができる上に、過去のデータとかも集められられるんでしょう??
そうなんだ!膨大な値動きのデータ量でさえも簡単に抽出できて、分析までしてくれるんだよ~
過去のデータってなんだかんだ大事だよな
その通り!過去のデータを集めることによって今後の値動きの予測を役立てることができるしね!
すごく便利に感じるけどMetaTrader4を自分好みにカスタマイズしたり、過去のデータを見たりするのってなんだかんだ難しそうだな・・・
参照したいチャートを見る方法は上の通りに行えば、そんなに難しいものではないよ。
初期の状態でもヒストリカルデータはあるから過去だけで物足りなければ業者からヒストリカルデータを入手して利用することも可能だよ!
そうなんだぁ~
やっぱり戦略を立てるには過去のデータってほんとに大切だから取引において判断要素になること間違いなしだよ!
そっかぁぁ。分析を怠らないことってとっても大切だな!
MetaTrader4をもっと活用しなくちゃ!!って改めて思ったよ~

 

22 12月 2015

  • FX人気会社ランキング

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    結果を出すならヒロセ通商!!

    ↑最強レベルの口座がココにある!!

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!