MetaTrader4の時間足変更方法とオートスクロール&チャートシフト機能

MetaTrader4が人気なのはチャートの表示が繊細だから!?

MetaTrader4が世界中のトレーダーにFX取引の取引ツールとして選ばれているのは、注文から分析まで、このMetaTrader4ひとつでなんでもこなせるからです。
ストラテジ(投資戦略)を組み込めばトレーダーの欲や邪念に左右されない、淡々と売買をこなせる自動売買も可能で、しかもそのストラテジはネットからダウンロードして組み込むだけですから、FX取引の初心者でも手順さえ憶えれば容易に設定することが可能です。

さらに、チャートも複数のウィンドウで展開することもできますし、インディケータの追加でチャートに様々なテクニカルを表示することもできます。
そうすることであらゆる分析手法を実施でき、より分析の精度が上がるわけです。

MetaTrader4は選べる時間足の種類が豊富で分析がしやすくなっている

ほかにはMetaTrader4ではチャートの時間足の選択肢が豊富です。これによってさらに詳細な分析が実施でき、より利益獲得に近づける取引ツールになっています。

時間足とはチャートへの表示、あるいは値動きの結果などを任意の時間幅に区切って確認することができるものです。
ですので、短期売買の人は短い時間足、長期売買を好むトレーダーは長い時間足でチャートを確認すると分析の精度がより上がります。

MetaTrader4で表示できる時間足は全部で9タイプあって、1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足が自由に選択できます。
1分足であれば1分間ごとの値動きが把握でき、月足であれば1ヶ月ごとに区切った値動きが把握できます。

こういったきめの細かい機能がMetaTrader4の魅力でもあるのです。

・時間足の設定方法
そんなMetaTrader4における時間足の選択ですが、取引ツールのチャート機能で市場を分析する際は時間足の選び方には細心の注意を払う必要があります。
これはMetaTrader4に限った話ではなく、FX取引や株式売買でも同様で、時間足を選び間違っていると、分析の結果が大きく変わってしまいます。

そうなると、利益どころか損失を被る可能性が拡大します。

例えば短期売買派のデイトレーダーが日足や週足、あるいは月足などの長期トレンドを参照してもあまり意味がありません。
為替相場は刻一刻と変化していますから、1日あるいは1週間の大ざっぱな値動きでは短期間の細かな変動を知ることはできません。

短期派は短い時間の中で上下する為替の値差を狙うわけですから、日足などではそれが見えなくなるのです。

逆に、長期取引をメインに行っているトレーダーが1分足ばかり見ていても些細な値動きに振り回されてしまうだけです。
長期派としては大きなトレンドを掴むことで売買のタイミングを図るわけですので、短時間の推移は決断のタイミングを誤らせてしまいます。

長期派は短い時間における値動きは関係ないので見る必要がないのです。

時間足を決める最大のポイントは自分の投資スタイル

MetaTrader4では長期派にも短期派にも利用できるように、複数の時間足が用意されています。
トレーダーは自分の好きなタイミングで自由に切り替えることが可能ですので、自分の投資の方針に合わせて切り替えていくことが大切です。

もちろんそのためには自身の投資スタイルや方針、ルールを自分の中で確立しておく必要があります。自分がどの投資家のタイプになるのか、どういった方法で利益を得たいのか、どんな売買手法を用いるかを予め決めておかなければ、時間足の選択もできなくなってしまいます。

これはMetaTrader4だけではなく、金融取引を行うならば必ず決めておかなければならないことです。ですので、MetaTrader4だけでなく、FXを始める前には投資スタイルは固めておきましょう。

MetaTrader4の時間足変更はいつでも自由にできる

MetaTrader4の画面上で時間足を変更する方法はいろいろあります。最初に設定したらずっとそれだけではなく、いつでも自在に変更できるので安心してください。
仮にMetaTrader4を使い始めたあとになって短期派から長期派に転じたとしても、まったく問題はありません。

まず、時間足の変更をするか否かの前にチャートをアクティブにしてください。そのとき、任意の時間足を選んでおきます。

すでに決まっているのならいいですが、どれにするか決めていない場合でも適当でかまいません。

MetaTrader4の時間足の表示はアルファベットと数字の組み合わせ

ちなみに、MetaTrader4では時間足はアルファベットと数字の組み合わせで表示されていますので、下記の意味を参照にしてください。

MetaTrader4のチャートの時間足
M1=1分足、M5=5分足、M15=15分足、M30=30分足、H1=1時間足、H4=4時間足、D1=日足、、W1=週足、MN=月足

■MetaTrader4の時間足変更はツールバーで簡単にできる

そんなMetaTrader4のチャートで時間足を変更する方法の中で、一番手っ取り早いのはツールバー上に配置されている時間足のボタンをクリックすることです。
M1、M5、M15、M30、H1、H4、D1、W1、MNのように数字とアルファベットで9つ表示されています。


 
 
 
このボタンでさくさくと変更できるので、全体を見たいときにはMNやW1などの長いスパンの時間足を、詳細を見たいときはM1などの短いスパンの時間足をクリックすることで素早く確認ができるようになります。

 
 
なお、ほかにある時間足の変更方法としては、チャート上で右クリックすることで時間足を変更することも可能です。
こちらも難しい作業ではないですから、自分のやりやすい方法を模索してみてください。

 

オートスクロール機能&チャートシフト機能

MetaTrader4にはチャートを閲覧する際に非常に便利な機能が搭載されています。
それは、チャートの画面を自動的に遷移させることのできる「オートスクロール機能」の搭載です。簡単に言えば、MetaTrader4でチャートを見るとき、常時、現在時間の部分が表示されるようになるというものです。

利用方法ですが、オートスクロールをONにしておくだけです。ツールバー上にオンとオフを切り替える矢印があるので、それをクリックするだけの簡単なものです。これだけで常に通貨ペアの最新の値動きがチャートの画面上に表示されます。

また、チャートの右端に一定の余白を設ける「チャートシフト」という機能も実装されています。
このチャートシフトをオンにすると、ほぼ中央(実際は中央よりは右寄りですが)に現時点の値動きが表示されるようになるので、MetaTrader4のチャート画面がより見やすくなります。ただ、これは感覚的なものですので、嫌がるトレーダーもいるかもしれません。

MetaTrader4ではオートスクロール、チャートシフトのどちらの機能もツールバー上の矢印ボタンをクリックすることでオン/オフを切り替えることができます。
先ほども申し上げているように機能の利点がいいか悪いかは感覚的なものでもありますから、必ず使わなければならないという機能ではありません。

ですが、知っておくとなにかあったときや、あるいはある作業をするときには重宝します。

ヒストリカルデータで過去情報を確認するときの注意点

そんなMetaTrader4における「ある作業」ですが、そのひとつにヒストリカルデータなどを使った分析方法を実施するときがあります。

MetaTrader4に限らず、FX取引や株式売買の分析では過去のデータを用い、現在の値動きと参照して、いったいどのように値が推移するのかを検証する方法があります。特異な分析方法ではなく、あくまでもスタンダードな分析手法のひとつです。

例えば、チャートの線が描く形が現在の値動きのものと似ているものを探し出してきて、過去の値動きではいったい何が起こったのかを調べることで、今回も同様のことが起こるかもしれないと検証する方法です。
もちろん、過去と今ではなにもかもが違うのですが、過去データは変動の瞬間になにが起こったのかをさかのぼって確認できるので、将来になにが起こるのかいくつか想定する中のひとつの指標にはなることから、多くのトレーダーが利用している分析方法になります。

MetaTrader4ではこの過去のヒストリカルデータを使った分析も可能で、しかもこの手法を利用するためにかなり便利な機能も有しているのです。

それは、MetaTrader4の画面にMetaTrader4が指定する書き方で日時を入力すると過去のデータに一気に飛ぶことができる機能です。

マウスを使っていちいちチャートをドラッグして過去に戻ることもできるのですが、それで何年も前のデータに戻るのは大変です。ですので、MetaTrader4は過去データを見る際にも非常に便利になっているわけです。

ところが、このときにオートスクロールをオンにしたままにすると、過去のデータを参照したいときにそのヒストリカルデータのチャートに飛んでも、強制的に最新の値動きが表示されてしまうのです。

これは意外とストレスになります。オートスクロールはMetaTrader4においての非常に便利な機能ですが、状況に応じて上手に使い分ける必要があるようです。

なお、オートスクロールは非常に便利な機能ですが、過去のデータを参照したい時に強制的に最新の値動きが表示されるのは意外とストレスになります。状況に応じて上手に使い分けましょう。
 

MetaTrader4で分析するとき、時間足の選び方には注意が必要なんだ。みんな、知っているかな?
もちろん!
デイトレーダーが日足や週足を見ても細かい分析ができないんだよね。
その通り。デイトレーダーは素早い売買が基本だから、分足や時間足でチャートを見た方がいいし、長期保有を好むトレーダーは分足の細かい値動きは意味がないから、日足や週足などで長くトレンドを観察した方がいいんだ。
MetaTrader4はチャート上で時間足を簡単に変えられるから便利だな。
ボクも通貨ペアによって時間足を変えているんだ。
基本だからみんなわかっていると思うけど、時間足の変更方法を一応説明すると、チャートのツールバー上にある時間足の切り替えボタンを押せばいいだけだからね。
M1が1分足でM5が5分足、それからM15は15分足、M30だと30分足だね。
つまりMは分の英語ミニッツの頭文字だ。
そうだね。だから1時間足はアワーの頭文字Hを取ってH1、H4なら4時間足だね。
そして、D1は日足、W1が週足、それからMNが月足ってことだ。
みんな、ちゃんと理解しているね。
ほかにはチャート上で右クリックして変えることもできるよね。使いやすい方でやればいいんだ。
MetaTrader4のチャートは本当に使いやすいよね。時間足を簡単に切り替えられる機能のほかに、オートスクロール機能もある。
それはどんな機能だったっけ?
チャートが自動的に今現在のものが見やすい位置に来るように、MetaTrader4が勝手にスクロールしてくれる機能さ。
でも、気をつけないといけないこともあるんだ。
へえ、そうなの?
オートスクロール機能はすべてのトレーダーに便利ってワケじゃないんだ。
そうそう。過去のデータ、つまりヒストリカルデータを参照にして、今の値動きを分析する手法を好む人には向かないな。
どうして!?
MetaTrader4は簡単に過去のデータを参照にできるし、特に過去データを外部からインストールしておけば、何年も前のデータも呼び出せるんだ。だけど、オートスクロール機能がオンになっていると、過去のデータを見たいのに、すぐに今のレートに戻ってしまうんだよ。
これが結構イライラするんだぜ!
そっか、ボクも気をつけよう。

 

22 12月 2015

  • FX人気会社ランキング

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!