プロ仕様の機能と初心者も安心の操作性!インストール不要で即起動可

マネックスFXの「MonexFX SPEED」を利用すれば、簡単な操作でスピーディーなアクションや高度な相場分析ができます。

プロ仕様の機能性と使い勝手のよさで人気の取引ツールです。

しかし、初心者の中には

「本当に使いやすいツールなのだろうか?」
「他社の取引ツールと具体的には何が違うのか?」

と、内容について疑問を持っている人も多いことでしょう。

そこで今回は、MonexFX SPEEDの特徴や使い方について紹介しています。

この記事を読むことで、MonexFX SPEEDへの理解が深まり、安心して利用を開始できますので、ぜひ参考にしてください。

無料口座開設をする
マネックスFXの公式サイトへ行く »

MonexFX SPEED ブラウザツールとは?

「MonexFX SPEED」は、マネックスFXが提供する、インストール不要のパソコン向け高性能取引ツールです。

Windows・Mac両方に対応しており、高機能の搭載だけでなく、利便性も追求しているため、FX初心者〜上級トレーダーまで満足して利用できます。

特に、他社の取引ツールに満足できなかった人やFX初心者におすすめのツールです。

取引画面

MonexFX SPEEDは、高機能でありながら、見やすく操作しやすい取引画面が特徴です。

使い勝手のよい画面なため、初心者〜上級者まで安心して利用できます。

ここでは、MonexFX SPEEDの取引画面の見方や使い方、特徴について見ていきましょう。

見やすくアクションがしやすい「メイン画面」

マネックス

MonexFX SPEEDのメイン画面は、以下の5つの項目が表示されています。

  • プライス一覧(レート一覧)
  • 建玉一覧
  • チャート
  • 注文画面
  • ニュース

ひと目で取引に必要な情報を確認でき、チャート分析や決済、新規注文など、さまざまなアクションをスピーディーに実行できるのが特徴です。

どこに何があるかもわかりやすく、FX初心者でもすぐに使い慣れることでしょう。

レイアウトはカスタマイズ可能

MonexFX SPEEDの画面はカスタマイズ性も優れており、自分が使いやすいようにレイアウト変更が可能です。

マネックス

プライス一覧やチャートなど、各項目でウィンドウが分かれているため、自分の見やすい配置に並び替えたり、サイズを変更することができます。

画像のように、カスタマイズ設定はまとめて保存ができるため、いつもとは違うパソコンから起動しても、すぐに好みの画面を表示可能です。

「自分専用の取引画面」を作れるため、売買や分析も非常にやりやすいのが、MonexFX SPEEDの魅力の1つです。

充実した機能を搭載「チャート機能」

MonexFX SPEEDのチャートは、上級トレーダーも喜ぶ機能の充実ぶりが魅力です。

さまざまな相場局面で高度な分析ができるため、納得のいく取引ができます。

ここでは、MonexFX SPEEDのチャート機能の特徴について見ていきましょう。

プロ仕様のテクニカル指標で高度な分析ができる

マネックス

MonexFX SPEEDは、プロトレーダーも満足する以下29種類のテクニカル指標を搭載しています。

トレンド系 オシレーター系
・単純移動平均線
・指数平滑移動平均線
・加重移動平均線
・一目均衡表
・ボリンジャーバンド
・ピボットポイント
・エンベロープ
・パラボリックSAR
・HighLowバンド
・スパンモデル
・スーパーボリンジャー
・MACD
・RSI
・RCI
・スローストキャスティクス
・ヒストリカル・ボラティリティ
・移動平均乖離率
・モメンタム
・ATR
・DMI
・ADX
・ウィリアムズ%R
・アルーンインジケーター
・アルーンオシレーター
・ROC
・値動きサイコロジカルライン
・アルティメットオシレーター
・QQE
・WBR

トレンド系・オシレーター系共に、人気の高い指標が揃っており、取引スタイルや相場状況に合わせて使い分けすることが可能です。

足種も「Tick」〜「月足」まで13種類選択でき、わかりやすいアイコン表示で操作ができます。

マネックス

各テクニカル指標はパラメーターの変更も可能です。

また、テクニカル指標はテンプレート作成ができるため、毎回一つひとつの指標を設定しなくても、すぐに普段使っている指標を呼び出せます。

描写ツール

マネックス

MonexFX SPEEDは、基本的なものからプロ好みのものまで、以下19種類の豊富な描画ツールも搭載しています。

  • 水平線
  • 垂直線
  • トレンドライン
  • チャンネルライン
  • フィボナッチ・リトレースメント
  • フィボナッチ・ファン
  • フィボナッチ・エクスパンション
  • フィボナッチ・タイムゾーン
  • フィボナッチ・アーク
  • ギャン・リトレースメント
  • ギャン・ファン
  • 線形回帰チャネル
  • 標準偏差チャネル
  • 期間分析
  • アンドリューズ・ピッチフォーク
  • サイクルライン
  • 図形(三角形・四角形・テキスト)

チャート画面右側のアイコンを選択するだけで、すぐに表示・描画できるため、スピーディーな相場分析が可能です。

取引スタイルや相場状況に合わせて、種類を選択し、トレンド転換点や売買タイミングを効果的に探ることができます。

発注画面

MonexFX SPEEDの発注画面は、経験の浅いFXトレーダーでも安心して注文ができる優れた操作性を備えています。

さらに、機能面も充実していてチャンスを逃さない対応ができるのが魅力です。

ここでは、MonexFX SPEEDの発注画面の特徴について確認していきましょう。

スピーディーな発注が可能

マネックス

MonexFX SPEEDは、1クリックでスピーディーに発注が可能です。

画像のように、一つひとつの項目が大きいため誤操作も防げますし、簡単に注文内容の変更もできます。

MonexFX SPEEDは、以下9種類の多彩な注文方法に対応していて状況に応じて使い分けるができるため、取引チャンスを逃しません。

  • ファスト注文
  • 成行注文
  • 一括決済注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • トレール注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文

また、注文画面以外にチャートからの発注も可能なため、スピーディーな取引を実現できます。

取引をサポートする「情報ツール・機能」

MonexFX SPEEDは、取引をサポートしてくれる情報ツール・機能も充実しています。

これらの機能を上手く活用することで、多角的な分析やスピーディーなアクションが可能です。

ここでは、MonexFX SPEEDの主な情報ツール・機能について見ていきましょう。

ニュースやレポートを閲覧できる

マネックス

MonexFX SPEEDのメイン画面上部には、経済指標やニュースが表示されるようになっており、表示部分をクリックすれば「ニュース」「経済指標」「レポート」それぞれの情報を確認できます。

投資判断の参考となる情報をリアルタイムでチェックできるため、リスクヘッジもしやすいです。

売買比率

MonexFX SPEEDは、売買比率機能も搭載しています。

マネックス

売買比率機能を利用すれば、マネックスFX全体の建玉売買比率の変動をチェックすることが可能です。

15分ごとに全ユーザーが保有する「買い」「売り」を合計して、比率を表示します。

実際に他のユーザーがどのような取引をしているか確認でき、今後の展開の参考にできる便利な機能です。

ウィンドウの独立表示でいつでもアクション可

MonexFX SPEEDは、機能ごとにウィンドウが分離しているため、独立表示をすれば、他のWEBサイトを見ながら機能をチェックすることが可能です。

トレンド転換点や売買タイミングを探っているときはチャートを分離させたり、注文や決済タイミングを図っている場合は発注画面を分離させるなど、いつでも最短でアクションがとれるようになります。

まとめ

今回は、MonexFX SPEEDの特徴や使い方について紹介いたしました。

あらためて、この記事で紹介した内容の大事な点をまとめると、以下の4点が挙げられます。

  • カスタマイズ性に優れた自由自在のレイアウトで使い勝手がよい
  • 充実したテクニカル指標・描画ツールで多角的に分析できる
  • 多彩な注文方法でチャンスを逃さない対応が可能
  • 利便性の追求により、プロも満足の機能が初心者でも使いやすい

マネックスFXや使いやすい取引ツールに興味がある人は、この記事を参考にして、早速、MonexFX SPEEDを使ってみましょう。

無料口座開設をする
マネックスFXの公式サイトへ行く »

28 11月 2018

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!