海外FX業者MXのMac対応MT4を使えば、手持ちのMacで簡単にMT4を始められる!

現状出回っているMT4はWindows向けのものばかりとなっています。

「MacでもMT4が使えたら良いのに…」
「Mac対応のMT4って存在しないの?」

と気になっている方もいらっしゃるでしょう。

実はMacでMT4を使う方法はいくつか存在しています。

そこで今回は、無料でしかも簡単にMacにMT4を導入する方法を分かりやすく解説していきましょう。

この記事を読めば、すぐに手持ちのMacでMT4を使ったトレードができるようになるので、ぜひ参考にしてください。

MacでMT4を使うには

MacでMT4を使う方法には次の5つがあります。

  • Mac対応MT4を提供しているFX業者を利用する
  • ウェブ版MT4チャートを使用する
  • Boot Campを使う
  • 仮想化ソフトを使う
  • 互換レイヤーソフトを使う

どの方法を選ぶかは好みが分かれるところです。

それでは各方法の詳細をみていきましょう。

Mac対応MT4を提供しているFX業者を利用する

海外のFX業者の中にはMac対応のMT4を提供しているところがあります。

業者の一例は次の3つ。

  • XM
  • FXDD
  • Axioy
これらの海外FX業者は日本語ページを公開しているので、英語に不安のある方も安心して始められます。

大まかな流れは次の4ステップです。

  1. 各業者のサイトからMac対応MT4をダウンロード
  2. ダウンロードファイルを解凍しアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップ
  3. 無料デモ口座を開設
  4. デモ口座IDでMT4にログイン

ただしMac対応MT4は一部の日本語部分が文字化けすることがあります。

文字化けの直し方は別ページで紹介しているので、そちらを参考にしてください。

ウェブ版MT4チャートを使用する

ブラウザ上で動作するウェブ版MT4チャートを使用すれば、わざわざソフトをダウンロード・インストールする必要がありません。

ウェブ版MT4チャートに対応している業者は次の2つが挙げられます。

  • ゴールデンウェイジャパン
  • フォレックスドットコム

ブラウザが使えるMacを持っていれば、すぐに使い始められる手軽さが魅力です。

ただしデメリットとして外部インジケータを使えない点が挙げられます。

とはいえ「未決済注文をチェックしたい」「パパッと売買したい」など簡単な利用なら十分役割を果たしてくれるので、外出先などでも活躍してくれるでしょう。

Boot Campを使ってMT4をWindowsとして起動させる

Boot Campはアップルが用意している、MacをWindowsマシンとして起動させられるソフトです。

Windows向けのMT4はたくさん出回っているので、Boot Campを導入すれば、Mac未対応のMT4しかリリースしていないFX業者でも利用できるようになります。

ただしBoot Campには次の2つのデメリットがあるので注意。

  • Windowsに切り替わるのでMacと同時に使用不可
  • Windows10の購入費用がかかる

Boot Campを使ってWindowsをインストールする方法は次の4ステップです。

  1. Use Boot Camp(アプリケーションフォルダ→ユーティリティフォルダ内)でWindowsパーティションを作成
  2. Windowsパーティションのフォーマット
  3. Windowsのインストール
  4. Windowsが起動→Boot Campのインストール

なおMacとWindowsを切り替えるには、再起動時の起動中にoptionキー(またはaltキー)を押し続ければOKです。

MT4以外にもMac未対応のアプリやソフトを利用したい方はBoot Campを検討してみてはいかがでしょうか。

仮想化ソフトを使う

仮想化ソフトはMac上でWindowsのアプリケーションを実行できるソフトのことです。

上記したBoot Campとは異なり、MacとWindowsを同時に使えるのがメリット。

わざわざ再起動してOSを切り替えて…という手間がありません。

また安定性も高く、使いやすさもgood。

対応しているソフトは次の3つが挙げられます。

  • Parallels Desktop for Mac
  • VMware Fusion
  • VirtualBox(無料。ただし英語のみ)

仮想化ソフトのデメリットは費用がかかる点です。

ソフトの購入費用に加え、WindowsOSも自分で購入しなくてはなりません。

こちらもBoot Camp同様、MT4以外にもMac上でWindowsのアプリを使いたい人に適しています。

互換レイヤーソフトを使う

Windows互換レイヤーソフトはMac上でWindowsアプリを動作させるためのソフトです。

代表的なソフトは次の3つ。

  • Wine
  • EasyWine
  • PlayOnMac

特に初心者向けで導入がとても簡単な「EasyWine」がおすすめ。

これらのWindows互換レイヤーソフトは無償で使用できるため「とりあえずMacでMT4を起動させられるか試してみたい!」という方は検討してみてはいかがでしょうか。

ただしデメリットが2点あります。

  • 安定性が弱い
  • 文字化けの可能性

MetaTraderの公式サイトにも「Wineで起動した場合、あるべき形で動作しない可能性がある」と記載されているため、安定性を重視したい方は注意が必要です。

またソフトによって文字化けの報告もあります。

>>文字化けの対処法について

まとめ

今回はMacでMT4を利用する5つの方法とそれぞれの特徴について紹介しました。

最後にもう一度まとめると

  • Mac対応MT4を提供しているFX業者を選べば簡単
  • ウェブ版MT4はブラウザが使えれば利用できるが機能は劣る
  • Boot Campや仮想化ソフト、互換レイヤーソフトなどでWindowsアプリを起動させる

の3種類の方法が挙げられます。

「Macしかもっていなくて、わざわざWindowsを購入する気はない」
「どうにか手持ちのMacでMT4を使いたい!」

そんな方はこの記事を参考に、Mac環境下でMT4のトレードを試してみてくださいね。

30 9月 2019

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!