Windows8でトレードしてもバグらない?各社の対応状況を検証してみました。

FX取引を提供する証券会社では、顧客のパソコンの動作環境に合わせた動作検証作業が実施されています。まず、パソコンの基本ソフトであるwindows8で自社が提供するFX取引が正常に行えることを検証します。

また、同時に他のOS(OperatingSystem)上でも同じ用に確認されます。

OSの市場シェア上位のwindows8でFX取引が正常にできなければ、大多数の顧客がサービス提供証券会社の口座を解約することになります。したがって、提供システムに不具合がないか徹底的に検証されます。

基本ソフト以外の重要なソフトウェアは、Webブラウザーになります。Webブラウザーには、Internet Explorerをはじめとして、FireFoxやChromeなどがあります。windows8とWebブラウザー(Internet Explorer、FireFox、Chrome)の組み合わせで正常にFX取引ができることが大切になります。

このどれかが正常に動作しなければ、FXの顧客に迷惑をかけることになり、最悪のシナリオでは、顧客を失うことになります。

そのようなことにならないようにFX証券会社のシステム開発担当者は、提供するシステムについて徹底に検証作業を行っています。このような、検証作業が顧客から信頼される基礎になります。

FX提供システムが堅固なシステムであり、FX取引として提供するコンテンツやツールが充実し、安価にFX取引ができるならその証券会社のFXシステムは十分といえます。したがって、もしも、FX取引で問題を発見したら、その問題について問い合わせると良いでしょう。

そうすることで、FXシステムはより使い易いものに変えていくことができます。

16 2月 2017

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!