為替相場分析に欠かせないチャート分析とテクニカル分析方法、その基礎知識を紹介

テクニカル分析ができるようになれば、相場の分析ができ、今後の展開を予測しやすくなります。

今後の展開がわかれば、適切なタイミングでエントリーポイントや損切りポイントを作ることができ、効率よく稼ぐことが可能です。

ただし、

「どんな分析手法なの?」
「種類や特徴は?」

など疑問を持っているFX初心者の方は多いはずです。

そこで今回は、テクニカル分析の基礎知識や使い方などについて紹介しています。

この記事を読むことで、相場分析ができるようになって、より稼げる確率を高めることができますので、参考にしてください。

まずはチャートに慣れよう

テクニカル分析をすることで、相場の状況を把握でき、今後の展開を予測することが可能です。

トレンド系・オシレーター系のテクニカル指標、チャートパターンを用いることで、トレンドがどこまで続くか、転換するタイミング、エントリーポイントなどを掴みやすくなります。

テクニカル分析における基本的な3つのポイント

  1. チャートの基本
  2. チャートパターン
  3. トレンドラインの引き方

上記のように、チャートパターンやトレンドラインの引き方は、覚えやすいものが多いため、初心者でもすぐに取り入れることが可能です。

テクニカル分析とは

テクニカル分析は相場の流れや値動きを予測するための分析手法であり、「トレンド系」と「オシレーター系」に分けられます。

ここでは、「トレンド系」「オシレーター系」のテクニカル分析とはどのようなものなのか、基本的内容や種類について把握していきましょう。

これらを知ることで、さまざまな角度から相場分析ができるようになります。

トレンド系とは?

トレンド系テクニカル指標を使用することで、相場の波や傾向を把握することが可能です。

代表的なトレンド系テクニカル指標は以下のとおりです。

波や傾向を知ることで、今後の相場動向を予測でき「どのタイミングでエントリーしたらいいか」売買サインを捉えることができます。

オシレーター系とは?

オシレーター系のテクニカル指標を使えば、相場の行き過ぎを判断できます。

代表的なオシレーター系テクニカル指標は以下のとおり。

相場の買われすぎ・売られすぎがわかれば、今後の相場展開が予測しやすくなり、逆張りすることも可能です。

上手にテクニカル分析を利用するには?

テクニカル分析が上手に利用できれば、取引が有利になります。

少しでも分析の精度を高めるために、テクニカル分析を組み合わせるようにしましょう。

ここでは、テクニカル分析を組み合わせるメリットや組み合わせ例について紹介しています。

テクニカルを組み合わせる

トレンド系やオシレーター系だけでテクニカル分析をする方法もありますが、両方を組み合わせて分析する方法がおすすめです。

組み合わせることで、それぞれの欠点をカバーできますし、より多角的な視点から相場分析をすることができます。

相場分析の精度を高めるためにも、トレンド系とオシレーター系テクニカル指標を組み合わせて利用しましょう。

組み合わせの例

以下のような、トレンド系とオシレーター系の組み合わせがあります。

MACD×RSI

ボリンジャーバンド×RSI

RSIは買われすぎ・売られすぎを示唆するオシレーター系指標。

トレンドの読み取りや値動きが予測しやすいMACDやボリンジャーバンドと組み合わせることで、相場展開が予測しやすくなるためおすすめです。

まとめ

今回は、テクニカル分析の基礎知識や使い方などについて紹介いたしました。

最後にもう1度、大事なポイントをまとめると、次の3点が挙げられます。

  • テクニカル分析には「トレンド系」「オシレーター系」指標がある
  • トレンド系とオシレーター系を組み合わせて使うと効果的
  • 初心者でもすぐに使える指標が多い

まずは、デモトレードなどで練習したうえで、実際の取引の際に使用してみましょう。

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!

  • FX市場の動向など最新マーケットニュース一覧

    DMM FX

    充実取引システムでお馴染みの DMM FXが当サイト限定で 現金4000円キャッシュバック!!
    勝ち組が選ぶFX会社はここ!